マットレスの使い方・手入れ方法

マットレスの使い方【床・ベッドで使う場合や最低限必要なアイテムは?】

「マットレスの使い方って何が正しいの?」

マットレスはどんな使い方をすれば快適な睡眠ができるのか、本当に正しい使い方はどれなのか、あまり世間では知られていません。

助手
助手
そこで当サイト「マットレス大学」では、シーツやベッドパッドなどの敷く順番や直置きする場合、ベッドで使う場合の使い方などマットレスの正しい使い方を徹底的にまとめました!
教授
教授
マットレスは正しい使い方をすると、寝心地や快適さが格段に違ってくるんじゃ。
この記事で分かること
  • マットレスの正しい使い方
  • 敷く場所別の使い方
  • マットレスのやってはいけない使い方
  • マットレスに最低限必要なアイテム

マットレスの正しい使い方!シーツやパッドを敷く順番

マットレスの正しい使い方!シーツやパッドを敷く順番まずはマットレスの正しい使い方をご紹介します!マットレスを使う時、敷きパッドやシーツの順番に悩まれる方が多く見受けられます。

ですが、実際は非常に簡単で、次の①から順番に敷いていけばOKです。

  1. 除湿シート
  2. マットレス本体
  3. マットレスプロテクター
  4. ベッドパッド
  5. シーツ(カバー)
  6. 敷きパッド

図にすると、次のようなイメージで下から敷いていきます。マットレスのアイテムを敷く順番

この順番になるのは、それぞれのアイテムに次のような意味(目的)があるからです。

アイテム 使用目的 敷く順番
敷きパッド 肌触りや温度の調整 最後(上)







最初(下)
シーツ(カバー) マットレスの汚れを防ぐ
ペッドパッド 寝心地アップ、マットレス保護(寝汗から守る)
マットレスプロテクター 汚れを防ぐ、マットレス保護(寝汗から守る)
マットレス本体 寝心地を大きく左右
除湿シート カビを防ぐ

しかし、必ず全てのアイテムを使う必要はありません。

快眠を得るために、必要最低限なアイテムは次に記載しています。

敷布団を敷くなら順番はマットレスの下

マットレスの上に敷布団を敷いて寝る人がいますが、基本的にはおすすめできません。

もし、敷布団を敷くのであれば、順番はマットレスの下です。

次のように、敷布団の寝心地がイマイチな時にその上に薄型のマットレスを敷いて寝心地を改善するというのが正しい使い方になります。

マットレスと敷布団を敷く順番
助手
助手
なんでマットレスの上に敷布団を敷いてはいけないんですか?
教授
教授
マットレスの寝心地が台無しになる、カビが生えやすくなるといった理由があるぞい。

マットレスの上に敷布団を敷いていけない理由については、次の記事で詳しく解説しています。

マットレスの上に布団を敷く・そのまま寝るのはNGの理由マットレスの上に敷布団を敷いて寝るのはNGです。マットレスの上に布団を敷くとなぜNGなのか、その理由を3つ解説します。また、代わりに敷くものは何なのかも分かりやすく解説します。...

マットレスの使い方【敷く場所別(床・フローリング・畳/ベッド)】

マットレスを敷く場所別(床・フローリング/ベッド)の使い方マットレスの使い方は敷く場所によっても変わってきます。

『床・畳・フローリングに敷く場合』『ベッドに敷く場合』それぞれの使い方を詳しくみていきましょう。

マットレスを【床、畳、フローリングに敷く場合】の使い方

マットレスはベッドの上に敷くというイメージが強い方もいるかもしれませんが、床や畳、フローリングに敷いても使えます。

(※ただし、20cmあるような分厚いベッドマットレスは床に敷くように作られていないので、ベッドを使った方が良い寝心地で寝ることができます。)

畳、フローリングなどの床に敷く場合の使い方としては、マットレスの下にカビが

生えないようにするのがポイントです。

教授
教授
マットレスをフローリング・畳等の床に直置きすると、寝汗がマットレスを通って床まで到達してしまい、その滞留が原因でカビてしまうことがあるのじゃ。

また、フローリングに直置きするとマットレスとフローリングの温度差で結露ができてしまい、そこからカビが発生するということも起こります。

ですので、カビ対策のために次のいずれかの対応をする必要があります。

床でマットレスを使う場合、次のどれかで対策する
  • 敷きパッドやマットレスプロテクターを使う
  • 除湿シートを敷く
  • 床置きすのこベッドを使う
  • アルミシートを敷く

マットレスを直置きする際の注意点については、次の記事にまとめているので合わせてご覧ください。

マットレス直置き時の注意点【おしゃれに見えない&カビ問題の解決策】 「マットレスを直置きする時の注意点ってあるの?」 「フローリングに直置きしてもおしゃれに見えるようにしたい・・・」 ...

マットレスを【ベッドに敷く場合】の使い方

マットレスをベッドに敷く使い方をするのであれば、ベッドフレームのタイプによってはカビ対策をする必要があります。

ベッドフレームのタイプは、大きく次のように分けられます。

  • 箱型タイプ
  • 脚付ノーマルタイプ
  • ダブルクッションタイプ
  • すのこタイプ
ベッドフレームタイプ イメージ
箱型タイプ 出典:amazon.co.jp
脚付ノーマルタイプ 出典:amazon.co.jp
ダブルクッションタイプ 出典:amazon.co.jp
すのこタイプ 出典:amazon.co.jp

※参考:ベッドフレームのおすすめランキング【有名メーカーから格安まで】

この中で、通気性が悪いのは箱型タイプです。

箱型タイプの場合は、次のカビ対策をしましょう。

箱型タイプのベッドに敷く場合は次のカビ対策をする
  • 敷きパッド・ベッドパッドを敷く
  • 除湿シートを敷く
  • アルミシートを敷く
助手
助手
箱型タイプ以外はカビ対策はいらないんですか?
教授
教授
箱型タイプ以外は、2週間に一回程度マットレスを立て掛けて陰干しするくらいで良いのじゃ。

カビ対策については次の記事を参考にしてみてください。

マットレスのカビ取り方法3つ【予防できる防止対策も4つ解説】マットレスのカビ取り方法と、カビ予防ができる防止対策について有効なものだけを徹底的に解説していきます。 マットレスのカビに悩んでいる方は、具体的な解決方法を提示していきますので、参考にしてみてください。...

折りたたみ(三つ折り)マットレスの使い方

折りたたみ(三つ折り)マットレスはの使い方としては、基本的には床に直接敷けばOKです。

その際に、以下の点に注意しましょう。

  • 敷きっぱなしにしない
  • 折り目が気になる場合は、ベッドパッドや敷きパッドも検討する

折りたたみマットレスはウレタン素材でできているものがほとんどなので、敷きっぱなしにするとカビが生える可能性が高いです。

使っていない時は、押入れやクローゼットにしまったり、部屋の隅に折りたたんで置いておくようにしましょう。

また、折りたたみ(三つ折り)マットレスは、寝ている時に折り目部分に違和感を感じて寝心地が悪くなる場合があります。そんな時は、ベッドパッドや敷きパッドを敷いてフラットな状態にすると良いでしょう。

折りたたみマットレスが気になる場合は、次のおすすめランキングも参考にしてみてください。

【14商品比較】折りたたみマットレスおすすめランキング!人気の三つ折りを紹介 「折りたたみマットレスのおすすめはどれ?」 「収納力が高いのは魅力だけど、三つ折りマットレスの種類が多すぎて分からない・・...

マットレスでよく間違いがちな使い方!布団はNG?

マットレスでよく間違いがちな使い方マットレスでよく間違いがちな使い方としては、マットレスの上に分厚い敷布団を敷いて寝てしまうことです。

日本人は次のような従来の敷布団で寝る文化があるため、マットレスの上に敷布団を敷いて寝てしまう人も多いですが、これはやってはいけない間違いです。

出典:amazon.co.jp

この使い方をやってはいけない理由としては、マットレスの上に敷布団を敷いてしまうと、せっかくのマットレスの寝心地を著しく阻害してしまいます。

次の記事でも詳しく書いています。

マットレスの上に布団を敷く・そのまま寝るのはNGの理由マットレスの上に敷布団を敷いて寝るのはNGです。マットレスの上に布団を敷くとなぜNGなのか、その理由を3つ解説します。また、代わりに敷くものは何なのかも分かりやすく解説します。...

寝心地をアップするために敷くのであれば敷布団ではなく「敷きパッド」や「トッパー」を敷くようにしましょう。

トッパーとは・・・
薄いマットレスのことで、マットレスの上に敷いて寝心地をアップする目的で使われる。

次の記事でマットレストッパーについて詳しい解説とおすすめアイテムを紹介しています。

マットレストッパーのおすすめランキング7選【失敗しない選び方も解説】 「マットレストッパーのおすすめはどれ?」 「トッパーで手持ちのマットレスの寝心地を改善したい・・・」 マットレス...

マットレスには最低限どのアイテムが必要?

これからマットレス周辺のアイテムを揃える場合、最低限快眠に必要なものはどれなのでしょうか?

当サイト、マットレス大学では次のアイテムをおすすめします。

マットレスに最低限必要なアイテム

  • 「マットレスプロテクター」もしくは「敷きパッド」

多くの人がシーツ(カバー)を優先して買うのですが、なによりも優先していただきたいのはマットレスプロテクターか敷きパッドです。

イメージ
マットレスプロテクター マットレスプロテクター
敷きパッド 敷きパッド

なぜなら、寝る時に発生する汗がマットレスに浸透するのを避ける機能が高いからです。

人は寝る時に200ml(コップ一杯分)ほどの汗をかくと言われています。

つまり、コップ一杯の水分を毎晩マットレスにかけ続けているのと同じ意味になります。

これほどの汗の量はシーツ(カバー)ではガードしきれず、大半がマットレスに染み込んでマットレスの老朽化を早めてしまうのです。

寝汗からマットレスを保護するには、「敷きパッド」もしくは「マットレスプロテクター」がベストアイテムです。

次の記事も合わせてご覧ください。

防水マットレスプロテクターは必要?【おすすめランキング3選も紹介】マットレスプロテクターは、最近世間にも浸透し始めたベッド保護アイテムですが、次のような疑問がある方も多いと思います。 「マット...
敷きパッドとベッドパッドの違い【マットレスに敷く順番やおすすめを完全解説】 「敷きパッドやベッドパッドってマットレスに必要なの?」 「そもそも、敷きパッドとベッドパッドの違いが分からない・・」 「...

ただ、敷きパッドやマットレスプロテクターはそれなりに高額なものが多いです。

もし、あまりお金をかけたくない場合も、そのままマットレスに寝るような使い方は避け、シーツ(カバー)は必ずつけておくようにしましょう。

マットレスカバー(シーツ)のおすすめ3選【そもそもの必要性も解説】マットレスカバー(シーツ)のおすすめを目的別にご紹介しています。そもそもマットレスカバーは必要なのか?という点も分かりやすく解説しているのでカバーやボックスシーツ選びに迷っている方は参考にしてみてください。...
まとめ

マットレスの正しい使い方は以外に世間には浸透しておらず、間違った使い方をしている人が多く見受けられます。

そのアイテムの目的がちゃんと分かると、正しい使い方も見えてきます。

教授
教授
ここで紹介した正しいマットレスの使い方を参考に、快適な睡眠ライフを送れるアイテムを揃えてみるようにするのじゃ!
マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全41メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。