マットレスをタイプ別・価格別で選ぶ

マットレストッパーとは?【正しい使い方と注意点も解説】

「マットレストッパーって、何のこと?」
「どんな使い方をするの?」

マットレストッパーは、一般的には聞き慣れない言葉なので、そもそも何のことか分らなかったり、ベッドパッドとの違いが分からなかったりする方も多いかと思います。

ここでは、マットレストッパーとは何ぞや?というところと、その使い方について詳しく解説していきます。

マットレストッパーとは?用途や種類

マットレストッパーとは、4cm〜7cm程度の薄型のマットレスのことです。次の用途があります。

マットレストッパーの用途

  • 古くなった手持ちのマットレスの寝心地を改善する
  • 手持ちのマットレスが柔らか過ぎたり、硬すぎたりする場合の改善

古くなって寝心地がイマイチになってきたマットレスの上に敷き、寝心地を改善するのが主な目的です。

また、買ったは良いけれど思っていたよりも柔らかすぎたり、硬すぎたりというようなマットレスを自分好みの硬さに改善するために使うこともあります。

また、本来の目的ではありませんが、本体マットレスを汚れや寝汗から保護してくれるという役割も担っています。

マットレストッパーの種類とは?

マットレストッパーにも素材によって種類があります。その作られた素材によって特徴も違うのでそれぞれ確認していきましょう。

①高反発ウレタン

最も一般的なマットレストッパーは高反発ウレタンで作られたものです。

高反発ウレタンで作られたマットレストッパーは次のような特徴があります。

  • 体圧分散性が高く寝心地が良い
  • 反発力が高いので腰痛対策にも良い

ウレタンは、体圧分散性が高いという特性があり、寝心地も良いです。一部では、さらに体圧分散を強化した「表面を凸凹にカットした点で支えるタイプ」も販売されています。

買ったマットレスが柔らかすぎてなんとかしたい、寝心地を改善したい、腰痛を改善したいといった様々なシーンでおすすめできます。

②高反発ファイバー

高反発ファイバーは、エアウィーヴに代表されるファイバー素材で出来たトッパーです。次の特徴があります。

  • 洗える
  • 寝心地は硬め
  • 夏でも涼しい

ファイバー素材は洗えるのが最大の特徴で、汚れても自宅で丸洗いできるので常に清潔に使うことができます。

通気性が良いため夏は涼しいですが、冬は少々寒いというデメリットもあります。

常に清潔にトッパーを使いたいという方はおすすめです。

③低反発ウレタン

低反発ウレタンで作られたマットレストッパーは、次の特徴があるので基本的におすすめしていません。

  • 寝返りがしにくく疲れが取れない
  • 腰が沈み込み腰痛に悪い

低反発ウレタン素材のマットレストッパーは、腰に悪いという致命的デメリットがあります。

トッパーに限らず、低反発のマットレスは当サイトでは積極的にはおすすめしていませんが、どうしても柔らかい寝心地が好きという方にはおすすめです。

④ウール(羊毛)

ウール素材で出来たマットレストッパーは、次のような特徴があります。

  • 吸放湿性が高い
  • ほどよい反発力

吸放湿性が高いので、湿気が溜まりにくくサラサラとした快適な寝心地を実現してくれます。

一方で、ウールは耐久性が低い点と、そもそもウールで作られたトッパーがあまりないのがデメリットです。

⑤羽毛(フェザー)

羽毛(フェザー)で出来たマットレストッパーは次の特徴があります。

  • 通気性が高い
  • 夏は涼しく、冬は暖かい
  • 柔らかめの寝心地

羽毛(フェザー)のトッパーは、上記のような特徴があり快適な眠りをサポートしてくれますが、そもそも日本ではほとんど販売されていません。

探すのも一苦労といった種類のマットレストッパーになります。

トッパーとベッドパッドの違いとは?

ベッドパッドも寝心地改善の要素があるのですが、マットレストッパーと比べると次のような明確な違いがあります。

マットレストッパー  ベッドパッド
使う目的
  • 手持ちマットレスの寝心地改善
  • 硬さ、柔らかさの改善
  • マットレス保護
  • 寝汗を吸収し、不快感をなくす
  • 寝心地改善
厚み 4cm〜7cm 0.5cm〜2cm

マットレストッパーは手持ちのマットレスの寝心地を改善するというのが一番の目的のため、ある程度の厚みが確保されています。

ベッドパッドは寝心地改善の目的がある一方で、寝汗を吸収し、気持ちよく眠るためだったり、マットレスを保護する役割が大きいです。そのため、マットレストッパーほどの厚みはありません。

マットレストッパーの正しい使い方

マットレストッパーの正しい使い方は次のとおりです。

マットレストッパーの使い方

  • マットレスの上にトッパーを敷き、ボックスシーツを被せて固定する

この時、ベッドパッドなどを使う必要はありません。もし使う場合は薄めのベッドパッドを使うようにしましょう。

ボックスシーツを選ぶ際の注意点

マットレスとトッパーをボックスシーツで覆うわけですから、サイズには注意が必要です。

縦(長さ)と横(幅)のサイズを合わせることはもちろん、厚み(高さ)のサイズも合わせなければいけません。

マットレスの厚みと、マットレストッパーの厚みを合わせて対応できるボックスシーツを購入するようにしましょう。

ボックスシーツのサイズが合わないと、そもそも入らなかったり、入ってもブカブカでマットレスとトッパーが安定しないという可能性もありますので注意しましょう。

マットレストッパーを検討している方は、次のランキングを参考にしてみてください。
7つのマットレストッパーを客観的に比較しています。