マットレスの処分方法・買い替え

ベッドマットレスの処分方法全6パターン【費用は?ニトリもOK?】

ベッドマットレスの処分方法全6パターン【費用は?ニトリもOK?】

「マットレスの処分方法ってどうすれば良いの?」

「できるだけ安く手間をかけずにマットレスを処分したい」

「マットレスの捨て方が分からない」

マットレスの処分について、こんな悩みを持っている人も多いと思います。

ここでは、マットレスの処分方法の全6パターンとマットレスタイプごとの処分方法などを徹底的に詳しく解説していきます。

教授
教授
これでマットレスの処分にも困らなくなるぞい!

マットレスタイプごとの処分の方法

まずはマットレスごとに適した処分方法(どんな処分方法が合っているのか?)について解説していきます。

高反発・低反発ウレタン・ラテックスマットレスの処分方法

高反発・低反発問わずに、ウレタンやラテックスマットレス(いわゆるノンコイル系のマットレス)を使われている方に一番おすすめの処分方法は、無料でできる「解体して家庭ゴミとして廃棄です。ウレタンはスポンジタイプのため、自分で細かく解体するのはそこまで難しくはありませんし、費用がかからないのでおすすめです。

また、高級マットレスを使っている場合は「買取業者に依頼する」というのも一度試してみるのもアリです。もしかすると、思わぬ高値がつくかもしれません。

他にも、次の方法が可能です。上から順におすすめの方法になります。

スプリング(ポケットコイル・ボンネルコイル等)マットレスの処分方法

中にスプリングが入っているポケットコイルやボンネルコイルマットレスは、解体して家庭ゴミで廃棄というわけにはいきません。おすすめの方法は、「自治体で粗大ゴミとして回収」してもらうか、「廃品回収業社」で回収してもらう方法です。

マットレスを持ち運ぶのがそこまで苦でないのなら、自治体で粗大ゴミとして回収してもらうのが安いです。持ち運びが難しいなら、廃品回収業者に依頼するようにした方が良いです。

また、高級マットレスを使っているのであれば、まずは「買取業者に依頼する」という選択肢もありです。高級マットレスなら高値で売れる可能性もあります。

次の方法も可能なので、参考にしてみてください。

買い替えを検討しているなら、次のマットレスランキングも参考にしてみてください。

 

マットレスの処分方法6全パターン!それぞれの費用は?

マットレスの処分方法は全部で6パターンです。それぞれの方法と、費用感を詳しく解説していきます。

処理方法①自治体で粗大ゴミとして回収

費用:1000円〜3000円程度

自治体で粗大ゴミとして回収してもらうという方法があります。

東京の粗大ゴミ受付センターはこちら

東京以外の場合は、それぞれの地域(お住いの市)でインターネット検索すれば受付センターのHPや電話番号が簡単に見つかります。

多くの自治体では、次の2パターンの処分方法があります。

パターン①
コンビニなどでシールを買い、粗大ゴミの日に指定の場所に置いておく

パターン②
集積場に直接持っていく(自己搬入)

比較的安く処分できるというメリットがある反面、指定の場所や集積場まで持っていくという手間がかかるのがデメリットです。

処理方法②廃品回収業者(不用品回収業者)を使う

費用:10,000円程度(業者による)

廃品回収業者に頼むと、業者の人が部屋から重いマットレスを運び出してくれます。自治体で回収する時のように、自分で集積場に運び出す手間もありません。

しかし、一方で、回収してもらう際の費用が高額というデメリットもあります。費用をあまりかけたくないという人にはおすすめできませんが、「一切手間をかけたくない!」という人や、「ついでにマットレス以外も片付けたい!」という人にはおすすめの方法です。

おすすめマットレス回収サイト①エコピット

エコピットは定額料金なので、追加料金が一切発生せずにお得な不用品回収サイトです。特に、マットレス以外も一気に片付けたいという人は労力もかからず、お得に不用品を片付けられるのでおすすめです。

 

おすすめマットレス回収サイト②くらしのマーケット

有名なサイトですが、地域密着の格安料金で依頼できる業者が多いのが特徴です。また口コミが多いので信頼できる業者が探しやすいのもおすすめです。

 

おすすめマットレス回収サイト③くまのて

次の「くまのて」という業者は、家の中に買取できるものがあれば、その買取料金分を不用品回収費用から引いてくれるので、お得に処分できておすすめです。

 

おすすめマットレス回収サイト④エコノバ

お願いする場合は何社か見積もりを取ってもらって一番安いところを選ぶのも有効です。次のエコノバというサイトで、一括見積もりが可能です。

 

処理方法③フリマアプリやジモティーを使う

費用:黒字になったり赤字になったり様々

まだ使えるものであれば、メルカリなどのフリマアプリやジモティーで販売するのもありです。

ただし、大きなマットレスは送料も数千円かかるので値段設定によっては売れない可能性もありますし、売れても赤字になってしまう可能性があるので注意しましょう。

また、送る際の手間もかかるのがデメリットです。

処理方法④新品購入時に引き取りしてもらう

費用:無料〜5,000円程度

新品購入時に古いマットレスを引き取ってもらえる場合があります。

3,000円程度で引き取ってもらえることが多いですが、お店や、キャンペーン状況によっては無料で引き取ってもらえるという場合もあります。

新しくマットレスを買うお店が決まっているのであれば、そのお店に引き取ってもらえるか確認してみるのも良いでしょう。

マットレスの引き取りについては、次の記事も参考にしてみてください。

マットレスが引き取り回収可能な店は?ニトリ・無印・IKEAも可? 「マットレスを引き取りしてもらいたい」 「安く、無料で引き取りしてもらえるところはあるの?」 今あるマットレ...

処理方法⑤解体して家庭ゴミとして廃棄

費用:無料

マットレスを細かく分断(解体)して家庭ゴミとして廃棄という処分方法です。この方法は、高反発・低反発ウレタンやラテックスマットレスなど、「スプリングが入っていないスポンジ系(ノンコイル系)のマットレスの場合におすすめ」です。

ノンコイル系マットレスは、カッターなどで切れば簡単に細かく解体できます。ボンネルコイル・ポケットコイルマットレスのようなスプリングが入っている場合は、なかなか細かく解体するのが難しいため、手間がかかりすぎますし、怪我をする恐れもあるためおすすめできません。

処理方法⑥買取業者に依頼する

費用:無料〜黒字の場合あり

マットレスの状態やそのブランドによっては買取してもらえる場合があります。あなたの処分しようとしているマットレスが美品だったり、高級ブランドのものだった場合には、一度査定してもらうのもおすすめです。

もしかすると、お金ももらえて手間をかけずに引き取ってもらえる場合があります。次の買取業者であれば、査定も完全無料なので試す価値ありです。(東京・神奈川・埼玉・千葉限定)

 

マットレスはニトリでも処分してもらえるの?

 

 

「ニトリでマットレスを処分してもらえると楽なんだけど」

と思っている人も多いと思います。店舗も多いですからね。結論をいうと、ニトリで新しいマットレスを購入すれば、配達時に3,000円で引き取ってもらえます。

購入された家具(組立家具は除く)と引取りする家具が同数量または同容量までであれば1注文につき3000円(税別)で引取りができます。(一部地域を除く)
ニトリホームページ

もし、ニトリでマットレスを購入するのであれば、検討しても良いと思います。

注意点としては、引き取り不可の地域があることです。この点だけ事前に確認するようにしましょう。

ニトリのマットレスについては次の記事に詳しくまとめています。

ニトリのマットレス種類別の口コミ・評判【徹底評価したおすすめ6選】 日本でもっとも有名な家具メーカーのニトリが提供するマットレス。 ここでは、ニトリのマットレスを検討している方のために、種類別の...
まとめ

マットレスの処分方法について詳しく解説しました。

なるべくお金をかけないというのがベストですが、作業の手間も考慮して一番良い方法を選んでみてください。

教授
教授
ブランドマットレスの場合は、面倒臭がらずに買取に出して見ると思わぬ収入があるかもしれんぞ!
マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全31メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。