マットレスの使い方・手入れ方法

マットレスは絶対干すの?【干し方や干さないで済む方法とは?】

マットレスを干すのが面倒と考えている人も多いと思います。

結論を言うと、マットレスは基本的に定期的に干すものですが、種類や使っているアイテムによっては干す頻度を減らすことも可能です。

ここでは、マットレスを干さないとどうなるのか、あまり干したくない人にぴったりのアイテム、干し方などを詳しく解説していきます。

マットレスは絶対干すの?干さないとどうなる?

マットレスは種類や使っている保護アイテムにもよりますが、基本的には絶対干すのが鉄則です。マットレスを干さないとどうなるのか、3つの未来を解説します。

干さないとダニが発生する

マットレスを干さないと寝汗が本体に染み込んでしまい、ジメジメとした湿った環境になってしまいます。

湿った環境はダニが好むため、必然的にダニの住処となってしまう可能性が高くなるのです。

干さないとカビが発生する

マットレスを干さないと、寝汗がマットレスと床の間に溜まっていきます。また、寝ている時のマットレスの温度と、床の温度差で結露ができてしまいます。

これらの湿気がマットレス下に溜まってしまうと、床にもマットレスにもカビが生えてしまう危険性がかなり高くなります。

干さないと劣化が早まる

マットレスは湿気や水に弱いものが多いので、干さないと単純に劣化しやすくなります。

特に、ウレタン系のマットレスはへたりやすくなったりするので要注意です。

マットレスの干し方!天日干ししても良い種類はどれ?

マットレスには「高反発/低反発ウレタン」「ポケット/ボンネルコイル」「ラテックス」「ファイバー系」という種類がありますが、どれも天日干しは基本不可です。

特に「高反発/低反発ウレタン」「ファイバー系」のマットレスは熱に弱いので絶対に干すのはNGです。

「ポケット/ボンネルコイル」のベッドマットレスも、表面に熱に弱いウレタンが仕込まれているものが多いですし、そもそも重くて天日干しさせるのは現実的ではありません。

上記を踏まえて、マットレスの干し方を解説していきます。

高反発/低反発ウレタン・ラテックス・ファイバー系マットレスの干し方

これらのノンコイル系マットレスの干し方は、次が正しいです。

風通しの良い場所に立てかける

高反発/低反発ウレタン・ラテックス・ファイバー系マットレスはそこまで重いものはないはずなので、風通しの良い場所まで持ち運んで立てかけて干すようにしましょう。

ポケット/ボンネルコイルのベッドマットレスの干し方

コイル系マットレスは持ち運ぶことがとても困難なので、次のどちらかの方法で干します。

そのまま壁に立てかけて扇風機で乾かす
マットレスとベッドの間に本を挟んで空間を作り扇風機で乾かす

そのまま壁に立てかけられそうなら、立てかけてください。難しそうならマットレスとベッドフレームの間に本を挟んで空洞を作り扇風機を当てればOKです。

三つ折り(折りたたみ)マットレスの干し方は?

三つ折り(折りたたみ)マットレスは、持ち運びできるものがほとんどだと思いますので、干し方はノンコイル系と同じで、風通しの良いところに立てかけておけば大丈夫です。

もし、持ち運びできないような三つ折りマットレスであれば、コイル系のベッドマットレスと同様に扇風機を用いて干すようにしましょう。

マットレスを干す時間と頻度はどれくらい?

マットレスを干す時間と頻度はマットレスの種類によって変わります。種類ごとに干す時間と頻度の目安をご紹介します。

高反発/低反発ウレタン・ラテックスマットレスの干す時間と頻度

ウレタン、ラテックス系マットレスは、次の干す時間と頻度がおすすめです。

干す時間:3〜4時間程度
干す頻度:3日に1回

ウレタン、ラテックス系は通気性が悪いので、干さないとすぐにカビが生えてしまうという特徴があります。

頻繁に、しっかり陰干ししてカビやダニを防ぐのを防ぎましょう。

ファイバー系マットレスの干す時間と頻度

ファイバー系マットレスの干す時間と頻度は次の通りです。

干す時間:2時間〜3時間
干す頻度:汚れが気になったら洗って干す

エアウィーヴのようなファイバー系マットレスは通気性が非常に良いですので、頻繁に干す必要はありません。

汚れが気になったら、シャワーで丸洗いし、そのあとに乾くまで干せばOKです。常に清潔に使えるというのがファイバー系マットレスのメリットですね。

ポケット/ボンネルコイルのベッドマットレスの干す時間と頻度

コイル系のベッドマットレスの干す時間と頻度は次が目安です。

干す時間:2時間〜3時間
干す頻度:1〜2週間に一回

コイル系マットレスは上記が理想です。コイル系は中身がスプリングで通気性が良いので頻繁に干す必要はりません。カバーやシーツを交換するタイミングで2時間〜3時間干してあげると良いでしょう。

マットレスを極力干したくない人におすすめのアイテム

マットレスをあまり干したくないなら次のアイテムがおすすめです。

  • 防水マットレスプロテクター
  • 敷きパッド・ベッドパッド
  • 除湿シート

それぞれの役割を解説します。

防水マットレスプロテクターであらゆる汚れをガード

防水マットレスプロテクターを使えば、マットレスを干す頻度が大きく減らせます。

マットレスへの寝汗や皮脂の浸透はもちろん、あらゆる汚れから守ってくれますし、湿気がこもりにくいのでカビやダニにも困ることはありません。

あとで紹介する除湿シートと併用すれば、数週間に一回干せば良い程度になりますし、マットレスも長持ちします。

防水マットレスプロテクターは必要?【おすすめランキングも紹介】 最近、世間にも浸透し始めたマットレスプロテクター。 でも 「マットレスプロテクターって必要なの?」 「どん...

敷きパッド・ベッドパッドで寝汗や皮脂をガード

敷きパッド・ベッドパッドを使うのもマットレスを干す頻度を減らせる有効な方法です。

マットレスプロテクターほどではありませんが、寝汗や皮脂からマットレスを守ってくれます。

敷きパッド・ベッドパッドを使用するなら、次の干す頻度が目安になります。

マットレスの種類 敷きパッド・ベッドパッドを使った時の
干す頻度の目安
ウレタン・ラテックス系 1〜2週間に一回
コイル系 3週間に一回程度

あくまで目安ですが、だいぶ手入れの手間が省けますし、マットレスが長持ちすることにも繋がります。

マットレスの敷きパッドとベッドパッド【違いやおすすめは?】 「マットレスパッドって必要なの?」 「敷きパッドとベッドパッドの違いが分からない・・」 マットレスパッドにつ...

除湿シートでカビを生えにくくする

除湿シートを使うのもマットレスを干す頻度を減らせます。

除湿シートはマットレスの下に敷いて湿気が溜まらないようにするアイテムです。特にウレタン・ラテックス系はマットレスの下に湿気が溜まりやすいので非常におすすめのアイテムです。

除湿シートを使うことで、カビが生える確率が大きく下がるので、干す頻度も少なくすることができますが、過信は禁物です。