マットレスの使い方・手入れ方法

マットレスのクリーニング【自分でやる方法や業者に頼むデメリット】

マットレスのクリーニング【自分でやる方法や業者に頼むデメリット】

「マットレスのクリーニング方法ってどうやるの?」

「自分でやるより、クリーニング業者に頼んだ方が良いのかな?」

マットレスのクリーニングについて、こんな悩みや疑問があると思います。

このページでは、マットレスのクリーニングを自分でやる場合、業者に頼む場合のメリット・デメリットやかかる料金、クリーニング方法をご紹介していきます。

教授
教授
快適なマットレスライフを送るには、クリーニングは必須じゃ!

マットレスクリーニングを【自分でやる場合】と【業者に頼む場合】のメリット・デメリット

クリーニング業者に頼む場合のメリット・デメリット

業者のメリット

  • 自分でやる手間が省ける

一番のメリットは自分でやる手間が省けるということです。

汚れを落としたり、ダニを駆除したりと自分でやるのはなかなか時間と労力が必要です。

そんな手間を一気に省けるというメリットがクリーニング業者にはあります。

業者のデメリット

  • 高額な費用がかかる

後ほど解説しますが、マットレスのクリーニングを業者に頼んだ場合、1万円以上かかる場合がほとんどです。

ですので、安いマットレスを使っている場合はクリーニングを行うメリットはありません。

5万円以上の高級ベッドを使っていて、さらに長持ちさせたいという場合には、クリーニング業者を使うのを検討しても良いでしょう。

自分でクリーニングする場合のメリット・デメリット

自分でやるメリット

  • 費用が安く済む

自分でクリーニングする場合、費用が業者に頼むよりも圧倒的に安く済むというメリットがあります。

重曹などを使うこともありますが、1000円程度あればクリーニングに必要なアイテムを揃えることができます。

自分でやるデメリット

  • 手間がかかる

業者に頼めば自分では何もする必要がありませんが、自分でクリーニングするとなるとやはり大きな手間がかかります。

特にダニの駆除をする場合には3日続けて行わないと効果が発揮できないこともあるため、かなり面倒に感じる人も多いでしょう。

クリーニング業者に頼めるタイプのマットレスは?

そもそもクリーニング業者に頼めないタイプのマットレスもあります。

どのタイプのマットレスが頼めて、どのタイプが頼めないか、確認しておきましょう。

クリーニングを頼めるタイプのマットレス

クリーニングを頼めるタイプのマットレスは次の通りです。

・ボンネルコイル
・ポケットコイル

このようないわゆる「スプリングマットレス」と言われるタイプはクリーニング可能な場合がほとんどです。

クリーニングを頼めないタイプのマットレス

クリーニングを頼めないタイプのマットレスは次の通りです。

・高反発ウレタン
・低反発ウレタン
・ラテックス

スプリングマットレスではない、スポンジタイプのマットレスはクリーニング業者で受け付けてもらえないことがほとんどです。

これは、クリーニング業者では熱処理を行いますが、ウレタン系やラテックスは熱に弱いため劣化してしまう可能性があるからです。

※ちなみに、ダスキンでは高反発ウレタン(シングルサイズのみ)はOKで低反発ウレタンはNGです。
ダスキンのような大手でも低反発ウレタンをクリーニングするのは難しいということですね。

これらのタイプのマットレスを持っている場合は、自分でやる方法をご覧ください。

マットレスクリーニングを業者に頼む場合の料金相場

マットレスクリーニングを業者に頼む場合の料金の相場をご紹介します。

出張の場合の料金相場

クリーニング業者に自宅に来てもらう出張の場合は、次の料金が相場です。

ベビー・キッズ 7,000円〜10,000円
シングル 9,000円〜1,2000円
セミダブル・ダブル 12,000円〜15,000円
クイーン・キング 15,000円〜20,000円

サイズが大きくなればなるほど料金は上がっていきます。

持ち込みの場合の料金相場

近所のクリーニング店に持ち込みの場合は、出張よりも安く済む場合もあります。

ただ、宅配業者を使って持ち込む場合は送料が追加でかかりますし、自分で持ち込む場合も持ち込む手間を考えると出張の方がおすすめです。

マットレスクリーニングを自分でやる方法

マットレスのクリーニングを自分でやる場合、主に「汚れ・臭い・カビ・ダニ」に対して作業をおこなうことになります。

汚れ・臭いのクリーニング

マットレスに汚れや臭いがついている場合は、その汚れに合った適切なクリーニングをしましょう。

血や嘔吐、シミなど汚れ別のクリーニング方法は次の記事をご覧ください。

ベッドマットレスの掃除・手入れ方法【血など汚れ別に紹介】 「マットレスってどうやって掃除すれば良いの?」 「マットレスに血がついちゃった」 「マットレスのカビを掃除したい」 ...

ダニのクリーニング

ダニのクリーニングは
ダニの死滅→ダニの除去→ダニの繁殖防止

の順で行います。

ダニの駆除方法について詳しくは次の記事をご覧ください。

マットレスのダニ駆除方法4つ【絶対やってはいけない方法も紹介】 「マットレスのダニ刺されがひどい・・」 こんな悩みを抱えている人は多いと思います。 ダニは25℃以上、湿度6...

カビのクリーニング

カビが生えている場合はカビを落とす必要があります。

また、再度カビが生えないようにカビの発生防止対策を施す必要もあります。

カビのクリーニングについて詳しくは次の記事をご覧ください。

工事中

マットレスのクリーニングで絶対やってはいけない方法

マットレスのクリーニングで失敗しないために、絶対にやってはいけないことは覚えておきましょう。

やってはいけないクリーニング方法①高温を使う

特に、ウレタンやラテックス素材の場合は、高温は絶対に使わないようにしましょう。

一部のサイトでダニの駆除などにアイロンのスチームを使うような記述をしているものがありますが、熱に弱いウレタンやラテックス素材にそれをやってしまうと素材の質が変わってしまい、寝心地を大きく阻害してしまいます。

絶対に高温でクリーニングするのはやめましょう。

やってはいけないクリーニング方法①天日干し

天日干しにすると、ダニも死滅できそうですし、清潔感もありますが、この方法もNGです。

高温を使う時と同じで、ウレタンやラテックス素材を傷めてしまいます。

天日干しにするのではなく、風通しの良いところで陰干しにするようにしましょう。

まとめ

マットレスのクリーニング方法や業者に頼んだ場合の費用感などをご紹介してきました。

スプリングマットレスはクリーニング業者を検討しても良いですが、それ以外のウレタン系は自分でおこなった方が無難です。

手間はかかりますが、そこまで難しくもないので当サイト「マットレス大学」を見ながらやってみてください。