未分類

小さめのマットレスおすすめ5選!たためる収納式や赤ちゃんも使える物も紹介

小さめのマットレスおすすめ5選!たためる収納式や赤ちゃんも使える物も紹介

「小さめのマットレスってセミシングルだけなの?」

「小さめのマットレスのおすすめが知りたい…」

セミシングルは、マットレスの中で最も小さいサイズになります。シングルやセミダブルに比べて販売されている種類が少ないですが、小柄な人や部屋を広く使用したい人におすすめの商品です。

そこで今回は、小さめのマットレスのメリットやデメリットを分かりやすく解説します

教授
教授
おすすめのセミシングルや赤ちゃん用ベビーマットレスも紹介するぞい。
この記事で分かること
  • シングルサイズより小さめのセミシングル
  • セミシングルのメリット
  • セミシングルのデメリット
  • 小さめセミシングルのおすすめ5選
  • 赤ちゃん用ベビーマットレスのおすすめ3選
  • セミシングルがおすすめの人・おすすめできない人

シングルサイズより小さめ「セミシングル」

シングルサイズより小さめ「セミシングル」一般的に、シングルサイズより小さいマットレスのことを「セミシングル」と呼びます。ジュニアやキッズ、ベビーベッドなどの特殊なマットレスを除いた場合、セミシングルが最小サイズです。

次の表は国内で販売されているマットレスサイズの規格一覧です。

マットレスサイズ サイズ規格(横幅×長さ) 推奨人数
セミシングル 80cm×195cm
90cm×195cm
大人1人
子供
シングル 97cm×195cm 大人1人
セミダブル 120cm×195cm ゆったりと寝たい大人1人
ダブル 140cm×195cm ゆったりと寝たい大人1人
夫婦やカップル
大人1人+子供1人
ワイドダブル 150cm×195cm ゆったりと寝たい大人1人
夫婦やカップル
大人1人+子供1人
クイーン 160cm×195cm
170cm×195cm
ゆったりと寝たい大人1人
夫婦やカップル
大人1人+子供1人
キング 180cm×195cm かなりゆったりと寝たい大人1人
夫婦やカップル
大人1人+子供1人~子供2人
教授
教授
あくまでも国内向けの規格サイズで、マットレスメーカーによっては横幅や長さに若干の差があるんじゃ。

セミシングルとは

セミシングルとは、シングルよりも横幅が短いマットレスのサイズのことです。商品によって異なりますが、横幅80cm~90cmで、主に1人暮らしのワンルームや子供向け用のベッドになります。

シングルよりも横幅は狭いですが、価格が安い傾向があります。

教授
教授
セミシングルやセミダブルのセミは、「半分」や「準」を表す接頭辞で、マットレスのサイズに用いられるときは「やや小さい」シングルやダブルという意味になるぞい。

四畳半の部屋にも入る

セミシングルのマットレスのメリットは、四畳半の部屋にも入ることです。

四畳半の部屋にセミシングルのマットレスを置いた場合、部屋面積の24%を占めます。四畳半の部屋にマットレスを設置してもスペースをあまり占領しないので、机や椅子などの大きな家具を置くことができます

教授
教授
セミシングルのマットレスは子供部屋に置きやすいサイズになっているぞい。

赤ちゃん用のマットレスはもっと小さめ

赤ちゃん用のマットレスはもっと小さめ赤ちゃん用のマットレスはセミシングルよりも、もっと小さなサイズとなっています。そのため、設置スペースを広く取る必要が無く、商品によっては柵があるので転落のリスクに備えることができます。

教授
教授
赤ちゃん用のマットレスは主に生後24ヵ月以内の乳幼児が使うことを想定しているのじゃ。

赤ちゃん用マットレスのサイズ・寸法

赤ちゃん用のマットレスのサイズや寸法は以下の通りです。

マットレスサイズ サイズ規格(横幅×長さ)
標準 70cm×120cm
ハーフ 70cm×60cm
ミニ 60cm×90cm

上記以外にも、メーカー独自の規格があるので、購入するときはサイズや寸法をチェックしましょう

ベビーベッドの大きさに合わせて購入する

赤ちゃん用マットレスを購入するときは、ベビーベッドの大きさに合わせて購入すると良いです。マットレスとベビーベッドのサイズが合っていないと、柵との間に隙間が出たり、寝返りがきちんと打てずに窒息したりする恐れがあります。

そのため、赤ちゃん用マットレスを選ぶときは、ベビーベッドと同じメーカーが出している商品か、サイズが合っている物を購入しましょう

教授
教授
赤ちゃん用マットレスを選ぶときは、硬くて寝返りが打ちやすい商品を選ぶと良いぞい。
ベビーベッドいらない!レンタルが良い?いつまで使う?代用品やアイデア・購入に悩む理由とおすすめのベッド11選 「赤ちゃんにベビーベッドは必要なの?」 「ベビーベッドの代用品が知りたい…」 ベビーベッドは赤ちゃんが安全か...

小さめマットレスのデメリット

小さめマットレスのデメリット小さめマットレスのデメリットは3つあります。それぞれ、順番に解説します。。

マットレスの種類が少ない(ニトリも扱っていない)

小さめのマットレスのデメリットは、扱っているメーカーが少ないことです。ニトリのような知名度の高いメーカーでも扱っていないことがあり、セミシングルのマットレスは種類が少ない傾向があります。

マットレスの種類が少ないと選択肢も限られるので、自分が欲しいと思った商品を購入できない可能性が高いです。

教授
教授
日本国内では、マットレスのサイズはシングルやセミダブル、ダブルが主流となっているのじゃ。

合うサイズのベッドが少ない

小さめのマットレスのデメリットには、サイズが合うベッドフレームが少ないことも挙げられます。

ベッドフレームはマットレスを支える家具で、床板の上に載せるタイプもあれば、枡形のフレームのなかに埋め込む商品もあります。ベッドフレームのサイズが合わなければ、余計な隙間ができたり、マットレスが浮いたりするので、睡眠の質が下がってしまいます。

そのため、セミシングルのような小さめのマットレスを購入する方は、ベッドフレームのサイズや寸法を確認しましょう。

教授
教授
メーカーによっては独自規格を採用しているので、「セミシングル対応」となっていても、サイズや寸法をしっかりと確認すると良いぞい。

合うサイズの寝具も少ない

小さめマットレスの最後のデメリットは、セミシングルサイズのシーツやトッパーなども少ないことです。次の表は、マットレスに付ける寝具をまとめたものです。

マットレスの寝具 概要
シーツ マットレスやパッドなどを包み込む寝具
寝汗や汚れなどからマットレスを守る
パッド マットレスに直接取り付けて使用する寝具
寝汗や汚れなどからマットレスを守る
商品によってはダニ除けや除菌機能を搭載している
トッパー マットレスの上に敷いて使用する
マットレスの寝心地やサポート力をアップする

マットレスにパッドやトッパーが必要とは限りませんが、あれば睡眠の質の向上を期待できます。しかし、セミシングル向けの寝具はシングル向けやセミダブル向けに比べると種類が少ないので、自分が使用したい商品を購入できないことがあります。

教授
教授
寝具はメーカーが急に生産終了することもあるので、予備や替えとして複数購入しておくのじゃ。

小さめマットレスのメリット

小さめマットレスのメリット小さめマットレスのメリットも3つあります。

部屋が広く使える

小さめマットレスの最大のメリットは、部屋を広く使用できることです。

一般的なシングルのマットレスは横幅が97cmに対して、セミシングルは80cm~90cmになります。つまり、セミシングルのほうが横幅は約10cm~約20cm短いので、狭い部屋でもそれほどスペースを取りません

そのため、シングルやセミダブルに比べて、小さめのマットレスはほかの家具を置くスペースや動線を確保しやすいです。

教授
教授
折りたたみやロータイプのマットレスだと、更に部屋を広く使用できるぞい。

お手入れや取り扱いが楽

小さめマットレスのメリットとして、お手入れや取り扱いが楽なことも挙げられます。

次の表は、マニフレックスの「メッシュ・ウィング」のサイズと重さをまとめたものです。

マットレスサイズ サイズ(横幅×長さ) 重さ
セミシングル 80cm×198cm 約6.5kg
シングル 97cm×198cm 約7.0kg
シングルロング 97cm×210cm 約7.5kg
セミダブル 117cm×198cm 約8.0kg
ダブル 137cm×198cm 約9.0kg
クイーン 157cm×198cm 約10.0kg

商品によってサイズや重さは異なりますが、基本的にシングルやセミダブルに比べて、セミシングルのほうがサイズや重さはコンパクト・軽量な傾向があります

そのため、シーツの交換や折りたたみマットレスの収納などは、シングルよりもセミシングルのほうが楽に行えます。お手入れや取り扱いを楽にしたい方は、小さめのマットレスを選ぶと良いでしょう。

教授
教授
ウレタンマットレスは定期的に陰干しをする必要があるので、軽い商品を選ぶとお手入れしやすくなるのじゃ。

価格も安い

小さめのマットレスを選ぶ最後のメリットは、販売価格も安いことです。

次の表は、マニフレックスの「メッシュ・ウィング」の販売価格をまとめたものです。

マットレスサイズ 販売価格(税込)
セミシングル 36,520円
シングル 45,650円
シングルロング 55,000円
セミダブル 54,780円
ダブル 66,000円
クイーン 80,300円

商品によって販売価格は異なりますが、基本的に価格もシングルやセミダブルより、セミシングルのほうが安い傾向があります。マットレスはサイズが違っていても、厚みや機能性に大きな違いはありません。

そのため、マットレスを安く購入したいなら、セミシングルを選ぶことも1つの方法です。

小さめのマットレスおすすめ5選

小さめのマットレスおすすめ5選小さめのマットレスおすすめ5選を順番に解説します。

エムリリー優反発マットレスー三つ折り8cm

販売価格(税込) 25,980円
サイズ(横幅×長さ) 80cm×195cm
高さ 8cm
重さ 約5.4kg
折りたたみ 三つ折り
保証 3年間の商品保証

エムリリーの優反発マットレスは、低反発と高反発のメリットを組み合わせた独自素材を使用しています。「優反発」は低反発のように柔らかく身体にフィットし、高反発のようにしっかりと身体を支えることが可能です。
低反発や高反発では体験できない独特で、優しい寝心地を味わうことができます。また、マットレスは厚みが8cmあるので、敷布団のように床に直置きして使用可能です。使用していない時は三つ折りに畳めるので、部屋を広く利用できます

教授
教授
エムリリーマットレスシリーズは3年間の品質保証が付いており、へたりにくい商品になっているのじゃ。

 

エムリリー優反発マットレス11cm


販売価格(税込) 30,980円
サイズ(横幅×長さ) 80cm×195cm
高さ 11cm
重さ 約8.0kg
折りたたみ 不可
保証 3年間の商品保証

エムリリー優反発マットレスには、厚みが11cmあるベッドマットレスタイプの商品もあります。エムリリー独自の「優反発」は身体の部位の重さや大きさに合わせて反発力が変化するため、理想的な寝姿勢を維持しやすいです。
理想的な寝姿勢を維持できれば、睡眠の質の向上が期待できます。また、厚みが11cmのマットレスタイプはベッドフレームに載せて使用するのにちょうど良い高さです。体圧分散性が高く、ベッドフレームで使用できるマットレスを探している方におすすめの商品です。

教授
教授
エムリリー優反発マットレスには厚みが5cmのトッパータイプもあるぞい。

 

マニフレックス メッシュウイング三つ折り

販売価格(税込) 36,520円
サイズ(横幅×長さ) 80cm×198cm
高さ 11cm
重さ 約6.5kg
折りたたみ 三つ折り
保証 10年間の商品保証

マニフレックスのメッシュウイングは肌触りが心地よい三つ折りタイプのマットレスです。メッシュ素材の優れた吸汗放湿性により、寝苦しい夜でも快適に過ごすことができます。また、芯材には反発力と体圧分散性に優れたエリオセルを採用していることもポイントです。
エリオセルはマニフレックスが開発したウレタンフォームで、170Nの硬さによる適度な反発力で寝ている身体をしっかりと支えます。身体に最も負担の少ない寝姿勢を維持しやすいマットレスのため、腰痛対策を考えている方におすすめです。

教授
教授
厳しい耐久性テストをクリアしており、10年間の長期商品保証が付いていることも魅力じゃ。

 

西川AIR01

西川エアー air01
販売価格(税込) マットレス:46,200円
ベッドマットレス:69,300円
サイズ(横幅×長さ) 80サイズ:80cm×195cm
90サイズ:90cm×195cm
高さ マットレス:8cm
ベッドマットレス:14cm
重さ マットレスの80サイズ:約3.9kg
マットレスの90サイズ:約4.4kg
ベッドマットレスの80サイズ:約6.8kg
ベッドマットレスの90サイズ:約7.5kg
折りたたみ 可能(バント付き)
保証 3年間の商品保証

西川AIR01は特殊な立体波形凹凸を採用したマットレスです。凹凸部分が寝ている身体を点で支えることで体圧が分散し、ベース部分で全身をしっかり支えるため、睡眠の質の向上が期待できます
凹凸部分には上下に貫通した通気孔や高通気新素材を使用しているため、通気性が高いことも魅力です。西川AIR01は厚みが2種類あり、それぞれに硬さや横幅のサイズが異なる商品があるため、セミシングルのラインナップが充実していることも特徴です。

教授
教授
80・90サイズは受注生産のため、注文してから納品までに1ヵ月程度かかるのじゃ。

 

イウォーヌマットレス

販売価格(税込) 66,000円
サイズ(横幅×長さ) 80cm×195cm
高さ 22cm
重さ 約15.4kg
折りたたみ 不可
保証 10年間の商品保証
120日トライアル

イウォーヌマットレスは自分で寝心地を調整できるマットレスです。マットレスの上半身・腰・足の部分で分割でき、硬さが異なる3層のウレタンで構成されています。そのため、ウレタンの硬さを入れ替えた8パターンのなかから自分に合った組み合わせを選べます
中材が3分割されているので、重たそうな見た目ですが換気やローテーションなどのお手入れが楽に行えます。また、商品が到着した日から120日間の返品保証が付くので、マットレスの寝心地を気軽に確かめることが可能です。

教授
教授
120日間トライアルは送料や返品費用も負担してもらえるぞい。

 

赤ちゃん用ベビーマットレスおすすめ3選

赤ちゃん用ベビーマットレスおすすめ3選赤ちゃん用ベビーマットレスおすすめ3選を順番に解説します。

コンパクトベッドフィット

販売価格(税込) 19,800円
サイズ(横幅×長さ) 60cm×90cm
高さ 不明
重さ 不明
折りたたみ 可能
保証 なし

コンパクトベッドフィットは、ベビーベッドと赤ちゃん用ベビーマットレスがセットになった商品です。バッグを広げると、高さ7cmのフレームに囲まれたベビーベッドに早変わりし、枕や布団を収納しており、いつでもどこでも赤ちゃんが寝れるスペースを作れます
赤ちゃんが寝返りを打ちやすいように固綿を採用し、本体や布団カバー、敷きパッドなどは丸洗いが可能となっています。持ち運びしやすいコンパクトな設計で、睡眠だけでなく、オムツ替えやお世話をするときにも役立ちます

教授
教授
同メーカーでは便利な防水シートや布団カバーなどもあるので、気になる方はチェックしてみるのじゃ。

 

日本製ベビー敷き布団

販売価格(税込) 2,640円
サイズ(横幅×長さ) 60cm×90cm
高さ 5cm
重さ 約1.0kg
折りたたみ 二つ折り
保証 なし

日本製ベビー敷き布団は厚さ約5cm、重量約1.0kgの固綿を使用しています。分厚い固綿はしっかりとしているので、5kgの重さが乗っても力強く支えます。また、中材の固綿はブロック形状となっているので、二つ折りにして収納することが可能です。
固綿を包むカバーは綿100%の生地のため、化学繊維に比べて静電気が発生しにくく、ホコリを溜め込みにくいので、赤ちゃんが安心して使用できます。なお、赤ちゃん用ベビーマットレスとしてはミニサイズに該当するので、ベビーベッドのサイズを確認しましょう。

教授
教授
日本の工場で生産されている商品になるぞい。

 

寝返りマットレス(120×120cm)

販売価格(税込) 9,990円
サイズ(横幅×長さ) 120cm×120cm
高さ 4cm
重さ 2.5kg
折りたたみ 不明
保証 なし

寝返りマットレスは赤ちゃん用ベビーマットレスだけでなく、プレイマットや添寝マットレスとしても使用できます。120cm×120cmの正方形マットレスは、中材に固綿を使用しているため、赤ちゃんでも寝返りが打ちやすいです
厚みが4cmあるのもポイントで、へたりにくい3層構造により沈み込みを防ぎつつ、しっかりと赤ちゃんを支える商品となっています。

教授
教授
本商品は自宅で洗濯ができないため、別売りの防水シーツや防水キルトパッドを購入しておくと良いのじゃ。

 

小さめのマットレスがおすすめの人

小さめのマットレスがおすすめの人小さめのマットレスのメリット・デメリットから、おすすめの人やおすすめできない人を順番に解説します。

小さめのマットレスがおすすめできない人

次のような人は小さめのマットレスをおすすめできません。

  • 大柄な人
  • 寝返りを多く打つ人

セミシングルはメーカーや商品によって違いはありますが、基本的に横幅が80cm~90cmのマットレスを指します。一般的にマットレスの横幅は肩幅より40cm~50cm程度広いと、寝返りが打ちやすいと言われています。

そのため、セミシングルは大柄な人や、寝返りを多く打つ人にとっては窮屈なサイズとなってしまうので、おすすめできません。

教授
教授
大柄な人や寝返りを多く打つ人は、セミダブルやダブルを検討してみるのじゃ。

小さめのマットレスがおすすめできる人

次のような人は小さめのマットレスがおすすめです。

  • 小柄な人や子供
  • 部屋を広く使用したい人
  • マットレスにお金を使いたくない人

セミシングルは横幅が80cm~90cmなので、小柄な体格の人におすすめのサイズです。また、長さは195cmと一般的なマットレスと同じなので、小学生から中学生にかけてのマットレスとして長く使用できます

ほかにも、セミシングルはシングルやダブルに比べて部屋のスペースを取りません。商品によっては折り畳んで収納できるので、部屋を広く使用したい方におすすめです。

教授
教授
シングルやセミダブルに比べて安い傾向があるので、マットレスにお金を使いたくない人にもおすすめじゃ。
マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全41メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。

 

ABOUT ME
マットレス大学編集部
日本最大級の寝具情報メディア「マットレス大学」編集部。10種類以上のマットレスを実際に使用した担当者が記事作成・監修。 全ての人々の睡眠の質が少しでも良くなるように、マットレスや枕などの寝具に関する情報を分かりやすく発信していきます。