【21商品比較】高反発マットレスおすすめ人気ランキング!後悔しない寝心地は?

高反発マットレスの正しい使い方【NGな使い方も解説】

高反発マットレスの正しい使い方【NGな使い方も解説】

高反発マットレスの使い方で、次のような疑問を持ったことがある人も多いと思います。

「高反発マットレスは敷布団の下に敷いた方が良いの?」
「畳や床に直置きするのって大丈夫・・?ベッドに敷いた方が良い・・?」

高反発マットレスには、正しい使い方が存在します。

ここでは、高反発マットレスの使い方で悩むあなたのために、正しい使い方や、長持ちさせる使い方を徹底解説していきます。

この記事で分かること
  • 高反発マットレスの正しい使い方
  • 高反発マットレスを長持ちさせる使い方
  • 高反発マットレスのNGな使い方

 

高反発マットレスの正しい使い方

高反発マットレスの正しい使い方高反発マットレスの正しい使い方は、マットレスの厚みによって変わってきます。

あくまで目安にはなりますが、8cm以上か、7cm以下かで使い方を変えるのが良いでしょう。

教授
教授
では、具体的な使い方を解説していくぞい。

高反発マットレスの厚みが「8cm以上」の場合の使い方

高反発マットレスの厚みが8cm以上の時の使い方は、次の2種類があります。

使い方①床(畳やフローリング)に直置きしてで使う

厚みが8cm以上の場合は畳やフローリングに直置きして寝れば大丈夫です。

その際に、高反発マットレスの上や下に敷布団を敷いたりすることはやめましょう。

高反発マットレスの上や下に敷布団を敷いてしまうと、マットレス本来の寝心地が損なわれてしまうからです。

特に、敷布団に慣れている人はマットレスの上に敷布団を敷きたがる傾向にありますが、マットレスを使うのであればやめておきましょう。

使い方②ベッドに敷いて使う

ベッドフレームを使用する時もベッドに直に敷いて寝て問題ありません。

また、もともとあるベッドマットレスの上に敷いても大丈夫です。

ただし、持っているベッドマットレスがへたって柔らかくなってしまっている場合は、高反発の良さが消されてしまうので、使わないことをおすすめします。

高反発マットレスの厚みが「7cm以下」の場合の使い方

高反発マットレスの厚みが7cm以下の場合はマットレストッパーとして使うのが一般的です。

マットレストッパーとは・・・
手持ちのマットレスの寝心地を改善するために上に敷く薄型マットレスのことです。あくまで寝心地改善用なので、一枚では使わないのが普通です。

床で使う場合

厚みが7cm以下の高反発マットレスの場合、床に一枚で寝てしまうと寝た時に底つき感を感じる可能性が高いです。

そのため、手持ちの敷布団やマットレスの上に敷いて寝心地を改善するマットレスとして使うのが良いです。

ベッドで使う場合

ベッドで使う際も、高反発マットレスの下に敷布団やマットレスを敷いて使うのが望ましいです。

逆に言うと、もし手持ちの寝具がない場合は厚みは8cm以上のものを買うことをおすすめします。

高反発マットレスが長持ちする使い方3つのポイント

高反発マットレスが長持ちする使い方3つのポイント高反発マットレスは使い方で長持ちするかどうかが変わってきます。

高反発マットレスは中材がウレタンのものがほとんどですが、実はウレタン素材は寝汗によって劣化しやすかったり、長年使うとへたってきたりします。

そこで、次の3つの使い方をすることによって、高反発マットレスを長持ちさせることができます。

高反発マットレスが長持ちする使い方①定期的に陰干し

定期的に陰干し

まずは、王道なのですが、定期的に陰干しすることです。
そのほかに特になにも対策をしていない場合は、3日に一回は陰干しするようにしましょう。
でないと、マットレスが劣化するのはもちろんですが、それ以上にカビが生えてしまい、それによってダメになってしまうからです。

それに加えてダニも繁殖しやすくなるため、定期的な陰干しは必ずするようにしましょう。
※高反発ウレタンは、日光に弱いため天日干しはNGです。

高反発マットレスが長持ちする使い方②保護アイテムを使う

護アイテムを使う高反発マットレスが長持ちする使い方のもうひとつとして「なんらかの保護アイテムを使う」というのが挙げられます。

最低限、カバー(シーツ)は使いたいものですが、それ以上に有効なマットレス保護アイテムが存在します。具体的には、次のようなものです。

カビから高反発マットレスを守るアイテム

カビからマットレスを守るアイテムとして、次の2つが挙げられます。

  • 除湿シート
  • すのこベッド

除湿シートは、高反発マットレスと床の間に敷くものでマットレスを通って流れてきた寝汗を吸収し、カビの発生を防ぐ効果があります。

教授
教授
すのこベッドは、高反発マットレスと、床の間の通気性がよくなり、こちらもカビの発生を防ぐ効果があるんじゃ!
マットレスの下にすのこベッドは必要なの?【買うならおすすめはコレ】 「マットレスの下にすのこベッドは必要なの?」 「すのこは使った方が良いと思うけどどれを買えば良いのか分からない・・・」 ...

寝汗から高反発マットレスを守るアイテム

寝汗からマットレスを守るアイテムは次の2つがあります。

  • 敷パッド
  • マットレスプロテクター

この中で、マットレスプロテクターが特におすすめで、防水仕様のものだと寝汗だけでなく、カビやダニ、全てからマットレスを守ってくれます。
詳しくは次の記事にまとめています。

防水マットレスプロテクターは必要?【おすすめランキング3選も紹介】最近、世間にも浸透し始めたマットレスプロテクターですが次のような疑問がある方も多いと思います。 「マットレスプロテクターって必...
敷きパッドとベッドパッドの違い【マットレスに敷く順番やおすすめを完全解説】 「敷きパッドやベッドパッドってマットレスに必要なの?」 「そもそも、敷きパッドとベッドパッドの違いが分からない・・」 「...

高反発マットレスが長持ちする使い方③裏表を定期的に変更する

高反発マットレスを長持ちさせる使い方として、定期的に裏表を反対にするというのも有効です。

片方だけで寝ていますと、重心がかかる部分(特に腰やお尻の部分)がだんだんと凹んできてしまいます。

それを定期的に裏表変更することによって、負荷のかかる部分を分散することができるので、へたりにくくなるわけです。

これをローテーションと言いますが、ローテーションの方法は、次の記事を参考にしてみてください。

マットレスのローテーションのやり方【重くて裏返しできない時の対処法も解説】 「マットレスのローテーションってどうやるの?」 マットレスのローテーションとは、定期的に裏表をひっくり返したり、上...

高反発マットレスは両面が使えるものがが多いため、この方法で長持ちさせることができます。

高反発マットレスのNGな使い方は敷きっぱなしにすること

一方で、高反発マットレスのNGな使い方は、敷きっぱなしにすることです。

敷きっぱなしにすると、次の点で高反発マットレスに悪影響を及ぼします。

  • ウレタンが湿気や寝汗で劣化し寿命が早まる
  • カビが生える

高反発マットレスによく使われる素材である、ウレタンは湿気や寝汗に非常に弱いという性質があります。

敷きっぱなしにしてしまうと、湿気や寝汗がウレタンをどんどん劣化させてしまうのです。

また、溜まった湿気によってマットレスの下がカビてしまうため、敷きっぱなしは絶対にやめましょう。

まとめ

高反発マットレスの使い方で重要なのは、「厚みで使い方が変わる」、「長持ちする使い方を意識する」ことです。

正しい使い方で、快適な高反発マットレスライフを過ごしましょう。

高反発マットレス選びで迷っている場合は、次のランキングも参考にしてみてください。