マットレスの使い方・手入れ方法

マットレスの下にすのこベッドは必要なの?【買うならおすすめはコレ】

マットレスの下にすのこベッドは必要なの?【買うならおすすめはコレ】マットレスの下にすのこベッドを敷くことは、カビ対策に有効です。

一度カビが生えてしまうと、健康にもあまり良くありませんし、気分も良くありませんね。しかし、「マットレスにすのこベッドって絶対必要なの?」と思っている方もいるかと思います。

ここでは、マットレスの下にすのこベッドは必要なのか?買うとしたらどんなすのこを選べば良いのか?について詳しく解説していきます。

教授
教授
すのこベッドについて詳しくなるんじゃ!

すのこはマットレスのカビ対策に絶対必要なの?

すのこはマットレスのカビ対策に絶対必要なの?すのこはマットレスのカビ対策に必要なのか?結論を言ってしまうと、必須ではないが、あると良いです。

マットレスの下にすのこを敷くことで、通気性が良くなるのでカビは生えにくくなります。

しかし、すのこは必ずしも必須という訳ではありませんし、すのこがあれば万全というわけでもありません。

すのこがあるからといって、マットレスを敷きっぱなしにしているとすのことの接触面からカビが生えてきてしまいます。

必ず、すのこ以外のカビ対策と併用するようにしましょう。

マットレス用すのこベッドの使い方と注意点

マットレス用すのこベッドの使い方と注意点をご紹介します。

直置きする場合の【床置きすのこ】の使い方

直置きする場合の【床置きすのこ】の使い方

出典:amazon

フローリング、床に直置きする場合の、床置きすのこの使い方です。

すのことはいっても、マットレスと床の間に空間があまりないので、通気性は良いとは言えません。

油断すると、思いのほか早くマットレスにカビが生えてしまうので、こまめに壁に立てかけて陰干しするのが良いです。

また、マットレスとすのこの間に除湿シートを敷くのもかなり有効です。

【すのこベッド】の使い方

【すのこベッド】の使い方

出典:amazon

すのこベッドでも、床置き用の使い方とほぼ変わりません。ただ、床とマットレスの間の空間が広いため、通気性は良いです。

通気性が良いとは言え、すのこに面したマットレス部分はカビる可能性があるので、1週間に一回は陰干しをするようにしましょう。

すのこベッドはマットレスがズレやすいので、ずれる場合は滑り止めシートをマットレスの下に敷くようにしましょう。

すのこ使用の注意点①和室(畳)で使うのはNG

すのこを和室(畳)で使った場合、すのこが寝返りのタイミング等でずれてしまうと、すのこと畳がこすれて畳に傷が付いてしまいます。

そのため、和室(畳)ですのこは使用しないほうが無難です。

すのこ使用の注意点②布団はおすすめできない

すのこにマットレスではなく、布団を使おうと考えている人もいるかもしれませんが、おすすめできません。

なぜかと言うと、布団は厚みがないため、すのこ感を背中で感じやすくなってしまうからです。寝心地が非常に悪くなるため、布団ですのこはおすすめできません。

すのこ以外のカビ対策方法は次にまとめています。

マットレスのカビ取り方法3つ・防止対策4つ【臭いから完全に除去できる】 「マットレスにカビが生えてしまったけど、、完全に除去できるの・・?」 「マットレスがカビ臭い・・」 マットレ...

マットレス用すのこベッドを選ぶポイント

マットレス用すのこベッドを選ぶポイントマットレス用すのこベッドの選び方のポイントとおすすめのすのこベッドをご紹介します。絶対にこの選び方の通り選ばないといけないというわけではありませんが、ひとつの目安としてご覧ください。

すのこベッドを選ぶポイント①マットレスの下の空間が大きなものを選ぶ

マットレスと床の間の空間が大きなすのこベッドを選ぶと、通気性がとても良くなるためカビが生えにくくなります。

脚付マットレスにカビが生えないのと同じ理屈です。

すのこベッドを選ぶポイント②カビにくい素材を選ぶ

カビにくい素材のすのこを選ぶと良いです。

例えば、吸水性があるすのこであれば、常に湿気を除去してくれるので、カビにくくジメジメした寝床から解放されます。

すのこベッドに敷くマットレスは何がおすすめ?ベストな厚みは?

すのこベッドに敷くマットレスは何がおすすめ?ベストな厚みは?すのこベッドにマットレスを敷く場合、「どのようなタイプでどのくらいの厚みが良いの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

しかし、すのこベッドに敷くマットレスタイプや厚みは特に決まりもなく、何を敷いても問題ありません。

強いて言うのであれば、以下のようなタイプのマットレスはカビが生えやすいため、すのこを利用するとその効果は大きく現れます。

  • 高反発ウレタンマットレス
  • 低反発ウレタンマットレス

上記のようなマットレスを使う場合、カビ対策としてすのこベッドは積極的に使うと良いでしょう。

マットレス用すのこベッドのおすすめ4選

マットレス用すのこベッドの選び方のポイントを踏まえ、当サイト「マットレス大学」でおすすめの4点ご紹介します。

おすすめ①天然木すのこベッド

価格 シングル:11,680円
セミダブル:15,980円
ダブル:18,980円
素材 天然木
特徴 ・ヘッドボードあり
・高さ調節可能

こちらはマットレス下の空間が大きい、すのこベッドタイプです。通気性が高くカビが生えにくい上に、非常にシンプルなデザインで簡単に組み立てられるので、女性にもおすすめです。高さも調節でき、ヘッドボードにコンセントが付いている点も魅力です。

 

おすすめ②すのこ型吸湿マット

価格 シングル:7,680円
ダブル:16,980円
素材 ベルオアシス
特徴 ・軽い
・直置きに最適

マットレスと床の間に直接挟むタイプのすのこベッドです。吸水力、吸湿力に優れた素材である、ベルオアシスを使ったすのこです。すのこ状になっていることに加え、素材自体吸湿してくれるのでサラサラとした寝心地を維持してくれます。

マットレスを直置きするのであれば、このすのこ型吸湿マットを使うと効果抜群と言えます。通常の木のすのこのイメージとは違うと思いますが、床置きすのこの中ではもっともカビが生えにくいものです。

 

おすすめ③デザインすのこベッド

デザイン性と機能性を兼ね備えたすのこベッドです。6色のパターンがあるのでどんな部屋にもマッチさせることができます。すのこベッドでカビ対策しつつ、おしゃれな部屋にしたいという方におすすめです。

 

おすすめ④天然木ロータイプベッド

価格 シングル:39,800円
セミダブル:44,800円
ダブル:49,800円
素材 天然木
特徴 ・おしゃれ
・コンセント付きヘッドボード
・ロータイプ

おしゃれなロータイプのすのこベッドです。すのこの隙間部分が少ないため、通気性という意味ではそこまで高くありませんが、デザイン性が非常に高いベッドになります。どちらかというと、カビ対策よりもデザイン性重視の方におすすめです。

 

すのこだけでは不十分!マットレスのカビ対策にぴったりな方法

すのこだけでは不十分!マットレスのカビ対策にぴったりな方法</p>
<h3>マットレスのカビ対策は、すのこだけで十分というわけではありません。すのこ以外でのカビ対策も重要になってきます。

そこで、すのこなしでマットレスを使う場合のカビ対策におすすめの方法をご紹介します。

すのこを使わないカビ対策①除湿シートを敷く

除湿シートを敷くとマットレス下に溜まった湿気を除去してくれるので、非常に有効なカビ対策になります。

もちろん、すのこ+除湿シートならさらに強力なカビ対策になります。

マットレスに除湿シートは必要?敷く順番は?【買うならコレ】 「マットレスに除湿シートって絶対必要なの?」 「どんな除湿シートを買えばいいんだろう?」 「正しい敷き方も知りたい・・」...

すのこを使わないカビ対策②敷きパッドやマットレスプロテクターで汗を遮断

敷きパッドやマットレスプロテクターを装着すれば、寝汗がマットレスを通って床に到達するのを防ぐことができます。

また、マットレスに汗が浸透しないことによりマットレスそのものの老朽化も防ぐことができるのでおすすめです。

防水マットレスプロテクターは必要?【おすすめランキング3選も紹介】最近、世間にも浸透し始めたマットレスプロテクターですが次のような疑問がある方も多いと思います。 「マットレスプロテクターって必...
敷きパッドとベッドパッドの違い【マットレスに敷く順番やおすすめは?】 「敷きパッドとか、ベッドパッドってマットレスに必要なの?」 「そもそも、敷きパッドとベッドパッドの違いが分からない・・」 ...

すのこを使わないカビ対策③マットレスをこまめに陰干しをする

マットレスの陰干しは、基本的には必ずやっていただきたいカビ対策です。

すのこや除湿シートや敷きパッドなどの対策をしていていも、そのまま放置していればカビが生える可能性は当然あります。

週一回程度は、数時間は窓際で壁に立てかけて陰干しするのがおすすめです。もし、難しい場合は、本などをマットレス下に挟み、間に扇風機などで風を送り込むようにすると良いです。

カビ対策について、さらに詳しくは次の記事をご覧ください。

マットレスのカビ取り方法3つ・防止対策4つ【臭いから完全に除去できる】 「マットレスにカビが生えてしまったけど、、完全に除去できるの・・?」 「マットレスがカビ臭い・・」 マットレ...
まとめ

マットレスにすのこは必須ではありませんが、カビ対策の上で有効なアイテムです。

すのこと合わせて、除湿シートや陰干しを行うと、毎日気持ちの良い睡眠ができるはずです。

マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全41メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。