【表あり】マットレスのサイズはどう選ぶ?【各サイズの特徴と合う人】

【表あり】マットレスのサイズはどう選ぶ?【各サイズの用途や特徴】

【表あり】マットレスのサイズはどう選ぶ?【各サイズの用途や特徴】

「マットレスのサイズってどうやって選べばいいの?」

マットレスのベストサイズは、あなたの状況によって変わってきます。

このページでは、マットレスサイズの正しい選び方を詳しく解説していきます。

また、マットレスのサイズを選ぶ上での注意点もご紹介しますので、よく読んでみてください。

マットレスサイズ規格一覧表

マットレスのサイズ規格一覧表からご紹介します。

サイズ長さ推奨人数
セミシングル80cm
または90cm
195cm1人
シングル97cm195cm1人
セミシングル120cm195cm1人
ダブル140cm195cm2人
ワイドダブル150cm195cm2人
クイーン160cm
または170cm
195cm大人2人 子供1人
キング180cm195cm大人2人 子供1〜2人

こちらはあくまで規格サイズのため、マットレスメーカーによって若干の差があることは知っておきましょう。

次にマットレスサイズの具体的な選び方についてご紹介していきます。

マットレスサイズの選び方【各サイズに合う人は?】

マットレスサイズの選び方【各サイズの用途は?】マットレスのサイズには、それぞれそのサイズに合った用途があります。

サイズ別にどんな使い方をすればぴったりなのかを解説しますので、あなたの状況や考え方と照らし合わせてどれが一番合うサイズなのか検討してみてください。

サイズ幅×長さ
セミシングル(スモールシングル)80cmまたは90cm × 195cm
シングル97cm × 195cm
セミシングル120cm × 195cm
ダブル140cm × 195cm
ワイドダブル150cm × 195cm
クイーン160cmまたは170cm × 195cm
キング180cm × 195cm
ロングサイズ長さが207cm

※各サイズのリンクから飛べます

セミシングルサイズ(80〜90cm × 195cm)が合う人

セミシングルサイズはマットレスの中で一番小さいサイズです。セミシングルサイズが合う使い方は次の3通りです。

セミシングルサイズが合う方

  • 一人暮らしの小柄な女性
  • 子供用
  • 2台並べてクイーンサイズ、キングサイズにする

一人暮らしの小柄な女性

小柄な女性の一人暮らしであれば、セミシングルサイズマットレスでも良いでしょう。
ただ、男性の場合は基本的にシングルもしくはセミダブルが無難です。

子供用

セミシングルサイズのマットレスは子供用にも最適です。
一人で寝始める4歳以上のお子さんにぴったりのサイズ感になっています。

2台並べてクイーンサイズ、キングサイズにする

セミシングルサイズのマットレスの特徴は、2台並べるとクイーン、キングサイズとして使えることです。
80cmと90cmの2種類がありますが、次のように使うことができます。

80cm × 2台 = クイーンサイズ
90cm × 2台 = キングサイズ

セミシングル2台はクイーンサイズセミシングル2台はキングサイズ

お気に入りのマットレスにクイーンサイズやキングサイズがなくてセミシングルがある場合はこのように対応することもできます。

セミシングルマットレスのおすすめ10選【サイズ感や合う人も解説】 「セミシングルマットレスって実際どのくらいのサイズ感なんだろう?」 「自分は体格が小さいからセミシングルでいいと思うんだけ...

シングルサイズ(97cm × 195cm)が合う人

シングルサイズ(97cm × 195cm)

シングルサイズのマットレスは次のような方に合う可能性が高いです。

シングルサイズが合う方

  • 一人暮らしの女性
  • 一人暮らしの平均体型までの男性(身長約170cm前後、体重70kg前後)
  • 連結してキングサイズ以上にしたい方

シングルサイズのマットレスは、一人暮らし用として一般的なサイズ感です。2人で眠るにはちょっと狭いですが、1人で使うには十分なサイズになります。

一人暮らしの女性や平均体型の男性であれば問題なく眠れる広さと言えます。

また、シングルサイズを連結すると、キングサイズ以上(ワイドキング)になるのでファミリーでもかなり広々使えます。

シングル2台はワイドキング

1台で使うのであれば4畳半以上あれば大丈夫ですが、シングルサイズのマットレスを2台並べて使うのであれば部屋のサイズは8畳は欲しいところです。

セミダブルサイズ(120cm × 195cm)が合う人

セミダブルサイズ(120cm × 195cm)

セミダブルサイズのマットレスは、次のような方におすすめです。

セミダブルサイズが合う方

  • 標準体型(身長約170cm前後、体重70kg前後)以上の男性
  • 余裕を持って一人でゆったりと寝たい方
  • 小さいお子さんと2人で眠りたい方

セミダブルサイズのマットレスは、一人暮らしで少し余裕を持って眠りたいという時に最適なサイズです。

また、体格が大きめの男性はセミダブルサイズの方が窮屈にならなくて済みます。

大人二人で寝るのは少々狭いですが、小さいお子さんと2人であればセミダブルでも大丈夫でしょう。

もし、たまに泊まりに来るようなパートナーがいる場合は、一人暮らしでもセミダブルサイズがおすすめです。

ダブルサイズ(140cm × 195cm)が合う人

ダブルサイズ(140cm × 195cm)

ダブルサイズのマットレスは次のような方におすすめです。

ダブルサイズが合う方

  • 夫婦やカップルが2人で寝る

ダブルサイズは一般的な2人用です。

ただ、どちらかが体格の良い場合はが窮屈に感じてしまう可能性がありますので、その場はシングルサイズを並べたり、ワイドダブル以上のマットレスを検討されると良いでしょう。

ワイドダブルサイズ(150cm × 195cm)が合う人

ワイドダブルサイズのマットレスは次のような方におすすめです。

ワイドダブルサイズが合う方

  • 夫婦やカップルの両方もしくは片方が体格の良い場合
  • ゆったりと2人で眠りたい場合

ワイドダブルくらいあれば、余裕を持って2人で寝ることができます。

ただし、このサイズのマットレスを製造しているメーカーはほとんどありません。

クイーンサイズ(160cmもしくは170cm × 195cm)が合う人

クイーンサイズ(160cmもしくは170cm × 195cm)

クイーンサイズのマットレスの用途としては、次のような人に適しています。

クイーンサイズが合う方

  • 2人でゆったりと寝たい人
  • 小さい子供と3人で寝たい人

2人ならだいぶゆったりと寝れるのがクイーンサイズのマットレスです。

また、小さい子供と3人で川の字で寝る場合も、クイーンサイズであれば不自由なく眠れるでしょう。

6畳の部屋にクイーンサイズを置くと、ベッド以外の空間がほとんどなくなってしまうので、8畳以上の部屋におすすめです。

先にも記載していますが、セミダブル80cmを2つ並べるとクイーンサイズになります。

クイーンサイズについては、おすすめマットレス含めて次の記事に詳しくまとめています。

クイーンサイズマットレスのおすすめタイプ別20選【ぴったりのベッドも紹介】 「クイーンマットレスってどのくらいのサイズなんだろう?」 「クイーンサイズマットレスのおすすめが知りたい・・・」 ...

キングサイズ(180cm × 195cm)が合う人

キングサイズ(180cm × 195cm)

キングサイズのマットレスは次のような用途で使うと適切です。

キングサイズが合う方

  • 部屋にラグジュアリーな雰囲気を出したい場合
  • 2人以上でベッドの上でゆったりと過ごしたい場合

キングサイズのマットレスはその大きさで、部屋にラグジュアリーな雰囲気をもたらしてくれます。
ホテルのスイートルームでキングサイズが多く使われているのはこのためです。

また、2人以上の家族でゆったり寝たいという場合にもキングサイズは活躍してくれます。
キングサイズを6畳に置いてしまうと、狭すぎるため8畳以上は欲しいところです。

また、セミシングル90cmを二台並べるとキングサイズになります。

ロングサイズ(長さが207cm)が合う人

長さのサイズが207cmのマットレスも存在し、〇〇ロングと呼ばれます。例えば、シングルロング、ダブルロングなどです。

ロングサイズは次のような方に合う大きさと言えます。

ロングサイズが合う方

  • 身長が高い方

身長が180cm以上の方はロングサイズのマットレスだと通常のサイズよりもゆったりできるのでおすすめです。

注意点としては、カバーはロングサイズ専用のものでないと合わない場合がほとんどという点です。必ずロングサイズ専用のカバーを買うようにしましょう。

ベッドフレームを使う場合のマットレスサイズの注意点!

ベッドフレームを使う場合のマットレスサイズの注意点

ベッドフレームの上でマットレスを使う場合、サイズについて次の点について注意しなければなりません。

ベッドフレームとマットレスのサイズは必ずしも規格通りではない

冒頭で、マットレスの規格サイズを紹介しましたが、あくまで規格サイズなので全てのメーカーが同じサイズではありません。

例えば「クイーンサイズでベッドとマットレスを合わせたはずなのに、実際は10cmズレていた」というようなことが起こってしまう可能性があるわけです。

ですので、購入するベッドフレームとマットレスサイズは細かいところまで必ず確認するようにしましょう。

確認を怠ると、買ってしまってから合わない!という事態になってしまう可能性もあります。

ベッドフレームとマットレスサイズが違う(合わない)場合の対処法

ベッドフレームとマットレスサイズが合わない場合の対処法ベッドフレームとマットレスを選定していく中で、欲しいと思ったマットレスとベッドフレームのサイズが合わないこともあるかもしれません。

そんな時は、次の方法で対処できる可能性があります。

欲しいベッドとマットレスのサイズが合わない場合の対処法

  • ベッドフレームのサイズを作り変えてもらう

マットレスは、元々オーダー可能なもの以外の場合、サイズを変えてもらうのは極めて困難ですが、ベッドフレームであれば少し望みがあります。

その欲しいベッドフレームの販売会社に問い合わせをし、購入予定のマットレスのサイズを伝えればもしかするとサイズだけ無料で作り変えてもらえるかもしれません。

また、そもそもサイズが合わないと思っていてもギリギリ入る仕様になっている場合もありますので、必ず問い合わせしてみることをおすすめします。

マットレスのサイズにカバー(シーツ)を合わせる時の注意点

マットレスのサイズにカバー(シーツ)を合わせる時の注意点マットレスのサイズに合ったカバー(シーツ)を購入する場合、縦と幅のサイズだけでなく、マットレスの厚み(マチ)が何センチあるかも考慮に入れるようにしましょう。

特に、ボックスシーツを選ぶ場合は、厚み部分(マチ部分)が対応するサイズなのかを必ず確認するようにしましょう。

マットレスカバーのサイズの注意点や選び方について詳しくは、次の記事にまとめているので合わせてご覧ください。

マットレスカバー(シーツ)は必要?【正しい選び方やおすすめを紹介】 「マットレスカバー(シーツ)ってそもそも必要?」 「カバーを買うにしてもサイズ感とかもあるよね?」 「マットレスカバー(...
マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全41メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。