マットレスの選び方・基礎知識

マットレスのみで寝るのはアリ?【NGの場合やメリット・デメリットも】

マットレスのみで寝るのってアリなの?
何か不都合ある?

マットレスをベッドの上に敷かず、マットレスのみで寝ることを検討している人もいると思います。

結論から言うと、マットレスだけで寝て良い場合と、悪い場合があります。

どんな場合はマットレスのみで寝て良いのか、悪いのかを詳しく解説していきます。

マットレスのみで寝るのはNG?良い場合と悪い場合を解説

マットレスのみで寝るのがOKの場合と、NGの場合をパターン別にまとめました。

マットレスのみで寝てOKの場合

マットレスのみで寝てOKの場合は次のような場合です。

  • ウレタンなどの高反発マットレスを使う場合

ウレタン系の厚さ20cm以下の高反発マットレスであれば、マットレスのみで寝ることも想定されて作られていますので、フローリングや畳の上に直置きしても全く問題ありません。

高反発マットレスは、以下で紹介しているようなアイテムを指しています。

→高反発マットレスおすすめ人気ランキング21選【最強スペックを徹底比較】 

 

マットレスのみで寝るのがNGの場合

マットレスのみで寝るのがNGなのは、次の場合です。

  • 分厚いベッドマットレス(コイル系)を使う場合

分厚いベッドマットレス(いわゆるスプリングコイルマットレス)を使う場合は、マットレスのみで寝ることに適していません。

分厚いスプリングコイルマットレスは、ベッドの上で使うことを想定して作られています。

ベッドを使わず、マットレスのみで直置きで使うと、次のような点で不都合が起きます。

  • 見栄えが悪い
  • 手入れがしにくい

見栄えが悪いのはもちろん、直置きすることによってカビが生えやすくなります。
しかし、かなりの重量がある分厚いスプリングコイルマットレスは、立て掛けて風通しよくするのにも一苦労です。

ベッドを使って入れば通気性がよくなるので、そこまでの手入れは必要ありませんが、直置きすると、3日に一回程度の手入れが必要になるのは避けられません。

絶対に分厚いベッドマットレスのみで使ってはいけないということはありませんが、おすすめはできません。

具体的に、次の記事で紹介しているようなベッドマットレスはベッドフレームを使った方が無難です。

高級ベッドマットレスおすすめ比較ランキング14選【最高の寝心地は?】 「高級マットレスに憧れる・・・」 「でも高級マットレスってどんな違いがあるの?」 「ブランドのランクも知りたい」 ...

マットレストッパーだけでは寝るのはあり?

マットレストッパーだけを敷いて寝ることを考えている人も、中にはいるかもしれません。

しかし、マットレストッパーのみで寝るのは推奨できません。

推奨できない理由としては、マットレストッパーだけで寝ると薄すぎて底つき感が出る可能性が高いからです。

赤ちゃんならトッパーだけでもOK

例外としては、体重が軽い赤ちゃんなら、薄いトッパーでも底つき感がないので、マットレストッパーのみでも問題なく使えます。

むしろ、変に厚みがないトッパーマットレスの方がマットレスから落ちる心配もないので安心です。

マットレストッパーについてはおすすめアイテムも含めて次の記事に詳しくまとめています。

マットレストッパーのおすすめランキング7選【最強は高反発?低反発?】 「トッパーで手持ちのマットレスの寝心地を改善したい」 「どんなトッパーを買えば良い?」 マットレストッパーは...

マットレスのみで寝る場合のメリット・デメリット

マットレスのみで寝る場合のメリット・デメリットをまとめました。

マットレスのみで寝るメリット

マットレスのみで寝るメリットは2つあります。

メリット①部屋を広く使える

マットレスだけで寝る最大のメリットは、部屋を広く使えることです。

マットレスのみであれば、使わない時は立て掛けて置いたり、クローゼットや押入れにしまっておくことで、スペースを取りません。

一方で、ベッドを使ってしまうとベッドだけで部屋を占領してしまうことも多いので、寝室としてしか使えなくなってしまうこともあります。

メリット②ベッドの費用がかからない

マットレスのみであれば、当然ベッド代がかからないのがメリットです。

ベッド代はピンキリではありますが、5万円〜10万円することがほとんどです。

マットレスのみで寝ることで、ベッドフレームの出費を抑えられるのは大きなメリットですね。

メリット③畳の部屋にも合う

マットレスだけで寝る場合、畳の部屋でも調和しますし、押入れの中に入れたり立てかけたりすることが可能なので、敷布団と近い形で使用できます。

畳でベッドを使ってしまうと、ベッドによって畳が傷付いたりするので、マットレスのみで寝るのはとても効果的です。

マットレスのみで寝るデメリット

マットレスのみで寝るデメリットは次の2点です。

デメリット①カビが生えやすくなる

マットレスのみで寝ると、寝ている時にかいた汗がマットレスを通り、床まで浸透して、床とマットレスにカビが生えやすくなるのがデメリットです。

手入れをこまめにしたり、事前にマットレスプロテクターや敷きパッドを敷くなどで対策を打っておかなければならなりません。

防水マットレスプロテクターは必要?【おすすめランキング3選も紹介】最近、世間にも浸透し始めたマットレスプロテクターですが次のような疑問がある方も多いと思います。 「マットレスプロテクターって必...
敷きパッドとベッドパッドの違い【マットレスに敷く順番やおすすめは?】 「敷きパッドとか、ベッドパッドってマットレスに必要なの?」 「そもそも、敷きパッドとベッドパッドの違いが分からない・・」 ...

デメリット②インテリアとしてオシャレに見えない場合がある

ベッドを利用すると、インテリアとしてもオシャレに見えることが多いですが、マットレスのみだと生活感が出てしまい、おしゃれに見えない場合があります。

インテリアにこだわる人にはデメリットですね。

マットレスのみでフローリングや畳に直置きにする時の注意点を次の記事に洗い出してまとめているので、合わせてご覧ください。

マットレスを直置きする方法【カビ&おしゃれに見えない問題の解決策】マットレスを直置きするのは可能ですが、次の3つの問題点が出てきます。 直置きするとカビが生えやすい 直置きするとおし...
マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全31メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。