【表あり】マットレスのサイズはどう選ぶ?【各サイズの特徴と合う人】

セミシングルマットレスのおすすめ10選【サイズ感や合う人も解説】

セミシングルマットレスのおすすめ10選【サイズ感や合う人も解説】

「セミシングルマットレスって実際どのくらいのサイズ感なんだろう?」
「自分は体格が小さいからセミシングルでいいと思うんだけど・・」

セミシングルは、マットレスのサイズでもっとも小さいサイズです。

あまり作っているメーカーの無い特殊なサイズではありますが、小柄の人や、マットレスの連結を考えている人は検討している人も多いかと思います。

ここでは、セミシングルマットレスの実際のサイズ感や、おすすめの10選などを詳しく解説していきます。

教授
教授

実はセミシングルマットレスは使い勝手の良いサイズなのじゃ![/chat

この記事で分かること
  • セミシングルマットレスのサイズ感
  • セミシングルマットレスがおすすめの人
  • おすすめのセミシングルマットレス
  • おすすめのセミシングルマットレス用ベッドフレーム
  • セミシングルマットレスに合うカバー

目次

セミシングルマットレスのサイズ感はどのくらい?

セミシングルマットレス(約80cm)のサイズ感はどのくらい?セミシングルマットレスは幅が約80cmサイズのものを指します。メーカーによっては75cm〜90cmと異なることがありますが、多くは80cmか、90cmのものになります。

多くの人が馴染みのあるであろうシングルサイズが97cmなので、そこからおよそ7cm〜17cmほど小さいサイズということになります。

6畳の部屋に置くと、次のようなイメージになります。

6畳の部屋にセミシングル

セミシングル〜キングサイズまでの表を載せておきます。

サイズ長さ推奨人数
セミシングル80cm
または90cm
195cm1人
シングル97cm195cm1人
セミダブル120cm195cm1人
ダブル140cm195cm2人
ワイドダブル150cm195cm2人
クイーン160cm
または170cm
195cm大人2人 子供1人
キング180cm195cm大人2人 子供1〜2人

上記のとおり、セミシングルはマットレスのサイズの中で最も小さいサイズになります。

→マットレスのサイズの選び方はこちら

セミシングルサイズマットレスのメリット・デメリット

セミシングルサイズマットレスのメリット・デメリットセミシングルサイズマットレスを利用するメリットとデメリットをまとめました。

セミシングルマットレスのメリットは3つ

セミシングルマットレスのメリットは3つあります。

  • 軽いので手入れがしやすい
  • 搬入がしやすい
  • 価格が安い

詳しく解説します。

メリット①軽いので手入れがしやすい

まず、セミシングルサイズのマットレスは軽いのでカバーの取り替えや湿気を放出するための陰干しといった手入れがしやすいです。

女性でも一人で傾けたり、移動したりもしやすい大きさで、手入れ時のストレスがあまりかからないのが魅力です。

メリット②搬入がしやすい

セミシングルマットレスは、横幅が80〜90cmと狭いので、基本的に通らない場所がなく、搬入に頭を悩ませることがありません。

これが逆にサイズが大きなものになってくると、ベランダから搬入しなくてはいけなかったり、そもそも搬入が不可能で返品せざる負えないという状況にすらなる可能性もあるので注意が必要です。

メリット③価格が安い

セミシングルマットレスは、サイズが小さい分価格が安いのが普通です。

シングルマットレスだと、予算オーバーだけれど、セミシングルなら買えるといった商品が出てくる可能性もあるので、価格が安いのはメリットと言えるでしょう。

セミシングルマットレスのデメリットは2つ

一方で、セミシングルマットレスのデメリットは2点あります。

  • 体格によっては寝返りしにくい
  • 作っているメーカーが少ない

詳しく解説しましょう。

デメリット①体格によっては寝返りしにくい

セミシングルマットレスは、マットレスの中で一番小さいサイズです。小柄な方には合いますが、標準的な体型の方にはどうしても手狭になります。

狭いマットレスで寝てしまうと、寝返りが打ちにくく、体がストレスを感じてしまい疲れが取れないということにもなりかねません。

大は小を兼ねると言いますが、大きい分にはゆったり寝れるので問題ないですが、小さいものを買ってしまうと睡眠の質にも悪い影響を与えるということは知っておきましょう。

デメリット②作っているメーカーが少ない

セミシングルサイズのマットレスは、そもそも作っているメーカーが少ないのもデメリットです。

「シングル」「セミダブル」「ダブル」サイズはほとんどのメーカーが作っているので、お目当てのメーカーの商品が手に入らないということはありません。

しかし、セミシングルマットレスは欲しいメーカーのものが無かったりすることがあるのでその点は理解しておきましょう。

セミシングルサイズのマットレスがおすすめの人

セミシングルマットレスがおすすめの人セミシングルマットレスがおすすめの人は2パターンあり、次のような場合です。

セミシングルマットレスがおすすめの方

  • 体格が小さい方
  • マットレスを連結して広く使いたい方

上記を詳しく解説します。

セミシングルがおすすめの人①体格が小さい方

セミシングルサイズは体格が小さい人、具体的には次のような方におすすめです。

  • 身長160cm未満
  • 華奢な体型

セミシングルマットレスを選ぶ人は、上記のような体型の方、主に女性が多いです。

セミシングルがおすすめの人②マットレスを連結して広く使いたい方

セミシングルマットレス(横幅80cm〜90cm)は、実は連結するとクイーンサイズ(横幅160cm)、もしくはキングサイズ(横幅180cm)の大きさになります。

クイーンやキングサイズは、作っていないメーカーも多いこと、重いので手入れが大変という理由からセミシングルサイズを連結して使う人も多いです。

マットレスのサイズや特徴に関してもっと詳しく知りたい人は次の記事をご覧ください。


→【表あり】マットレスのサイズはどう選ぶ?【各サイズの用途や特徴】

 

ここからは、セミシングルマットレスのおすすめを全部で10選タイプ別に解説していきます。

セミシングルのおすすめ【折りたたみマットレス編】

セミシングルのおすすめ【折りたたみマットレス編】セミシングルマットレスで折りたたみできるアイテムを紹介します。折りたたみマットレスは部屋のスペースを有効活用したい方におすすめです。

折りたたみ①エムリリー優反発 三つ折り8cm(幅80cm)

エムリリー優反発 三つ折り8cm
セミシングルサイズ
(幅×長さ×厚み)
80cm × 198cm × 8cm
価格25,278円
素材ウレタンフォーム
反発力中(表面45N/中心140N)
耐久性高(密度50D)
おすすめの人・硬いマットレスが苦手な方
・部屋を有効に広く使いたい方

エムリリーの優反発シリーズは高反発と低反発の良いとこどりをした折りたたみマットレスです。セミシングルも製造しており、若い女性を筆頭に人気のマットレスになります。
価格はリーズナブルなのにも関わらず、耐久性が非常に高いのでとてもコストパフォーマンスが高い一品です。また、セミシングルサイズのトッパーモデルもあります。

 

折りたたみ②マニフレックス メッシュウィング(幅80cm)

マニフレックス メッシュウィング
セミシングルサイズ
(幅×長さ×厚み)
80cm × 198cm × 11cm
価格31,460円
素材エリオセル
反発力高(170N)
耐久性高(密度31D)
おすすめの人・やや硬めの寝心地が好きな方
・マットレスは収納して部屋を広く使いたい方

メッシュウィングはマニフレックスの中でもっとも人気の高い折りたたみマットレスです。反発力が高く非常に寝返りが打ちやすいので腰痛対策にもぴったりです。
厚みが11cmあるので、底つき感も一切感じず、体圧分散も高いので寝心地も抜群です。

 

折りたたみマットレスについてさらに知りたい方は、次をご覧ください。

→折りたたみマットレスランキングをチェックする

セミシングルのおすすめ【ベッドマットレス編】

セミシングルのおすすめ【ベッドマットレス編】セミシングルサイズのベッドマットレスは次の4つがおすすめです。

ベッドマットレス①フランスベッド ZT-20(幅85cm)

セミシングルサイズ
(幅×長さ×厚み)
85 × 195 × 20
※珍しい幅85cmなのでベッドフレームサイズに注意
価格34,000円
素材高密度連続スプリング
反発力高(固め)
耐久性
おすすめの人・硬めの寝心地が好きな方

フランスベッドのZELTスプリングはZ型高密度スプリングを採用したベッドマットレスです。寝心地はしっかりした硬めの寝心地で、スプリング強度が高いので耐久性も優れています。注意点は横幅が一般的なセミシングルのものとは異なり85cmですので、下のベッドフレームのサイズは必ず確認してから購入するようにしましょう。

 

ベッドマットレス②シモンズ ポケットコイルレギュラー(幅85cm)

セミシングルサイズ
(幅×長さ×厚み)
85 × 195 × 21
※85cmなのでベッドフレームのサイズに注意
価格56,10円
素材ポケットコイル
反発力
耐久性
おすすめの人・ほどよい硬さが好きな方
・トップブランドを体感したい方

高級ベッドマットレスのシモンズで数少ないセミシングルモデルで、大塚家具のオリジナル商品です。硬さは硬すぎずほどよいので、体重が軽い人でも柔らかい寝心地を体験できます。
こちらもフランスベッド同様、幅が85cmなのでベッドフレームサイズには注意が必要です。

現在販売していません。

ベッドマットレス③サータペディック49(幅81.5cm)

セミシングルサイズ
(幅×長さ×厚み)
81.5 × 196 × 30.5
価格99,000円
素材ポケットコイル
反発力
耐久性
おすすめの人・柔らかめの寝心地が好きな方
・最高品質のコイルを体感したい方

シモンズに匹敵する高級ベッドマットレス、サータのセミシングルモデルです。サータは最高品質のスプリングが特徴で、最高の体圧分散を実現してくれます。スタンダードなサイズなので、連結して使いやすいセミシングルマットレスです。

 

ベッドマットレス④日本ベッド シルキーポケット

 

セミシングルサイズ
(幅×長さ×厚み)
80 × 195 × 25
90 × 195 × 25
価格80cm:154,000円
90cm:165,000円
素材ポケットコイル
反発力ハード/レギュラー/ソフト
耐久性
おすすめの人・シルクに包み込まれるような寝心地を体感したい方

日本ベッドのシルキーポケットは絹のような寝心地が特徴のベッドマットレスです。セミシングルは80cmと90cmがあります。また、サイズだけでなくハード、レギュラー、ソフトから硬さも選べるので自分に合ったものを見つけやすいです。高額ですが、日本製で非常にクオリティの高いマットレスです。

 

ベッドマットレス⑤東京スプリング工業×nerucoオリジナルマットレス

セミシングルサイズ
(幅×長さ×厚み)
80 × 195 × 20
90 × 195 × 20
価格80cm:34,900円
90cm:35,9000円
素材ポケットコイル
反発力ハード/レギュラー/ソフト
耐久性
おすすめの人コストを抑えたい方

日本の高品質スプリングメーカーである、東京スプリングとベッド通販店のnerucoが共同開発したオリジナルベッドマットレスです。セミシングルの大きさは80cmと90cmで選べます。
価格もリーズナブルで、品質の良いものを安く手に入れたい方にはおすすめのベッドマットレスです。

 

ベッドマットレスについてさらに知りたい方は、次をご覧ください。

→高級ベッドマットレスランキングを見る

セミシングルのおすすめ【高反発マットレス編】

セミシングルのおすすめ【高反発マットレス編】セミシングルの高反発マットレスは次のアイテムがあります。

高反発①西川エアー 01

セミシングルサイズ
(幅×長さ×厚み)
80 × 195 × 8
90 × 195 × 8
価格80cm:41,800円
90cm:41,800円
素材ウレタンフォーム
反発力ハード(160N)/ベーシック(130N)
耐久性高(密度30D)
おすすめの人表面の凸凹に抵抗の無い方

西川エアー01のセミシングルサイズは、80cmと90cmの2種類あります。また、反発力(硬さ)もハード、ベーシックから選べる選択肢の広いモデルです。
表面の凹凸が点で体をさせてくれるので、圧迫感のない体圧分散が優秀な作りを実現しています。

 

高反発②エムリリー優反発 11cm

エムリリー優反発 11cm
セミシングルサイズ
(幅×長さ×厚み)
80 × 198 × 11
価格30,778円
素材ウレタンフォーム
反発力中(表面45N/中心140N)
耐久性高(密度50D)
おすすめの人・硬いマットレスが苦手な方
・有名選手団が使っているマットレスを体感したい方

エムリリーの優反発シリーズの11cm厚みのあるモデルです。セミシングルの高反発マットレスで、ここまでしっかり厚みのあるものは少ないので貴重とも言えます。
マンチェスターユナイテッドの選手団が使っているメーカーでもあるので、安心して使える点もポイントです。

 

おすすめの高反発マットレスについてさらに知りたい方は、次をご覧ください。

→高反発マットレスおすすめランキングをチェックする

セミシングルのおすすめ【脚付きマットレス編】

セミシングルのおすすめ【脚付きマットレス編】セミシングルの脚付きマットレスは次の2つのアイテムがあります。

脚付マットレスはベッドフレームが不要なので、連結しやすいという特徴と、カビが生えにくいという特徴があります。

脚付き①ニトリ 脚付きボンネルコイルマットレス

セミシングルサイズ
(幅×長さ×厚み)
80 × 195 × 19
価格9,564円
素材ボンネルコイル
反発力
耐久性

ニトリの脚付きのボンネルコイルマットレスです。非常に安い価格が特徴で、セミシングルは一人暮らしの女子学生さんなどにおすすめです。脚付きマットレスは下のデッドスペースに物が置けるのも魅力です。

 

脚付き②無印良品脚付マットレス・ポケットコイル

無印良品脚付マットレス・ポケットコイル
セミシングルサイズ
(幅×長さ×厚み)
83 × 198 × 9
価格25,900円
素材ポケットコイル
反発力
耐久性

無印良品の脚付マットレスです。ポケットコイルなので体圧分散性も高く、シンプルな作りになっているのでどんな部屋にもマッチしやすいマットレスです。

 

→脚付きマットレスのおすすめランキングを見る 

セミシングルのおすすめ【ベッドフレーム編】

セミシングルのおすすめ【ベッドフレーム編】セミシングルサイズのマットレスに合うベッドフレームをご紹介します。

ベッドフレーム①ハイローベッド スマート

セミシングルサイズ
(幅×長)
81.2 × 196cm
価格11,800円
特徴ハイタイプ、ロータイプに変形可能

シンプルなセミシングルサイズのベッドフレームです。マットレスを敷く面がすのこ状になっており通気性が良くカビが発生しにくいのがポイントです。また、脚の取り外しが可能で、ハイタイプもロータイプも両方好みで使い分けることができます。

 

ベッドフレーム②収納付き木製ベッド シンフォニー

セミシングルサイズ
(幅×長)
79 × 212cm
価格11,800円
特徴収納付き

収納付きのセミシングルサイズのベッドフレームです。ヘッドボードも付いており、ちょっとした小物を頭上に置いておけるので便利です。
シンプルな部屋にマッチしやすいデザインです。

 

セミシングルマットレスに合うカバーは?選ぶ際の注意点

セミシングルマットレスに合うカバーは?選ぶ際の注意点セミシングルマットレスのカバーを選ぶ際には、次の点に注意が必要です。

  • 幅の長さを確認する
  • 厚みを確認する

セミシングルサイズは、横幅が80cmであったり、90cmであったり、85cmであったりとメーカーによって大きさがまちまちです。

セミシングル用のカバーでも、買ってみたけど幅が合わなかったということも有り得ますので、必ず横幅が対応しているカバーを購入するようにしましょう。

また、厚みも注意が必要です。カバーを購入する際に、対応する厚みの記載があるはずなので、必ず確認するようにしましょう。

次のカバーであれば、リーズナブルですし、サイズの取り揃えが豊富です。

 

奥のセミシングルを2つ連結したクイーンサイズ(160cm〜180cm)のカバーもあります。フランスベッドなどのセミシングルを連結すると170cmになりますが、特に170cmのカバーは少ないので貴重です。

→【表あり】マットレスのサイズはどう選ぶ?【各サイズの用途や特徴】

マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全41メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。