マットレスをタイプ別・価格別で選ぶ

通気性の良いマットレス厳選3つを比較!【おすすめはコレ】

「今のマットレスは蒸れて暑いから通気性の良いものが欲しい・・・」

マットレスは通気性が良いものでないと、「ムレてしまって寝苦しい・・・」ということが起こりやすいです。

なのでマットレス選びで通気性を重視する人も多いと思います。

ここでは「通気性の良いマットレスにはどんなものがあるのか?」や「通気性の良いマットレスの注意点」を詳しく解説していきます。

合わせて、おすすめの通気性抜群のマットレスについて言及してきます。

通気性が良いマットレスの種類とは?

マットレスの種類は大きく分けると6種類あります。通気性の良い順番に並べると、次のようになります。

  1. ファイバーマットレス
  2. ボンネルコイルマットレス
  3. ポケットコイルマットレス
  4. 高反発ウレタンマットレス
  5. ラテックスマットレス
  6. 低反発ウレタンマットレス

この中で、通気性の良いマットレスというと次の4種類が該当します。

通気性の良いマットレス
  1. ファイバーマットレス
  2. ボンネルコイルマットレス
  3. ポケットコイルマットレス
  4. 高反発ウレタンマットレス

それぞれ詳しく解説します。

①ファイバーマットレス

エアウィーヴやブレスエアーなどのエア系と呼ばれるもので、マットレスの中で一番通気性が良いものになります。

極細のチューブ状のポリエチレンが複雑に絡みあっている構造で、空気の層が無数に存在するのでムレることはありません。

②ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルは中にマットレス全面に広がったスプリングが入っている構造のマットレスです。

スプリング部分以外はほぼ空洞になっているため、通気性が良いマットレスと言えます。
ただ、表面の詰め物がポリエステル100%の場合などは、ムレ感が感じやすいので注意です。

③ポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレスも、ボンネルコイル同様にスプリングが中に入っているものになります。
ただ、ボンネルコイルよりも空洞部分が少ないため、ややボンネルコイルよりも通気性は劣ると言えます。
ポケットコイル同様に、表面の詰め物によってはムレ感が感じることもあるので注意です。

④高反発ウレタンマットレス

高反発ウレタンマットレスも通気性の良い部類に入ります。

ウレタンは通気性が悪いイメージがあるかもしれませんが、高反発ウレタンには通気性が良いものが多いです。

夏でもムレ感を感じにくくなっています。

ラテックス・低反発ウレタンは通気性が低い

一方で、ラテックスと低反発ウレタンは、通気性は低く、ムレ感を感じやすいマットレスと言えます。
特に低反発ウレタンは、体がかなり沈み込むため体と接触する面積も大きく、夏のムレ感はかなり強いです。

通気性の良いマットレスのメリット

通気性の良いマットレスのメリットは次のメリットがあります。

蒸れないので夏も気持ちよく眠れる

通気性の良いマットレスは中が蒸れにくい構造になっています。通気性の悪いマットレスと比べると、夏の寝苦しさも大きく違ってきます。

特に、暑がりの方には大きなメリットになるでしょう。

カビにくい

通気性が悪いと、寝汗がマットレスの下に滞留し、カビを作ってしまいますが、通気性の良いマットレスは蒸れないのでカビにくいです。

絶対にカビないというわけではありませんが、頻繁に手入れをしなくともカビにくいというのは大きなメリットといえます。

清潔に使える

通気性が良いと、カビもそうですがダニも繁殖しにくいです。

また、通気性の良いマットレスの中でも洗えるマットレスは汚れたら洗えば良いので、半永久的に清潔に使えますので、これも大きなメリットと言えます。

通気性の良いマットレスの注意点

通気性の良いマットレスの良い部分は多いですが、注意点も見ていきましょう。
種類ごとに通気性の良いマットレスの注意点を解説します。

ファイバーマットレスの注意点

ファイバーマットレスは、次の3点に注意です。

注意点①寝汗やおねしょ対策が必要

ファイバーマットレスは通気性が良すぎるため、おねしょや寝汗もそのまま透過してしまいます。
例えば、畳におねしょがそのまま染み込んでしまうと、畳交換しなくてはいけないということにもなりかねません。
特に、お子さんにファイバーマットレスを使わせる場合、おねしょ対策として、床に除湿シートを敷いておくのが良いです。

注意点②熱に弱い

ファイバーマットレスは熱に弱いものがほとんどです。
シャワーで洗えますが、40度以下の温度で洗ったり、湯たんぽや電気毛布、布団乾燥機なども高温で使ってしまうと繊維が変形してしまうこともあるので注意しましょう。

注意点③冬は寒さ対策が必要

通気性が良すぎて、繊維の隙間から風が入ってくる場合があります。
その場合、敷きパッドなどを使って風が入ってこないようにする必要があります。

ボンネルコイルマットレスの注意点

ボンネルコイルは、スプリングが独立しておらず、面で支える構造のため、体圧分散が苦手です。

そのため、硬めの寝心地なので、通気性は良いのですが硬めが苦手な人には合わないというのが注意点です。

ポケットコイルマットレスの注意点

ポケットコイルは寝心地もよく、通気性も良く、弱点がほぼないのですが、唯一の注意点は価格が高いところです。

ポケットコイルマットレスはシモンズに代表されるように、高級マットレスに多いタイプです。
10万円以上をマットレスに出せるのであれば、おすすめの通気性の良いマットレスです。

高反発ウレタンマットレスの注意点

高反発ウレタンマットレスの注意点は、カビやダニが発生しやすいというところです。

特に、床に直に敷いている場合は、こまめに陰干ししないと床とマットレスの間に寝汗が溜まってしまいカビが発生してしまいます。
除湿シートを敷いたり、すのこベッドを使ったり、マットレスプロテクターを使うなどの対策をするようにしましょう。

おすすめは洗えるマットレス!通気性の良い3選を徹底比較

通気性の良いマットレスを上からオススメ度順でご紹介します。

エアウィーヴ スマートZ(三つ折り)

 

価格 シングル:42,900円
セミダブル:51,700円
ダブル:60,500円
素材 エアファイバー
ウレタンフォーム
厚み 9cm
反発力
耐久性

エアウィーヴはマットレス界の中で、一番通気性が良いと言えるマットレスです。また、通気性だけでなく、寝心地や機能性も良いのが特徴です。何度でも洗えるので、常に清潔に使うこともできます。
また、冬も暖かいように開発されているのが他の通気性の良いマットレスとの違いです。
薄いトッパータイプのモデルもありますが、一枚で使うのであればこちらのスマートZマットレスがおすすめです。

エアリーマットレス(アイリスオーヤマ)

価格 シングル:15,800円(税抜)
セミダブル:19,800円(税抜)
ダブル:22,800円(税抜)
※アイリスプラザでのみ返金保証付
素材 エアロキューブ
厚み 5cm
反発力
耐久性

エアリーマットレスはアイリスオーヤマ製の通気性抜群のアイテムです。
ミニマリストがよく愛用しているマットレスで、寝心地や耐久性はエアウィーヴよりは落ちますが、最低限の機能は果たしてくれますし、何より価格がリーズナブルです。
価格重視の人にはおすすめの通気性の良いマットレスになります。

 

ブレスエアー 高反発プレミアム

価格 シングル:47,088円
セミダブル:56,100円
ダブル:66,000円
素材 ブレスエアー
厚み 18cm
反発力
耐久性

ブレスエアーは東洋紡が開発した素材ですが、こちらも通気性抜群です。こちらのマットレスは厚みも18cmあるので、一枚で寝ても底つき感はまったく感じません。
常に清潔に使えるのと、寝心地が良さを兼ね備えた通気性の良いマットレスです。

 

【洗える】高反発ファイバーマットレス(エア系)のおすすめ5選! 高反発ファイバーマットレス(エア系)はエアウィーヴやエアリーマットレス等に代表される、マットレスの中でも珍しい洗えるタイプです。...
マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全31メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。