マットレスの使い方・手入れ方法

マットレスの臭いの消し方【新品ウレタン臭から使用中に付いた臭いまで】

マットレスの臭いが気になって眠れない・・という方のために、臭いの消し方をご紹介していきます。

具体的には、新品のウレタンマットレスの臭いの消し方から、使用中に蓄積していったマットレスの悪臭の取り方、やってしまうとNGの方法まで、詳しく解説していきます。

新品のウレタンマットレスの臭いの取り方

新品ウレタンマットレスは、ウレタン特有の臭いがするものが多いのですが、次の方法で臭いを取ることが可能です。

おすすめの順番に記載していますので、上からできるものを試していくようにしましょう。

ウレタン臭の取り方①陰干しする

ウレタン臭に一番有効な方法は陰干しすることです。

窓の近くなどの風通しの良いところにカバーを外してマットレスを立てかけ、半日ほど陰干しをしましょう。

臭いの原因は、ウレタンを膨らませる時に発生するアミンという物質がウレタンの気泡の間に残っていることですが、陰干しすることで取り除くことができます。

半日ほど風に当ててあげるとだいぶ臭いが取れているはずです。

ウレタン臭の取り方②布団乾燥機を使う

雨の日だったり、ジメジメしていて風通しの良い場所で干せない時は布団乾燥機を使うのも有効です。

ただし、ウレタンは高温が苦手なため、60度以上になるようなモード(ダニモードなど)で布団乾燥機を使うのは避けましょう。

ウレタン臭の取り方③掃除機をかける

マットレスの臭いを取るには掃除機をかけるのも有効です。

掃除機をかけることで、マットレスに残った臭いの原因であるアミンを吸い込むことができるからです。

マットレスの表面にまんべんなく掃除機をかけることで、臭いが抑えられてきます。

ウレタン臭の取り方④ベッドの下に消臭剤を設置する

マットレスの臭いを消すには、ベッドの下に消臭剤を置くのも有効です。ただし、すのこ状のベッドでないと消臭効果を発揮しないので、注意してください。

使用中に付いたマットレスの臭いの取り方

使用中のマットレスの臭いは「寝汗や皮脂」「おねしょ」などが蓄積していったものが主な原因ですが、その臭いの消し方は次の3つを試してみてください。

臭いの消し方①重曹を撒いて放置後、掃除機で吸う

重曹をマットレスに満遍なく撒いて、1日放置します。そのあとに掃除機で吸うだけで、マットレスの臭いが取れます。

これは、重曹に脱臭効果や汚れを付着させる性質があることから有効な方法です。

臭いの消し方②タオルにクエン酸や重曹を染み込ませてマットレスを拭く

次の手順で、マットレスの臭いを取り除くことも可能です。

  1. タオルを「クエン酸水か重曹水」で濡らして硬く絞る
  2. マットレスを叩くように濡らしたタオルで拭く
  3. 臭いがなくなるまで繰り返す

臭いの原因別に水を使い分けましょう。

臭いの原因 使用する水 作り方
おねしょ クエン酸水 水200ml+クエン酸小さじ1杯
その他(寝汗など) 重曹水 水300ml+重曹大さじ1杯

おねしょのアンモニア臭にはクエン酸(セスキソーダもおすすめ)が有効ですが、その他の臭いには重曹がおすすめです。

臭いの消し方③クリーニング業者を使う

マットレスの臭いを取るにはクリーニング業者を使用するのも有効です。

クリーニング業者は1万円程度はかかるのと、ウレタンマットレスの場合は受け入れてもらえない可能性がある点は注意しましょう。

マットレスのクリーニング【自分でやる方法や業者に頼むメリット・デメリット】 「マットレスのクリーニング方法って自分ではどうやるの?」 「自分でやるより、クリーニング業者に頼んだ方が良いのかな・・...

マットレスの臭いを取る時にやってはいけないNG行為

マットレスの臭いを取る時に、間違いがちなNG行為を2つご紹介します。

臭い取りのNG行為①水洗いしてしまう

マットレスは水に弱い素材を使っているものが多いので、水洗いはNGです。特にウレタンマットレスは水で濡らしてしまうと急激に劣化が早まります。

例外として、ファイバーマットレスは丸洗いできるのですが、それ以外のマットレスは水洗いは絶対に避けるようにしましょう。

臭い取りのNG行為②天日干しにしてしまう

マットレスの臭いを取るために、天日干しにするのはやめましょう。

なぜかというと、マットレスは熱や太陽の光に弱いものが多いからです。特にウレタンマットレスは天日干しで著しく劣化してしまいます。

何らかの理由で天日干しにする場合は、30分以内に留めて置くことをおすすめしますが、基本的にNG行為です。

臭い取りのNG行為①スチームクリーナーを使ってしまう

マットレスの臭い取りにスチームクリーナーを推奨しているサイトもありますが、個人での使用はおすすめできません。

確かに、臭いや汚れは取れるのですがマットレスを非常に濡らしてしまいます。

前述したとおり、マットレスは水に弱い素材を使っていることが多いですし、しっかり乾かすための専用乾燥機も必要です。(特に、ウレタンマットレスは非常に水に弱いので絶対NG)

乾燥漏れがあると、そこから雑菌が繁殖して逆に臭いがきつくなってしまうという場合もあるので、スチームクリーナーの利用には慎重になった方が良いでしょう。

マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全31メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。