マットレスの使い方・手入れ方法

和室にマットレスを使う時の全注意点【知らないと畳がダメになる】

畳(和室)にマットレスを使う時の注意点4つと選ぶポイント3つ

「畳部屋の場合、どんなマットレスを使えば良いの?」
「畳でマットレスを使う時に気を付ける点があれば知りたい・・・」

マットレスを畳の部屋で使いたいという方は、和室にマットレスを敷く際の注意点を4つ知っておく必要があります。

また、これからマットレスを購入しようという方は、畳で使うのにおすすめのマットレスの選び方を知っておくことも重要です。

このページでは、「マットレスを畳の上に敷く時の注意点」と、「畳に合うマットレスの選び方」について詳しく解説していきます。

教授
教授
寝室が畳という方は必見じゃ!
この記事で分かること
  • 畳にマットレスを使う際の注意点
  • 畳の上で使うマットレスを選ぶポイント
  • 畳におすすめのマットレス

畳の上にマットレスを直置きする際の注意点4つ

畳の上にマットレスを直置きする際の注意点4つまずは、マットレスを畳に直接敷く場合に注意しなければならない点を確認しておきましょう。

畳にマットレスを直置きする際の注意点は主に次の4点です。

  • カビ対策は必ず行う
  • すのこは畳にダメージを与えるので使わない
  • ファイバーマットレスを子供に使う時は防水必須
  • 厚みは7cm以上のものを選ぶ

上記、注意点について詳しく解説します。

畳に直置きする際の注意点①カビ対策は必ず行う

マットレスを畳に直置きする場合、カビ対策は必ず必要になってきます。フローリングに直接敷く場合もそうですが、特に畳に敷く場合はカビが生えやすいからです。

畳とマットレスの間は湿気が溜まりやすく、カビが生える絶好の環境になるので、次のカビ対策は必ずおこなうようにしましょう。

畳でマットレスを使う時のカビ対策

  • 定期的に陰干しする
  • マットレスの保護アイテム(プロテクターやベッドパッド)を使用する
  • 除湿シートを使う

特にウレタン系のマットレスは特にカビが生えるスピードが早いので、3日に一回は必ず陰干ししたいところです。

また、マットレスを保護するプロテクターや、敷きパッド、ベッドパッドなどのアイテムを使用すると、湿気の原因となる寝汗をガードできるのでカビが生えにくくなります。

さらに、マットレスと畳の間に除湿シートを敷いて湿気を吸収させてあげることも有効なカビ対策です。

マットレスのカビ対策について詳しい内容は次の記事をご覧ください。

マットレスのカビ取り方法3つ【予防できる防止対策も4つ解説】マットレスのカビ取り方法と、カビ予防ができる防止対策について有効なものだけを徹底的に解説していきます。 マットレスのカビに悩んでいる方は、具体的な解決方法を提示していきますので、参考にしてみてください。...

畳に直置きする際の注意点②すのこは畳にダメージを与えるのでNG

畳の上に敷く時の注意点②すのこは畳にダメージを与えるのでNGマットレスを畳の上に敷く時にすのこを使うのは基本的にNGです。

なぜかというと、寝返りの度にすのこがずれてしまい、畳を過剰に傷つけてしまうからです。

人間は夜寝る時に20回ほど寝返りをすると言われているので、高い確率で畳にダメージを与えてしまうのでおすすめはできません。

畳に直置きする際の注意点③子どもにファイバーマットレスを使う場合は防水必須

ファイバーマットレスとは、エアウィーヴなどの洗えるマットレスを指しますが、子どもがおねしょをしてしまうと、ダイレクトで畳に浸透してしまいます。

これは、ファイバーマットレスの通気性が良すぎるため、おねしょがマットレスを素通りしてしまうからです。

水がマットレスを透過する

フローリングであれば拭けばある程度何とかなりますが、畳だと拭ききれずに劣化に繋がっていきます。

もし、ファイバーマットレスを子ども用に畳で使わせる場合は、防水シートなどを必ず敷くようにしましょう。

畳に直置きする際の注意点④厚みは7cm以上を選ぶ

畳にマットレスを使用する際は、敷布団のように簡単に上げ下げできるものを選びたいと思う方も少なくないと思います。

確かに、コンパクト性も大事にしたいのですが、収納性以上に大事にしたいのは厚みです。

7cm未満の厚みのマットレスを畳に敷いてしまうと、底つき感を感じてしまい寝心地が悪くなってしまう可能性があるからです。

畳にマットレスを選ぶ際は、7cm以上のものを選ぶように心がけましょう。

畳にベッドフレームを使うのは基本NG

畳の上に敷く時の注意点④ベッドマットレスは和室には適さない畳の上にベッドフレームを置いてしまうと、次のような弊害が発生します。

  • 畳がベッドフレームの形に凹む
  • 畳に傷が付く

ベッドフレームと畳の接する部分に体重がかかり凹んでしまったり、寝返りで少しずつベッドフレームがずれてしまった際に畳が傷ついたりするのです。

もし、どうしても畳の上にベッドフレーム+マットレスを置くということであれば、凹み対策として間にコルクマットやカーペットなどを敷いてあげると良いでしょう。

畳の上で使うマットレスの選ぶポイント4つ

畳の上で使うマットレスのおすすめの選ぶポイント3つマットレスを畳で使いたい方のために、選ぶポイントを4つに絞ってご紹介します。

畳の上で使うマットレスを選ぶポイント

  • 厚みは8cm以上欲しい
  • 高反発マットレスである
  • 収納しやすい折りたたみ
  • 通気性の良いもの

詳しく解説していきます。

畳用に選ぶポイント①厚みは8cm以上あるとベスト

マットレスを畳に直接置く場合、7cm以上を選ぶべきとお伝えしましたが、8cm以上あるとベストです。

厚みは8cm以上

畳に限らず、フローリングでもそうなのですが、薄すぎるマットレスはどうしても底つき感で寝心地が悪く感じられるのです。

理想としては厚みは8cm以上あると底つき感は感じにくいと覚えておきましょう。

畳用に選ぶポイント②高反発マットレスである

高反発マットレスであることも、畳用に選ぶ重要なポイントです。

反発力がある程度ないと、体が沈み込み過ぎてしまい正しい姿勢が保てなかったり、底つき感を感じて腰に負担がかかってしまうからです。

反発力がないと底つき感を感じる

よほど柔らかいマットレスが好きという場合や低体重(45kg以下)でない限り、高反発のマットレスを選ぶことをおすすめします。

→高反発マットレスおすすめランキングを見てみる

畳用に選ぶポイント③収納しやすい折りたたみ

マットレスを畳の上で使うのなら、折りたたみタイプがおすすめです。

畳で敷布団を使う時のように、押入れに簡単にしまうことができるので、折りたたみマットレスは畳での使用に向いていると言えます。

また、押入れなどの収納がない場合でも、部屋の端に畳んで置いておけるのでスペースを取らないという意味でも折りたたみマットレスはおすすめです。

折りたたみマットレスは次の記事でおすすめを紹介しているので参考にしてみてください。

【14商品比較】折りたたみマットレスおすすめランキング!人気の三つ折りを紹介 「収納力が高い折りたたみマットレスが欲しい・・」 「どの三つ折りマットレスがいいんだろう?」 「おすすめの折りたたみマッ...

畳用に選ぶポイント④通気性の良いもの

畳で使うマットレスには通気性の良いもの、つまりカビが生えにくいマットレスを選ぶのがベターです。

具体的には、ウレタンの中でも通気性の良いものや、エアウィーヴのようなファイバー素材を使ったマットレスなどです。

通気性の良いマットレスであれば、畳とマットレスの間に湿気が溜まりにくく、カビも生えにくいというわけです。(ただし、注意点で述べたとおり子どもにファイバーマットレスを使う場合は防水シートなどの使用は必須です。)

畳の上で使うマットレスならイチオシはエアウィーヴ スマートZ

畳の上で使うマットレスならイチオシはエアウィーヴ スマートZ
価格シングルサイズ:42,120円
セミダブルサイズ:50,760円
ダブルサイズ:59,400円
素材エアファイバー+ポリエステル
厚み9cm
保証30日間返金保証あり(公式ショップ限定)

畳で使うマットレスのおすすめの選び方を踏まえ、当サイトのおすすめはエアウィーヴのスマートZです。

エアウィーヴのスマートZがおすすめの理由としては、次の3点です。

エアウィーヴスマートZがおすすめの理由
  • 厚みが9cmで十分
  • 折りたたみタイプで収納も簡単
  • 通気性も抜群に良い

このように、畳に合うマットレスの条件に全て当てはまっています。

 

その他の折りたたみマットレスを見たい方は次のランキングを参考にしてみてください。

マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全41メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。