マットレスをタイプ別・価格別で選ぶ

脚付きマットレスのタイプ別の便利で正しい使い方【長持ちさせる秘訣】

「脚付きマットレスの正しい使い方が知りたい・・」

脚付きマットレスはシンプルでとても使い勝手が良いですが、正しい使い方を把握しているという人は少ないのではないでしょうか?

ここでは、前半部分で脚付きマットレスを長持ちさせる正しい使い方を詳しく解説し、後半部分でタイプ別の便利な使い方を詳しく解説していきます。

脚付きマットレスを長持ちさせる正しい使い方

脚付きマットレスは、基本的にはボックスシーツを最低限付ければ良いですが、それだけでは長持ちさせることはできません。

そこで、使い方を工夫することで、脚付きマットレスの劣化を抑えることができ、長期間使用することも可能になります。

具体的にどのように工夫して使うかを詳しく解説していきます。

正しい使い方①敷きパッドやベッドパッドを装着する

脚付きマットレスに敷きパッドやベッドパッドを装着するのも長持ちさせる上で重要です。

敷きパッドやベッドパッドを敷くことで、本体への寝汗や皮脂などの浸透を避けることができます。

寝汗や皮脂がマットレスに浸透すると、カビやダニの原因になったり劣化に繋がったりするので、敷きパッドやベッドパッドで保護することはとても長持ちに有効なのです。

それぞれの正しい使い方は以下です。

使い方 用途
敷きパッドの場合  ボックスシーツの上に敷く ・寝る時の温度調節
・マットレス保護
ベッドパッドの場合 ボックスシーツの中に敷く ・寝心地改善
・マットレス保護

敷きパッドやベッドパッドについて詳しくは次の記事を合わせてご覧ください。

マットレスの敷きパッドとベッドパッド【違いやおすすめは?】 「マットレスパッドって必要なの?」 「敷きパッドとベッドパッドの違いが分からない・・」 マットレスパッドにつ...

正しい使い方②防水マットレスプロテクターを使用する

脚付きマットレスに防水マットレスプロテクターを使用すると、マットレスをしっかり保護できます。

マットレスプロテクターは寝汗も皮脂もほぼ通さないので、敷きパッドやベッドパッドよりも脚付きマットレスを保護する力が強いです。

詳しくは次の記事も合わせてご覧ください。

防水マットレスプロテクターは必要?【おすすめランキングも紹介】 最近、世間にも浸透し始めたマットレスプロテクター。 でも 「マットレスプロテクターって必要なの?」 「どん...

正しい使い方③上下(頭と足の位置)を定期的にローテーション

脚付きマットレスを長持ちさせる使い方として、上下(頭と足の位置)を定期的にローテーションするのは必ずやっておきたいところです。

ローテーションしないと一部分(主に体重がかかりやすい腰やお尻部分)にばかり負荷がかかってしまい、その部分だけ凹んだ状態になってしまい寝心地が極端に悪くなってしまいます。

できれば、一ヶ月に一回ほどのペースでローテーションすることにより、脚付きマットレスの劣化を防ぐことができますし、お金もかからずにできる手入れ方法なのでおすすめです。

脚付きマットレスのやってはいけない使い方

脚付きマットレスのやってはいけない使い方を紹介してきます。

NGな使い方①カバーも付けずにそのまま使う

脚付きマットレスにカバーすら付けずに使用する人がいますが、これはNGです。

マットレス本体に寝汗や皮脂がダイレクトに浸透してしまうので、すぐに劣化してしまいますし、なによりすぐに汚れてしまいます。

脚付きマットレスは当然洗うことができないので、汚れを防ぐという意味でも最低限カバー(ボックスシーツ)はつけるようにしましょう。

NGな使い方②脚付きマットレスの上に敷布団を敷く

脚付きマットレスの上に敷布団を敷いて寝る人がいますが、これは次の理由からあまりおすすめできません。

  • 脚付きマットレスの体圧分散性が損なわれる
  • カビが生えやすくなる

敷布団を敷いてしまうことで、マットレス本来の体圧分散性が損なわれるので、寝心地が悪くなってしまいます。

また、マットレスと敷布団の間に湿気が溜まりやすくなるので、カビが生える原因にもなりますので、やめておいた方が無難です。

脚付きマットレスの便利な使い方

脚付きマットレスの便利な使い方を解説します。基本的にはどの脚付きマットレスにも共通する使い方は次の2つです。

便利な使い方①マットレスの下にモノを収納する

脚付きマットレスは下に空間ができます。その下にモノを収納することが可能です。

普通のマットレスは基本的に空間ができないため、脚付きマットレスならではの使い方と言えます。

カラーボックスなどにまとめて、脚付きマットレスの下に入れると、出し入れも簡単なので便利でおすすめの使い方です。

便利な使い方②2台を連結して大きなマットレスにする

脚付きマットレスは2台横に並べるだけで、しっかりと連結した大きなマットレスになります。

普通のベッドマットレスでは連結させたい時はベッドフレームのサイズも合わせたりしないといけませんが、脚付きマットレスの場合はそういった考慮は不要です。

同じモデルの脚付きマットレスであれば問題なく連結することができます。

脚付きマットレスのタイプ別の便利な使い方

脚付きマットレスのタイプ別の独自の使い方を解説していきます。

  • 分割タイプ
  • ハイタイプ
  • ソファータイプ

タイプ別というのは上記の脚付きマットレスを指します。

分割タイプの脚付きマットレスの便利な使い方

脚付きマットレスには分割タイプもあります。

分割タイプは、マットレスがズレないように、マジックテープで止めるものが主流です。
また、しっかり固定したい人用に金具で止めるタイプの分割タイプもあります。

分割タイプの独自の便利な使い方は「分割して移動」です。

「部屋の模様替えをしたい」という時や搬入時に、一体型の脚付きマットレスだと重くて移動が大変ですが、分割だとラクラク可能です。

ただし、継ぎ目の部分に(主に腰)違和感を感じる可能性があるということには注意が必要です。

ハイタイプの脚付きマットレスの便利な使い方

ハイタイプの脚付きマットレスは、通常よりも長い脚が特徴です。

便利な使い方としては「通常よりも大量の荷物をマットレスの下に入れる」です。

通常の脚付きマットレスよりも空間が大きいため、容量の大きめなカラーボックスでも入れることができます。

特に収納スペースが少ないワンルームの方にはハイタイプの脚付きマットレスはぴったりです。

ソファータイプの脚付きマットレスの便利な使い方

脚付きマットレスのソファータイプの便利な使い方としては、そのままですが「ソファーとして使用する」です。

真ん中から折りたたむことができ、背もたれを作ることができるので、リラックスして座ることができます。

マットレスにもなり、ソファーにもなるというのは、部屋のスペースが狭い方には嬉しい機能です。

脚付きマットレスのおすすめを知りたい方は次のランキングをご覧ください。