マットレスの使い方・手入れ方法

マットレスのシミ抜き方法を完全解説【黄ばみなど原因別の落とし方】

マットレスのシミ抜き方法を完全解説【黄ばみなど原因別の落とし方】

「マットレスのシミ抜きってどうやればいいんだろう?」

マットレスにできたシミと言っても、寝汗やよだれの黄ばみからおねしょによるシミまで様々な種類があり、それぞれ落とし方が違ってきます。

ここでは、マットレスのシミの原因と、シミ別の取り方について詳しく解説していきます。

教授
教授
最後にはマットレスのシミを予防する方法も紹介しておるぞい!
この記事で分かること
  • マットレスのシミの原因
  • マットレスのシミ抜き方法
  • マットレスのシミ予防の方法

マットレスのシミの原因は主に4つ

マットレスのシミの原因は主に4つマットレスのシミの原因は主に4つあります。

マットレスのシミの原因

  • 寝汗・よだれ
  • おねしょ(尿)
  • 血液
  • 嘔吐

シミの原因についてそれぞれ詳しく解説し、適切な取り方を紹介します。

シミの原因①寝汗・よだれ

シミの原因①寝汗・よだれマットレスのシミの原因でもっとも多いのは、寝汗・よだれです。

人間は睡眠中にコップ1杯を超える量の汗をかくと言われています。つまり、コップ一杯の汗が毎晩マットレスに注がれている状態です。

また、うつ伏せに寝てよだれが出てしまい、マットレスに染み込むこともあります。

その睡眠中の汗やよだれが乾燥して空気と交わって反応し、変色することでシミになってしまうというわけです。

寝汗やよだれが原因のシミは、茶色い黄ばんだような色になってしまいます。このような茶色いシミの取り方はこちらを参照してください。

シミの原因②おねしょ(尿)

シミの原因②おねしょ(尿)マットレスのシミの原因のひとつにおねしょ(尿)もあります。

特に小さなお子さんがいるご家庭ですと、おねしょをされてしまって一時的に対処はしたもののシミが残ってしまった、という方もいると思います。

おねしょのシミの落とし方はこちらをご覧ください。

シミの原因③血液

シミの原因③血マットレスのシミになるものに、血液もあります。

不意の出血であったり、鼻血であったり様々なきっかけでマットレスに血がついてしまい、取りきれずにシミになってしまったという場合です。

こういった血のシミの取り方はこちらをご覧ください。

シミの原因④嘔吐

シミの原因④嘔吐マットレスのシミの原因として、嘔吐もあります。

寝ながら嘔吐してしまい、それが取りきれずにシミになってしまったという場合です。

この場合は、嘔吐のシミの取り方を参照してください。

マットレスのシミの取り方

マットレスのシミの取り方マットレスのシミは、ごとに落とし方を変えると効率的に除去することができます。
ここからは、正しいマットレスのシミの取り方をご紹介します。

茶色いシミ(寝汗やよだれの黄ばみ)の取り方

寝汗やよだれが原因である、茶色いシミには「重曹」か「酸素系漂白剤」がおすすめです。

それぞれの使用手順を解説します。

重曹でシミを落とす場合の手順

マットレスのシミに重曹を使う場合は、まず以下を用意します。

用意するもの

  • 重曹大さじ一杯を300mlの水に溶かしたもの
  • タオル1枚

用意したアイテムを使って、以下の手順で作業しましょう。

シミ取り手順

  1. タオルに重曹を溶かした水を染み込ませて絞る
  2. シミが気になる箇所に押し当てて叩くように拭く
  3. シミが消えるまで繰り返す
  4. マットレスをしっかり乾燥させる

しっかり乾燥させないと、生乾きの臭いが出てしまう可能性があるので注意しましょう。

酸素系漂白剤でシミを落とす場合の手順

マットレスのシミに酸素系漂白剤を使う場合は、次のアイテムを用意します。

用意するもの

  • ぬるま湯
  • 酸素系漂白剤(ハイターなど)
  • タオル2枚

用意したら、次の手順で作業を行いましょう。

シミ取り手順

  1. ぬるま湯で少し湿らせたタオルに酸素系漂白剤を少々付けて絞る
  2. シミのある箇所を叩くように拭く
  3. シミが取れるまで繰り返す
  4. 使ったタオルを新しい水ですすぎ、絞って再度叩くように拭く
  5. 新しいタオルで乾拭きする
  6. マットレスを乾燥させる

酸素系漂白剤が肌が弱かったりで心配な場合は、重曹から試してみることをおすすめします。

おねしょ(尿)のシミの落とし方

マットレスのシミの原因がおねしょ(尿)の場合はオキシクリーンが有効です。

シミを落とす手順は次のとおりで、まず以下を用意しましょう。

用意するもの

  • オキシクリーン
  • ぬるま湯
  • タオル2枚

オキシクリーンがない場合は、中性洗剤や酸素系漂白剤で応急処置をしても良いです。
アイテムが揃ったら、以下の手順でシミとりを行います。

シミ取り手順

  1. タオルを濡らして適度に絞る
  2. 絞ったタオルにオキシクリーンを少量付ける
  3. シミ部分をオキシクリーンを付けたタオルで拭く
  4. 乾いたタオルで拭く
  5. しっかりとマットレスを乾燥させる

血のシミ抜き方法

マットレスのシミの原因が血の場合はセスキ炭酸ソーダが有効です。

血のシミ抜きの手順を解説します。まずは以下を用意しましょう。

用意するもの

  • セスキ炭酸ソーダ
  • スプレーボトル
  • 水250ml
  • タオル1枚

用意したアイテムを使用し、次の手順でシミ抜きを行います。

シミ取り手順

  1. セスキ炭酸ソーダ大さじ一杯と水をスプレーボトルに入れて混ぜる
  2. シミ部分にスプレーする
  3. シミが浮いてきたらタオルで叩きながら吸い取る
  4. シミが無くなるまで繰り返す
  5. マットレスをしっかりと乾かす

頑固な場合は、何度も繰り返すようにしましょう。

嘔吐のシミの取り方

マットレスのシミの原因が嘔吐の場合は重曹が有効となります。
嘔吐でできたシミ抜きの手順は茶色いシミと同じです。

詳しくは茶色いシミの取り方を参考にしてください。

マットレスのシミを予防する対策方法

マットレスのシミを予防する方法マットレスのシミを事前に予防する方法についても解説しておきます。

シミを除去したら、次に紹介する対策方法をおこない、マットレスをシミから保護することが望ましいです。

シミの予防対策①敷きパッドやベッドパッドを付ける

マットレスのシミを予防するには、敷きパッドやベッドパッドが有効です。

敷きパッドやベッドパッドを敷くことによって、シミの原因となる寝汗やよだれなどの汚れがマットレスまで届くのをある程度ガードしてくれるからです。

完全にガードすることは難しいですが、シーツだけ敷いているよりシミが付着する可能性が大きく減少します。

敷きパッドとベッドパッドの違い【マットレスに敷く順番やおすすめを完全解説】 「敷きパッドやベッドパッドってマットレスに必要なの?」 「そもそも、敷きパッドとベッドパッドの違いが分からない・・」 「...

シミの予防対策②マットレスプロテクター

マットレスのシミを予防するには防水マットレスプロテクターも有効です。

マットレスプロテクターは、寝汗やよだれはもちろん、ダニなどの侵入も防いでくれるのでマットレスを保護するという意味ではとても心強いアイテムです。

シーツすら使わなくても良くなるものもあるので、一度次の記事を参考にしてみてください。

防水マットレスプロテクターは必要?【おすすめランキング3選も紹介】最近、世間にも浸透し始めたマットレスプロテクターですが次のような疑問がある方も多いと思います。 「マットレスプロテクターって必...

マットレスのシミ抜きはクリーニングも有効

マットレスのシミ抜きはクリーニングも有効マットレスのシミを取る際にはクリーニングも有効です。マットレスをクリーニングに出すと、主に次のようなシミは問題なく取ることができます。

クリーニングで落ちるシミ

  • 寝汗によるシミ
  • 手垢によるシミ
  • シミになってまだ期間の浅いもの

シミになってから長期間放置したシミや色の濃いシミは完全に落ちないこともありますが、色が残っているだけなので、特に問題ありません。

クリーニングできるマットレス・できないマットレス

マットレスには、クリーニングできるものと出来ないものがあります。

サイズ種類
クリーニングできないマットレス低反発ウレタンマットレス
ラテックスマットレス
業者によっては対応可能なマットレス高反発ウレタンマットレス
クリーニングできるマットレスポケットコイルマットレス
ボンネルコイルマットレス

ポケットコイルやボンネルコイルのようなベッドマットレスはほとんどの業者でクリーニングすることが可能です。

しかし、それ以外のクリーニングできないマットレスのシミは自分で落とすしかありません。

クリーニング料金によっては買い替えの方が良い場合もある

マットレスのクリーニング料金は次のように10,000円以上は覚悟しなくてはいけません。

サイズ種類
シングルサイズ10,000円〜13,000円程度
セミダブルサイズ13,000円〜16,000円程度
ダブルサイズ14,000円〜17,000円程度
クイーン・キングサイズ17,000円〜21,000円程度

高級ベッドを使っている場合は、クリーニングをする価値もあると思いますが、安価なマットレスを使っている場合は、買い換えてしまった方が良いでしょう。

マットレスのクリーニングを頼む場合は、次のくらしのマーケットで口コミを見ながら業者を探すのがおすすめです。

クリーニングについては、次の記事も参考にしてみてください。

マットレスクリーニングを自分でやる方法【業者に頼むメリット・デメリットも解説】 「マットレスのクリーニング方法って自分ではどうやるの?」 「自分でやるより、クリーニング業者に頼んだ方が良いのかな・・...
マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全41メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。