マットレスをタイプ別・価格別で選ぶ

【人気14選比較】折りたたみ(三つ折り)マットレスおすすめランキング

【人気14選比較】折りたたみ(三つ折り)マットレスおすすめランキング

「折りたたみマットレスのおすすめはどれ?」
「三つ折りマットレスは収納力が高いのは魅力だけど、どれを選べば良いか分からない・・・」

折りたたみマットレス(3つ折り)は、ベッドを置けるスペースがない人などに人気のマットレスです。

収納力に惹かれて、折りたたみ(三つ折り)マットレスを検討している人は多いと思います。

ここでは、全人気14メーカーのおすすめ折りたたみマットレスを基準を明確にして客観的に比較し、ランキングを作成しました。

教授
教授
折りたたみ(三つ折り)マットレス選びで迷っているなら、ぜひ参考にするのじゃ!

目次

折りたたみ(三つ折り)マットレスのおすすめポイントはたためる収納力!持ち帰りもできる

折りたたみ(三つ折り)マットレスのおすすめポイントは収納力折りたたみ(三つ折り)マットレスは、次のような人におすすめです。

折りたたみマットレスがおすすめな人
  • マットレスやベッドに部屋のスペースを取られたくない人
  • マットレスを毎回収納して、部屋の生活感を消したい人
  • ソファ代わりにしたい人

やはり、収納力が高いというのが折りたたみマットレスの最大のメリットですね。店舗で購入の場合は、自分で持ち帰りも可能なバッグに入っている製品が多いのも特徴です。

一方で、収納力を重視しない人は折りたたみマットレスでない方が継ぎ目の違和感を感じるリスクがないので、フラットなマットレスの方が良いでしょう。

 

折りたたみマットレスの選び方のポイント6つ

折りたたみマットレスを選ぶ時は、基本的に腰痛にも良い高反発のものがおすすめです。

しかし、「折りたたみマットレス+高反発」とはいっても様々ですので、どういうものが良いかというと、次の6つの選び方のポイントがあります。

折りたたみマットレスの選び方 選ぶ観点
寝心地の良い素材を選ぶ ・体圧分散性が高い素材
厚みは8cm以上を選ぶ ・厚みは8cm以上で底つき感がないか
耐久性の高い(密度が高い)ものを選ぶ ・耐久性の高い素材
・ウレタンなら密度は30D以上
腰痛対策できるものを選ぶ ・高反発を選ぶ
価格・保証で選ぶ選ぶ ・スペックに対してリーズナブル
・品質保証や返品保証付きか
サイズは十分なものを選ぶ  ・ストレスなく寝返りができるサイズか

三つ折りマットレスのコンパクト性は、どれもほぼ変わらないので、上記のスペックを比較するのが重要です。

後ほど紹介する折りたたみ(三つ折り)マットレスおすすめランキングもこの選び方を参考にランクづけしています。

折りたたみマットレスの選び方①寝心地の良い素材を選ぶ

折りたたみマットレスの選び方①寝心地の良い素材を選ぶ折りたたみマットレスの選び方で重要視すべきは「寝心地の良さ」です。

寝心地の良い折りたたみマットレスというのは、次の条件を満たしていることが多いです。

  • 体圧分散性の高い素材を使っている

基本的に、高品質なウレタン素材は体圧分散性が高いと判断できます。

高品質なウレタン素材は体圧分散性が高い
教授
教授
折りたたみマットレスに使われるのはウレタン素材が多いのじゃ。

折りたたみマットレスの選び方②厚みは8cm以上を選ぶ

折りたたみマットレスの選び方②厚みは8cm以上を選ぶ折りたたみマットレスは、厚みが8cm以上ある折りたたみマットレスなら底つき感は感じにくく、寝心地の良さに好影響を与えてくれます。

厚みが8cm以上ある折りたたみマットレス
教授
教授
反対に、厚みが7cm以下だと底つき感を感じる可能性があるので、寝心地が悪く感じることが多いのじゃ。
厚いほうが良いが、むやみに分厚い物は重くなってしまうので、女性やお子さんは、8~10cm位を目安にするとよいぞ。
厚みが7cm以下だと底つき感を感じる可能性がある

折りたたみマットレス選び方③耐久性が高いものを選ぶ

折りたたみマットレス選び方③耐久性が高いものを選ぶ折りたたみマットレスを選ぶポイントの3つ目は耐久性です。

耐久性が悪いと最初は寝心地が良くても短期間でへたってしまい、少しずつ違和感を感じ始めてしまいます。

耐久性は、折りたたみマットレスに多いウレタン素材なら、密度(D)という単位で表されます。その密度(D)が「30D以上」であれば耐久性が高いと判断できます。

参考:高反発マットレスの密度が耐久性を決める!【丈夫な30D以上のマットレス一覧】

また、洗えるファイバー素材に関しては、一般的にウレタン素材よりも耐久性は低い傾向にありますが、製法により高い耐久性を実現しているものもあります。

教授
教授
例を挙げると、エアウィーヴのファイバー素材は耐久性は高いが、エアリーマットレスは低い傾向にあるぞい。

折りたたみマットレス選び方④腰痛対策できる高反発を選ぶ

折りたたみマットレス選び方④腰痛対策できる高反発を選ぶ折りたたみマットレスを選ぶポイントの4つ目は、腰痛対策ができるか?です。マットレスが合わないと腰痛の原因なったり、悪化してしまうので是非押さえておきたいポイントです。

腰痛対策ができる三つ折りマットレスは次の条件を満たしたものです。

  • 反発力が十分にある
  • 厚みが十分にある
  • 体圧分散性に優れている

人は寝ている時に寝返りを20回ほど打つと言われていますが、その際に適度な反発力があると寝返りをサポートしてくれるので腰に負担がかかりにくく、腰痛対策になります。

適度な反発力があると寝返りをサポートしてくれる

また、厚みが十分にないと底つき感が出てしまい、腰に違和感を感じやすいです。
体圧分散性が低かったり、反発力が低いと正しい姿勢で寝ることができず、腰に負担がかかる格好になります。

反発力が低いと正しい姿勢で寝ることができない
教授
教授
このように、上記の3つは腰痛対策に重要なポイントじゃから、高反発マットレスがおすすめなのじゃ。

※参考:腰痛マットレスのおすすめランキング売れ筋20選比較

折りたたみマットレス選び方⑤価格・保証で選ぶ

折りたたみマットレス選び方⑤価格・保証で選ぶ折りたたみマットレスを選ぶポイントの5つ目は、価格・保証です。次の観点で評価できます。

  • スペックに対して価格はリーズナブルか?
  • 保証は付いているか?

三つ折りマットレスは、ただ安いだけでもスペックが悪ければダメですし、硬さなどの、スペックが良くても価格が高すぎるならお得とは言えません。

また、保証が付いている折り畳みマットレスの方が安心して購入できるので評価は高いです。

教授
教授
やはり、高スペックでリーズナブルな折りたたみマットレスが一番じゃ。

折りたたみマットレス選び方⑥サイズは十分なものを選ぶ

折りたたみマットレス選び方⑥サイズは十分なものを選ぶ折りたたみマットレスを選ぶ際には、サイズにも気をつけたいところです。サイズが合わないと、寝心地が窮屈になってしまって体がリラックスできないためです。

以下にサイズ選びの目安を載せておきますので、参考にしてみてください。

マットレスサイズ 長さ 推奨人数
セミシングル 80cmまたは90cm 195cm ・小柄女性一人
シングル 97cm 195cm ・女性一人
セミダブル 120cm 195cm ・男性一人
ダブル 140cm 195cm ・男性一人
・夫婦・カップル
ワイドダブル 150cm 195cm ・夫婦・カップル
クイーン 160cmまたは170cm 195cm ・大人2人 子供1人
キング 180cm 195cm ・大人2人 子供1〜2人

※表は左右にスクロールできます 

サイズイメージ

「複数人なのでクイーンやキングサイズで眠りたい」という場合は、セミシングルを2台並べるという方法もあります。

教授
教授
折りたたみマットレスは、余裕を持って眠れるサイズを選ぶようにするのじゃ!

折りたたみマットレスおすすめ全人気14メーカーを徹底比較

折りたたみ(三つ折り)マットレスのおすすめ全14メーカーの人気商品を徹底的に比較してみました。

選び方のポイントでも出てきた「寝心地」「耐久性」「腰痛対策」「価格・保証」にそれぞれ100点満点で点数化して比較しています。

点数を元に、おすすめランキングも作成しています。

商品名 寝心地
(100点)
耐久性
(100点)
腰痛対策
(100点)
価格・保証
(100点)
雲のやすらぎプレミアム 三つ折りマットレスタイプ 93点
93点
90点
85点
厚み13cm
体圧分散性高
高密度ウレタン(35D)+羊毛 頭部140N
腰部145N
脚部135N
S:
¥41,800
SD:
¥51,800
D:
¥61,800
100日間返品保証
東京西川
&Free SA レギュラー
90点
80点
80点
50点
厚み9cm
体圧分散性高
高密度ウレタン レギュラー140N
ハード170N
S:
¥99,000
SD:
¥121,000
D:
¥143,000
マニフレックス
メッシュウィング
90点
85点
90点
87点
厚み11cm
体圧分散性高
約30D 170N S:
¥45,650
SD:
¥54,780
D:
¥66,000
10年保証
エムリリー
優反発8cm
90点
95点
85点
90点
厚み8cm
体圧分散性高
50D 表面45N
中心140N
S:
¥27,980
SD:
¥34,980
D:
¥40,980
3年保証
エアウィーヴ
スマートZ01
90点
85点
90点
78点
厚み9cm
体圧分散性高
エアファイバー 高反発素材 S:
¥74,800
SD:
¥91,300
D:
¥107,800
返金保証あり
フランスベッド
フォールドエアー
80点
80点
80点
80点
厚み11cm
体圧分散性中
高密度連続スプリング 高反発素材 シングルのみ
¥23,800
アイリスオーヤマ
エアリーマットレス9cm
80点
60点
80点
80点
厚み9cm
体圧分散性中
エアロキューブ 高反発素材 S:
¥29,800
SD:
なし
D:
なし
エイプマンパッド
310
80点
80点
85点
90点
厚み10cm
体圧分散性中
密度30D 170N S:
¥20,130
SD:
¥24,200
D:
¥28,600
返金保証あり
スリープマジック
極厚プレミアムマットレス ウェーブタイプ
90点
80点
85点
75点
厚み14cm
体圧分散性高
30D 350N S:
¥66,000
SD:
¥82,500
D:
¥104,500
セルプール
ハイブリッドマットレスex
80点
100点
60点
75点
厚み8cm
体圧分散性高
50D 65N S:
¥41,000
SD:
¥51,300
D:
¥61,560
ドルメオ
エアースプリング
75点
80点
85点
70点
厚み7cm
体圧分散性高
高密度ウレタン 140N〜170N S:
¥32,440
SD:
¥42,440
D:
¥52,440
ニトリ
通気性の良い3つ折りマットレス シングル
60点
50点
70点
80点
厚み5cm
体圧分散性低
ウレタン密度不明 硬質タイプ S:
¥3,990
SD:
¥4,990
D:
¥5,990
無印良品
洗えるマットレス・固クッション・シングル
80点
60点
80点
90点
厚み13cm
体圧分散性中
表記なし 固クッション S:
¥49,900
SD:
¥59,900
D:
¥69,900
しまむら 起き楽
60点
80点
85点
85点
厚み7cm
体圧分散性低
28D 220N(復元率98.6%) S:
¥9,800
SD:
¥12,800
D:
¥14,800
昭和西川
ムアツ 2フォーム 100
85点
85点
90点
75点
厚み9cm
体圧分散性高
高密度ウレタン 上層160N/下層220N S:
¥60,500
SD:
¥81,000
D:
¥102,600

 

折りたたみ(三つ折り)マットレスおすすめ人気ランキングTOP10!腰痛にも良い高反発は?

折りたたみ(三つ折り)マットレスおすすめ人気ランキングTOP10!腰痛にも良い高反発は?折りたたみマットレスのおすすめ全14メーカーの人気商品を比較したランキング結果は次の通りです。収納力のある三つ折りモデルを選ぶなら以下から選ぶのがおすすめです。

1位「雲のやすらぎプレミアム三つ折りマットレス」
当サイトでも評判が良い「雲のやすらぎプレミアム」に三つ折りマットレスタイプが追加されました。
寝心地の良さはそのままに、更に、 足・腰・頭に適切な硬さ・形状にした「スリーゾーンフィット構造」を採用しています。硬さを変えているのはもちろん、体圧分散を効率よく行う為に、部位により形状を変更ししっかり支える構造になっています。更にリバーシブル設計となり、春夏は「メッシュ側」秋冬は「羊毛側」を選べて一年中快適に過ごせる工夫がポイントです。
点数 361点/400点
素材 ウレタンフォーム+羊毛
厚み 13cm
体圧分散性 高(スリーゾーンフィット構造)
耐久性 高(密度35D)
反発力(硬さ) 頭部140N
腰部145N
脚部135N
価格(税込) シングル:41,800円
セミダブル:51,800円
ダブル:61,800円
保証 100日間返品保証
おすすめの人 ・収納便利な三つ折りでも、しっかり腰痛対策をしたい方
・硬いだけのマットレスが苦手な方
・厚みもしっかり有りスタイリッシュなマットレスを求める方

 

2位「エムリリー 優反発シリーズ8cm」
エムリリーはマンチェスターユナイテッドの選手団が使用していることで人気に火がつきました。エムリリーは密度が50Dあり、折りたたみマットレスの中では群を抜いた耐久性があります。
また、反発力は表面が柔らかめで中間層が固めなので、包み込むような寝心地に加えて寝返りが楽で腰痛対策もできるという優れものです。
厚みは8cmですが、密度が50Dあり反発力が十分なので、一切底つき感は感じません。
価格も非常に手が出しやすく、コストパフォーマンス抜群でおすすめの折りたたみマットレスです。
点数 360点/400点
素材 ウレタンフォーム
厚み 8cm
体圧分散性
耐久性 高(密度50D)
反発力(硬さ) 表面45N
中心140N
価格(税込) シングル:27,980円
セミダブル:34,980円
ダブル:40,980円
保証 3年保証
おすすめの人 ・リーズナブルに高品質な折りたたみ(三つ折り)マットレスが欲しい方
・長く付き合えるマットレスが欲しい方
・硬すぎる寝心地が苦手な方

 

3位「マニフレックス メッシュウィング」
折りたたみマットレス2位はマニフレックスの人気モデル、メッシュ・ウイングです。
反発力、密度、厚みなどのスペックが高く価格が安いということはもちろんですが、キャリーハンドルが付いており、持ち運びが楽などの機能性も高く評価できるおすすめの折りたたみマットレスです。
カバーにメッシュを使っており、通気性が良いので蒸れにくく手入れがしやすいというのもメリットです。
三つ折りマットレスの中ではピカイチの存在となっています。
点数 352点/400点
素材 ウレタンフォーム
厚み 11cm
体圧分散性
耐久性 高(31D)
反発力(硬さ) 170N
価格(税込) シングル:45,650円
セミダブル:54,780円
ダブル:66,000円
保証 10年保証
おすすめの人 ・やや硬めの寝心地が好きな方
・しっかりした厚みの折りたたみマットレスが欲しい方

 

4位「エアウィーヴ」スマートZ01
エアウィーヴは洗えるマットレスとして人気ですが、その唯一の折りたたみモデルになります。
洗えるので、清潔感が保て、かつ収納力があるマットレスをお探しの人には非常におすすめです。
エアウィーヴは、既存のマットレスの上に重ねて敷くスタンダードタイプが有名ですが、この一枚タイプは一枚で使える上に価格も抑えられているのでお得感もあります。
公式オンラインショップで購入すると、30日間の返金保証もあるもの魅力の一つです。
洗える三つ折りマットレスが欲しい場合は非常におすすめです。
点数 343点/400点
素材 エアファイバー
厚み 9cm
体圧分散性
耐久性
反発力(硬さ) 高反発
価格(税込) シングル:74,800円
セミダブル:91,300円
ダブル:107,800円
保証 3年
30日間返金保証等あり(公式オンラインショップから購入限定)
おすすめの人 ・洗えるマットレスで常に清潔に眠りたい方
・安心な返金保証で一度試してみたい方

 

5位「エイプマンパッド 310」
エイプマンパッドは発売されてから日が浅い高反発の折りたたみマットレスですが、スペックが高く、価格が安いのが特徴です。
価格が安いため、品質が安定しない部分は多少ありますが、標準以上のクオリティを保っています。
中国で生産するなど、コストカットに努めており実現したこの価格帯が最大の魅力です。
価格重視で検討するなら外せないおすすめ折りたたみマットレスです。
返金保証があるので、初めての方も試しやすいのも人気の理由です。
点数 335点/100点
素材 ウレタン
厚み 10cm
体圧分散性
耐久性 高(30D)
反発力(硬さ) 170N
価格(税込) シングル:20,130円
セミダブル:24,200円
ダブル:28,600円
保証 返金保証等あり
おすすめの人 ・一度三つ折りマットレスを返金保証付きで試してみたい方
・三つ折りマットレスを安く買いたい方

 

5位「昭和西川」ムアツ 2フォーム100
昭和西川のムアツはマツコデラックスさんがイメージキャラクターを務めていることでおなじみのウレタンで作られた三つ折りマットレスです。
このムアツは面で支えるのではなく、点で支えることをコンセプトに開発されています。
2フォーム100は表面が160ニュートンですが、凸凹の加工等もあり、やや柔らかく感じる素材で作られた折りたたみマットレスです。
抗菌防臭加工がされていて清潔に使えます。
体圧分散性も高いので、やわらかめが好きな人にはおすすめできる折りたたみマットレスと言えます。
点数 335点/100点
素材 ウレタン
厚み 9cm
体圧分散性
耐久性
反発力(硬さ) 160N/200N
価格(税込) シングルサイズ:60,500円
セミダブルサイズ:82,500円
ダブルサイズ:104,500円
保証
おすすめの人 ・表面が柔らかいがしっかり固めの寝心地が好きな方

 

6位「スリープマジック」ウェーブタイプ
スリープマジックはRISEという会社が開発しています。
ウェーブタイプというのが折りたたみマットレスのことです。横から見るとよくわかるとおり、14cmと厚みが十分あり、しっかりと体を支えてくれるので腰痛持ちの方にもおすすめできます。
もう少し価格が抑えられていればおすすめランキングTOP3に食い込めるほどのスペックを持った折りたたみ(三つ折り)マットレスです。
点数 330点/100点
素材 ウレタン
厚み 14cm
体圧分散性
耐久性 30D
反発力(硬さ) 350N
価格(税込) シングル:66,000円
セミダブル:82,500円
ダブル:104,500円
保証 3年(30日間返金保証あり)
おすすめの人 ・厚み14cmのボリュームマットレスを折りたたみで体感したい方
・体圧分散性の高いマットレスをさがしている方
・しっかり硬めの寝心地が好きな方

 

7位「フランスベッド」フォールドエアー
フランスベッドのフォールドエアーは価格もリーズナブルでスペックもそれなりに高くおすすめです。
ボンネルコイルの折りたたみマットレスは珍しいです。
硬めですが、フランスベッドのお家芸でもある高密度連続スプリングを採用しているので、良い寝心地を体感できます。
ただし、シングルサイズしかないのがデメリットです。
一人用の折りたたみマットレスを探している人は一考の余地ありと言えます。
点数 310点/100点
素材 ボンネルコイル(高密度連続スプリング)
厚み 11cm
体圧分散性 中(波形カット)
耐久性
反発力(硬さ) 硬め
価格(税込) シングルサイズのみ:23,800円
備考 メーカー保証
おすすめの人 ・通気性の良い折りたたみマットレスが欲しい方
・硬めが好きな方
・三つ折りのボンネルマットレスを体感したい方

 

8位「無印良品」洗えるマットレス・固クッション
無印良品の洗えるマットレス・固クッションは文字通り洗える三つ折りタイプです。
中材として、ポリエチレンの立体構造を使用しており、丸洗いできるのに加えて体圧分散性もそれなりに高いです。
厚みも13cmと極厚で一枚で寝ても底つき感も感じずに問題ないのですが、一点、価格の高さだけが気になるところです。
洗える極厚の折りたたみマットレスが欲しい!という人は検討すべきマットレスと言えます。
点数 310点/100点
素材 ポリエチレン
厚み 13cm
体圧分散性
耐久性
反発力(硬さ) 高反発
価格(税込) シングルサイズ:49,900円
セミダブルサイズ:59,900円
ダブルサイズ:69,900円
クイーンサイズ:79,900円
保証
おすすめの人 ・洗える分厚い折りたたみマットレスが欲しい方

 

9位「セルプール」
セルプールも実は本体が洗えるマットレスです。
継ぎ目がありませんが、しっかり折りたたみ可能です。ウレタンで洗えるマットレスは非常に珍しいです。
三つ折りというよりは、敷布団を折りたたむ感じで収納します。
耐久性が非常に高く、密度が50Dあるというのはおすすめポイントですが、反発力が物足りないのが少々残念なところです。
体重の軽い女性や小柄な人で折りたためるマットレスを探しているのであれば、検討の余地ありといったところでしょうか。
点数 295点/100点
素材 ウレタン
厚み 8cm
体圧分散性
耐久性 高(50D)
反発力(硬さ) 65N
価格(税込) シングル:38,000円
セミダブル:47,500円
ダブル:57,000円
備考 3年
おすすめの人 ・柔らかめの折りたたみマットレスが好みの方

 

10位「ドルメオ」三つ折 敷ふとん 2層
ドルメオは世界的に有名なイタリアの寝具ブランドです。
一定のスペックを保ちながら軽くて持ち運びやすいのが魅力です。
人は立っている時の姿勢が一番の寝姿勢と言われていますが、適度に沈み込んでくれるドルメオの折りたたみマットレスは、理想の寝姿勢を取りやすくおすすめです。
点数 310点/100点
素材 ウレタン
厚み 7cm
体圧分散性
耐久性
反発力(硬さ) 140N〜170N
価格(税込) シングルサイズ:40,932円
セミダブルサイズ:53,892円
ダブルサイズ:64,692円
備考 3年
おすすめの人 ・世界的に有名な折りたたみ(三つ折り)マットレスを使ってみたい方

 

折りたたみ(三つ折り)マットレスならコスパの良いエムリリーがおすすめの理由

折りたたみマットレス選びで迷っているなら、次の理由からエムリリーの優反発シリーズがおすすめです。

折りたたみはエムリリーがおすすめの理由
  • 反発力が十分あり、腰痛にも良い
  • 耐久性が非常に高い(密度50D)
  • 底つき感がない(厚み8cm)
  • ベッドでもフローリングでも使える
  • 価格がスペックに対してとてもリーズナブル(3万円以下)
  • 3年保証が付いている

折りたたみマットレスの外せないポイントを全てクリアしており、満足度が非常に高いマットレスです。

教授
教授
これらの理由から、折りたたみ(三つ折り)マットレスを考えているのであればエムリリーが一番おすすめじゃ。

 

折りたたみ(三つ折り)マットレスのおすすめ【タイプ別】

折りたたみマットレスのおすすめを以下のメーカー、タイプ別に紹介します。

では、タイプ別に見ていきましょう。

ポケットコイルの折りたたみベッドマットレスおすすめ2選

ポケットコイルの折りたたみベッドマットレスのおすすめ2選をご紹介します。折りたたみの分厚いベッドマットレスはなかなかないので、参考にしてみてください。

ポケットコイル エアサポートマットレス

価格 シングル:49,800円
セミダブル:58,800円
ダブル:69,800円
お届け無料
素材 ポケットコイル
コイル数 シングル510個
寝姿勢
寝返りのしやすさ
通気性
耐久性
厚み 18.5cm

ポケットコイルエアサポートマットレスは、ポケットコイルなので寝心地良く、折りたためて分離もできるマットレスです。両面使用でき、夏用と冬用でオールシーズン快適に使えます。また、分離可能なので、女性でもラクラク干せるのも魅力です。

 

ストレージ 三つ折りポケットコイルマットレス

価格 シングル:12,999円
セミダブル:14,999円
ダブル:18,999円
お届け無料
素材 ポケットコイル
コイル数 シングル450個
寝姿勢
寝返りのしやすさ
通気性
耐久性
厚み 17cm

ストレージが販売する折りたたみポケットコイルは、リーズナブルにスプリングの三つ折りが欲しい方におすすめです。一方で、やはり安いためコイル数は450個と少なめです。体圧分散性はコイル数が多いタイプよりも期待しない方が良いでしょう。
厚みが17cmもあるので、そのまま立てて干すことができます。

 

ニトリの折りたたみ(三つ折り)マットレスのおすすめ2選

ニトリの折りたたみ(三つ折り)マットレスのおすすめ2選をご紹介します。

ニトリ三つ折りボリュームマットレス(カラダヲシッカリササエル2)

価格 シングル:6,990円(税込)
素材 高反発ウレタンフォーム
厚み 10cm
コンパクト性

ニトリの3つ折りボリュームマットレスは、5,000円台と非常に安価でありながら10cmの厚みで底つき感のない安心感があります。色も落ち着いたグレーで、来客用にも便利なコンパクトマットレスになっています。

 

ニトリ3つ折り高反発マットレス厚さ10cm(日本製)

価格 シングル:8,138円
セミダブル:10,175円
ダブル:13,139円
素材 高反発ウレタンフォーム
寝姿勢
寝返りのしやすさ
通気性
耐久性
厚み 10cm
保証 1年

ニトリの三つ折り高反発マットレスは、厚さ10cmと十分で底つき感を感じにくい仕様になっています。「カラダヲシッカリササエル」モデルとの違いは、セミダブル、ダブルサイズがある点です。大きいサイズが欲しい場合はこちらを選びましょう。

 

折りたたみマットレスのシングル・セミダブル・ダブルサイズのおすすめ

折りたたみマットレスのシングル・セミダブル・ダブルは一般的なサイズのため、どのメーカーでもほぼ取扱いがあります。

なので、シングル・セミダブル、ダブルを検討中の方は、折りたたみマットレスのおすすめランキングを参考にしてみてください。

安い折りたたみマットレスのおすすめ2選!激安ならこのタイプ

折りたたみ(三つ折り)マットレスは、2万円以下の安いものから10万円近くする高いものもあります。

価格重視の方には、2万円以下の安い折りたたみマットレスがおすすめです。また、安いコンパクトな折りたたみマットレスは、来客用にも重宝します。

安い折りたたみマットレスは、次の2点がおすすめです。

安いけど高スペック!エイプマンパッド 310

素材 高反発ウレタンフォーム
価格 シングルサイズ:17,050円
セミダブルサイズ:20,790円
ダブルサイズ:24,607円
※お届け無料
厚み 10cm
耐久性 高(密度30D)
反発力 高(170N)
体圧分散性
保証 返金保証ありは+約4,000円
特徴 スペック高くリーズナブル

エイプマンパッドの310(折りたたみ)は返金保証あり・なしが選べて、なしを選ぶと15,950円で購入できます。価格重視でスペックがなるべく高い折りたたみマットレスが欲しいという方にはとてもおすすめの製品です。色は2色から選べます。

 

タンスのゲン 高反発三つ折りマットレス

素材 高反発ウレタンフォーム
価格 シングルサイズ:6,480円
※お届け無料
厚み 10cm
耐久性
反発力 高(174N/255N)
体圧分散性
保証
特徴 硬さを選べる

タンスのゲンの三つ折りマットレスです。サイズはシングルしかありませんが、5,000円以下なので非常に安価で購入できます。一人暮らしの学生さんなど、高いマットレスを買う余裕のないという方には最低限のスペックを備えているのでおすすめです。

教授
教授
硬さは2種類、色は3色から選べて、持ち運びに便利な取っ手付きじゃ。

 

しまむら「起き楽」折りたたみマットレス(店舗専売品)

安いマットレス10位「しまむら 起き楽」
価格 9,800円〜
種別 高反発マットレス
素材 ウレタンフォーム
厚み 8cm
耐久性 裏付けなし

しまむらで3万個を売り上げたマットレスの起き楽。RISEがしまむら用に販売している、人気の収納力の高い折りたたみマットレスです。

店舗販売専用商品のようです。店内寝具コーナーに展示してある店舗があります。

ソファーにもなる折りたたみマットレスのおすすめ

折りたたみ(三つ折り)マットレスは、工夫すればソファーとしても使えます。しかし、最初からソファー兼マットレスとして作られた製品もあります。

ソファー兼用を目的として作られた折りたたみマットレスを2つ紹介します。

アキレス ソファーマットレス

素材 高反発ウレタンフォーム
価格 セミシングルサイズ:16,500円
※お届け無料
厚み 12cm
耐久性
反発力 高(160N)
体圧分散性
保証

アキレスが販売するソファーにもなる折りたたみマットレスです。3WAYで非常に利便性が高く、反発力も160Nと多くの方がちょうど良いと感じる硬さです。厚みは12cmもあるので、底つき感は一切感じませんので安心して気持ちよく眠ることができます。

 

ソファーになる高反発折りたたみマットレス

素材 高反発ウレタンフォーム
価格 シングルサイズ:7,999円
※配送無料
厚み 10cm
耐久性 低(25D)
反発力 高(190N)
体圧分散性
保証

くつろげるソファーから、枕付きマットレスまで4WAYで使える折りたたみマットレスです。低価格ですが、厚みは十分あり良い寝心地を感じられる作りになっています。
ただし、密度が少々低いので耐久性には優れていません。
とはいえ、利便性と価格の安さで見ると総合的におすすめできるソファーマットレスです。

 

東京西川の折りたたみ(三つ折り)マットレスおすすめ2選

東京西川の折りたたみ(三つ折り)マットレスのおすすめを2選ご紹介します。

東京西川 高反発マットレス三つ折り「Festa2」

価格 シングル:20,166円(税込)
※配送無料
素材 高反発ウレタンフォーム
寝姿勢
寝返りのしやすさ
通気性 高(オープンセル構造)
耐久性
厚み 9cm

西川の高反発マットレス三つ折り「Festa2」は、体圧分散に優れたマットレスです。抗菌防臭加工を施されており、カバーも取って洗えるため清潔に使えます。厚みは9cmなので底つき感もない三つ折りマットレスです。

 

東京西川マットレス三つ折りアフィット

価格 シングル:21,780円(税込)
セミダブル:29,480円(税込)
ダブル:32,780円(税込)
素材 高反発ウレタンフォーム
寝姿勢
寝返りのしやすさ
硬さ 頭、足部分:150N
腰部分:190N
※配送無料
耐久性
厚み 8cm

東京西川が販売する「アフィット」は、頭と足、腰部分の硬さが違う折りたたみマットレスです。硬さを変えることで、理想の寝姿勢に近づけることができ、寝返りもしやすくなっています。
厚みは8cmなので、ボリュームがあるとは言えませんが、底つき感は感じにくいはずです。

 

折りたたみマットレス コンパクトモデルのおすすめ!来客用にも便利

折りたたみ(三つ折り)マットレスで、来客用に便利なコンパクトモデルのおすすめをご紹介します。

タンスのゲン 純高反発10cm

価格 シングルサイズ:6,999円(税込)
セミダブルサイズ:9,499円(税込)
ダブルサイズ:10,999円(税込)
クイーンサイズ:11,999円(税込)
キングサイズ:13,999円(税込)
※配送無料
素材 側生地:ポリエステル100%
中材:高反発ウレタンフォーム
厚み 10cm
コンパクト性

タンスのゲン 純高反発マットレスは10cmの厚みなので底つき感を感じません。
その上、5,000円以下のリーズナブルな価格設定なので、たまの来客用などにぴったりのコンパクトな折りたたみマットレスです。

 

来客用におすすめのマットレスは次の記事も参考にしてみてください。

折りたたみ低反発マットレスのおすすめ

低反発の折りたたみマットレスならテンピュール当サイトとしては、基本的に低反発の折りたたみ(三つ折り)マットレスはおすすめしていません。

というのも、折りたたみに限らず低反発マットレスは腰が沈み込み過ぎてしまうため、腰に負担がかかったり寝返りがしにくく腰痛に良くないことが最近の研究で明らかになっているからです。

しかし、例外として次の方は低反発の折りたたみマットレスもおすすめできます。

低反発の折りたたみマットレスがおすすめの方

  • どうしても低反発マットレスの方が体に合う気がするという方
  • 体重が40kg未満の方

上記のような人にはテンピュールの「フトンデラックス」がおすすめです。

価格 シングル:78,870円
セミダブル:94,800円
ダブル:105,600円
素材 低反発ウレタンフォーム
寝姿勢
寝返りのしやすさ
通気性 高(オープンセル構造)
耐久性
厚み 7cm
保証 5年

もちろんコンパクトに折りたためますし、寝ている時の姿勢をある程度保つことができるところがおすすめポイントです。

 

硬め折りたたみ(三つ折り)マットレスのおすすめ

硬めの折りたたみ(みつ折り)マットレスのおすすめは次の商品です。

マニフレックス メッシュウィング

価格(税込) シングル:45,650円
セミダブル:54,780円
ダブル:66,000円
厚み 11cm
体圧分散性
耐久性 高(31D)
反発力(硬さ) 170N
素材 ウレタンフォーム
保証 10年保証

マニフレックスメッシュウィングは反発力が170Nと硬めの寝心地が特徴です。厚みも11cmと十分で、硬めの折りたたみマットレスを求めている人にはおすすめです。メッシュ生地でサラサラとした寝心地と持ち運びやすさも魅力のマットレスです。

 

硬さ入れ替え自由(三つ折り)マットレスのおすすめ

パーツを入れ替えて、好みの硬さに調整できる三つ折りマットレスのおすすめは次の商品です。

くじらマットレス8cmタイプ

価格(税込) シングル:49,800円
セミダブル:59,800円
ダブル:69,800円
厚み 8cm
体圧分散性
耐久性 不明
反発力(硬さ) 50N(2枚)・140N(3枚)・210N
素材 ウレタンフォーム
保証 なし

くじらマットレス8cmタイプは、硬さの違う4cm厚のウレタンマット6枚を、自分の好みに合わせて部分ごとに硬さの調整ができますので、肩こり・腰痛持ちの人にはメリットがありそうですね。

 

腰痛マットレス「モットン」収納できる高反発マットレスの代表格!



腰痛には、自分に合った硬さを選ぶのが重要ですが、モットンは3種類の硬さから選べて途中で交換もできるのが腰痛持ちにはぴったりのサービスです。また、90日間返金保証があるので、腰痛対策マットレス初心者でも安心して試せるのも高評価です。
腰痛対策で失敗したくない方におすすめです。

価格(税込) シングル:39,800円
セミダブル:49,800円
ダブル:59,800円
素材 高反発ウレタンフォーム
適正体重 50kg以下(140N)
50kg〜80kg(170N)
80kg以上(280N)
硬さ(反発力)が3種類から選べて途中で変更も可能
厚み 10cm
耐久性 高(密度31D)
保証 90日間返金保証あり(硬さ変更も可能)
おすすめの人 ・リーズナブルで品質が高いマットレスを求める方
・保証が充実したマットレスが欲しい方
・腰痛対策で失敗したくない方

 

洗える折りたたみマットレスのおすすめ(エアウィーヴやブレインスリープ)

シャワーで汚れを洗い流して、清潔を保てる三つ折りマットレスのおすすめは次の商品です。

エアウィーヴ スマートZ01

価格 シングルサイズ:74,800円
セミダブルサイズ:91,300円
ダブルサイズ:107,800円
素材 エアファイバー
適正体重 特になし
厚み 9cm
耐久性
保証 30日間返金保証あり
おすすめの人 ・洗えるマットレスが欲しい方
・収納力が高いマットレスが欲しい方

エアウィーヴは通気性・乾燥性が抜群で、洗えるのが特徴のマットレスです。その中でもこのスマートZ01は一枚で直に床に置いて使えるタイプの人気商品です。
しかも価格が、マットレスパッドと同等でリーズナブルな設定になっています。
厚みも9cmと十分なので1枚でも底つき感を感じることはありませんし、腰に負担もかかりにくい高反発です。三つ折りで収納力が高いのも魅力です。
あまり知られていませんが、エアウィーヴは公式オンラインショップで購入すると30日間の返品保証が付いているのも魅力です。

 

ブレインスリープマットレス

価格(税込) シングル:88,000円
セミダブル:99,000円
ダブル:110,000円
厚み 5cm 脚部9cm
体圧分散性
耐久性
素材 グリーンファイバー
保証 なし

ブレインスリープが販売するブレインスリープマットレスは、エアーファイバー素材を採用し、汚れたらシャワーで洗い流す事ができます。脚部のみ厚みを持たせてあり、血流を良くし、むくみを軽減させます。腰痛だけでなく、血流改善まで望めるマットレスです。

折りたたみマットレスの口コミ・評判を調査

折りたたみマットレスの口コミ・評判はどのようなものがあるのか調査してみました。

折りたたみマットレスの口コミ・評判を調査すると、「部屋が広くなった」「腰が痛くなくなった」などの意見がありました。

みつ折りマットレスは収納性が高く部屋を広く使えるので、ミニマリストからも人気で評判も高いです。

教授
教授
簡易的なソファーとしても使えるというメリットもあるのじゃ!

折りたたみ(三つ折り)マットレスに関するQ&A

折りたたみ(三つ折り)マットレスに関するよくあるQAをまとめました。折りたたみマットレスを使っている方や、これから使う方は参考にしてみてください。

折りたためるマットレスの収納性以外のメリット・デメリットは?

折りたたみ(三つ折り)マットレスのメリット・デメリットは次の点です。

内容
メリット ・コンパクトに収納可能
・持ち運びが簡単
・ソファー代わりにも使える
デメリット ・つなぎ目の部分に違和感を感じる可能性
・品質が低い・薄いものは底つき感を感じる

折りたたみマットレスは敷布団のように折りたたんで収納できるので、ベッドとは違って部屋を効率的に使えるのが最大のメリットです。

一方で、折りたたみマットレスは折りたためる部分が溝になってしまうため、違和感を感じる可能性があります。

これが、折りたたみマットレス最大のデメリットです。

ただし、マットレスの上に敷きパッドを敷いたりと対策をすれば、ある程度は気にならなくなるのでリカバリーは可能です。

さらに詳しい折りたたみマットレスのメリット・デメリットは次の記事にまとめています。

折りたたみマットレスのデメリットは3つ【三つ折りには注意すべき点あり】 「折りたたみマットレスのメリット・デメリットって何があるの?」 「三つ折りタイプの気付いてないデメリットがあるかもしれない...

折りたたみマットレスの使い方は?床でそのまま寝るのもあり?

折りたたみ(三つ折り)マットレスは床にそのまま寝るのでも問題ないですし、ベッドの上に敷いて使っても良いです。

また、すのこベッドの上に敷いて使うと通気性が良くなりカビが生えにくくなるのでおすすめです。

すのこベッド

ただし、折りたたみマットレスをせっかく使うのであれば、部屋を効率的に使うという観点からベッドは使わずに床にそのまま寝ることをおすすめします。

ベッドを使ってしまうと、部屋のスペースをベッドが取ってしまうため折りたたみマットレスの良さを奪ってしまうからです。

折りたたみマットレスでそのまま床に寝る時の注意点は次の記事にまとめています。

折りたたみマットレスは床に置いてそのまま寝るべき?【注意点も紹介】 「折りたたみマットレスってそのまま寝て良いの?」 「そのまま寝れるマットレスも知りたい・・・」 折りたたみ(三つ...

また、折りたたみマットレスは和室の畳で使うのも問題ないですが、その際の注意点も知っておきましょう。

折りたたみマットレスは和室で使える?

和室で使う時の注意点

折りたたみ(三つ折り)マットレスは和室(畳)で使うのも適していると言えます。

ただし、折りたたみマットレスを和室に直置きして使う時には、以下に注意していただきたいです。

  • 十分な厚み(最低7cm)のマットレスを選ぶ
  • フローリングよりもこまめに陰干しする

和室の畳の上だから、マットレスは薄くても底つき感は感じにくいのでは?と考える人もいますが、最低7cm、できれば8cm以上の厚みは欲しいところです。

いくら畳の上だとしても、やはり薄い折りたたみマットレスは底つき感を感じてしまうからです。

また、畳というのは湿気を吸収しやすく、カビやすいためフローリングに置く時よりもこまめに陰干しすることをおすすめします。

具体的には、できれば2日に一回は陰干しして欲しいところです。

次の記事も参考にしてみてください。

畳の上にマットレスを敷く注意点【和室におすすめの2選も紹介】 「畳部屋の場合、どんなマットレスがおすすめ?」 「畳でマットレスを使う時に気を付ける点があれば知りたい・・・」 ...

折りたたみ(三つ折り)マットレスはカビが生えやすい?

折りたたみ(三つ折りマットレス)はカビが生えやすいです。

というのも、三つ折りマットレスは、蒸れやすいウレタンフォーム素材でできているものがほとんどで、床に直置きするのでどうしても床とマットレスの間に湿気が溜まりやすくカビが生えやすい環境になってしまうのです。

ウレタン素材

ですので、三つ折りマットレスは敷きっぱなしにせずに、必ず3日に一回はカビ防止のために陰干しするようにしましょう。

マットレスのカビ防止方法については、次の記事に詳しくまとめています。

マットレスのカビ・臭いの取り方【三つ折りやトゥルースリーパーは要注意?】マットレスのカビ取り方法と、カビ予防ができる防止対策について有効なものだけを徹底的に解説していきます。 マットレスのカビに悩んでいる方は、具体的な解決方法を提示していきますので、参考にしてみてください。...

折りたたみマットレスのカバーはどうやって選ぶ?

折りたたみマットレスのカバー選びは、基本的に通常のマットレスと変わりません。

カバーを選ぶポイントは次の3点です。

  • ボックスシーツを選ぶ
  • 幅と丈のサイズに注意する
  • 高さ(厚み部分)に注意する

折りたたみマットレスは床に直置きすることが多く、フラットなシーツにしてしまうとずれやすくなるので、ボックスシーツがおすすめです。

また、当然ですが縦、横、高さのサイズは合わせるようにしましょう。

詳しくは次の記事にまとめてありますので、参考にしてみてください。

マットレスカバーのおすすめ4選【シーツは必要?三つ折りの場合はどうしてる?】マットレスカバー(シーツ)のおすすめを目的別にご紹介しています。そもそもマットレスカバーは必要なのか?という点も分かりやすく解説しているのでカバーやボックスシーツ選びに迷っている方は参考にしてみてください。...

折りたたみマットレスの捨て方ってどうするの?

折りたたみマットレスの捨て方についても、通常のマットレスと基本的には変わりません。

  • 自治体で粗大ゴミとして回収
  • 廃品回収業者に依頼
  • フリマアプリを使う
  • 新品を購入した時に引き取り
  • 自力で解体して家庭ゴミで出す
  • 買取業者に買い取ってもらう

このどれかの選択肢になります。
捨て方についてさらに詳しい内容は次の記事で解説しています。

ベッドマットレスの処分方法全6パターンと費用【ニトリでも廃棄OK?】 「マットレスの処分方法ってどうすれば良いの?」 「できるだけ安く手間をかけずにマットレスを処分したい」 「マット...
マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全人気41メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。

  

ABOUT ME
マットレス大学編集部
日本最大級の寝具情報メディア「マットレス大学」編集部。10種類以上のマットレスを実際に使用した担当者が記事作成・監修。 全ての人々の睡眠の質が少しでも良くなるように、マットレスや枕などの寝具に関する情報を分かりやすく発信していきます。