マットレスをタイプ別・価格別で選ぶ

ボンネルコイルマットレスの特徴や弱点とは?【おすすめはコレ】

ボンネルコイルマットレスの特徴や弱点とは?【おすすめはコレ】

「ボンネルコイルマットレスってどんな特徴があるの?」
「おすすめのボンネルコイルマットレスを知りたい」

スプリングマットレスには、「ボンネルコイルマットレス」と「ポケットコイルマットレス」があります。

ここでは、ボンネルコイルマットレスの特徴やメリット・デメリット、合わせてポケットコイルとの違いも解説していきます。

ボンネルコイルマットレスとは?特徴は3つ

ボンネルコイルマットレスとは、平たく言うとスプリングが全面に繋がったマットレスです。

上記のように、ボンネルコイルマットレスは、スプリングがひとつなぎになっていることがわかります。

一方で、ポケットコイルは、次のようにスプリングが独立しているのが大きな違いです。

ざっくりボンネルコイルがどんなものか分かったところで、ここからは、ボンネルコイルマットレスが持つ3つの特徴を解説していきます。

ボンネルコイルの特徴①寝心地は硬め

特徴①寝心地は硬めボンネルコイルマットレスの大きな特徴として、寝心地が硬めということが挙げられます。

基本的にボンネルコイルマットレスは、畳の上に敷布団を敷いたような硬さの寝心地というのが一般的です。

表面の詰め物によっては、柔らかさを実現しているものもありますが、大体のものは硬いと思っておいた方が良いでしょう。

価格が安いもの(1万円〜2万円)は、「畳の上に直に寝ている」というくらい硬い寝心地のものもありますので、注意が必要です。

ボンネルコイルの特徴②スプリングが面で支える

特徴②スプリングが面で支えるボンネルコイルマットレスは、スプリングが独立しておらず全体で繋がっているので、体を面で支えている作りになっていますので、体圧分散が苦手です。

一方で、ポケットコイルはスプリングが独立しており、点で支えるので体圧分散をしっかりしてくれます。

ボンネルコイルの特徴③横揺れする

特徴③横揺れするボンネルコイルマットレスは、スプリングが全面で繋がっているため、振動が伝わりやすく、横揺れしやすいです。

一方でポケットコイルはコイルひとつひとつが独立しているため、振動が伝わりにくいのです。

ボンネルコイルマットレスのメリット

ボンネルコイルマットレスのメリットボンネルコイルマットレスの特徴を見ると、ポケットコイルの方が良いのでは?と感じる方も多いと思いますが、ボンネルコイルにもメリットがあります。

3つのメリットをご紹介します。

メリット①耐久性が高い(寿命が長い)

ボンネルコイルマットレスは、スプリングコイルが全面で繋がっており、面で支えています。

ひとつひとつ独立したコイルであるポケットコイルと比べると、ボンネルコイルは全面が繋がっている分、非常にへたりにくく、耐久性に優れているのがメリットです。

品質の良いものだと、軽く10年以上持つほどの寿命があり、マットレスの中でも長持ちする種類と言えます。

メリット②通気性が良くカビにくくダニも住みつきにくい

ボンネルコイルマットレスは、スプリング部分が空洞になっているため、通気性が抜群に良いです。

そのため、ウレタンマットレスなどとは違って、カビにくいというメリットがあります。

また、ダニが好むような多湿になることもないため、ダニが住みつきにくい構造でもあります。

メリット③比較的安く買える

ボンネルコイルマットレスは、比較的安価なものが多いです。

特にポケットコイルマットレスと比べると、価格に数万円の差があります。

ポケットコイルマットレスは、品質の良いものを買おうとすると10万円以上することがほとんどですが、ボンネルコイルは高品質でも、5万円〜10万円で買えるものも多く、コスト重視の人には大きなメリットと言えます。

ボンネルコイルマットレスのデメリット

ボンネルコイルマットレスのデメリットボンネルコイルマットレスには、当然デメリットもあります。大きなデメリット3つをまとめました。

デメリット①複数で寝ていると振動が気になる

ボンネルコイルマットレスはスプリングコイルが全体的に繋がっており、面で支える構造になっています。

そのため、例えば夫婦で寝ていて、パートナーが動くとその振動が自分にもモロに伝わるというデメリットがあります。

デメリット②体圧分散が苦手なので寝心地があまり良くない

ボンネルコイルマットレスは、面で支えるため、体圧を分散することができず、畳に敷布団を敷いたような寝心地になってしまいます。

そういった寝心地に慣れている人や、その方が寝れるという人には良いかもしれませんが、一般的にはあまり良い寝心地とは言えません。

デメリット③音が気になる

ボンネルコイルマットレスはスプリングのギシギシといった音がする場合が多いです。
寝返りや動くたびにギシギシと音がするため、気になって仕方がないという人も多いはずです。

ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスの違いを表で確認

ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスとはどう違う?ボンネルコイルマットレスと、ポケットコイルマットレスの違いを表にまとめました。

項目 ボンネルコイル ポケットコイル
寝心地
体圧分散
横揺れの無さ
耐久性
通気性
価格

このように、価格面と耐久性以外ではポケットコイルマットレスが圧倒的に優位です。

機能面を考えると、ポケットコイルマットレスはほぼデメリットがなく、価格の高さだけが唯一のデメリットと言えます。

ポケットコイルマットレスとは?【口コミの良いおすすめ11選を徹底比較】 「ポケットコイルマットレスが良いって聞くけど、実際どうなの?」 「どうやって選べばいいの?」 ポケットコイルマッ...

ただし、次で解説するように、ボンネルコイルには弱点を大きく克服した進化版とも言えるモデルが存在します。

ボンネルコイルマットレスの弱点を克服した進化版あり

ボンネルコイルマットレスの弱点を克服した進化版ありボンネルコイルマットレスの弱点である、「寝心地」「体圧分散」「振動の伝わり」といった部分を大幅に克服した進化版とも言えるマットレスが登場しています。

それが、次の2つです。

  • 高密度連続スプリングマットレス
  • ポスチャーテックコイル

これらのマットレスについて詳しく解説します。

高密度連続スプリングマットレス

通常のボンネルコイルの数倍のスプリングを敷き詰めているボンネルコイルマットレスの進化版です。

上段のスプリングで体圧を分散し、下段で横揺れも防ぐというまさしくボンネルコイルマットレスの弱点を全て克服している構造になっています。

この高密度連続スプリングは、フランスベッドが独自開発した技術です。

ポスチャーテックコイル

ポスチャーテックコイルは、シーリー社が開発したものになります。

センサリーアームという独自のスプリングは、荷重に比例して反発力が増すように作られているため、軽い部分は低反発、重い部分は高反発になり、体圧を適度に分散してくれます。

こちらも、ボンネルコイルマットレスの弱点を見事に克服しています。

ボンネルコイルマットレスのおすすめランキング3選

おすすめのボンネルコイルマットレス2つボンネルコイルマットレスは弱点が多くあり、基本的にはポケットコイルがおすすめなのですが、前述した「高密度スプリングマットレス」、「ポスチャーテックコイル」であれば自信を持っておすすめできます。

「フランスベッド ZELTスプリング」
フランスベッドで2017年から誕生したモデルで、高密度連続スプリングを採用したボンネルコイルマットレスです。
適度な硬さで寝心地も良い上に、価格もリーズナブルなので、良いマットレスを安く購入したいという方にもおすすめできます。
また、厚みも20cmと十分あるので、ベッドマットレスとしての高級感もあります。
スプリング部分だけでなく、側生地もジャガード織りを採用しており、上部な作りで耐久性も抜群で長く愛用できるボンネルコイルマットレスになります。
素材 高密度連続スプリング
価格 シングル:37,000円
セミダブル:47,000円
ダブル:57,000円
厚み 20cm

 

「フランスベッド マルチラススーパースプリング」
フランスベッドのマルチラススーパースプリングマットレスは、高密度連続スプリングを採用しているボンネルコイルマットレスです。
ボンネルコイル従来の弱点である、体圧分散、横揺れを克服しているにも関わらず、非常にリーズナブルなのが特徴です。
さらに、日本の高温多湿という風土、日本人の筋肉のつき方を計算して作られており、日本人だけに向けて作られたと言っても過言ではないほどの日本仕様のマットレスです。
厚みが16cmなので少々薄型ですが、それ以外の点では価格以上のスペックを備えています。
素材 高密度連続スプリング
価格 シングル:32,000円
セミダブル:36,000円
ダブル:42,000円
厚み 16cm

 

3位「シーリー FTT2」
シーリーはアメリカの超有名マットレスブランドです。
ポスチャーテックが採用されており、荷重の強さによって反発力を変えてくれるので体圧分散に優れています。
理想の寝姿勢を維持することができ、ボンネルコイルの弱点である寝心地の悪さも見事に克服しています。
25cmとこの価格帯のマットレスとしては、極厚なので見た目も豪華に見えるのも魅力のボンネルコイルマットレスです。
素材 ポスチャーテック
価格(税込) シングル:55,000円
セミダブル:66,000円
ダブル:77,000円
厚み 25cm

 

マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全31メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。