【表あり】マットレスのサイズはどう選ぶ?【各サイズの特徴と合う人】

【2020最新】キングサイズのおすすめベッド3選とマットレス9選

【2020最新】キングサイズのおすすめベッド3選とマットレス9選

「キングサイズマットレスは我が家に合うのかな?」

「おすすめのキングサイズマットレスが知りたい・・・」

キングサイズマットレスはとにかく大きいイメージがあるけれど、具体的にはどのくらいなのか分からない、という人も多いのではないでしょうか?

ここでは、キングサイズの詳しい寸法や、キングサイズマットレスやベッド、カバーのおすすめを解説していきます。

教授
教授
ファミリーでゆったりと寝たいという方に読んでほしいページじゃ!

目次

キングサイズベッドマットレスの寸法は?

キングサイズベッドマットレスの寸法は?キングサイズベッドマットレスの寸法は次の通りです。

サイズ長さ推奨人数
セミシングル80cm
または90cm
195cm1人
シングル97cm195cm1人
セミダブル120cm195cm1人
ダブル140cm195cm2人
ワイドダブル150cm195cm2人
クイーン160cm
または170cm
195cm大人2人 子供1人
キング180cm195cm大人2人 子供1〜2人
ワイドキング
(シングル約2台分)
200cm195cm大人2人 子供1〜3人

キングサイズはマットレスの規格の中でもっとも大きいサイズです。大人二人プラス子供1〜2人なら余裕を持って眠れる大きさです。

また、ワイドキングというサイズもあります。200cmですが、シングルサイズ2台分のサイズと思っておけば良いです。

どんなマットレスでも、シングルサイズを2台合わせればワイドキングになるので次のマットレス総合ランキングから選ぶことも可能です。

シングルサイズを2台合わせればワイドキング

 

2020年最新!ベッドのおすすめランキング【有名メーカーから格安まで】 「ベッドってどうやって選べばいいの?」 「質の良いベッドがほしいけど、できればコストも抑えたい」 「先のことも考えて賢い...

マットレスのサイズや特徴に関してもっと詳しく知りたい人は次の記事をご覧ください。→【表あり】マットレスのサイズはどう選ぶ?【各サイズの用途や特徴】

マットレスを2台を繋げてキングサイズとして販売しているメーカーも多い

キングサイズは90cmのマットレスを2台繋げて使用する形を取っているメーカーも多いです。

キングサイズは90cmのマットレス2台分

むしろ、1枚でキングマットレスとして販売しているメーカーは少なく、ニトリなども最大でクイーンまでです。

例えば、超有名マットレスブランドのシモンズも90cmのマットレスを2台でキングサイズ(180cm)として販売しています。

「2台連結だとつなぎ目が気になるかも・・・」という人もいるかもしれませんが、シーツの中にキングサイズのベッドパッドを敷けばほとんど気になりません。

もし、ベッドパッドを入れても気になるようであれば、スキマパッドというマットレスの隙間を埋めるアイテムもあるのでそこまで心配する必要はありません。

マットレスの連結が不安な場合は、次の記事をご覧ください。

マットレスバンドの用途2つを徹底解説【選ぶポイントと注意点】 「マットレスバンドが欲しいけど、どんなのを選べば良いの?」 「マットレスの隙間を埋めるにはバンドだけで十分なの?」 ...

キングサイズの寸法が異なるメーカーあり

キングサイズの基本的な寸法は幅180cmで間違いありません。しかし、一部のメーカーではキングサイズの寸法が異なるものがあります。例えば、次のメーカーなどです。

メーカーキングサイズの幅
フランスベッド194cm
サータ194cm
※セミキングサイズが180cm

フランスベッドやサータのマットレスを購入する場合、通常の規格と差異があるため、ベッドフレームも注意して購入する必要があります。

キングサイズやクイーンサイズのマットレスを購入する場合、ベッドフレームのサイズと合うかは必ず確認して購入するようにしましょう。

キングサイズのベッド・マットレスが合う部屋の大きさは?

キングサイズのベッド・マットレスが合う部屋の大きさは6帖〜です。6帖の部屋にキングサイズベッドを置くと、次のようなイメージになります。

キングサイズマットレスが合う部屋の大きさ

6帖まるまる寝室として使うのであれば、割と余裕を持って設置することが可能です。8帖だとテーブルを置くスペースができるくらいなので余裕で置くことができます。

教授
教授
ちなみに4.5帖に置いてしまうとほとんど周りに余裕が出なくなるのであまりおすすめはできないのじゃ。

キングサイズのおすすめ【高級ベッドマットレス編】

キングサイズのおすすめ【高級ベッドマットレス編】キングサイズのおすすめ高級ベッドマットレスをご紹介します。高級ベッドマットレスはキングサイズになると20万〜30万円を超えてくるものが多いです。

ワイドキングをお探しの場合は高級ベッドマットレスおすすめ比較ランキング14選【最高の寝心地は?】に掲載のシングルベッドマットレスを2台並べて使用するという選択肢もあります。

シモンズ ゴールデンバリュー

キングサイズ
(幅×長さ×厚み)
180cm(90cm×2) × 195 × 29.5cm
価格292,050円
素材ポケットコイル
耐久性

世界的マットレスメーカーのシモンズの人気モデル、ゴールデンバリューです。寝心地は当然ですが抜群で、耐久性も非常に高いので予算がある方には非常におすすめです。
シモンズのキングサイズマットレスを購入すると、幅90cmのものが2台納品されます。幅180cmの一般的なベッドフレームに収まりますが、一枚物のキングサイズマットレスはないのでその点は留意しましょう。

 

フランスベッド ZT-W045ベッドフレーム付き(ワイドキング)

ワイドキングサイズ
(幅×長さ×厚み)
194cm(97cm×2) × 195 × 20cm
フレームサイズ
(幅×長さ)
195cm × 198cm
価格180,278円
素材ボンネルコイル
耐久性

フランスベッドのベッドフレーム付きキングサイズマットレスです。フランスベッドではキングサイズを作っていないのでシングルサイズを2台並べて乗せるという形を取っています。
正確にはキングサイズとは言えず、ワイドキングに相当しますが、大きいゆったりとしたフランスベッドマットレスが欲しい場合はおすすめです。

 

日本ベッド シルキーベッド

キングサイズ
(幅×長さ×厚み)
180cm × 195 × 25cm
価格253,000円
素材ポケットコイル(2280個)
反発力高(170N)
耐久性高(密度31D)

日本ベッドの看板製品である、シルキーベッドのキングサイズです。高級マットレスの中では珍しくキングサイズとして一枚物で作り込んであるので貴重な一品です。
コイル数も2280個と非常に多いのできめ細かい優しい寝心地を体感することができます。
抗菌素材や通気穴といった細かい機能にもこだわっており、日本人に合わせて作られているので非常におすすめの高級キングサイズマットレスです。

 

サータ アイシリーズノーマルボックストップ セミキング

セミキングサイズ
(幅×長さ×厚み)
180cm × 196 × 31.5cm
価格324,500円
素材ポケットコイル(1150個)
耐久性

高級ブランド、サータ(serta)のキングサイズマットレスです。サータはセミキングというサイズが日本の規格で言うキングサイズに相当します。(サータのキングサイズはシングルサイズ×2です。)
特徴は上部の詰め物にジェルメモリーフォームという通気性の良い素材が使われていることと、負荷のかかりやすい腰部分に強度の高いコイルを使用している点です。
最高の寝心地を追求したマットレスと言えます。

 

キングサイズのおすすめ【中価格帯マットレス(10万円以下)編】

キングサイズのおすすめ【中価格帯マットレス(10万円以下)編】キングサイズマットレスの中価格帯のおすすめをご紹介します。ここで紹介するキングサイズマットレスは10万円以下です。

夢工場 薄型ボンネルコイル キングマットレス(硬め)

キングサイズ
(幅×長さ×厚み)
180cm × 195cm × 14cm
価格63,800円
素材ボンネルコイル(368個)
耐久性

作りのしっかりしたやや薄型のキングサイズマットレスです。薄型なので、ベッドフレームなしでも寝ることができます。
ボンネルコイルなので少々硬めですが、しっかりとした寝心地が好みの方にはとてもおすすめです。

 

キングサイズのおすすめ【安いマットレス編】

キングサイズのおすすめ【安いマットレス編】キングサイズは高いというイメージがあるかもしれませんが、3万円以下で買えて激安とも言える安いキングサイズマットレスもあります。その中でもおすすめの2つをご紹介します。

ワイドキング(200cm)をお探しの場合は、【3千円〜2万円限定】安いベッドマットレスのおすすめ10選に掲載しているシングルマットレスを2台並べるという選択肢もあります。

タンスのゲン三つ折り高反発マットレス

セミキングサイズ
(幅×長さ×厚み)
180cm × 196 × 10cm
価格13,999円
素材高反発ウレタン
反発力190N
耐久性低(25D)

激安価格が魅力のタンスのゲンのキングサイズマットレスです。体圧分散性や耐久性は高価格帯のマットレスと比べるとさすがに劣りますが、三つ折りで一枚物のキングサイズは貴重です。厚みも10cmあるので、底つき感の感じにくい仕様になっています。
また、ベッドフレームを使わずともそのまま眠れるのも経済的です。
価格重視でキングサイズマットレスを探している方にはとてもおすすめです。

 

nerucoネルコ バリューマットレス

セミキングサイズ
(幅×長さ×厚み)
200cm × 195cm × 20cm
価格24,900円
素材ポケットコイル(コイル数992個)
耐久性

ベッドショップのneruco(ネルコ)が開発したキングサイズマットレスです。幅は200cmで一般的な規格である180cmから20cmも大きいのでベッドフレームを購入する際はワイドキングで探す必要があり、その点注意が必要です。
ただ、3万円以下とコストを抑えてキングサイズのマットレスが欲しい場合はおすすめです。

 

キングサイズのおすすめ【低反発マットレス編】

キングサイズのおすすめ【低反発マットレス編】キングサイズに限らず、当サイトでは低反発マットレスはおすすめしていません。

低反発マットレスは次の理由から腰に悪い影響をもたらすからです。

低反発マットレスが腰に悪影響の理由

  • 腰が沈み込み過ぎてしまい、正しい姿勢で眠れない
  • 寝返りが打ちにくく、寝返りの度に腰に負担がかかる

ただし、以下のような方は例外的に合うので低反発マットレスおすすめランキング【人気9選を徹底比較】を参考にしてみてください。

低反発マットレスが合う方

  • どうしても沈み込むような柔らかい寝心地が好みの方
  • 体重が40kg以下で骨ばっている方

該当ランキングで紹介されている、シングルマットレス2台でキングサイズとすることができます。

キングサイズのおすすめベッドフレーム3選

キングサイズのおすすめベッドフレーム3選キングサイズのベッドフレームを購入する場合は、マットレスのサイズにしっかり合うものを購入しなければなりません。横幅のサイズをよく見て、対応サイズを確認し購入するようにしましょう。

キングサイズ ZENローベッド

キングサイズ
(幅×長さ)
180cm × 214cm
価格69,800円
対応マットレスサイズ幅140cm〜180cm×長さ195cm〜200cm

独自のセンスでおしゃれな寝具を販売するCASA HILSが販売するキングサイズのローベッドです。ロータイプなので部屋が広く見える視覚効果もあります。
お子さんがいる場合は、角に転んで頭をぶつけてしまった時のために、安全クッションを装着することをおすすめします。
このタイプは連結もできるのでシングルサイズを二つ並べて大き目のベッドフレームとして使うことも可能です。

 

キングサイズ Regna(レグナ)レザーベッド※ワイドキングもOK

キングサイズ
(幅×長さ)
213cm × 222cm
価格92,800円
対応マットレスサイズ幅140cm〜180cm×長さ195cm〜200cm

レザーがおしゃれなキングサイズのベッドフレームです。幅が213cmあるのでワイドキングでも置くことができます。(両サイドに余白を残したいのであれば180cmのキングサイズマットレスを乗せるのがおすすめです。)
高級感がありますし、角が尖っている部分もないのでお子さんにも優しい設計です。

 

あ!かる〜い!すのこベッド キングサイズ

キングサイズ
(幅×長さ)
200cm × 200cm
高さ30cm
価格104,500円
対応マットレスサイズ幅140cm〜180cm×長さ195cm〜200cm

キングサイズのすのこベッドです。すのこタイプは、通気性が良いので湿気が溜まりにくく、マットレスにカビが生えるのを防いでくれます。
高さも別注できるので、年齢に合わせた高さにすることも可能です。国産の高級桐を使っているので、耐久性が高く、良いものを長く使いたい方にはおすすめのベッドフレームです。

 

ベッドフレームの選び方や状況別のおすすめは次の記事で詳しくまとめていますので、ご覧ください。

2020年最新!ベッドのおすすめランキング【有名メーカーから格安まで】 「ベッドってどうやって選べばいいの?」 「質の良いベッドがほしいけど、できればコストも抑えたい」 「先のことも考えて賢い...

キングサイズのおすすめカバー(シーツ)

キングサイズのおすすめカバー(シーツ)キングサイズに対応したカバー(シーツ)はどれを選べば良いか分からないという人もいるかもしれません。

注意点としては、サイズはしっかり合わせることです。具体的には次に注意して選ぶようにしましょう。

  • キングサイズなのか、ワイドキングサイズなのか?
  • 横幅は合っているか?
  • マチ部分(厚み)は対応しているか?

当サイトのキングサイズのおすすめカバー(シーツ)は次の通りです。

デイリーコレクション ボックスシーツ キングサイズ

サイズラインナップ幅195×長さ195×マチ30(cm)
幅195×長さ195×マチ18(cm)
幅195×長さ195×マチ40(cm)
価格3,990円
形状ボックスシーツ
対応の厚み(高さ)通常マチ幅30cm:マット厚 25cmまで対応
薄型マチ幅18cm:マット厚 13cmまで対応
厚型マチ幅40cm:マット厚 35cmまで対応
素材綿100%
カラーキナリ・モカ・グレー

格安のキングサイズのマットレスカバーです。ボックスシーツなのでズレるストレスがなく装着することができます。一般的にキングサイズのマットレスカバーは高額で10,000円程度しますが、3,000円台にも関わらず品質が高いのが特徴です。
キナリ、モカ、グレーという部屋に合わせやすいカラー展開も嬉しいです。

 

幅200cmのワイドキング用もあります。

 

コットンタオルボックスシーツ キング

キングサイズ180×200
価格5,620円
形状ボックスシーツ
対応の厚み(高さ)厚み25cmまで対応
素材綿100%
カラー20色

タオル生地の肌触りが気持ちいいキングサイズのマットレスカバーです。ゴムのように伸びるのでマットレスに装着しやすいのが特徴です。
20種類からカラーが選べるので、好みの色が見つかりやすいボックスシーツになっています。

 

 

キングサイズのおすすめマットレスパッド

キングサイズマットレスに使うベッドパッドがなかなか見つからないという方も多いので、ここでご紹介しておきます。

特にマットレスを連結させてキングサイズにする場合は、ベッドパッドを敷くと隙間が気にならなくなるのでおすすめです。

デイリーコレクションベッドパッド

キングサイズ180×195
価格5,990円
素材ポリエステル綿100%

キングサイズですが、非常に低価格のベッドパッドです。180cm×195cmのサイズだけではなく、ワイドキングやワイドダブルなどの幅広いサイズ展開を行なっているので、困ったらこちらのベッドパッドが役に立ちます。

 

 

洗えるウール ベッドパッド

キングサイズ180×200
価格17,599円
素材ウール100%
中材の量2.2kg

日本製のウール100%のベッドパッドです。中材の量も2.2kgとたっぷり入っているので寝心地を大きく向上してくれます。ウールなのに丸洗いもOKなので、一年中清潔に使うことができる点も魅力です。

 

マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全41メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。