マットレスの使い方・手入れ方法 PR

マットレスの干し方はどれが正解?干す頻度・時間・場所を解説

マットレスの干し方【干す時間は?天日干しでOK?干せない時の対処法も】

「マットレスの干し方ってどうやるの?」
「布団と同じように天日干しで干すの・・?」

ベッドマットレスを干すのが面倒と考えている人も多いと思います。

最初に結論を言うと、マットレスは布団と同様、基本的に定期的に干すものですが、マットレスの種類や使っているアイテムによっては干す頻度を減らすことも可能です。

ここでは、マットレスを干さないとどうなるのか、干し方、あまり干したくない人にぴったりのアイテムなどを詳しく解説していきます。

教授
教授
マットレスの干し方や干す重要性が分かるぞい。
この記事で分かること
  • マットレスの干し方
  • マットレスを干す時間と頻度
  • マットレスを干すのが面倒な人におすすめのアイテム

マットレスを干さないとどうなる?

マットレスは絶対干すの?干さないとどうなる?干す頻度は?マットレスは種類や使っている保護アイテムにもよりますが、基本的には布団同様に絶対干すのが鉄則です。

マットレスを干さない(乾燥させない)とどうなるのか、3つの未来を解説します。

ベッド・マットレスを干さないとダニが発生する

干さないとダニが発生するマットレスを干さないと寝汗が本体に染み込んでしまい、湿気がたまり、ジメジメとした湿った環境になってしまいます。

湿った環境はダニが好むため、必然的にダニの住処となってしまう可能性が高くなるのです。

乾燥させることでダニが好む環境を作らないようにするのが大事なのです。

干さないとカビが発生する

干さないとカビが発生するマットレスを干さないと、寝汗がマットレスと床の間に溜まっていきます。また、寝ている時のマットレスの温度と、床の温度差で結露ができますが、どんどん湿気として溜まっていきます。

これらの湿気がマットレス下に溜まってしまうと、床にもマットレスにもカビが生える原因になるのです。

通気性が悪いものは、カビが生えるスピードは敷布団よりも格段に早いので注意が必要です。

干さないと劣化が早まる

干さないと劣化が早まるマットレスは湿気や水に弱いものが多いので、干さないと単純に劣化しやすくなります。

マットレスを干さないと湿気が外に放出される機会がなくなってしまい、ずっと滞留してマットレスにダメージを与え続けるからです。

特に、ウレタン系のマットレスはへたりやすくなったりするので要注意です。

マットレスを干す頻度・時間・場所

マットレスを干す時間と頻度はどれくらい?

マットレスを干すときに、干す頻度や時間、場所などをしっかり把握しておくことが重要です。間違った干し方をしてしまうと、マットレスを痛めてしまう可能性があるので気をつけましょう。

それぞれ詳しく解説していきます。

干す頻度と時間

マットレスの干す時間と頻度は、種類によってそれぞれ異なります。どのマットレスを使っているのか確認し、下の表でチェックしてみてください。

マットレスの種類 干す時間 干す頻度
ウレタン・ラテックス系 3〜4時間程度 3日に一回
ファイバー系 2〜3時間 洗ったとき
ボンネル・ポケットコイル系 2〜3時間 1〜2週間に一回

詳しくみていきましょう。

高反発/低反発ウレタン・ラテックスマットレス

高反発/低反発ウレタン・ラテックスマットレスの干す時間と頻度ウレタン、ラテックス系マットレスは、次の干す(立てかけ)時間と頻度がおすすめです。

干す時間:3〜4時間程度
干す頻度:3日に1回

ウレタンやラテックス系は通気性が悪く、こまめに干すのがポイントです。期間が開くとカビが生えたり、ダニが発生してしまうため要注意。

頻繁に、そしてしっかり陰干ししてカビやダニを防ぐのを防ぎましょう。

ファイバー系マットレス

ファイバー系マットレスの干す時間と頻度ファイバー系マットレスの干す(立てかけ)時間と頻度は次の通りです。

干す時間:2〜3時間
干す頻度:汚れが気になったら洗って干す

エアウィーヴのようなファイバー系マットレスは通気性が非常に良く、頻繁に干す必要はありません。

汚れが気になったら、シャワーで丸洗いし、そのあとに乾くまで干せばOKです。常に清潔に使えるというのがファイバー系マットレスのメリットですね。

ボンネル/ポケットコイルのベッドマットレス

ポケット/ボンネルコイルのベッドマットレスの干す時間と頻度コイル系(分厚いタイプ)のベッドマットレスの干す(立てかけ)時間と頻度は次が目安です。

干す時間:2〜3時間
干す頻度:1〜2週間

コイル系マットレスは、上記の時間と頻度で干すのが理想です。コイル系は中身がスプリングのため通気性が良いので、頻繁に干す必要はりません。

カバーやシーツを交換するタイミングで2〜3時間干してあげると良いでしょう。

干す場所

マットレスには「高反発/低反発ウレタン」「ポケット/ボンネルコイル」「ラテックス」「ファイバー系」という種類がありますが、どのタイプも陰干しが基本です。天日干し(外干し)は絶対にやめておきましょう。

マットレスの種類 天日干し 干し方
高反発ウレタンマットレス高反発ウレタン 素材が劣化するためNG 風通しの良いところに立てかけて陰干し
高反発ファイバーマットレス高反発ファイバー 素材が劣化するためNG 風通しの良いところに立てかけて陰干し
ポケットコイルマットレスポケットコイル 側生地や詰め物が劣化するためNG 立てかけて扇風機をかけながら干す
ボンネルコイルマットレスボンネルコイル 側生地や詰め物が劣化するためNG 立てかけて扇風機をかけながら干す
低反発ウレタンマットレス低反発ウレタン 素材が劣化するためNG 風通しの良いところに立てかけて陰干し
ラテックスマットレスラテックス 素材が劣化するためNG 風通しの良いところに立てかけて陰干し

特に、ウレタン系やファイバー系のマットレスは熱に弱いので、絶対に天日干しはNGです。

※天日干しがOKと記載のあるマットレスに関しても干す時間は1〜2時間程度に留めた方が良いでしょう。

「ポケット/ボンネルコイル」のベッドマットレスも、表面に熱に弱いウレタンが仕込まれているものが多いです。そもそもコイルマットレスは、重くて天日干しさせるのは現実的ではありません。

マットレスの干し方

上記を踏まえて、マットレスの干し方を解説していきます。

ノンコイル系マットレスの干し方

「高反発/低反発ウレタン」・「ラテックス」・「ファイバー系」マットレスの干し方は陰干しで風通しの良い場所で立てかけこれらのノンコイル系マットレスの干し方は、次が正しいです。

  • 風通しの良い場所に立てかける
風通しの良い場所への立てかけイメージ

高反発/低反発ウレタン・ラテックス・ファイバー系マットレスは、風通しの良い場所に立てかけて、こまめに干すようにしましょう。軽いタイプが多いので、持ち運びもしやすいでしょう。

コイル系マットレスの干し方

ポケット/ボンネルコイルのベッドマットレスの干し方コイル系のベッドマットレスは重いので、持ち運ぶのがとても困難なため、次のどちらかの方法で干します。

  • そのまま壁に立てかけて扇風機で乾かす
  • マットレスとベッドフレームの間に本を挟んで空間を作り扇風機で乾かす

そのまま壁に立てかけられそうなら、立てかけて干しましょう。大きいサイズは重く、立てかけることすら困難な場合があるので無理は禁物です。

難しそうなら、マットレスとベッドフレームの間に本を挟んで空洞を作り扇風機を当てれば、風通しは良くなります

時間の余裕があれば、干している間にシーツやカバーを外して洗濯し、マットレスは掃除機をかけておくのがおすすめ。ダニの発生が防げて清潔に使うことができますよ。

三つ折りマットレスの干し方

三つ折り(折りたたみ)マットレスの干し方は?定期的に立て掛けましょう!

三つ折り(折りたたみ)マットレスは、持ち運びできるものがほとんど。干し方はノンコイル系と同じで、風通しの良いところに立てかけておけば大丈夫です。画像のように自立する物は立てておけば大丈夫です。

もし、持ち運びできないような三つ折りマットレスであれば、コイル系のベッドマットレスと同様に扇風機を用いて干すようにしましょう。

脚付きマットレスの干し方は?干さなくていい?

脚付きマットレスの干し方は?干さなくていい?脚付きマットレスの干し方は、次を参考にしてください。

  • そのまま窓際に移動して風を当ててあげる
  • 扇風機を当ててあげる

脚付マットレスはそこまで神経質に干さずともカビが生えることはそうそうありません。下に空間があるので通気性抜群で湿気が溜まる部分がないからです。

ただし、注意すべきは壁にくっ付けて利用している場合です。壁の接着面に湿気が溜まってしまう可能性があるので、定期的に離して風を当ててあげるようにしましょう。

脚が長いタイプなどで、下の空間に荷物を置いていると、通気が悪くなる場合がありますので、あまり詰め込みすぎないようにしましょう。

 

マットレスがなかなか干せない人におすすめのアイテム

マットレスを干せない・極力干したくない人におすすめのアイテムマットレスが重くてあまり干せない場合や、干す回数を減らしたい場合には次のおすすめのアイテムで対処しましょう。

  • 防水マットレスプロテクター
  • 敷きパッド・ベッドパッド
  • 除湿シート

それぞれの役割を解説します。

防水マットレスプロテクターであらゆる汚れをガード

防水マットレスプロテクターであらゆる汚れをガード防水マットレスプロテクターを使えば、マットレスを干す頻度が大きく減らせます。

マットレスへの寝汗や皮脂の浸透はもちろん、あらゆる汚れから守ってくれますし、湿気がこもりにくいのでカビやダニにも困ることはありません。

あとで紹介する除湿シートと併用すれば、数週間に一回干せば良い程度になりますし、マットレスも長持ちするので、頻繁に干せない人にもおすすめです。

マットレスプロテクターのおすすめ厳選4つ【防水は必須?ニトリにも売ってる?】マットレスプロテクターは、最近世間にも浸透し始めたベッド保護アイテムですが、次のような疑問がある方も多いと思います。 「マット...

敷きパッド・ベッドパッドで寝汗や皮脂をガード

敷きパッド・ベッドパッドで寝汗や皮脂をガード敷きパッド・ベッドパッドを使うのも、マットレスを干す頻度を減らせる有効な方法です。

マットレスプロテクターほどではありませんが、寝汗や皮脂からマットレスを守ってくれます。

敷きパッド・ベッドパッドを使用するなら、次の干す頻度が目安になります。

マットレスの種類 敷きパッド・ベッドパッドを使った時の
干す頻度の目安
ウレタン・ラテックス系 1〜2週間に一回
コイル系 3週間に一回程度

あくまで目安ですが、だいぶ手入れの手間が省けますし、マットレスが長持ちすることにも繋がります。

ベッドパッドと敷きパッドの違い・使い方【マットレスに両方必要?シーツとの順番は?】 「敷きパッドやベッドパッドってマットレスに必要なの?」 「そもそも、敷きパッドとベッドパッドの違いが分からない・・」 「...

除湿シートでカビを生えにくくする

除湿シートでカビを生えにくくする除湿シートを使うのも、マットレスの干す頻度を減らす一つの手段です。

除湿シートは、マットレスの下に敷いて湿気が溜まらないようにするアイテム。特にウレタン・ラテックス系はマットレスの下に湿気が溜まりやすいので、非常におすすめのアイテムです。

除湿シートを使うことで、カビが生える確率が大きく下がるので、干す頻度も少なくすることができます。しかし全く干さなくても良いというわけではないので気をつけておきましょう。

除湿シートのおすすめランキングと選び方!【布団・マットレスの下・すのこベッドにも使える】 「マットレスに除湿シートって絶対必要なの?」 「どんな除湿シートを買えばいいんだろう?」 「除湿シートの正しい敷き方も知...

カバー(シーツ)を付けるだけではなく、ここで紹介したものを利用し、湿気からマットレスを守るようにしましょう。

マットレスの干し方Q&A

マットレスの干し方を質問形式でまとめてみました

マットレスは天日干しできる?

マットレスは熱に弱く劣化する物が多いために、室内で陰干ししましょう

重いマットレスはどうしたらいい?

複数人で片側を持ち上げて、壁に立てかけてください。
人数がいない場合は、少し持ち上げて、本などを挟んで隙間を作ってください。
風通しが悪いようであれば、扇風機の風をあてます。

ダブルサイズ以上の大きなマットレスの干し方は?

重いマットレスと同様に、複数人で壁に立てかける
又は、間に本などを挟んで、扇風機の風をあててください。

マンションでの干し方は?

マンシャンや団地は環境によっては、風通しのわるい場合も考えられます
その場合は、重いマットレスの時と同様に、立てかけて、扇風機の風をあてましょう

カビがはえていました!

慌てず、エタノール等で菌を除去しましょう。
詳しくは下記を御覧ください。

自宅でできるマットレスのカビ取り方法!NG方法や予防対策もマットレスのカビ取り方法と、カビ予防ができる防止対策について有効なものだけを徹底的に解説していきます。 マットレスのカビに悩んでいる方は、具体的な解決方法を提示していきますので、参考にしてみてください。...

マットレスを乾かす方法は?布団乾燥機やドライヤー使っても良い?

マットレスを乾かすのに、ドライヤーや布団乾燥機の使用はおすすめしません!
マットレスの素材は熱に弱いものが多く劣化を早める原因となります。
立てかけて扇風機の風をあてる程度にとどめましょう。

どうしても、湿気が多く使う場合は、弱めに短時間使うようにしてください。

マットレスを干したくない!めんどくさい!

全く干さないと言う事はできませんが、干す間隔を長めにする事はできます

  • 床板が「すのこ」のベッドを使う
  • ファイバー系のマットレスに買い替える
  • マットレスの下に「除湿シート」を敷く
  • マットレスプロテクターでマットレスを包む
  • 寝室で定期的に除湿機を使う

全てでなくて良いので、複数のアイテムを使う事で、湿気が溜まる事が少なくなり
干すタイミングをずらす事は可能です。

マットレスの下に何を敷く?直置きがダメな理由とおすすめのすのこベッドを紹介 「マットレスの直置きはどうしてダメなの?」 「すのこはベッドを買うとしたらどれがおすすめ・・・?」 マットレスは...
除湿シートのおすすめランキングと選び方!【布団・マットレスの下・すのこベッドにも使える】 「マットレスに除湿シートって絶対必要なの?」 「どんな除湿シートを買えばいいんだろう?」 「除湿シートの正しい敷き方も知...
マットレスプロテクターのおすすめ厳選4つ【防水は必須?ニトリにも売ってる?】マットレスプロテクターは、最近世間にも浸透し始めたベッド保護アイテムですが、次のような疑問がある方も多いと思います。 「マット...

 

マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全41メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。

     

ABOUT ME
マットレス大学編集部
日本最大級の寝具情報メディア「マットレス大学」編集部。数十種類以上のマットレスを実際に使用した担当者が記事作成・監修。 全ての人々の睡眠の質が少しでも良くなるように、マットレスや枕などの寝具に関する情報を分かりやすく発信していきます。