マットレスをタイプ別・価格別で選ぶ PR

脚付きマットレスは安いだけじゃない!おすすめ10選

「安い脚付きマットレスの選び方のポイントは?」

「おすすめの安い脚付きマットレスを知りたい…」

脚付きマットレスは価格帯が安く、スペースをあまり取らないサイズとなっています。そのため、コストパフォーマンスにこだわる方や、狭い部屋にベッドを置きたい方におすすめの商品です。

そこで今回は、安い脚付きマットレスの選び方のポイントについて解説します。

教授
教授
単身者向けやセミダブルサイズのおすすめ脚付きマットレスも紹介するぞい!
この記事で分かること
  • 安い脚付マットレスのデメリットとメリット
  • 安い脚付きマットレスを選ぶポイント
  • おすすめの安い脚付きマットレス

目次

脚付マットレスは安いがおすすめしない?デメリットとは?

脚付きマットレス価格の安いモノ2選マットレスに脚がついた脚付マットレス。ベッドとマットレスが一つになっていることで、コスパがいいアイテムですが、実はおすすめしないと言われることもあります

要因となっている次のデメリットを紹介します。

  • 寝心地が劣る
  • 手入れがしにくく寿命が短め
  • マットレスのみの交換は不可能

寝心地が劣る

脚付きマットレスは一般的に寝心地が悪いと言われています。安いスプリングコイルを使用しているものも多く、安価な脚付マットレスには注意が必要です。

一方、高反発のものや高品質なものもあります。選び方を間違えなければ、自分に合うマットレスに出会えるでしょう。

手入れがしにくく寿命が短め

脚付きマットレスは、通常のマットレスと比べて手入れが大変です。脚がついていると、立てかけるのも一苦労。マットレスはこまめなメンテナンスで長持ちするので、手入れがしにくいと寿命が短くなってしまいます

ただし脚付マットレスはベッドの下に空間があるので、通気性がいい設計。窓を開けて換気し、パットやシーツを使えば汚れもつきにくいので寿命をのばせるでしょう。

マットレスのみの交換は不可能

マットレスが汚れてしまったり、不具合が出てしまったりするとベッドごと交換になってしまいます。高さや大きさが気に入っていても、また1からベッドを探すことになり大変。また、買い替え時の金額的な負担も大きいものです。

足が壊れた場合は、別途販売しているケースもあるのでチェックしておきましょう。

安い脚付マットレスも魅力的!3つのメリット

ポケットコイル仕様の脚付きマットレス2選上のようなデメリットがあるのは確かですが、安い脚付マットレスには次のようなメリットもあります。

  • 比較的安く手に入る
  • 通気性がいい
  • 枠がなくてコンパクト
  • 部屋のインテリアになじむおしゃれなデザイン
  • 角ばっていないためケガが少ない

総合的に判断して検討してみましょう。

比較的安く手に入る

脚付マットレスはフレームがない分、安い商品が多め。通常はベッドフレームとマットレスを別々で購入しなければいけないため、こだわっていると金額が高くなってしまいます。脚付マットレスなら安い価格で手に入るため、家具選びに費用をかけられない方や、予算が少ない方にはおすすめです。

通気性がいい

脚付きマットレスは、下に空間があるため通気性に優れたタイプです。湿気が溜まりにくく、マットレスを衛生的に使えます。

また、空間があるとものを置けるので、収納場所としてもおすすめです。

枠がなくてコンパクト

脚付きマットレスは、基本的にマットに脚がついているだけのデザインです。ベッドのフレームがないと、部屋においても圧迫感がなくコンパクトに収まります。ワンルームや部屋が狭いと言う方でも、ベッドに部屋を占領されずに広く使えるのがメリットです。

部屋のインテリアになじむおしゃれなデザイン

脚付きマットレスは、ころんとしたフォルムと太めの円柱タイプの脚元がおしゃれ。ベッドとして使用しないときはソファーのように使用することも可能です。

また、模様替えやインテリアを変えても合わせやすく、部屋の変化にも対応できます。

角張っていないためケガが少ない

ベッドのフレームがあると足を引っ掛けてしまったり、ぶつけてしまうこともあります。また、子供がいるとケガの心配も。脚付きマットレスは、ベッドフレームがないため、固く飛び出している箇所がなく安心。危険が少ないので、小さな子供がいる家庭にもおすすめです。

安い脚付きマットレスの選び方4つのポイント

安い脚付きマットレスの選び方は4つのポイントを重視安い脚付マットレスが気になっている方のために、ここからは安い脚付きマットレスの選び方を紹介します。次の4つのポイントに注目してみましょう。

  • 寝心地
  • 機能性
  • 価格・コスパ
  • サイズ

上記のポイントを順番に解説します。

寝心地重視ならポケットコイル

安い脚付きマットレスを選ぶ時は、寝心地を重視することが大事です。寝心地は睡眠の質に影響を与えるので、合わなければ腰痛や肩こりの原因となります。

安い脚付きマットレスで寝心地を重視するなら、おすすめの中材はポケットコイルです。ポケットコイルとは、1つ1つのコイルが不織布に包まれている中材のこと。

1つ1つのコイルが独立しているため体のラインに沿うようにフィットして支えられます。体圧分散性に優れており、睡眠の質を上げたい方におすすめです。

機能性で選ぶ

安い脚付きマットレスを選ぶ際に、機能(種類)で選ぶという方法もあります。脚付きマットレスには、次のような種類があります。

  • 分割タイプ
  • ハイ・ロータイプ
  • 折りたたみタイプ

分割タイプは、脚付きマットレスの上下(頭や脚)で分けられます。マットレスを分割できるので、搬入や移動がしやすいというメリットがあります。

ハイタイプはマットレスの脚が長く、寝床面下に収納スペースを確保できます。商品によりますが、ボックスやラグマットなどを収納できるので、物が多い方におすすめ。一方、ロータイプは床に近い分部屋の空間を広く使えます。床に布団を敷いているときのように使いたい方にぴったりです。

折りたたみタイプは、脚付きマットレスを折りたためるモデルのこと。使用していないマットレスを収納できるので部屋を広く使えます。また来客用の寝具としてもおすすめです。

価格・コスパも重視

安い脚付きマットレスを選ぶ時は、価格やコストパフォーマンスも重要になります。

脚付きマットレスの価格帯は、一般的な商品に比べると安い傾向があります。そのため、寝具にあまりお金をかけたくない方におすすめの商品です。

ただし、安い脚付きマットレスのなかには品質が悪い物もあり、見極めることも大事です。安い脚付きマットレスを購入するときは、品質が良くて価格も安い、コスパに優れた商品を中心に比較してみましょう

サイズも重要

安い脚付きマットレスを購入する際は、サイズに注意しましょう。マットレスのサイズが狭いと、寝返りを打った時に体がはみ出る、あるいは落ちてしまうことがあります。

おすすめのサイズはセミダブルです。セミダブルは横幅が120cm前後あるので、男性が1人で使用するなら、寝返りを打ちやすいサイズとなります。男性ならセミダブルサイズ以上、女性ならシングルサイズ以上の脚付きマットレスを探してみましょう。

教授
教授
あまりにも大きいサイズだと、部屋を圧迫する場合があるので注意すると良いぞい。

一万円以下!コスパ抜群の安い脚付きマットレス2選

脚付きマットレスは安い価格が魅力。1万円未満で購入できる商品もあるので、ベッドの費用を抑えたい方必見です。

SAKODA 脚付きマットレス

販売価格(税込) 9,980円
サイズ(縦×横×高さ) 195cm×97cm×27cm
寝床面下の高さ 17cm
マットレスの厚み 10cm
素材 ウレタン
耐荷重 200kg

SAKODAの脚付きマットレスは、低価格ながらスペックの高い商品となっています。厚さ10cmの高反発ウレタンは寝ている体をしっかりと支えるので、快適な睡眠を体験できます
また、マットレス生地にはピーチスキンを採用しているため、桃のような滑らかな肌触りが特徴です。寝床面下には17cmのスペースがあるため、ロボット掃除機の使用や収納箱を置けます。非常に安いモデルですが、3つのカラーから選べデザイン性も抜群。ベッドのコストを抑えてもおしゃれに置きたい方におすすめです。

教授
教授
カラーバリエーションはホワイトとブラック、グレーの3種類があるぞい。

 

konikoni ボンネルコイル脚付きマットレス

販売価格(税込) セミシングル:9,980円
シングル:10,980円
サイズ(縦×横×高さ) セミシングル:180cm×80cm×30cm
シングル:195cm×97cm×30cm
寝床面下の高さ 17cm
マットレスの厚み 13cm
素材 ウレタン
ボンネルコイル
耐荷重 200kg

konikoniのボンネルコイル脚付きマットレスはデザイン性に優れた商品です。マットレスの表面生地は速乾性があり、オールシーズン使える素材を使用しています。また、毛玉が出来にくい素材の上、耐荷重200kgと耐久性もあるため複数人で座るソファーとしても使用しやすいでしょう。
マットレスを支えている脚には傷防止用フェルトが貼ってあり、移動に床にキズが付きません。マンションやアパートなどで使用したい方にもぴったりです。

教授
教授
品質改善により脚のデザインが変わっていますが、強度の高い仕様となっているぞい。

耐久性重視!安い脚付きマットレス4選

耐久性に心配のある脚付きマットレスですが、しっかりカバーされたものもあります。長く使いたいと言う方は確認してみてください。

モダンデコ 脚付きマットレス

販売価格(税込) セミシングル:11,999円
シングル:12,999円
セミダブル:18,999円
ダブル:23,999円
サイズ(縦×横×高さ) セミシングル:195cm×80cm×35cm
シングル:195cm×95cm×35cm
セミダブル:195cm×120cm×35cm
ダブル:195cm×140cm×35cm
寝床面下の高さ 15cm
マットレスの厚み 20cm
素材 ボンネルコイル
耐荷重 120kg

モダンデコの脚付きマットレスはバリエーションが豊富です。シングル、セミダブル、ダブルのほかに子供や一人暮らしの女性におすすめのセミシングルを販売しています。また、コンパクトに圧縮された状態で送られるので、女性でも簡単に搬入できます。
6本脚を採用しており、国際規格に準拠した認定工場による高品質生産のため、耐久性も信頼できます。レビュー数が1万件以上あるので、購入した方の感想を参考にしてみましょう。信頼できるものを探している方にぴったりです。

教授
教授
表とは別に、寝床面下の高さ25cmの高脚タイプや、体圧分散性に優れた極厚タイプなどもあるぞい。

 

タンスのゲン 脚付きマットレス

販売価格(税込) セミシングル:11,499円
シングル:12,999円
セミダブル:18,999円
ダブル:23,999円
サイズ(縦×横×高さ) セミシングル:180cm×80cm×35cm
シングル:195cm×97cm×35cm
セミダブル:195cm×120cm×35cm
ダブル:195cm×140cm×35cm
寝床面下の高さ 15cm
マットレスの厚み 20cm
素材 ボンネルコイル
耐荷重 120cm

タンスのゲンのボンネルコイル脚付きマットレスはセミシングルとシングルでは6本脚、セミダブルとダブルでは、8本脚のため耐久性の高い商品です。ボンネルコイルを採用しているため、ウレタンやファイバーよりも寿命が長いです。
通気性がよく、内部に湿気が溜まりにくいため、夏場に寝苦しさを感じている方におすすめです。また、着脱式の洗えるカバーが付くので、汗や湿気で汚れても洗濯すれば清潔な状態が長持ちできます。

教授
教授
ボンネルコイルの寿命は8年~10年と言われていますが、定期的にローテーションをしないと短くなる可能性があるのじゃ。

 

 

テルダ 高反発脚付きマットレスセミシングル

販売価格(税込) 16,131円
サイズ(縦×横×高さ) 195cm×80cm×27cm
寝床面下の高さ 17cm
マットレスの厚み 10cm
素材 高反発ウレタン
耐荷重 120kg

高反発脚付きマットレスはデザインがおしゃれで、コストパフォーマンスも優れている商品です。マットレスの素材は高反発ウレタンで、厚みが10cmあるので底つき感を覚えず、良質な睡眠を取ることができます
高反発マットレスの為、寝心地は硬めとなっています。反発力も高いので、体格や体重のある方におすすめの商品となります。

教授
教授
珍しい高反発マットレスの脚付きマットレスじゃ。

フランスベッド 高密度連続スプリング脚付きマットレス

販売価格(税込) シングル:44,900円
セミダブル:54,780円
ダブル:65,780円
サイズ(縦×横×高さ) シングル:196cm×98cm×33.5cm~49cm
セミダブル:196cm×123cm×33.5cm~49cm
ダブル:196cm×141cm×33.5cm~49cm
寝床面下の高さ 9.5cm
15cm
25cm
マットレスの厚み 22.5cm
素材 マルチラスハードコイルスプリング
耐荷重 100kg

フランスベッドの脚付きマットレスは独自開発した「高密度連続スプリング」を使用しています。高密度連続スプリングは寝ている体をしっかりと支えるハードタイプで、理想的な寝姿勢を維持しやすく、良質な睡眠を取れます。
高さが3種類あるのもポイント。ロータイプは圧迫感が少なくなるため部屋を広く見せる効果があり、ハイタイプは立ち座りがしやすく寝床面下に収納スペースを確保できます。フランスベッドの商品は価格帯が高いため、本商品はお得に購入できるマットレスと言えます。

教授
教授
受注生産品のため、購入してから発送までに最大3週間はかかるぞい。

ポケットコイルで寝心地抜群!安い脚付きマットレス3選

脚付マットレスでも寝心地を重視したいと言う方もいるはず。金額は少々上がりますが、一般的なベッドとマットレスを購入するよりも安いのが脚付マットレスの魅力です。チェックしてみましょう。

LOWYA 脚付きマットレス

販売価格(税込) シングル:16,990円
セミダブル:21,990円
ダブル:26,990円
サイズ(縦×横×高さ) セミダブル:196cm×120cm×39.5cm
ダブル:196cm×140cm×39.5cm
寝床面下の高さ 21.5cm
マットレスの厚み 18cm
素材 ポケットコイル
耐荷重 120kg

LOWYAの脚付きマットレスは、ボンネルコイルバージョンに3,000円(税込)の追加料金を支払うとポケットコイルのみを使用した商品を購入できます。ボンネルコイルと違い、体のラインに沿うようにフィットするので、よりきめ細やかな寝心地となっています。
LOWYAのポケットコイルは並行配列を採用しているため、マットレスの端までコイルがしっかりと詰まっているのが特徴。体にフィットする柔らかさと、支える硬さのバランスが良いので、理想的な寝姿勢を維持しやすいです。腰痛に悩んでいる方にもおすすめ。

教授
教授
シングルサイズでは、ポケットコイルのみのバージョンは販売していないので注意するのじゃ。

 

源ベッド 日本製ポケットコイル脚付きマットレス

販売価格(税込) ショートセミシングル:39,900円
ショートシングル:39,900円
シングル:39,900円
セミダブル:49,900円
ダブル:59,900円
サイズ(縦×横×高さ) ショートセミシングル:180cm×80cm×50cm
ショートシングル:180cm×97cm×50cm
シングル:195cm×97cm×50cm
セミダブル:195cm×120cm×50cm
ダブル:195cm×140cm×50cm
寝床面下の高さ 24cm
マットレスの厚み 26cm
素材 ポケットコイル
耐荷重 ショートセミシングル:120kg
ショートシングル:120kg
シングル:120kg
セミダブル:200kg
ダブル:200kg

源ベッドの日本製ポケットコイル脚付きマットレスはバリエーションが豊富な商品です。縦の長さが短いショートサイズが2種類あるので、狭い部屋でも家具や動線の邪魔にならずにベッドを置けます
各サイズに硬さが3種類あり、自分の好みや体形に合ったタイプを選べます。また、ベッドフレーム部分はすのこ仕様となっているので、湿気や熱が放出しやすいのも特徴です。すのこの素材は土台や建材に使用されているほど耐久性が高いので安心して使用できます

教授
教授
日本国内の工場で製造しているのも、魅力的なポイントになっているぞい。

 

かわいい脚付きの安いマットレス2選

脚付きマットレスはシンプルなデザインとモダンな見た目が人気。中でもおしゃれなモデルを紹介します。

ニトリ 脚付きボンネルコイルマットレス

販売価格(税込) セミシングル:10,400円
シングル:11,900円
セミダブル:15,900円
ダブル:19,900円
サイズ(縦×横×高さ) セミシングル:195cm×80cm×38cm
シングル:195cm×97cm×38cm
セミダブル:195cm×120cm×38cm
ダブル:195cm×140cm×38cm
寝床面下の高さ 17cm
マットレスの厚み 19cm
素材 ボンネルコイル
ポケットコイル
耐荷重 不明

ニトリの脚付きマットレスは、ボンネルコイルとポケットコイルの両方を使用しています。ボンネルコイルにより寝ている体をしっかりと支えつつ、マットレスの端にポケットコイルを敷きつめたことでソファとしても使用できます
ベッドを支える17cmの脚は、部屋の雰囲気にマッチしやすいシンプルなデザインとなっています。ソファとして利用できるので、ワンルームで暮らしている方におすすめの商品です。

教授
教授
ニトリ公式サイトでは、ベッド下に入るサイズの収納ケースを販売しているのじゃ。

 

neruco キャスター付き脚付きマットレスベッド

販売価格(税込) セミシングルショート:10,990円
シングルショート:11,490円
シングル:11,990円
サイズ(縦×横×高さ) セミシングルショート:180cm×80cm×16.5cm
シングルショート:180cm×97cm×16.5cm
シングル:195cm×97cm×16.5cm
寝床面下の高さ 4cm
マットレスの厚み 12.5m
素材 ウレタン
耐荷重 100kg

nerucoの脚付きマットレスは、キャスターが付いたロータイプベッドです。6本脚のうち、2本がキャスターで、マットレスを簡単に動かすことが可能。キャスターはロックが付いているので、睡眠中に動きません
縦のサイズが195cmと180cmの2種類があるので、体格や部屋の大きさに合った方を選択できます。背の低いローベッドなのでロフトベッドの下に置くことも可能。子どもの添い寝や昼寝用のエキストラベッドとして使用したい方にもぴったりです。

教授
教授
不定期にセールをしているので、お得に購入したい方は公式サイトを定期的にチェックするのじゃ。

 

安いマットレスなら脚付マットレス

かわいい脚付きマットレス3選ベッドを購入するときはフレームとマットが必要になり価格が高くなりがち。しかし、脚付マットレスなら、高品質なマットレスでも費用を抑えられます。また、ベッドのフレームがないことでコンパクトに置けると言うメリットもありモダンな雰囲気なのでおしゃれな部屋にしたい方にもぴったりです。コスパの良いアイテムなので、今回の記事を参考にぜひ選んでみてください。

脚付きマットレスおすすめランキング13選【無印・ニトリ等の口コミの良い商品を比較】脚付きマットレスの人気13選を比較し、おすすめランキングを作成しました。比較基準は「寝心地」「耐久性」「価格」と明確にして点数付けしており、どの脚付きマットレスが優秀か分かりやすくしています。脚付きマットレスの種類なども合わせて解説しています。...
分割式の脚付きマットレスおすすめ3選【ニトリでは買える?】 「分割式の脚付きマットレスって、便利そうだけど悪い面はあるの?」 「おすすめの分割できる脚付きマットレスも知りたい・・・」...
脚付きマットレスの正しい使い方【カバーはどうしてる?布団は敷く?】 「脚付きマットレスの正しい使い方が知りたい・・」 「みんなカバーはどうしてるの?」 脚付きマットレスは組立も簡単...
マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全41メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。

 

ABOUT ME
マットレス大学編集部@
日本最大級の寝具情報メディア「マットレス大学」編集部。 家具店に勤務・ベッド通販サイトの店長を12年努めた、担当者が記事作成・監修。 経験を活かし、全ての人々の睡眠の質が少しでも良くなるように、マットレスや枕などの寝具に関する情報を分かりやすく発信していきます。