マットレスブランド一覧 PR

エアツリーマットレスの口コミ・評判!2万円以下で買える高品質マット!

エアツリーマットレスの口コミ・評判!2万円以下で買える高品質マット!

「エアツリーマットレスってどんなマットレスか知りたい…」

「エアツリーマットレスを実際に使用している人の口コミや評判は?」

エアツリーマットレスは表面に無数の溝のようなスリットがある特徴的なマットレスになります。厚みは8cmですが、特殊な加工により体圧分散性に優れており、床に直置きして使用しても底つき感を覚えにくいです。

そこで今回は、エアツリーマットレスを実際に使用している方の口コミ・評判を分析して、メリットやデメリットなどをわかりやすく解説します。

エアツリーマットレスをお得に購入できる店舗も紹介するぞい。

項目 エアツリーマットレスのスペック詳細
商品ランク Bランク
コスパ   4.0
寝心地   3.0
腰痛対策   4.0
耐久性   3.0
公式サイトの販売価格(税込) 59,800円
セール価格:19,980円
素材 ウレタンフォーム
厚さ 8cm
重量 不明
折りたたみ 丸めることは可能
マットレス大学の評価

エアツリーマットレスは独自のエアツリーカッティング構造が流動的に身体を支え、理想的な寝姿勢へと導くマットレスです。

横から見ると木々のような独自の形状をしている表面は身体の圧迫感を緩和し、バランスの良い寝姿勢を維持しようとするため、腰や背中などの部位に良い影響を及ぼします

また、頭や肩、腰、背中、足などの部位によって硬さを変えているゾーニング構造を採用したことで、身体の沈みこみを防ぎつつ、睡眠の質の向上を期待できます

ほかにも、オープンセルフォームを採用したことで通気性が良く国際安全規格をクリアするなど、価格に比べて多くの機能や性能を有しているため、コストパフォーマンスに優れているマットレスです。

しかし、エアツリーマットレスは実店舗で販売されておらず、返品保証が付いていないので寝心地を確かめる機会がないです。

また、マットレスの表面と裏面が決まっているため、ヘタリ防止のために裏表をひっくり返すローテーションを行うことができません

 

エアツリーマットレスの口コミ・評判

エアツリーマットレスの口コミ・評判エアツリーマットレスの口コミ・評判について、SNS(X(旧Twitter)・Instagram)やブログなどを調査し、まとめてみました。

エアツリーマットレスの良い口コミ・評判

エアツリーマットレスの良い口コミ・評判には次のようなものがありました。

彼女にプレゼントで購入したのですが、寝転ぶとすぐに寝落ちてしまい、とても気に入っています。購入して良かったです。
女性:部屋が狭いため、収納できるマットレスを探しているときに見つけて購入しました。高反発ウレタンマットレスは初めてでしたが、身体に合っていて熟睡できるようになって良かったです
友人に紹介されて購入したのですが、疲れの取れ具合が変わって驚きました。寝心地には相性があると思いますが、購入して満足しています

エアツリーマットレスの良い口コミ・評判には「朝までぐっすり眠れる」「収納できて便利」などの内容が多いです。

確かに、エアツリーマットレスは体圧分散性や通気性などの性能だけでなく、収納バンドが付いている、カバーを丸洗いできるなどの機能性にも優れている寝具になります。

2万円以下で購入できるマットレスとしてはコストパフォーマンスに優れている寝具です。

教授
教授
エアツリーマットレスは床に直置きしたり、収納したりできるマットレスを探している人におすすめじゃ。

エアツリーマットレスの悪い口コミ・評判

エアツリーマットレスの悪い口コミ・評判には次のようなものがありました。

口コミや評判の多さにつられて購入しましたが、私には柔らかくて合いません。返品保証が付いておらず、購入して残念です。
女性:私の体格に合わないのか、底つき感を覚えてしまい、腰や背中に負担がかかります。起きたときに辛いので、友人にプレゼントしました。

エアツリーマットレスの悪い口コミ・評判には「寝心地が合わない」「身体を支え切れない」などの内容が多いです。

確かに、エアツリーマットレスはウレタンフォームを使用しているため、コイル系マットレスに比べると柔らかいです。寝ている人の体格や体型によっては支え切れず、潰れてしまう可能性も否定できません。

教授
教授
寝心地が合わないマットレスを使い続けると身体に悪影響を及ぼすぞい。

エアツリーマットレスの口コミ・評判まとめ

エアツリーマットレスの口コミ・評判をまとめると、次のような意見が多くありました。

  • 体圧分散性に優れている
  • 朝まで熟睡できる
  • 腰や背中に良い影響を与える
  • 機能性に優れていて便利
  • ウレタンの寝心地が合わない
  • 返品保証が付いてないので不便

エアツリーマットレスの口コミや評判は「体圧分散性に優れていて腰や背中が楽になった」「気がついたら朝になっていた」など、ポジティブな内容が多いです。

一方で、「ウレタンの寝心地が合わない」「返品保証が付いてないので返品できない」などの口コミや評判はあります。

ウレタンフォームは柔らかい寝心地が特徴のため、人によって合わない可能性は否定できません。返品保証が付いてないため、失敗したときのことを考えると購入しづらいマットレスとも言えます。

教授
教授
複数の寝具で迷っているなら、返品保証が付いているマットレスを先に試すと良いのじゃ。

 

エアツリーマットレスのデメリット

エアツリーマットレスのデメリットエアツリーマットレスを使った方の口コミ・評判などを分析して分かるデメリットは次になります。

デメリット ウレタン素材の為カビやすい
裏返してローテーションが出来ない
シングルサイズのみ
返品保証が無い

上記のデメリットを順番に解説します。

ウレタン素材の為カビやすい

エアツリーマットレスの1つ目のデメリットは、ウレタン素材のためカビやすいことです。

ウレタンとは、ウレタンフォームと呼ばれるスポンジ素材のことで、コイル系マットレスに比べると柔らかく、寝ている身体に合わせて変形するなどの特徴があります。

また、高密度なウレタンマットレスはサポート力が強く、理想的な寝姿勢を維持しやすいといったメリットも得られます。

一方で、高密度なウレタンマットレスは通気性が低下するため、寝ている間にかいた汗や湿気などが内部に溜まり、カビが発生する可能性が高いです。

エアツリーマットレスは通気性に優れた技術を搭載していますが、ウレタン素材を使用しているためカビてしまう可能性は否定できません

カビが繁殖すると身体に悪影響を及ぼす場合があるため、定期的に持ち上げて風通しの良い日陰で陰干しすると良いでしょうか。

教授
教授
ウレタンは日干しすると劣化する恐れがあるので止めるのじゃ。

裏返してローテーションが出来ない

エアツリーマットレスの2つ目のデメリットは、ローテーションが出来ないことです。

ローテーションとはマットレスのメンテナンスの1つで、裏表を入れ替えることで寝ている時に身体が触れる面を変えて、へこまないようにします。

しかし、エアツリーマットレスは表面と裏面が決まっている寝具のため、ローテーションを行うことができません。

教授
教授
実験では耐久性に優れていると証明されていますが、気になる方は別のマットレスを選ぶと良いぞい。

シングルサイズのみ

エアツリーマットレスのデメリットとして、シングルサイズのみしか販売されていないことも挙げられます。

エアツリーマットレスのサイズは、横幅97cm、縦幅195cm、厚み8cmのワンサイズしかなく、セミシングルやセミダブル以上のサイズはありません。

マットレスのサイズが体格に比べて小さいと、身体がはみ出たり、寝返りを満足に打てないなどが発生し、睡眠の質に悪影響を及ぼす可能性が高いです。

セミシングルやセミダブル以上のサイズを使いたい方は、別のマットレスを探してみましょう。

教授
教授
厚みが8cmあるため、床に直置きしても底つき感を覚えにくいマットレスじゃ。

返品保証が無い

エアツリーマットレスの最後のデメリットは、返品保証が無いことです。

マットレスによってはご自宅で長期間使用してから、使い続けるかどうかを決めて、返品すれば購入金額を返金する保証制度が付いている場合があります。

エアツリーマットレスには返品保証はありません。記事執筆時点で実店舗での販売も無いため、寝心地を試してから購入することはできないです。

教授
教授
返品保証は付いていないが、1年間の品質保証は付いているぞい。

 

エアツリーマットレスのメリット

エアツリーマットレスのメリットエアツリーマットレスを使った方の口コミ・評判などを分析して分かるメリットは次になります。

メリット 安い!コスパ最強
体圧分散が優れている
ゾーニング構造で正しく身体を支える
通気性が良い独自のカッティングとオープンセル構造
丸めてコンパクト収納
カバー丸洗い可能
1年保証付き

上記のメリットを順番に解説します。

安い!コスパ最強

エアツリーマットレスの1つ目のメリットは、コストパフォーマンスに優れていることです。

エアツリーマットレスの公式サイトでの販売価格は19,900円(税込)になります(※)。人によっては高いと思われるかもしれませんが、次のような特徴を持っているマットレスとしては安いと言えます。

  • 体圧分散性に優れている
  • 世界的に有名な国際的な安全規格をクリアしている
  • 耐久性試験で高い復元率を達成している
  • ホルムアルデヒド品質検査をクリアなど

エアツリーマットレスは性能が高く、価格が抑えられているマットレスのため、コストパフォーマンスを重視する人におすすめです。

(※)2024年2月11日時点

教授
教授
販売店舗によって価格は異なるため、最安値店舗を探してみるのじゃ。

体圧分散が優れている

エアツリーマットレスの2つ目のメリットは、独自のカッティング技術によって体圧分散性に優れていることです。

無数の溝のように見えるエアツリーカッティングは、横から見ると木々のような独自の形状をしており、寝ている身体の動きに合わせて流動的に体圧を分散できます

また、睡眠の質の向上を期待できる理想的な寝姿勢を維持できるため、仰向き寝でも、横向き寝でも腰や肩に負担が集中しにくいです。

実際のデータでも、一般的な敷布団に比べて体圧を上手に分散できていると証明されています。

教授
教授
朝起きたときに腰や肩が辛い人は、エアツリーマットレスのような体圧分散性に優れた寝具を購入してみると良いぞい。

ゾーニング構造で正しく身体を支える

エアツリーマットレスの3つ目のメリットは、ゾーニング構造を採用しているため、身体のパーツに合わせて正しく身体を支えられることです。

ゾーニング構造とは、場所によって硬さや内容物の配置などを変えることで、エアツリーマットレスでは腰の部分を硬くして、頭や足のほうに行くにつれて柔らかくなっていきます

腰や背中、尻などは重さがあるため、仰向け寝をしているときに体圧が集中しやすいです。

ゾーニング構造によって腰や背中、尻のあたりが硬くなっていると、体圧が集中しても沈みすぎず、負担がかかりません

そのため、エアツリーマットレスは理想的な寝姿勢を維持しやすい寝具になります。

教授
教授
エアツリーマットレスは裏表は決まっていますが、上下は決まっていないので、定期的に頭と足の位置を変えればヘタリ防止になるのじゃ。

通気性が良い独自のカッティングとオープンセル構造

エアツリーマットレスのメリットとして、通気性が良い独自のカッティングとオープンセル構造も挙げられます。

エアツリーマットレスはウレタンフォームを採用しているため、コイル系マットレスに比べるとカビやすいです。そのため、次のような加工をすることで、カビてしまう可能性を抑えています

概要
オープンセル構造 通気性に非常に優れたオープンセルフォーム
寝返りを打つ度に溜まった湿気を吐き出し、新鮮な空気を取り込むことが可能
エアスルー構造 エアツリー内部のスリットから常に新鮮な空気が取り込まれる
内部の寝汗や湿気などが速やかに発散され、空気循環に優れている
サイドメッシュ 側面に通気性に優れた3Dメッシュ生地を採用
湿気を溜め込まず、いつでも快適に寝られる

エアツリーマットレスはウレタン素材のため、コイル系マットレスに比べるとカビてしまう可能性はあります。

しかし、上記の加工により、ウレタンフォームを使用しているマットレスの中では通気性に優れており、カビてしまう可能性を抑えられている寝具です。

教授
教授
ウレタンフォームは綿に比べてダニやホコリの心配が少ないぞい。

丸めてコンパクト収納

エアツリーマットレスの5つ目のメリットは、丸めてコンパクトに収納できることです。

ウレタンマットレスは柔らかいため、種類によっては折りたたんだり、丸めたりすることができます。エアツリーマットレスの場合は、側生地にあるバンドを使うことで丸めることができ、コンパクトに収納が可能です。

教授
教授
コンパクトに収納できるため、使用していないときは押し入れやデッドスペースなどに置いておくことができるのじゃ。

カバー丸洗い可能

エアツリーマットレスの6つ目のメリットは、中材を包んでいるカバーを洗濯機で丸洗いできることです。

洗濯ネットに入れて洗濯機で丸洗いできるため、カバーが汚れたり、ゴミがついたりしても綺麗にできます

なお、エアツリーマットレスを長持ちさせたい場合は、カバーの上からサイズの合っているシーツを付けると良いでしょう。

教授
教授
ウレタンフォーム自体が汚れた場合は薄めた中性洗剤で拭いて、洗剤が残らないように乾拭きするのじゃ。

1年保証付き

エアツリーマットレスの最後のメリットは、1年間の品質保証が付くことです。

エアツリーマットレスはISO9001認証取得工場で製造されている高品質なマットレスで、実験により耐久性に優れていることが証明されています。

そのため、通常のご使用の範囲でマットレスが1年間でヘタってしまった場合には新しい商品と交換できる品質保証が付きます。品質保証があるため、安心して使用できるマットレスです。

教授
教授
公式サイトで購入すると、1年間の品質保証が180日延長されるサービスが付くぞい。

 

エアツリーマットレスの最安値店舗は?

エアツリーマットレスの最安値店舗は?次の表は、エアツリーマットレスの販売価格をまとめたものです。

販売価格(税込)
公式サイト 59,800円
セール価格:19,980円
Amazon 14,310円
楽天市場 19,980円
Yahoo!ショッピング 18,980円

記事執筆時点でエアツリーマットレスをお得に購入できるのはAmazonです。

Amazonではエアツリーマットレスの販売価格が15,000円(税込)前後となっており、タイミングによっては11,000円(税込)程度で購入できます

ECサイトで購入しても1年間の品質保証は付くため、エアツリーマットレスをお得に購入するならAmazonがおすすめです。

なお、ECサイトで購入すると1年間の品質保証は付きますが、180日間の延長保証サービスは付きません延長保証サービスは公式サイトで購入した場合のみの特典です。

一方で、公式サイトの通常価格は59,800円(税込)で、記事執筆時点ではバレンタインセールにより19,800円(税込)で販売しています。

購入するタイミングによってはセール価格が終了している可能性があるため、180日間の延長保証サービスを付けたい方は注意しましょう。

教授
教授
ECサイトによっては独自のキャンペーンやクーポンで更にお得に購入できる可能性があるのじゃ。

 

エアツリーマットレスがおすすめの人

エアツリーマットレスがおすすめの人エアツリーマットレスの口コミ・評判を分析して、おすすめできる人とそうでない人を紹介します。

エアツリーマットレスがおすすめできない人

次のような人にはエアツリーマットレスをおすすめできません。

  • ウレタン素材が苦手ない人
  • 厚みのあるマットレスを使いたい人
  • シングルサイズ以外のマットレスを使いたい人
  • 返品保証が付いているマットレスが欲しい人

エアツリーマットレスはウレタンフォームを使用しているマットレスです。ウレタンフォームは柔らかく、体圧分散に優れている素材ではありますが、コイル系マットレスのような硬さはありません

また、包み込まれるような寝心地が合わないと感じる人もいます。そのため、ウレタンフォームが苦手な人は、エアツリーマットレスをおすすめできません

ほかにも、エアツリーマットレスは厚み8cmと薄いマットレスです。体圧分散性に優れ、サポート力が高いため底つき感を覚えにくいですが、直置きした時に床との距離が気になるかもしれません。

また、エアツリーマットレスは横幅97cm、縦幅195cmのシングルサイズのみのマットレスです。一般的な一人用で、寝ている人の体格や寝返りの大きさでははみ出てしまう可能性があり、2人以上で使用することはできません。

そのため、厚みのあるマットレスやシングル以外のサイズが欲しい人にもおすすめできないです。

教授
教授
返品保証も付いていないため、ご自宅で寝心地を試したい人は別のマットレスを選ぶと良いぞい。

エアツリーマットレスがおすすめできる人

次のような人にはエアツリーマットレスがおすすめです。

  • 腰痛や肩こり対策を考えている人
  • コストパフォーマンスにこだわる人
  • 床に直置きできるマットレスを探している人
  • 収納できるマットレスを使いたい人
  • 耐久性に優れているマットレスを使いたい人

エアツリーマットレスは体圧分散性に優れており、ゾーニング構造を採用しているため理想的な寝姿勢を維持しやすいマットレスです。理想的な寝姿勢を維持できれば、腰や背中、肩への負担が減るため、気持ちよく起きることができます。

そのため、エアツリーマットレスは腰痛や肩こり対策などを考えている人におすすめのマットレスです。

また、エアツリーマットレスは上記以外に、通気性が良く、コンパクトに収納でき、1年間の品質保証が付くなど魅力的な機能や性能を有しています。記事執筆時点での最安値価格14,310円(税込)とは思えないほど、優れた性能を持つマットレスです。

そのため、寝具のコストパフォーマンスにこだわる人にもおすすめできます。

ほかにも、エアツリーマットレスは厚みが8cmながら底つき感を覚えにくいため床に直置きして使用でき、バンドを使えばコンパクトに収納できます。床に直置きして使用できるマットレスや、収納できる寝具を探している人は購入を検討してみましょう。

教授
教授
1年間の品質保証が付いているため、耐久性に優れているマットレスを使いたい人にもおすすめじゃ。

 

ABOUT ME
マットレス大学編集部@
日本最大級の寝具情報メディア「マットレス大学」編集部。 家具店に勤務・ベッド通販サイトの店長を12年努めた、担当者が記事作成・監修。 経験を活かし、全ての人々の睡眠の質が少しでも良くなるように、マットレスや枕などの寝具に関する情報を分かりやすく発信していきます。