マットレスの選び方・基礎知識 PR

薄型マットレスのおすすめ15選!折りたたみや硬めタイプを紹介

「薄型マットレスの選び方を知りたい…」

「おすすめの薄型マットレスはどれ?」

マットレスにはたくさん種類がありますが、最近人気なのが薄型タイプ。持ち運びがしやすく、2段ベッドや車中泊に持っていくことも可能。また高機能な薄型マットレスをいつも使っているマットレスの上に敷くことで気持ちよく眠れるなどの利点もあります。

一方、種類が多くどんなものを選べばいいのかわからないということも。せっかく購入しても、選び方を間違えていると失敗してしまう可能性もあります。

今回は薄型マットレスのメリットやデメリットから選び方、おすすめ商品まで紹介します。薄型マットレスに迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

教授
教授
おすすめのシングルサイズの薄型マットレスも紹介するので、チェックしてみるのじゃ!
この記事で分かること
  • 薄型マットレスのメリット・デメリット
  • 薄型マットレスの選び方
  • 薄型マットレスのサイズごとの選び方
  • シングルサイズの薄型マットレス13選

目次

薄型マットレスは何がいい?メリットとデメリット

薄型マットレスとは、厚みが10cm前後のマットレスのことです。一般的なマットレスと比べると薄く、持ち運びや収納するのに便利で需要が高まっています。実際にどんな面がいいのか、デメリットはなんなのかを紹介します。

薄型マットレスのデメリット

人気の高い薄型マットレスですが、次のような少々気になるデメリットもあります。

  • 底つきがある
  • 耐久性が心配
  • 湿気がこもりやすい

一般的に薄型マットレスだけで寝ると、薄いがゆえに床に体が当たって不快感があります。腰痛や体の不調の原因になってしまう可能性も。また安いマットレスは体重に耐えられずに沈み込み、耐久性にも問題が出てきます。

湿気がこもりやすいという性質もあるため、こまめなメンテナンスが必要。とはいえ、中には快適に眠れるものや通気性に優れたものもあります。なるべく価格で選ばず、信頼できるメーカーのものを選択すればデメリットが少ないでしょう

薄型マットレスのメリット

薄型マットレスを検討している人の中には、メリットの部分が魅力という声もたくさんあります。次の表で確認してみましょう。

  • 軽く持ち運びしやすい
  • コンパクトに収納できる
  • 使っているマットレスと併用できる

薄型マットレスの魅力は、なんと言っても持ち運びやすいところ。女性でも軽々運べ、2段ベッドやロフトベッドに運ぶのにも楽です。また折りたたみできるものもあり、使わないときは立てて換気がしやすいのもメリット。

マットレスの上に重ねられるので、今使っているマットレスに不満がある時でも大きなマットレスを買い替える手間がかからず便利です。

薄型マットレスの選び方

薄型マットレスの選び方薄型マットレスの選び方は、使いたいシーンや種類によって、押さえておきたいポイントが異なります。それぞれ、順番に解説します。

コイル式とノンコイル式で選ぶ

薄型マットレスには、コイル式とノンコイル式の2種類があります。

コイル式マットレスは、コイルが入ったマットレスのことで、ノンコイル式はウレタン素材が主流。ノンコイル式は、メーカーごとにオリジナル素材を使って製造しているケースもあります。

それぞれ特徴が異なるので詳しく解説していきましょう。

コイル式

コイル式のマットレスは、鉄線で作られたコイルが敷き詰められているため、耐久性が高いのが特徴。コイル式の中にも種類があり、以下の3つに分けられます。

  • ボンネルコイル
  • ポケットコイル
  • 高密度連動スプリング

それぞれの違いを次の表にしてみました。 

ボンネルコイル ポケットコイル 高密度連動スプリング
構 造 鉄線を連結させた構造 一つひとつコイルが不織布に包まれくっつけた構造 1列が1本のコイルで作られている構造
特 徴 ・価格が安い
・布団に近い寝心地
・振動が伝わりやすい
・きしむ
・振動が伝わりづらい
・ふんわりする寝心地
・耐久性が弱い
・やや高価
・耐久性が非常に高い
・追従性が高い
・硬めの寝心地
・フランスベッドにしかない

寝心地で選ぶなら、ふんわり柔らかいボンネルコイルがおすすめ。日本人が好みのフィットする寝心地が睡眠の質を高めてくれます。また、値段で選ぶなら3つの種類の中で一番安いポケットコイルがいいでしょう。振動が伝わりやすいというデメリットはありますが、布団が好みの方にもぴったりです。

高密度連動スプリングは硬いタイプなので、体重の重たい方や大きな体型の方に適しています。ただし、現状日本ではフランスベッドにしか採用されていないので、選択肢は少なくなるのを覚えておきましょう。

薄型マットレスはコイル式の取り扱いが少なめですが、しっかり支えたい方にはおすすめです。

ノンコイル式

ノンコイル式には次の3つの種類があります。

  • ウレタンマットレス
  • ラテックスマットレス
  • ファイバーマットレス

次の表で確認してみましょう。

ウレタンマットレス ラテックスマットレス ファイバーマットレス
素材 ・ウレタン
・断熱材やスポンジにも使われている素材
・原料はゴムの木から採取された樹液
・合成と天然がある
・ポリエチレン
・ポリエステル
特徴 弾力が15%未満は低反発、50%以上は高反発に分けられる ・弾力性がある
・振動や音を吸収しやすい
・素材を繊維状に編んで作られている
・水洗いができる
寝心地 ・高反発:しっかりとした寝心地
・低反発:ふわっとした寝心地
・体にフィットする寝心地 ・寝返りが打ちやすい

詳しく知りたい方は下の記事をチェックしてみてください。

ウレタンマットレスのデメリットはカビ?おすすめ3選も 「ウレタンマットレスとはどんな特徴があるの?」 「他の素材と比較した違いやウレタンフォームの欠点・メリットも知りたい・・・...
ラテックスマットレスの欠点とは?おすすめ6選も紹介 「ラテックスマットレスって何が良いの?良い点と欠点を知りたい・・・」 「ラテックスマットレスのおすすめってどれ?」 ...
洗える!ファイバーマットレスランキング【エア系おすすめ7選を比較】 「洗えるマットレスって興味あるけど、寝心地とかは実際どうなの?」 「どのファイバーマットレスがおすすめなの?」 ...

寝心地で選ぶ

薄型マットレスにはしっかり硬めのタイプと、ふわっと身体を包む柔らかいタイプがあります。

硬めタイプは身体をしっかり支え、薄型マットレスでも底つきを感じにくいのがメリット。耐久性も高いので長く使用できます。また、ノンコイルマットレスの場合は、高反発のものが体の負担が少なく腰痛などにもいいとされています。ただし硬すぎるものは体に負担がかかりやすいので、選ぶときには注意が必要です。

一方、柔らかいタイプはふわっと包み込む寝心地で硬めが苦手な方に適しています。ただし、寝返りがしにくいことや耐久性に心配があること、底つきしてしまう可能性が高いなどデメリットが多め。特に柔らかすぎる低反発ウレタンフォームは、当サイトではおすすめしていません

ただし高反発のマットレスと合わせて使いたい方には、柔らかいタイプもおすすめです。

教授
教授
上で紹介したコイル式はボンネルコイルと高密度連動スプリングは硬め、ポケットコイルは柔らかめじゃ。

折りたたみ式なら便利

薄型マットレスを選ぶ際は、三つ折りや折り畳みできるものを選ぶと持ち運びや収納するのに手間がかかりません。

使わないときに折りたたんだり、掃除するのに部屋の隅に寄せたりと何かと便利。また、収納スペースがあれば、お客様や緊急時用の寝具として準備しておくこともできます。

教授
教授
折り畳みの薄型マットレスを選ぶ時は、重さも確認しておくと良いぞい。

厚みは10cm程度が理想

薄型マットレスを選ぶ時は、厚みが10cm程度あれば底つき感がなくゆったり眠れて理想的です。

10cm以下の薄型マットレスだと、床に直置きしていると腰や背中、肩などで床の硬さを感じて睡眠の質が下がってしまいます。体格にもよりますが、薄型マットレスでも厚みが10cm程度あれば、底つき感を覚えにくいので、朝までぐっすりと眠れます

また、2段ベッドやロフトベッドに使うときにも厚みが7cm~11cm程度の薄型マットレスが良いと言われています。厚すぎても手すりから落ちてしまう心配があるため、気をつけておきましょう。

サイズも要チェック

薄型マットレスのサイズ別選び方薄型マットレスはマットレスと同様サイズもさまざま。自分が使いたい大きさを次の表でチェックしておきましょう。

薄型マットレスのサイズ 幅×長さ 使用人数
セミシングル 80~90cm × 195cm 1人
シングル 97cm × 195cm 1人
セミダブル 120cm × 195cm 1人(子供2人)
ダブル 140cm × 195cm 1〜2人
クイーン 160~170cm × 195cm 2人
キング 180cm × 195cm 2〜3人

マットレスはサイズによって推奨人数や用途が異なります。マットレスの大きさは、シングルサイズやセミシングルサイズ2枚を並べればキングサイズ相当になります。しかし薄型マットレスは寝返りでズレる可能性があるので、あまりおすすめできません。

なお、マットレスのサイズについて、次の記事で詳しくまとめましたので、参考にしてください。

マットレスのサイズ規格一覧表【ベッドが合わない時の対処法も解説】マットレスのサイズはどう選べば良いか?それはあなたの状況によってベストサイズは変わってきます。このページでは、それぞれのマットレスサイズがどのような状況の人にぴったりなのかを詳しく解説していきます。...

薄型マットレスおすすめ15選!人気のシングルサイズ

薄型マットレスのシングルサイズおすすめ13選ここからは実際に販売している薄型マットレスのシングルサイズでおすすめの商品を紹介します。当サイト限定のクーポンを配布しているマットレスもあるのでチェックしてみてください。

コスパ最強「腰痛マットレス モットン」

日本唯一の硬さ交換サービス
販売価格(税込) 39,800円
サイズ(横幅×縦幅) 97cm×195cm
厚み 10cm
重さ 7.5㎏
中材 高反発ウレタン
折り畳み 可能
他のサイズ セミダブル
ダブル

モットンは薄型マットレスの中で、腰痛対策・寝心地・耐久性の3つが優れており、コストパフォーマンスにこだわる方におすすめの商品です。また、硬さが3種類あり、体重や体格に合った商品を選べます。
90日間と長期間の返品保証が付いているのもポイントです。購入してから寝心地が合うかどうか確かめられ、1回までなら別サイズとの交換も可能。返品保証が付いているので、気軽に試せる薄型マットレスです

教授
教授
返品・サイズ交換には手数料が発生するぞい。

※返金保証&硬さ交換可能は上記サイト限定

ふわふわの寝心地「雲のやすらぎプレミアム」

※雲のやすらぎ公式にて『最大40%OFF!春の眠り改革!』セール中!「マットレス大学専用10%OFFクーポン」も発行中!
雲のやすらぎがおすすめの人

販売価格(税込) 39,800円
サイズ(横幅×縦幅) 100cm×200cm
厚み 17cm
重さ 6.7㎏
中材 羊毛
高反発ウレタン
折り畳み 不可
他のサイズ セミダブル
ダブル

雲のやすらぎプレミアムは表面に羊毛、中心部にウレタン素材を用いているため、柔らかい寝心地の薄型マットレスです。寝ている身体を羊毛部分が優しく受け止め、ウレタン部分がしっかりと支えるので、腰痛や肩こりに良い影響を与えます
厚みが17cmあるので、床に直置きしても底つきを感じにくいのが特徴。また、100日間の返品保証が付いているので、寝心地が合うかどうか、時間を掛けて確かめられます。ウレタン素材を用いていますが、羊毛に覆われているので天日干しやクリーニングが可能なのも特徴です。

教授
教授
薄型マットレスとしては分厚いので、2段ベッドやロフトベッドには不向きじゃ。

※雲のやすらぎ公式にて『最大40%OFF!春の眠り改革!』セール中!「マットレス大学専用10%OFFクーポン」も発行中!

コアラマットレスの「コアラフトンOASIS」

販売価格(税込) 49,900円
サイズ(横幅×縦幅) 97×195cm
厚み 8.5cm
中材の取り外し 可能
耐久性 高い(復元率は97.31%)
反発力 高反発(180N/100N)
他のサイズ なし

ベッドマットレスで有名な「コアラマットレス」が収納に便利な、三つ折りマットレスを開発しました!コアラフトンOASISのカバーは夏は涼しく、冬は暖かいリバーシブル仕様。ウレタン素材は100Nと180Nの硬さを裏表で入れ替え可能な為、自分に合わせて部分ごとの硬さ変更が可能となっています。高反発ウレタンの復元率は、97.31%と高寿命な素材が使われている事もポイントです。
ベッドマットレスシリーズと同様に、120日間返金保証があるので、安心して試せます。寝心地を確認したいという方におすすめです。

三分割できる「neruco 三つ折りポケットコイルマットレス」

販売価格(税込) 13,490円
サイズ(横幅×縦幅) 97cm×195cm
厚み 11cm
重さ 15㎏
中材 ポケットコイル
高反発ウレタン
折り畳み 可能
他のサイズ セミシングル
セミダブル
ダブル

「neruco(ネルコンシェルジュ)」の三つ折りポケットコイルマットレスは、折り畳み可能でソファとしても使用できるモデルです。昼はソファ、夜はベッドになるので、部屋を広く使えます。
表層部分にウレタンフォーム、中心部分にポケットコイルがシングルだと450個配置されているので、ホテルベッドのような寝心地も魅力。ポケットコイルスプリングを使用しているため、しっかりとした作りで薄いマットレスだけで寝たい方におすすめです。

教授
教授
シングルサイズだと、ソファにしたときの高さは22cmになるぞい。

 

高反発で人気の「エアウィーヴ スマート Z01」

販売価格(税込) 77,000円
サイズ(横幅×縦幅) 100cm×195cm
厚み 9cm
重さ 9.0㎏
中材 高反発ファイバー
折り畳み 可能
他のサイズ セミダブル
ダブル

エアウィーヴ スマート Z01は高反発ファイバーを用いた薄型マットレスです。高反発ファイバーは糸状のポリエチレンが絡み合ったような素材。通気性や復元性が高く、体圧分散も優れているので体に負担がかかりにくい設計になっています
また、高反発ファイバーはシャワーで丸洗いが可能です。寝汗や汚れなどをシャワーで洗い流し陰干しをするだけで、清潔な状態が長持ちします。マットレスや寝具の清潔さにこだわる方におすすめです。

教授
教授
中材の入れ替えが可能なので、定期的に場所を交換するとヘタリ防止になるのじゃ。

 

長い歳月をかけて完成した「カリモク THINK SLEEP FIT」

販売価格(税込) 214,500円
サイズ(横幅×縦幅) 97cm×195cm
厚み 15cm
重さ 不明
中材 高反発ウレタン
折り畳み 不可
他のサイズ セミダブル
ワイドダブル

カリモクのTHINK SLEEP FITは、5年の歳月をかけて開発された薄型マットレスです。硬めの高反発ウレタンや体重を包み込む3Dネットを用いており、人間工学を研究したカリモク独自の快適な寝心地を味わえます。
カリモクでは独自の基準で寝心地研究をしており、THINK SLEEP FITは高い数値を出しています。自然に近い理想的な寝姿勢を維持でき、楽に寝返りを打てるので腰や肩に良い影響を与えます。国内工場で製造されているため、安心して使用できるのもポイントです。

教授
教授
THINK SLEEPシリーズには厚型版もあるので、購入するときは注意すると良いぞい。

 

体に合わせてフィット「テンピュール プロ フトン」

プロ フトン
販売価格(税込) 104,500円
サイズ(横幅×縦幅) 97cm×195cm
厚み 9cm
重さ 6.0㎏
中材 テンピュール
折り畳み 可能
他のサイズ セミダブル
ダブル

プロ フトンは、テンピュール素材を用いた薄型マットレスになります。体温や体重、体型に合わせてフィットするテンピュールならではの寝心地を体験できます。使わない時は折り畳んで収納できるので、邪魔になりません。選択可能なカバーがついているのも嬉しいポイント。5年保証で安心して使用できます。
ただし、テンピュール本体は外干しすると劣化する恐れがあるので注意しましょう。

 

硬さと柔らかさのバランスが最高「西川ムアツマットレス スタンダード」

価格(税込) 77,000円
サイズ(横幅×縦幅) 97×195cm
素材 ウレタンフォーム
厚み 9cm
硬さ レギュラー:上層:180N 中層:350N 下層:270N
ハード:上層:270N 中層:350N 下層:270N
折りたたみ 可能
他のサイズ セミダブル
ダブル
クイーン
キング

ムアツマットレス スタンダードは、身体をきめ細かく支える3フォーム構造となっているマットレスです。身体を「点」で支えることで、体圧をバランスよく分散します。通気性に優れ、「Ag+抗菌加工」も施しているため衛生的で快適に眠れるのが特徴です。

※実際にスタッフが使用したレポートがあります。下記の記事も御覧ください。

西川ムアツ布団のデメリットとは?全種類の口コミと体験レビューも西川ムアツ布団は、昭和西川が販売する高反発マットレスです。商品ラインナップが豊富で、硬さも様々なので、自分に合ったなマットレスを探しやす...

電動ベッドにも対応「ニトリシングルポケットコイルマットレス」

販売価格(税込) 39,900円
サイズ(横幅×縦幅) 97cm×196cm
厚み 11cm
重さ 18.5㎏
中材 ポケットコイル
高反発ウレタン
折り畳み 不可
他のサイズ セミダブル
ダブル

ニトリのポケットコイルマットレス(ロリー)は、電動ベッドに対応した薄型マットレスです。点で体を支えるポケットコイルとジェルのような高反発ウレタンの両方を用いているため、理想的な寝姿勢をサポートします
圧縮パッケージで郵送されるので、狭い廊下や階段でも持ち運びしやすく、設置も簡単です。電動ベッド用の薄型マットレスを探している方は検討してみましょう。なお、公式サイトで購入すると、14日間の返品保証が付きます

教授
教授
普通のベッドフレームやスノコでも使用できるぞい。

 

上質な寝心地「フランスベッド 高密度連続スプリングマットレス」

販売価格(税込) 26,999円
サイズ(横幅×縦幅) 97cm×195cm
厚み 11cm
重さ 12㎏
中材 高密度連続スプリング
折り畳み 可能
他のサイズ なし

フランスベッドでは、コンパクトにたためる高密度連続スプリングマットレス「フォールドエアー」シリーズを販売。高密度連続スプリングは国内ではフランスベッドだけが生産している特殊な素材で、上質な寝心地を味わえます
折り目の無いマットレスですが、三つ折りが可能。面テープ式留めバンドでたためるので、押し入れや収納スペースにコンパクトに収まります。他の薄型マットレスと違って切れ目や折り目が無く、体が落ち込まずに朝まで熟睡できる商品です

教授
教授
購入特典として、専用マットレスカバーが付いてくるのじゃ。

 

独自開発「エムリリー 優反発 マットレス 8cm」

エムリリー優反発シリーズ<
販売価格(税込) 32,980円
サイズ(横幅×縦幅) 97cm×195cm
厚み 8cm
重さ 6㎏
中材 高反発ウレタン
折り畳み 可能
他のサイズ セミシングル
セミダブル
ダブル

エムリリーの優反発 マットレス は独自開発した新素材を用いており、高い評価を獲得しています。独自開発の「優反発」は柔らかく体にフィットする低反発と、理想的な寝姿勢をサポートする高反発の長所を兼ね備えています。
体の部位の重さや大きさに合わせて反発力が変化するので、腰や肩に負担がかからず寝姿勢を取りやすいのもメリット。使用していない時は三つ折りに収納でき、搬入も簡単なのでプレゼント用としてもおすすめです。

教授
教授
厚みが5cmと11cmの商品もあるので、使いたいシーンや用途に合ったマットレスを選ぶと良いぞい。
エムリリー公式で新生活応援セール!全品20%off
エムリリーの公式サイトで詳しくみる

 

コスパ抜群「エイプマンパッド 310」

販売価格(税込) 15,870円
サイズ(横幅×縦幅) 95cm×195cm
厚み 10cm
重さ 7㎏
中材 ウレタンフォーム
折り畳み 可能
他のサイズ セミダブル
ダブル

エイプマンパッド 310は密度30Dなので、耐久性に優れた薄型マットレスです。厚みは10cmあるため、床に直置きしても底つき感を覚えにくく、寝返りを打ちやすいという特徴もあります。
側地には伸縮性と耐久性に優れたダブルメッシュを採用しており、通気性も良いので夏場でも蒸れにくいのもポイント。また、採用している中材は熱に強いので、布団乾燥機や電気毛皮、湯たんぽなどを使用できます。他のマットレスに比べ、安い価格でお試ししたい方にもぴったりです。

教授
教授
エイプマンパッド 310は90日間の返品保証の対象外なので、購入する時は注意するのじゃ。

 

硬さ調節可能「くじらマットレス 8cm」



販売価格(税込) 49,800円
サイズ(横幅×縦幅) 95cm×195cm
厚み 8cm
重さ 6.3㎏
中材 ウレタンフォーム
折り畳み 可能
他のサイズ セミダブル
ダブル

くじらマットレスは頭・腰・脚部分で硬さを変えられる薄型マットレスです。組み合わせは全部で60パターンあり、実際に寝ながら自分好みの硬さに調節できます。体重や筋肉量、体型の変化などにも対応するので、長期間使用できるのもポイントです。
マットレス自体は三つ折りが可能なので、朝起きた時にたたむのも楽々。三つ折りのまま横にして立てかけておけば、陰干しもできます。全ての工程が国内工場で管理されているので、安心して使用できます

教授
教授
シングルサイズのみ、購入時に収納袋が付くぞい。

 

底つき感なし「タンスのゲン 3つ折り純高反発マットレス」

販売価格(税込) 6,999円
サイズ(横幅×縦幅) 97cm×195cm
厚み 10cm
重さ 6.0㎏
中材 高反発ウレタン
折り畳み 可能
他のサイズ 無し

タンスのゲンの3つ折り純高反発マットレスは、適度な硬さにより楽に寝返りを打てる商品です。体圧を均一に分散しているので、理想的な寝姿勢を維持しやすく、朝までぐっすりと寝むれます。
カラーバリエーションが豊富なのも特徴で、自分好みの色や部屋の雰囲気に合った物を選べます。やや硬めの寝心地で厚みが10cmあるので、床にそのまま置いても違和感を感じません。低価格な商品のため、寝具にあまりお金を掛けたくない方におすすめの薄型マットレスです。

教授
教授
公式サイト限定のキャンペーンを活用すると、さらにお得に購入できる場合があるのじゃ。

 

しっかりした厚み「雲のやすらぎプレミアム三つ折りマットレス」

販売価格(税込) シングル:41,800円
セミダブル:51,800円
ダブル:61,800円
サイズ(横幅×縦幅) 97cm×198cm
厚み 13cm
中材 高反発ウレタン+羊毛(スリーゾンフィット構造)
折り畳み 可能
他のサイズ 無し

当サイトでも評判が良い「雲のやすらぎプレミアム」に三つ折りマットレス。
寝心地の良さはそのままに、 足・腰・頭に適切な硬さ・形状にした「スリーゾーンフィット構造」を採用しています。更にリバーシブル設計となり、メッシュ側と羊毛側を選べりよポイントです。オールシーズン快適に眠りたい方におすすめです。

教授
教授
頭・腰・足の部分で硬さや表面加工を変更して、体圧分散させた構造が新しく追加されて寝心地も良くなったぞい。

 

薄型マットレス用のカバーはあるの?

薄型のマットレスカバーは、市販品でも探せます。ピッタリサイズを探しているなら、マットレスのメーカーでも扱っている場合があるので、メーカーサイトをチェックしてみましょう。

マットレスカバーのおすすめ4選【シーツは必要?三つ折りの場合はどうしてる?】マットレスカバー(シーツ)のおすすめを目的別にご紹介しています。そもそもマットレスカバーは必要なのか?という点も分かりやすく解説しているのでカバーやボックスシーツ選びに迷っている方は参考にしてみてください。...

薄型マットレスで上質な眠りを手に入れよう

薄型マットレスは、手軽にいい眠りを再現できる商品。通常のマットレスの半分以下の厚さながら、しっかりと役割を果たしてくれます。薄型なので女性でも持ち運びしやすく、二段ベッドやロフトベッドでも使いやすいのも魅力です。今のマットレスに満足していない方や買い替えを検討している方は、選択肢の一つに入れてみてはい方でしょうか。

マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全41メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。

 

ABOUT ME
マットレス大学編集部@
日本最大級の寝具情報メディア「マットレス大学」編集部。 家具店に勤務・ベッド通販サイトの店長を12年努めた、担当者が記事作成・監修。 経験を活かし、全ての人々の睡眠の質が少しでも良くなるように、マットレスや枕などの寝具に関する情報を分かりやすく発信していきます。