マットレスの使い方・手入れ方法

マットレスに除湿シートは必要?敷く順番は?【今買うべき4選を紹介】

マットレスに除湿シートは必要?敷く順番は?【買うならコレ】

「マットレスに除湿シートって絶対必要なの?」
「どんな除湿シートを買えばいいんだろう?」
「除湿シートの正しい敷き方も知りたい・・」

マットレスのカビ対策として多く取り入れられている除湿シートですが、その必要性はどの程度なのか知りたいという方も多いと思います。

ここでは、マットレスに除湿シートは必要なのか?正しい敷く順番、おすすめの除湿シートなどを詳しく解説していきます。

教授
教授
除湿シートの基本を全て知ることができるぞい!
この記事で分かること
  • 除湿シートの必要性
  • 除湿シートの使い方
  • 除湿シート選びの注意点
  • 除湿シートのおすすめ

マットレスに除湿シートは必要?畳やフローリングに直置きなら必須?

マットレスに除湿シートは必要?畳やフローリングに直置きなら必須?結論から言うと、除湿シートはマットレスに必須ではありませんが、あると非常に助かるアイテムです。

しかし、除湿シートを使わずとも、こまめに陰干ししたりその他のカビ対策を行えば、カビが生えることはありません。(※カビ対策については以下を参照)

マットレスのカビ取り方法3つ・防止対策4つ【臭いから完全に除去できる】 「マットレスに黒カビが生えてしまったけど、、完全に除去できるの・・?」 「マットレスがカビ臭い・・」 マット...

一方で、マットレスに除湿シートを使うことで、カビの生える確率をグンと減らすことができるのも、また事実です。

特に、湿気が溜まりやすいウレタン系の高反発・低反発マットレスを、フローリングに直置きする場合は除湿シートを敷くことは非常に有効です。

そもそもどうしてマットレスは湿気が溜まる?

マットレスや敷布団に湿気が溜まる理由は、次の2つです。

  • 寝汗が浸透して床に溜まる
  • マットレスや敷布団の温度と床の温度の差で結露になる

寝ている時の寝汗は、マットレスや敷布団を通り、床まで到達してしまうので、湿気が溜まるのです。

寝ている時の寝汗はマットレスを通り床に溜まるまた、寝ている時はマットレスや敷布団の温度は暖かいですが、寒い時期は床の温度が冷たいのでその温度差によって結露ができてしまうのです。

この出来てしまった湿気を以下に除去するかが、カビ対策で重要な要素になりますので、湿気を吸収してくれる除湿シートは有効なアイテムのひとつと言えるのです。

除湿シートはマットレスのどこに敷く?敷く順番や使い方

マットレスに除湿シートはどこに敷く?敷く順番や使い方除湿シートをマットレスに使う場合の、正しい敷く順番や使い方を解説します。

除湿シートの敷く順番

マットレスに除湿シートを敷く時の順番は一番下になります。

マットレスに除湿シートを敷く時の順番

なぜなら、マットレスの下(床もしくはベッドとマットレスの間)が次の理由から一番湿気が溜まりやすくカビやすいからです。

マットレスの下に湿気が溜まりやすい理由

  • 寝汗がマットレスを通り、床(ベッド)に到達して湿気が溜まる
  • マットレスと床(ベッド)の温度差で湿気が発生してしまう

マットレスの一番下に溜まった湿気を除去してカビを防ぐという役割を持つのが除湿シートなのです。

次の記事で、除湿シート含むシーツや敷パッドなどの全アイテムの詳しい敷く順番についても解説しています。

マットレスの使い方【床・ベッドで使う場合や最低限必要なアイテムは?】 「マットレスの使い方って何が正しいの?」 マットレスはどんな使い方をすれば快適な睡眠ができるのか、本当に正しい使い...

除湿シートの使い方

除湿シートは、マットレスの下にそのまま敷きっぱなしにしておけば良いというわけではありません。

除湿シートに湿気が溜まったら、その都度放湿しなければなりません。

1〜2週間に一回は除湿シートに溜まった湿気を放湿するようにしましょう。放湿の仕方は、除湿シートを天日干しすればOKです。

また除湿シートによっては、MAXの吸湿量になったら色を変えて教えてくれるものもありますので、それを目安に陰干しして放湿するようにしましょう。

除湿シートを天日干しできない場合は陰干しでもOK

除湿シートを天日干しできない場合(天気が悪かったり、マンションでベランダがない場合など)は陰干しで放湿してもOKです。

室内でも風通しの良いところに除湿シートを干せば、十分放湿してくれます。

また、ベッドマットレスが重く動かせない場合は、ベッドとマットレスの間に本を挟み、空間を作ってそこに扇風機で風を送り込むようにしましょう。

数時間続けるとしっかりと放湿してくれます。

除湿シートは洗濯機で洗えるものと丸洗い不可のものがある

除湿シートは洗える?洗濯機で丸洗いは可能?除湿シートは「洗えるタイプ」と「洗えないタイプ」があります。

長く使うのであれば洗えるタイプの除湿シートを購入した方が清潔に使えるのでおすすめです。

洗える除湿シートであれば、多くのものが洗濯機も使えますが、弱いモードで洗わなければいけない、手洗いしなければならないなどの制限があります。

必ず除湿シートについている洗濯表示を確認するようにしましょう。

除湿シートを選ぶ時の注意点

除湿シートを選ぶ時の注意点マットレスに使うカビ対策用の除湿シートを選ぶ際の注意点を解説します。適当に選ぶと後悔してしまう可能性があるので、よく読んでみてください。

注意点①サイズを合わせる

まず、マットレスと除湿シートのサイズは合わせましょう。

せっかく除湿シートを敷いても、サイズが足りていないとカバーできない部分が出てしまい、そこからカビが生えてしまう可能性もあります。

お使いのマットレスに対応するサイズの除湿シートを使うようにしましょう。

注意点②マットレスに合った吸湿量を選ぶ

除湿シートによって、吸湿量(湿気を吸収できる最大量)が違います。

カビ対策する上で、吸湿量が多い除湿シートが良いことは間違いないのですが、その分価格も上がってしまうので、その辺りのバランスを考えて選ぶと良いです。

具体的には、次のように選ぶのを目安にしてみましょう。

使っているマットレスの種類おすすめの選び方
ベッドマットレス(ポケットコイル・ボンネルコイル)吸湿量の多い高価な除湿シートを選ぶ
高反発・低反発ウレタンマットレス、敷布団吸湿量の低い安価な除湿シートを選ぶ
ファイバーマットレス除湿シート不要

ベッドマットレスは分厚く重いので、頻繁に除湿シートを取り替えるのはとても大変です。なので、吸湿量の多い除湿シートを選ぶのがベターです。

また、高反発・低反発ウレタンマットレスは軽く手入れがしやすいものが多いので、こまめに吸湿量の低い安価な除湿シートがおすすめです。(もちろん、吸湿量の多い除湿シートでもOK)

最後にファイバーマットレスですが、通気性が抜群に良く湿気が溜まりにくいので除湿シートは基本的には必要ありません。

除湿シートのおすすめランキング2選【分厚いベッドマットレス向け】

除湿シートのおすすめランキング2選【分厚いベッドマットレス向け】マットレスのカビ対策に人気の除湿シートの中で、特におすすめの商品を紹介します。

ここでは、分厚いベッドマットレス向けの除湿シートのおすすめ2選をご紹介していきます。

東京西川ドライウェルプラス

価格シングル:9,900円(税込)
セミダブル:13,200円(税込)
ダブル:15,400円(税込)
素材ポリエステル60%
モイスファインEX40%
洗濯可能
その他抗菌・防臭・消臭

ベッドマットレスは重く、手入れを頻繁にするのはストレスなのでなるべく吸湿量の多い除湿シートが最適ですが、東京西川のドライウェルプラスは抜群の吸湿量を誇ります。
通常、除湿シートにはシリカゲルという素材が使われますが、当商品はシリカゲルの2〜3倍も吸湿してくれる優れものです。
洗濯も可能なので長期間清潔に使うこともできます。
価格は高めですが、ベッドマットレスを使用しているのであれば、ひとつは持っておきたい除湿シートです。

 

西川ドライウェル吸湿量アップ

価格シングル:6,773円(税込)
セミダブル:9,260円(税込)
ダブル:11,500円(税込)
素材ポリエステル55%
モイスファインEX45%
洗濯可能(手洗い)
その他抗菌・防臭・消臭
センサーあり

西川の吸湿量がトップクラスの除湿シートです。モイスファインEXの割合が45%と非常に多く、大量の湿気を吸収してくれますので、ベッドマットレスに最適な除湿シートと言えます。
センサーがあり、替え時も一目で分かりますし、手洗いもできるので安心して使えます。

 

除湿シートのおすすめランキング2選【ウレタンマットレス・敷布団向け】

除湿シートのおすすめランキング2選【ウレタンマットレス・敷布団向け】除湿シートの中でも、ウレタンマットレスや敷布団といった床に直接敷くタイプのマットレスにおすすめの製品を紹介します。

人気の除湿シートの中から、おすすめの2選に絞ってご紹介します。

洗えるウォッシャブル除湿シート

価格シングル:1,480円(税込)
セミダブル:2,080円(税込)
ダブル:2,380円(税込)
素材シリカゲル
洗濯可能
その他吸湿センサー付き

シリカゲルで作られた安価な除湿シートです。吸湿量は高くありませんが、手入れのしやすいウレタンマットレスであれば十分ですし、洗えるので清潔に使える点もおすすめポイントです。
吸湿センサーが付いており、湿気が溜まってきたのが視覚的に見えるので扱いやすい除湿シートと言えます。

 

除湿シート 備長炭入り

価格シングル:1,780円(税込)
セミダブル:2,080円(税込)
ダブル:3,080円(税込)
素材シリカゲル
洗濯可能
その他吸湿センサー付き

洗えるタイプの、備長炭入りの除湿シートです。中材がシリカゲルなので、大量の吸湿はできませんが、安価です。さらに、備長炭が入っているので、消臭も可能な点が特徴です。
洗濯も可能なので、多く汗をかくという方にもおすすめできる除湿シートです。

 

ニトリの除湿シートはウレタンマットレス向け

除湿シートはニトリでも以下の製品が販売されています。

ニトリ 洗える珪藻土入り除湿シート

価格シングル:2,027円(税込)
素材側生地:ポリエステル100%
充填物:シリカゲル、珪藻土
洗濯可能
その他調湿センサー付き

ニトリの除湿シートは、珪藻土入りでしっかり湿気を吸収してくれます。調湿センサーで吸湿量を把握できますし、洗えるので清潔に使用できます。
ただし、特別大量の湿気を吸収してくれるわけではないため、頻繁に干せるウレタンマットレスや、敷布団に使うのが最適と言えるでしょう。

 

除湿シートに関するQ&A

マットレスに除湿シートを敷く際のよくある疑問をまとめました。

除湿シートはイオン、カインズで買っても良い?口コミ・評判は?

除湿シートは、イオン、カインズなどのホームセンターで購入しても問題ありません。イオン、カインズでも、除湿シートはおよそ2,000円程度で販売しています。

ただし、一回の吸湿量はそこまで多くないので、ベッドマットレスに使う際には干す回数が多くなることは覚悟しておきましょう。

フローリングに直置きのマットレスに使用する場合は、口コミも悪くありませんので特に問題なく使用できるはずです。

除湿シートの寿命ってどのくらい?

除湿シートの寿命は明確には決まっていませんが、破れたりしなければ半永久的に使えます。

ただし、擦れて劣化して除湿しなくなったり、すぐに湿気が満タンになってしまう場合は買い替えすることをおすすめします。

すのこベッドを使うなら除湿シートは意味ない?

マットレスをすのこベッドの上に敷いていたとしても、除湿シートを使うのは有効です。

すのこを敷くと、湿気が溜まりにくいのは確かですが、絶対にカビが生えないとは言い切れません。すのことマットレスに接する部分にカビが生える可能性があるからです。

すのこベッドと、除湿シートを合わせて使えば、湿気が溜まってカビが生える可能性をさらにグンと減らすことができます。

マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全41メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。