マットレスの使い方・手入れ方法

直置きできるマットレスの見分け方【カビ&おしゃれに見えない問題の解決策】

直置きできるマットレスの見分け方【カビ&おしゃれに見えない問題の解決策】

「マットレスって直置きできるの?」

特に一人暮らしの方や限られた部屋数しかない方は、マットレスを直置きしたいと考えている場合が多いと思います。

結論を言うと、マットレスは「直置きできるもの」と「直置きできないもの」があります。

ここでは上記の直置きできるマットレスの見分け方と、直置きする時に発生する問題の解決策などを詳しく解説していきます。

この記事で分かること
  • 直置きできるマットレスの見分け方
  • マットレスを直置きする際のカビ対策
  • 直置きでもおしゃれに見えるコツ
  • どうしても分厚いマットレスを直置きしたい時の対処法
  • 直置きできるおすすめマットレス

直置きできるマットレスの見分け方

直置きできるマットレスは、厚みが8cm〜14cmのものです。そもそもマットレスは、厚みによって用途や使い方が違います。

厚み用途使い方
15cm以上ベッドマットレスとして使うベッドフレームの上に敷く
8cm〜14cmベッドマットレスまたは直置きマットレスとして使うベッドフレームの上に敷く
または、床に直置きする
7cm以下手持ちのマットレスの寝心地改善(トッパー)手持ちのマットレスの上に敷く

15cm以上のマットレスは直置きを想定して作られていません。

また、7cm以下のマットレスは直置きすると底つき感が出る可能性が高いので、一枚で使うのには向いていません。

絶対に表の通りに使わないといけないというわけではありませんが、目安として参考にしてください。

マットレスを直置きする時のカビ対策5つ!

マットレス(敷布団)を畳や床に直置きする時の注意点を洗い出しましたマットレスを直置きするなら、カビ対策は必須です。おすすめのカビ対策を5つピックアップしました。

  1. 定期的な陰干し(必須)
  2. すのこを敷く
  3. 除湿シートを使う
  4. 敷きパッドやベッドパッドを使う
  5. マットレスプロテクターを使う

この中で、「定期的な陰干し」は床に直置きするなら必須でして欲しいカビ対策です。

それぞれについて詳しく解説します。

直置きする時のカビ対策①定期的な陰干し

マットレスを直置きする場合に、必ずして欲しいのが定期的な陰干しです。

マットレス自体にも湿気が溜まりやすいですし、直置きしているとマットレスと床の間も湿っぽくなってしまいます。

特に通気性の悪いウレタンマットレスであれば、3日に一回は陰干しして、湿気を放湿することをおすすめします。

マットレスの干し方については、次の記事に詳しくまとめています。

マットレスは絶対干すの?【干し方や干さないで済む方法とは?】 「マットレスって絶対干さなきゃダメ?」 「正しい干し方も知りたい・・」 マットレスを干すのが面倒と考えている人も...

直置きする時のカビ対策②すのこベッドを敷く

マットレスを床に直置きする時のカビ対策に抜群の効果を発揮するのは「すのこベッド」です。

マットレスの下にすのこを敷くと、床とマットレスの間に空気の通り道ができるので通気性がよくなり、カビが生えるのを防止してくれます。

ただし、すのこベッドに面している部分はカビが生える場合もあるので、定期的に陰干しするようにしましょう。

すのこベッドに関しては、次の記事に詳しくまとめていますので参考にしてみてください。

マットレスの下にすのこベッドは必要なの?【買うならおすすめはコレ】 「マットレスの下にすのこベッドは必要なの?」 「すのこは使った方が良いと思うけどどれを買えば良いのか分からない・・・」 ...

直置きする時のカビ対策③除湿シートを敷く

マットレスを直置きする際のカビ対策として、除湿シートも有効です。

除湿シートはマットレスの下に敷いて、湿気を吸収してくれるアイテムです。

床に直置きしたマットレスをこまめに陰干ししなくとも、除湿シート自体を週1程度で干してあげればOKになります。

同時にマットレスも干してあげれば完璧です。

マットレスに除湿シートは必要?敷く順番は?【今買うべき4選を紹介】 「マットレスに除湿シートって絶対必要なの?」 「どんな除湿シートを買えばいいんだろう?」 「除湿シートの正しい敷き方も知...

直置きする時のカビ対策④敷きパッドやベッドパッドを敷く

マットレスを床に直置きする際のカビ対策には敷きパッドやベッドパッドも有効です。

敷きパッドというのは、マットレスの上に敷くアイテムで、肌触りを良くし、寝る時の温度を調整してくれるので寝心地もアップしてくれます。

本来の機能である寝心地アップと同時に、マットレスへの寝汗の浸透を防いでくれるので、直置きしたマットレス下に湿気がたまりにくくなって、カビを生えにくくしてくれるんです。

また、ベットパットはシーツの中に入れて、寝心地をアップさせてくれるアイテムです。
汗を吸収してくれるので、床に直置きしたマットレスをカビからも守ってくれます。

敷きパッドとベッドパッドの違い【マットレスに敷く順番やおすすめを完全解説】 「敷きパッドやベッドパッドってマットレスに必要なの?」 「そもそも、敷きパッドとベッドパッドの違いが分からない・・」 「...

直置きする時のカビ対策⑤マットレスプロテクターを付ける

マットレスを直置きする際のカビ対策として、マットレスプロテクターは有効です。

マットレスプロテクターはシーツの下に装着する、マットレスを汚れから守るアイテムです。

防水性のものを選ぶと、マットレスへの寝汗の侵入を防ぐことができるので、水分が下に溜まるのを抑えてカビが生えにくくなる効果があります。

カビ対策に留まらず、マットレスをしっかり守ってくれて寿命を伸ばすのにも役立つのでおすすめのアイテムです。

防水マットレスプロテクターは必要?【おすすめランキング3選も紹介】最近、世間にも浸透し始めたマットレスプロテクターですが次のような疑問がある方も多いと思います。 「マットレスプロテクターって必...

マットレスを床に直置きしてもインテリアとしておしゃれに見えるコツ

マットレスを直置きしてもインテリアとしておしゃれに見えるコツマットレスを床やカーペットに直置きすると、ベッドフレームに敷くよりも生活感が出てしまう傾向にあります。

しかし、次のコツを守ると、マットレスを床に直置きしてもおしゃれさがグッと引き立ちます。

マットレスを床に直置きしてもおしゃれに見せるコツ

  • カバー(シーツ)の色を部屋に合わせる
  • 敷きパッドは使用しない
  • なるべく部屋をシンプルにする

直置きでおしゃれに見せるコツを詳しく解説します。

床に直置きでもおしゃれに見えるコツ①カバー(シーツ)の色を部屋やカーペットに合わせる

マットレスを直置きでもおしゃれに見せようとする際、カバー(シーツ)がキーポイントになります。

マットレスはホワイトのイメージがありますが、カバーの色を変えれば部屋に色を合わせることができます。

マットレスカバーの色を部屋に合わせる

部屋の色と同系色のカバーを使うのが直置きしてもおしゃれに見えるコツです。

床に直置きでもおしゃれに見えるコツ②敷きパッドは使用しない

マットレスを直置きする際に、おしゃれに見せようとするなら敷きパッドの使用はおすすめできません。

敷きパッドはマットレスの触り心地をアップしたり、温度調節、汗からマットレスを守ってくれるのには抜群の効果を発揮します。

しかし、特に直置きしたマットレスに使用する場合は、見た目的におしゃれとは決して言えません。

敷きパッドを使う代わりに、カバーの下につけられるマットレスプロテクターやベッドパッドを使うとおしゃれさと防カビを共存させることができるのでおすすめです。

床に直置きでもおしゃれに見えるコツ③なるべく部屋をシンプルにする

マットレスを直置きでもおしゃれに見せるコツは、部屋をシンプルにすることです。

相当センスのある方は、部屋がゴチャゴチャしていても、おしゃれに見せることはできますが、大半の方はそうはいきません。

なるべく物を減らし、部屋に余白を持たせることがポイントです。

部屋がシンプルだと直置きでもおしゃれ引用:rakuten

上記はイメージですが、ものがゴチャッとしていないと、マットレスを直置きしてもスタイリッシュでおしゃれなイメージを持たすことができます。

畳(和室)にマットレスを直置きする場合の注意点

畳(和室)にマットレスを直置きする場合の注意点畳にマットレスを直置きする場合は、次の4つの注意点に留意しましょう。

  • カビ対策を必ずする
  • すのこは畳を傷つけるので使わない
  • ファイバーマットレスを子供に使う場合は防水必須
  • ベッドマットレスはなるべく敷かない

さらに詳しい畳でのマットレス直置きの注意点は、次の記事に詳しくまとめているので参考にしてみてください。

和室にマットレスを使う時の全注意点【知らないと畳がダメになる】 「畳部屋の場合、どんなマットレスを使えば良いの?」 「畳でマットレスを使う時に気を付ける点があれば知りたい・・・」 ...

分厚いベッドマットレスを直置きしたい時の対処法

ベッドマットレスを直置きしたい時の対処法分厚いベッドマットレスは床に直置きすることを想定して作られていませんので、できれば安価でもベッドフレームを使って欲しいのが本音です。

しかし、どうしてもベッドフレームは使わずに、床に直置きしたい場合は次の方法を試してみましょう。

分厚いベッドマットレスをどうしても床に直置きしたい場合の対処法

  • すのこベッドをベッドマットレスの下に置く
  • やむおえず直置きする場合は陰干しは必ずする

詳しく解説します。

対処法①すのこベッドをベッドマットレスの下に置く

すのこをベッドマットレスの下に敷くと、通気性がグンと上がり床にカビが生えにくくなります。

 

安価に売っているすのこもあるので、次の記事を参考にしてみてください。

マットレスの下にすのこベッドは必要なの?【買うならおすすめはコレ】 「マットレスの下にすのこベッドは必要なの?」 「すのこは使った方が良いと思うけどどれを買えば良いのか分からない・・・」 ...

対処法②やむおえず直置きする場合は必ず定期的に干す

ベッドフレームも、すのこも使えず、どうしてもそのままベッドマットレスを直置きしなくてはいけない場合は必ず2週間に一回ほどはマットレスを立てかけて陰干ししましょう。

陰干しすることでカビが生えにくくなります。

また、合わせて除湿シートも敷くとさらにカビが生えにくくなるのでおすすめです。

ベッドマットレスが重く立てかけるのが難しい場合は、マットレスと床の間に本を挟んで扇風機やドライヤーを当ててあげて湿気を飛ばすようにしましょう。

直置きできるマットレスのおすすめ3選

直置きに適したマットレスのおすすめは?直置きできるおすすめのマットレスの特徴は次の通りです。

直置きにおすすめのマットレスの特徴

  • それなりの厚みがある(10cm〜15cm程度)
  • 重量が軽い(10kg以下)
  • 収納性が高い

薄いマットレスを床に直置きで使ってしまうと、背中に底つき感が出てしまう場合があります。最低8cm、できれば10cm〜15cm程度の厚みがあるものがおすすめです。

床に直置きする際はカビ対策でマットレス自体をこまめに陰干しをするというのが重要になってきます。

ですので、ある程度持ち運びやすい重さの、マットレスを選ぶのがおすすめです。

また、部屋を広く使えるように、クローゼットにしまったり部屋の隅に置けるように収納性の高い折りたたみタイプだと、なおおすすめです。

直置きにおすすめマットレス①モットン

価格シングル:39,800円
セミダブル:49,800円
ダブル:59,800円
素材高反発ウレタンフォーム
重量7.5kg〜
厚み10cm
収納性
保証・90日間返品保証
・硬さ変更可能

モットンは厚み十分で、重量もシングル7.5kg以下なので直置きにも適したマットレスです。硬さを選べて、合わなければ変更もできるので、マットレスで失敗する可能性がとても低いのが特徴です。
高反発で寝返りも打ちやすく、体圧分散性も高いので快眠しやすい直置きマットレスです。

 

直置きにおすすめ②エムリリー優反発(三つ折り8cm)

価格セミシングル:25,278円
シングル:27,478円
セミダブル:34,078円
ダブル:40,678円
素材優反発ウレタンフォーム
厚み8cm
重さ6kg〜
収納性
保証3年保証

エムリリーの優反発シリーズである三つ折り8cmモデルは、折りたたみ可能なので収納しやすいのがポイントです。
また、厚みも8cmと十分で底つき感も感じにくく、重さも6kgと持ちやすいので直置きマットレスとしては非常に優秀です。

 

直置きにおすすめ③雲のやすらぎプレミアム(マットレスタイプ)

価格シングル:39,800円
セミダブル:49,800円
ダブル:59,800円
素材ポリエステル、羊毛、高反発ウレタン
厚み17cm
重さ6.7kg〜
収納性
保証100日間返金保証

雲のやすらぎプレミアムのマットレスタイプも直置きに適しています。厚みは17cmと底つき感は一切感じないので、硬いフローリングで寝ても寝心地は抜群です。
折りたたみがしにくいので、収納性は低い点は注意が必要ですが、それ以外の部分では直置きにおすすめできるマットレスです。

 

以下のフローリングにおすすめのマットレスも参考にしてみてください。

フローリングにおすすめのマットレス厳選13選【一枚で寝れる】 「フローリングに敷けるマットレスってどれがあるの?」 「直接フローリングに敷けるマットレスのおすすめが知りたい」 ...
マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全41メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。