マットレスをタイプ別・価格別で選ぶ

脚付きマットレスのメリット5つとデメリット5つ【寿命が短さが致命的?】

「脚付きマットレスが欲しいけど、思いがけないデメリットがあったら嫌だなあ・・」

脚付きマットレスは、マットレスの中でもとても人気モデルです。しかし、特殊な形なのでメリット・デメリットがあるのも事実。

ここでは、脚付きマットレスのメリット5つとデメリット5つを詳しく解説していきます。

脚付きマットレスのデメリット5つ

脚付きマットレスのデメリットは次の5点です。

  1. 寿命が短め
  2. 物を置く場所がない
  3. 寝心地はやや劣る
  4. 高級感はない
  5. 落下しやすい

詳しく解説します。

デメリット①寿命が短め

脚付きマットレスは寿命が他のマットレスと比べると短めです。

脚が付いていないマットレスは、裏表、上下(頭と足)を定期的に変えて、一部分にかかる負荷を分散させることで寿命を長くすることができます。

一方で、脚付きマットレスは上下(頭と足)を入れ替えることしかできず、同じ箇所に負荷がどんどん溜まっていきます。

これにより、脚付きマットレスは他のマットレスと比べると相対的に寿命が短いと言えるのです。

5年、10年レベルで使っていきたいという人には合わないマットレスです。

デメリット②物を置く場所がない

脚付きマットレスは、直接マットレスに脚が付いている形になるので、ものを置くスペースがありません。

ヘッドボードのあるベッドフレームを利用している場合は、スマホやちょっとした小物を置くスペースがあるものが多く、このスペースは絶対欲しいという人も中にはいます。

しかし、脚付きマットレスは物を直接マットレスに置くか、床に置くしかないのでその辺りの使い勝手が悪いのがデメリットです。

デメリット③寝心地はやや劣る

脚付きマットレスで寝心地重視の高級モデルというのはほぼありません。

一人暮らしや学生さん向けの低価格モデルが大半というのが脚付きマットレスの特徴です。

ですので、必然的に脚付きマットレスを選ぶと、品質が低めで寝心地は他のマットレスよりも劣ってしまうということになります。

寝心地を重視したいという人は、脚付きマットレスだと満足できないという可能性が高いです。

デメリット④高級感はない

脚付きマットレスは高級感はありません。

シンプルで部屋に馴染みやすいという良い側面もあるのですが、寝室に高級感を出したいという人には合わないと言えるでしょう。

寝室に高級感を出したいのであれば、脚付きマットレスではないベッドマットレスを選ぶと良いです。

高級ベッドマットレスおすすめ比較ランキング14選【最高の寝心地は?】 「高級マットレスに憧れる・・・」 「でも高級マットレスってどんな違いがあるの?」 「ブランドのランクも知りたい」 ...

デメリット⑤落下しやすい

脚付きマットレスはヘッドボードがないので上下左右に何もありません。部屋の角に置かないとガードが一切なくなるので落下しやすいです。

大人はそこまで心配する必要はないかもしれませんが、小さいお子さんの場合は落下しやすいというは少々心配な方も多いのではないでしょうか。

脚付きマットレスのメリット5つ

脚付きマットレスのメリットは、次の4点です。

  1. 安価なものが多い
  2. 手入れの手間があまりない
  3. 下のスペースをうまく使える
  4. シンプルデザインでスペースを無駄に取らない
  5. 高さ調節が可能な場合もある

詳しく解説していきます。

メリット①安価なものが多い

脚付きマットレスは1万円程度の安価なものが多いです。

寝心地重視の人は満足できないというデメリットもありますが、その反面、価格重視の人にはぴったりのメリットと捉えることもできます。

一人暮らしでそこまで高いマットレスは必要ないという人や、あまりお金がかけられない学生さんなどにはこのメリットは大きいですね。

メリット②手入れの手間があまりない

脚付きマットレスは手入れの手間ああまりありません。

普通のベッドマットレスだと、数週間に一回はマットレスを立てかけて風を通してあげたり、ウレタンの場合は数日に一回陰干しをするという手間が発生します。

しかし、脚付きマットレスは下に空間があるのでカビが生える心配もほとんどなく、上下の変更や、カバーの交換などの手間しかかかりません。

ボックスシーツの取り付けも、下に面しているものがないので、普通のマットレスより簡単です。

メリット③下のスペースをうまく使える

脚付きマットレスは下に空間があります。

その空間にカラーボックスなどを入れて収納スペースを作れるのも脚付きマットレスならではのメリットです。

特に、脚が長いハイタイプは空間が大きいので収納スペースとして使いやすいです。

メリット④シンプルデザインでスペースを無駄に取らない

脚付きマットレスは非常にシンプルなデザインです。

シンプルすぎて、高級感がないというデメリットの側面もありますが、好きな人は好きなデザインです。

特に、ワンルームでマットレスの存在感を出したくないという場合には脚付きマットレスのようなシンプルデザインが活躍してくれます。

メリット⑤高さ調節が可能な場合もある

脚付きマットレスは、全てではありませんが脚の高さを調節できるモデルも中にはあります。

通常のマットレスでは、高さを調節する機能は普通ありませんし、無理やり高さを調節するのであればトッパーマットレスなどを上に乗せたり、フレームを変えるしかありません。

しかし、高さ変更機能がある脚付きマットレスであれば、好みに合わせて簡単に高さを高くしたり低くしたりすることが可能になるのがメリットです。

脚付きマットレスのメリット・デメリトまとめ

脚付きマットレスのメリットとデメリットを改めてまとめると、次のようになります。

サイズ
メリット
  • 安価なものが多い
  • 手入れの手間があまりない
  • 下のスペースをうまく使える
  • シンプルデザインでスペースを無駄に取らない
  • 高さ調節が可能な場合もある
デメリット
  • 寿命が短め
  • 物を置く場所がない
  • 寝心地はやや劣る
  • 高級感はない
  • 落下しやすい

総じて言うと、ファミリータイプとしては向かないマットレスですが、一人暮らしやあまりお金を使えない学生さんなどには合っているのが脚付きマットレスと言えるでしょう。

脚付きマットレスのおすすめを知りたい方は次のランキングをご覧ください。