マットレスの選び方・基礎知識

マットレスはどの値段のものを買えば良い?【平均価格相場や違いも解説】

「マットレスってどのくらいの価格のものを買えば間違いないの?」
「平均ってどのくらい?」
「そもそも高いと何が違うの?」

マットレスは安いものから高いものまで様々あるので、どのあたりの価格帯のものを買えば良いのか分からない人も多いと思います。

ここでは、マットレスの平均的な価格相場やそれぞれの価格帯によマットレスの違いなどを詳しく解説していきます。

マットレスの平均価格相場はどのくらい?

マットレスの価格は、1万円以下のものから100万円以上のものまで様々あり、それを全て含めた平均値(相場)を出そうとしても数十万という数字が出てくるので、正直意味がありません。

ここで言う平均価格相場というのは、一般的に一番多くの人が使っている価格帯の相場を指すことにします。

では、一般的にたくさんの人が使っているのはどの価格帯でしょうか?

マイナビの2016年の調査で次のような統計結果があります。

「寝具(ベッド、マットレス、敷・掛布団など一式)に総額どの程度お金を掛けていますか?」と聞いたところ、寝具購入総額の平均は5万1,726円に。最高平均額は40代女性の7万1,340円だった。
出典:マイナビニュース

つまり、平均的にマットレスに使う金額、つまり価格相場は、次と考えることができます。

30,000円〜60,000円程度

教授
教授
人によって、「意外に高い」とか「意外に安い」とか感じ方は違うかもしれんな。

次に、マットレスの価格の違いによってどのような差があるのかを見てみましょう。

マットレスの値段の差による違いは?

マットレスの値段の差による違いはざっくり次の通りです。

マットレス価格【3,000円〜10,000円】

この価格帯のものですと、『寝れるという必要最低限の機能しか備えていない』ことが多いです。
本当に価格重視であれば良いかもしれませんが、少しでも上質な睡眠を取ろうとするのであればおすすめできない価格帯です。

シングルだと3,000円〜10,000円が当てはまりますが、それ以上は次の価格帯が当てはまります。

セミダブル:5,000円〜13,000円程度
ダブル:5,000円〜15,000円程度

マットレス価格【10,000円〜30,000円】

マットレスはこの価格帯になると、次の特徴があります。

  • 寝心地が悪い
  • 耐久性が低い

この価格ですと、どうしても良い素材を使えないので、こういった悪い特徴のものが多い傾向にあります。

シングルだと10,000円〜30,000円が当てはまりますが、それ以上は次の価格帯が当てはまります。

セミダブル:15,000円〜35,000円程度
ダブル:20,000円〜40,000円程度

マットレス価格【30,000円〜60,000円】

ここが一般的に一番購入されているマットレスの価格帯になります。

この価格帯ですと、良質な素材を使えるので、次のような品質の良いものがポロポロと出てきます。

  • 寝心地が良い
  • 耐久性5〜8年程度

シングルだと30,000円〜60,000円が当てはまりますが、それ以上は次の価格帯が当てはまります。

セミダブル:40,000円〜70,000円程度
ダブル:50,000円〜80,000円程度

マットレス価格【60,000円〜100,000円】

この価格帯になると、はずれのマットレスはかなり少なくなってきます。

  • 寝心地が良い
  • 耐久性6〜10年程度
  • 有名メーカーの中堅モデルに多い

シングルだと60,000円〜100,000円が当てはまりますが、それ以上は次の価格帯が当てはまります。

セミダブル:70,000円〜110,000円程度
ダブル:80,000円〜120,000円程度

マットレス価格【100,000円〜200,000円】

この価格帯だと、ほぼはずれのマットレスはありません。
ただし、特に海外のものですとブランド料(ライセンス料金)が入っている場合もありますので、コスパとしてはそこまで良いとは言えません。

  • 寝心地がかなり良い
  • 耐久性10年〜
  • ポケットコイルマットレスが多い

シングルだと100,000円〜200,000円が当てはまりますが、それ以上は次の価格帯が当てはまります。

セミダブル:110,000円〜220,000円程度
ダブル:120,000円〜230,000円程度

マットレス価格【200,000円〜】

マットレスはこの価格帯であれば失敗することはまずないでしょう。
最上の寝心地を約束してくれます。
ただ、こちらもブランド料が入っている場合が多いのには注意が必要です。

シングルだと200,000円〜が当てはまりますが、それ以上は次の価格帯が当てはまります。

セミダブル:210,000円〜程度
ダブル:220,000円〜程度

値段の差による違いまとめ

マットレスの値段による差の違いを表でまとめると次のようになります。

マットレスの価格帯 詳細
シングル:
3千円〜1万円
セミダブル:
5千円〜1万3千円
ダブル:
5千円〜1万5千円
寝れるという必要最低限の機能のみ
シングル:
1万円〜3万円
セミダブル:
1万5千円〜3万千円
ダブル:
2万円〜4万円
  • 寝心地が悪い
  • 耐久性が低い
シングル:
3万円〜6万円
セミダブル:
4万円〜7万円
ダブル:
5万円〜8万円
  • 一番購入層が多い
  • 寝心地が良い
  • 耐久性5〜8年程度
シングル:
6万円〜10万円
セミダブル:
7万円〜11万円
ダブル:
8万円〜12万円
  • 寝心地が良い
  • 耐久性6〜10年程度
  • 有名メーカーの中堅モデルに多い
シングル:
10万円〜20万円
セミダブル:
11万円〜22万円
ダブル:
12万円〜23万円
  • 寝心地がかなり良い
  • 耐久性10年〜
  • ポケットコイルマットレスが多い
  • ブランド料が入っている場合が多い
シングル:
20万円〜
セミダブル:
21万円〜
ダブル:
22万円〜
  • 最上の寝心地
  • 高級マットレスブランドの上位モデル
  • ブランド料が入っている場合が多い

マットレスはどのくらいの値段のものを買えば良いの?

マットレスは人それぞれが重視する価値観によって、おすすめの価格帯は違います。

寝心地は良いものがいいけど、高いものはいらない人
→一番購入層が多い3〜6万円のマットレス

ステータスや寝心地も最高級のものがほしい人
→20万円以上の最高級マットレス

といった具合です。

ただ、高級マットレスやブランド力が不要という場合であれば、睡眠の質を考えると、3〜6万円の価格帯のものがおすすめです。

マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全31メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。