マットレスをタイプ別・価格別で選ぶ

マットレストッパーのおすすめランキング7選【最強は高反発?低反発?】

マットレストッパーのおすすめランキング7選!最強の薄型敷布団は?

「トッパーで手持ちのマットレスの寝心地を改善したい」

「どんなトッパーを買えば良い?」

マットレストッパーは、今お持ちのマットレスがへたった時や寝心地に満足しない場合に活躍するアイテム。

ここでは、有名マットレストッパーを7つ徹底調査し、3点の明確な基準を持って比較しました。その結果を元に、おすすめマットレストッパーをランキング形式でご紹介します。

教授
教授
最高に優秀なマットレストッパーが分かるぞい。

「トッパーって何?」という人は次をご覧ください。

 

目次

マットレストッパーのおすすめの選び方!ポイントは4つ!

マットレストッパーを選ぶポイントは4つあるので、まずはそこからご紹介していきます。
おすすめランキングについても、次の4つのポイントを基準に選定しました。

トッパーを選ぶポイント
  1. 厚みは十分か?(100点)
  2. 低反発は避ける(100点)
  3. 耐久性は高いか?(100点)
  4. コスパは優秀か?(100点)

上記のポイント全てに100点満点で点数を付け、ランキング化しました。

すぐにマットレストッパーランキングを見たい人は次のボタンから飛んでみてください。

マットレストッパーを選ぶポイント①厚みは十分にあるか?

トッパーを選ぶポイント①厚みは十分にあるか?マットレストッパーを買うなら、最低厚みは『5cm以上』のものにしましょう。
どうしてかと言うと、十分な厚みがなければ下のマットレスや敷布団を感じてしまい、理想的な寝心地の改善ができないからです。

薄いトッパーですと、下のマットレス部分の感触を感じてしまい、トッパーが単なる汚れ防止だけの役割になってしまうので、厚さ5cm以上のものを強くおすすめします。

教授
教授
5cmあればトッパーとしては十分合格じゃ。

マットレストッパーを選ぶポイント②腰痛の場合は特に高反発を選ぶ

トッパーを選ぶポイント②腰痛の場合は特に低反発は避けるマットレストッパーは大きく分けると、次の種類があります。

  • 高反発マットレストッパー
  • 低反発マットレストッパー

高反発のトッパーは、反発力が高い素材でできたもので、低反発はトゥルースリーパーやテンピュールなどに代表される反発力が弱い素材でできたものです。

低反発は、数年前まで非常に人気だったのですが、実は体が必要以上に沈み込んでしまい、寝る時の姿勢が歪んでしまうため、腰痛によくないということがわかってきました。

また、体が沈み込むため、寝返りがしにくく、寝返りのたびに腰や体に負担がかかるのもデメリットです。こういった理由から、低反発よりも高反発マットレスを選ぶのがおすすめです。

教授
教授
当サイトでは、腰に負担のかかる低反発マットレスは基本的におすすめしていないんじゃ。

マットレストッパーを選ぶポイント③耐久性は高いか

マットレストッパーは、既存のマットレスの寝心地を改善するものなので、それ自体がへたりやすいと意味がありません。

トッパーはウレタンフォーム素材のものが多いですが、ウレタンの耐久性は密度(D)で表すことができます。

密度は、Dという単位で表されますが、基準としては30D以上」であれば十分な耐久性があると判断できますので、参考にしてください。

教授
教授
安物はへたりやすい傾向にあるので、注意が必要じゃ。

マットレストッパーを選ぶポイント④コストパフォーマンスに優れているか

マットレストッパーの中でも価格帯は様々です。1万円以下のものもあれば、10万円を超えるようなものもあります。

しかし、トッパーの役割としては『手持ちのマットレスの復活』という意味合いが大きいため、あまり高いものを買うのは本末転倒感が否めません。
5万円や10万円出すのであれば、素直に通常のマットレスを買った方が良いです。

ですのでマットレストッパー選びは価格が安く、品質が高いものを選ぶというのがポイントになります。

教授
教授
3万円以下で品質の高いものが理想的じゃ。

マットレストッパーおすすめ人気の7選を比較!

マットレストッパーのおすすめ人気アイテムを、この4つの選定ポイントを踏まえて徹底的に比較しました。

比較項目は「厚み」、「反発力」、「耐久性」「コスパ」の4つです。どのトッパーが優れているのか、確認してみてください!

商品名 厚み 反発力 耐久性 コスパ
マニフレックス
エルゴ・トッパー
85点
85点
90点
90点
4cm 素材
エリオセル
30D 価格
S:18,684円
SD:22,420円
D:26,157円
オクタスプリング
95点
85点
85点
85点
7cm 3Dウレタンスプリング 高密度ウレタン 価格
S:21,384円
SD:26,784円
D:32,184円
エムリリー
(Mlily)
優反発5cm
90点
90点
98点
90点
5cm 優反発ウレタン
高反発ウレタン
表面45N 中心140N
50D 価格
SS:18,338円
S:19,418円
SD:24,818円
D:30,218円
トゥルースリーパー
プレミアムケア
90点
65点
65点
75点
5cm 低反発ウレタン 低反発なのでへたりやすい 価格
S:26,784円
SD:28,944円
D:31,104円
テンピュール
トッパーデラックス3.5
75点
70点
75点
75点
3.5cm 低反発ウレタン 低反発なのでへたりやすい 価格
S:48,600円
SD:64,800円
D:75,600円
エアウィーヴ
スタンダード
92点
90点
90点
75点
6cm エアファイバー エアウィーヴは耐久性高 価格
S:64,800円
SD:77,760円
D:90,720円
ニトリ
トッパー8cm
95点
85点
70点
90点
8cm 高反発ウレタン 値段相応 S:14,900円
SD:16,900円
D:19,900円

マットレストッパーおすすめランキングTOP7!!

マットレストッパーおすすめランキングTOP3!!

マットレストッパーのおすすめランキングTOP7は次の通りです!

1位 エムリリー(Mlily)優反発シリーズ5cm
エムリリー(Mlily)の優反発シリーズは、マットレストッパーとしては非常に優秀です。
厚みもしっかり5cmあり、反発力も高品質な高反発ウレタンを使っており十分です。
また、価格帯としてもシングルで2万円を切っておりリーズナブルです。
さらに密度が50Dというこの価格帯ではほとんどない耐久性(寿命)を誇るのもポイントです。
今のマットレスの寝心地を改善するというトッパーの役割を十分果たしてくれるでしょう。
点数 368点/400点
価格 セミシングル:18,338円
シングル:19,418円
セミダブル:24,818円
ダブル:30,218円
素材 優反発ウレタン
高反発ウレタン
厚み 5cm
反発力 高(表面45N、中心140N)
耐久性 極高(密度:50D)
保証 3年

 

2位 オクタスプリング
オクタスプリングはマットレストッパーに特化しています。価格はエムリリー(Mlily)には及ばないものの、厚みが7cmあり寝心地は抜群に改善されます。
また、3Dウレタンスプリングという独自開発のウレタンフォームでできたスプリングが内臓されており、反発力と通気性が良いことも魅力です。
5つ星ホテルのマットレストッパーにも採用される実力があり、おすすめのトッパーになります。
点数 350点/400点
 価格 シングル:21,384円
セミダブル:26,784円
ダブル:32,184円
素材 3Dウレタンスプリング
厚み 7cm
反発力 低(26N〜69N)
耐久性 中(密度表記なし)
保証 なし

 

3位 マニフレックス エルゴ・トッパー

価格が非常にリーズナブルなトッパーマットレスになります。反発力も十分あり、寝心地改善としては十分機能します。
ずれ防止ゴムも付き、ドライクリーニングも可能で、機能性が高いのが魅力です。
ただし、厚みが4cmしかなくもう少し厚みがあればというのが正直なところです。

点数 350点/400点
価格 シングル:18,684円
セミダブル:22,420円
ダブル:26,157円
素材 エリオセルMF
エリオセル
厚み 4cm
反発力 高(170N+70Nの混合)
耐久性 高(密度:31D+75Dの混合)
保証 なし

 

4位 エアウィーヴ スタンダード

エアウィーヴは洗えることで有名なマットレストッパーで、常に清潔に使えるので、綺麗付きにはたまらないアイテムです。また通気性も抜群で特に夏はサラサラとした心地良い寝心地を体感することができます。厚みも十分あるので、寝心地改善という意味では申し分ないトッパーです。価格は高めですが、30日間返金保証もあるので、綺麗付きの方は検討する余地はある一品と言えます。

点数 347点/400点
価格 シングル:64,800円
セミダブル:77,760円
ダブル:90,720円
素材 エアファイバー
厚み 6cm
反発力
耐久性
保証 30日間返金保証あり

 

5位 ニトリ 高反発トッパープレミアム8cm

ニトリの高反発トッパープレミアムケアは、厚み8cmで寝心地は十分改善可能です。また、高反発なので腰に負担をかける可能性も少ないです。ただし、耐久性については、詳細の記載もないので、価格相応と言えます。厚みがある分、一万円以上しますが、もう少し価格的な魅力を出してくれれば上位に食い込めるマットレストッパーと言えます。

点数 340点/400点
価格 シングル:14,900円
セミダブル:16,900円
ダブル:19,900円
素材 ウレタンフォーム
厚み 8cm
反発力
耐久性
保証 1年

 

5位 テンピュール トッパーデラックス

テンピュールは、非常に有名なマットレスブランドではありますが、低反発ということでランキングは下位になっています。品質自体はかなり良いのですが、低反発で、さらにトッパー自体が薄いので下のマットレスの感触を感じてしまう可能性が高いです。また、沈み込み過ぎるので、腰などの出っ張っている部分に負担がかかりがちなのもマイナス点です。とはいえ、柔らかいマットレスが好きな人は一考の価値はあります。

点数 265点/400点
価格 シングル:48,600円
セミダブル:64,800円
ダブル:75,600円
素材 低反発ウレタンフォーム
厚み 3.5cm
反発力
耐久性
保証 3年

 

7位 トゥルースリーパー

トゥルースリーパーも、テンピュールと同じく低反発ということでランキング下位になっています。過去に一世を風靡したトゥルースリーパーですが、現代の研究では低反発マットレスは腰に負担をかけやすいと言われており、当サイトではおすすめしていません。とは言え、どうしても低反発の寝心地が良いという人は、検討しても良いと思います。

点数 295点/400点
価格 シングル:26,784円
セミダブル:28,944円
ダブル:31,104円
素材 低反発ウレタンフォーム
厚み 5cm
反発力
耐久性
保証 2年

 

マットレストッパーのおすすめがエムリリー(Mlily)の理由

エムリリー(Mlily)がマットレストッパーにおすすめの理由

マットレストッパーにおすすめなのは、エムリリー(Mlily)です。エムリリー(Mlily)がおすすめの理由を簡単にまとめてみました。

マットレストッパーにエムリリー(Mlily)がおすすめの理由
  • 厚みが十分ある(5cm)
  • 耐久性が非常に高い(50D)
  • 反発力が高い(中心140N)
  • 素材が硬すぎない(表面45N
  • 価格がリーズナブル(2万円以下)
  • 寝返りで筋肉や腰に負担がかからない(高反発)
  • ウレタンの中でも通気性が高い(特殊ウレタン)

エムリリー(Mlily)がおすすめの理由は、マットレストッパーに必要な要素が全て揃っているところです。
厚み、反発力、コスパ、耐久性、どれをとってもハイレベルな数値を叩いています。

また、ウレタンマットレスは通気性が悪いものが多いですが、エムリリーのウレタンは気泡が無数に繋がって空いているため、通気性も優秀ですので、蒸れにくいというメリットもあります。

教授
教授
非常におすすめできる最強のマットレストッパーと言えるのじゃ!

 

マットレストッパーとは?使い方を紹介

「マットレストッパーとは、そもそも何?」と思っている人もいるかもしれません。
トッパーというのは、薄手のマットレスのことで、その使い方は2つあります。

トッパーの使い方①手持ちのマットレスの寝心地をアップする

マットレストッパーの一番の役割はマットレスの寝心地アップです。

使っているマットレスがへたったり、寝心地がイマイチ、という場合にトッパーを上に敷いて、寝心地をアップさせるというわけです。一般的にトッパーはマットレスよりも安価なため、リーズナブルに寝心地を改善したい時に使います。

トッパーの使い方②マットレスを寝汗や汚れからガードする

マットレストッパーのもう一つの役割は、マットレスを寝汗や汚れからガードするということです。大事なマットレスの上にトッパーを敷いて、寝汗や汚れから守るというわけです。

ただし、トッパーの役割的には①の寝心地アップの意味合いが強く、寝汗や汚れ防止は敷きパッドやベッドパットがおすすめです。

マットレストッパーはいらない?必要な場合はこんな時

マットレストッパーを使う意味がわからない!と思っている人もいるかもしれませんが、次のような時に重宝します。

  • 買ったマットレスが合わなかった時
  • 持っているマットレスがへたって寝心地が悪くなった時

特に、買ったマットレスが合わないというのは相当なショックですが、トッパーを使うことでリーズナブルにリカバリー可能です。

例えば、10万円以上する高級マットレスのシモンズを買って、万が一合わなかったら相当ショックですよね?マットレストッパーはそんな時にも活躍してくれるというわけです。

マットレストッパーはベッドパッドと何が違うの?

マットレストッパーもベッドパッドも、マットレスの上に敷くという意味では同じですが、使う目的と厚みの点で違います。

マットレストッパー  ベッドパッド
使う目的
  • 手持ちマットレスの寝心地改善
  • マットレス保護
  • 寝汗を吸収し、不快感をなくす
厚み 4cm〜7cm 0.5cm〜2cm

マットレストッパーは、このように寝心地改善が主な目的です。手持ちのマットレスに不満がないのであれば、トッパーは使う必要はなく、ベッドパッドで十分です。

マットレスの敷きパッドとベッドパッド【違いやおすすめは?】 「マットレスパッドって必要なの?」 「敷きパッドとベッドパッドの違いが分からない・・」 マットレスパッドにつ...

マットレストッパーのクイーンやキングサイズが欲しい場合の対策

マットレストッパーで、クイーンサイズやキングサイズを探している場合、なかなか見つからないという人も多いでしょう。なぜなら、トッパーはクイーンサイズやキングサイズを生産している会社が少ないからです。

そこで、そんな時はセミシングル(80cm、90cm)をうまく合わせるとちょうど良くクイーンとキングサイズが出来上がります。※ちなみにシングルは97cmのものが多い

クイーンサイズ(160cm) セミシングル(80cm)+セミシングル(80cm)
キングサイズ(180cm) セミシングル(90cm)+セミシングル(90cm)

ただし、メーカーによって若干の誤差があるため、しっかりと細かいサイズは確認するようにしましょう。

ちなみに、当サイトでイチオシの『エムリリー』のセミシングルは80cmですので2つ合わせるとクイーンサイズになります。

マットレストッパーでニトリの安いものってどう?

マットレストッパーに、ニトリを選ぶのはどうなのでしょうか?ニトリは価格がかなりリーズナブルな印象があると思いますが、実際のところを考察していきます。

ニトリの低反発マットレストッパーの口コミは?

マットレストッパー(低反発)は公式サイトに少ないですが口コミがあります。内容は「体が楽になった」という良いものですが、数が少ないのであまり参考になりません。

価格は7,000円〜12,000円程度です。低反発マットレスが好きという条件付きですが、価格が安いので一時的にしのげれば良いというのであれば購入しても良いレベルだと思います。

ニトリの高反発4cmマットレストッパーの口コミは?

マットレストッパー高反発4cmには口コミがありません。また、当サイトの基準としている5cmの厚みを満たしていないので積極的にはおすすめはできません。

ニトリの高反発7cmマットレストッパーの口コミは?

マットレストッパー高反発7cmは1万円以下の9,990円(税込)という価格でリーズナブルです。口コミも数件あり、内容も良いです。

低価格ですし、最初のうちは快適に過ごせるでしょう。ただし、ウレタンはその価格相応のものを使っているはずですので、耐久性が気になります。


一時的に、マットレスの寝心地をアップできれば良いというのであればおすすめですが、長期的にしっかりと使いたいというのであれば、品質の確実に良いものを購入することをおすすめします。

 

ニトリのマットレストッパーのおすすめは?

マットレストッパーのニトリのラインナップでおすすめは上でも紹介した「高反発マットレストッパープレミアム8cm」もしくは、「高反発マットレストッパー7cm(デオドラエアー7H S)」です。

理由は、厚みが7〜8cmと十分あり、反発力も高いからです。他に厚みが4cmのラインナップもありますが、寝心地を考えると7〜8cmが確実におすすめです。

ニトリでトッパーを購入するのであれば当サイトとしては『高反発マットレストッパー7cm(デオドラエアー7H S)』もしくは「高反発マットレストッパープレミアム8cm」がおすすめです。

ニトリのマットレスについては次に詳しくまとめています。

ニトリのマットレス種類別の口コミ・評判【徹底評価したおすすめ6選】 日本でもっとも有名な家具メーカーのニトリが提供するマットレス。 ここでは、ニトリのマットレスを検討している方のために、種類別の...

マットレストッパーは低反発と高反発どっちが良いの?腰痛に良いのは?

マットレストッパーは低反発と高反発どちらが良いのか、悩まれる人もいると思いますが、高反発が断然おすすめです。

低反発だと、体が必要以上に沈み込んで姿勢が安定せず、腰などに負担がかかってしまうからです。そのため、腰痛持ちの人は低反発を使うと悪化してしまう可能性すらあります。

どうしても低反発マットレスの方が合っているという人は無理をして高反発を選ぶ必要はありませんが、通常であれば高反発のトッパーをおすすめします。

マットレストッパーだけで寝るのはあり?

マットレストッパーのみで寝ることはおすすめできません。なぜなら、底つき感が出やすく寝心地に大きく支障をきたすからです。

また、腰に負担がかかるので腰痛にも悪い影響を与えます。体重が極端に軽い人や子供ならまだマットレストッパーだけで寝るもの良いですが、そうでない人には推奨できません。

マットレストッパー用のカバー(シーツ)選びの注意点

マットレストッパーにカバーを選ぶ時は、サイズ感に注意するようにしましょう。具体的には、次のサイズに注意です。

  • 幅と長さ
  • 厚み

また、ずれないようにボックスシーツがおすすめです。カバーの選び方については次の記事に詳しくまとめています。

マットレスカバー(シーツ)は必要?【正しい選び方やおすすめ】 「マットレスカバーってそもそも必要?」 「カバーを買うにしてもサイズ感とかもあるよね?」 「選び方ってどうすれば...

マットレストッパーに迷ったらエムリリー(Mlily)がおすすめ!


マットレストッパーは「厚み」「反発力」「耐久性」「コスパ」など様々な角度から見ても、エムリリー(Mlily)が最適と言えます。
トッパーというのはマットレスの中でも特殊なものですが、選ぶ基準をしっかりと持てばそこまで選ぶのは難しくありません。

今お持ちのマットレスの寝心地が悪いと感じられるのであれば、リーズナブルに寝心地を劇的に改善できるエムリリー(Mlily)のトッパーはぴったりです。

教授
教授
眠りの質が劇的に変わるぞい!

 

マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全31メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。