マットレスをタイプ別・価格別で選ぶ PR

脚付きマットレスのカビ対策5つ【無印やニトリはカビ生えやすい?】

脚付きマットレスのカビ対策5つ【カビが生えた場合の対処法も解説】

「脚付きマットレスのカビ対策はどうすればいいんだろう?」
「脚付きベッドのカビが発生する原因は?」

脚付きマットレスは、少し特殊な形をしているので、どんなカビ対策をすればいいのか分からない人も多いと思います。

ここでは、脚付きマットレスはどのくらいカビが生えやすいのか?どんなカビ対策をすればいいのか?そして、もしカビが生えてしまったらどうすればいいのか?について詳しく解説していきます。

教授
教授
脚付マットレスのカビに不安を持っている人はよく読んでおくのじゃ!
この記事で分かること
  • 脚付きマットレスはカビが生えてしまう原因
  • 脚付きマットレスのカビ防止対策
  • 脚付きマットレスにカビが生えた時の対処法

脚付きマットレスはカビが生えにくい!理由は2つ

脚付きマットレスはカビが生えにくい!理由は2つ脚付きマットレスは他のマットレスと比べると、実はカビが生えにくいマットレスです。理由は以下のとおり。

脚付マットレスにカビが生えにくい理由

  • ほとんどが通気性の高いスプリングマットレスで作られているから
  • マットレスの下に空間ができるので通気性がいい

上記のカビが生えにくい理由を詳しく解説します。

ほとんどが通気性の高いスプリングマットレスで作られているから

脚付きマットレスの本体はポケットコイルやボンネルコイルの場合が多いです。

ポケットコイルやボンネルコイルは、「スプリングマットレス」と呼ばれ、密度が低いので通気性が良く、むれにくいのが特徴です。通気性がいいと、カビやダニが生えにくく快適に使用できます。

ただし、稀にウレタン素材を使っている脚付きマットレスもあるので、その場合はカビには通常以上に注意しなければいけません。

マットレスの下に空間ができるので通気性が良い

脚付きマットレスの下には通常のマットレスはない空間ができます。

下の空間があることによって、風の通りが良くなり湿った空気を流してくれるため、マットレスがむれにくいです。

ただし、マットレス下の空間に、荷物を入れすぎると通気が悪くなり、カビの原因となるので注意してください。

脚付きマットレスにカビが生えてしまう原因は?

脚付きマットレスにカビが生えてしまう原因とは?カビが生えにくい脚付きマットレスですが、間違った使い方をするとカビが発生してしまうことがあります。

脚付きマットレスにカビが生えてしまう原因は具体的に次の4つです。

脚付きマットレスにカビが生えてしまう原因

  • 脚付きマットレスの上に敷布団を敷いてしまう
  • 脚を取り外して使ってしまう
  • 下の空間に物をたくさん敷き詰めてしまう
  • 壁に密着させすぎてしまう

それぞれ詳しく解説しましょう。

脚付きマットレスの上に敷布団を敷いてしまう

脚付きマットレスの上に敷布団を敷いてしまう脚付きマットレスの上に敷布団を敷いてしまうと、マットレスと敷布団が重なっている部分に湿気が溜まりカビが生えてしまいます。

敷布団に慣れているからといって、脚付きマットレスの上に敷いて寝てしまうと、マットレスの寝心地も阻害してしまうのでやめておきましょう。

脚を取り外して使ってしまう

脚を取り外して使ってしまう脚付きマットレスの脚を取り外して使ってしまうと、通常のベッドマットレスとほとんど変わらなくなってしまいます。

脚を外すことで床とマットレスの間に湿気が溜まってしまい、カビが生えるために絶好の環境を作り出してしまいます。

下の空間に物をたくさん敷き詰めてしまう

下の空間に物をたくさん敷き詰めてしまうよくやりがちなのが、ベッドの下を収納スペースにしてものをたくさん入れてしまうことです。

下の空間に物を敷き詰めてしまうと、通気性が悪くなり湿気の滞留を許してしまいます。

カビの生えやすい環境を作ってしまうので、脚付きマットレスの下に物を敷き詰め過ぎないようにしましょう。

壁に密着させすぎてしまう

壁に密着させすぎてしまう脚付きマットレスを壁に密着させすぎると風の流れが止まってしまいます。

通気が悪くなると、密着したところに湿気が溜まってしまい、カビが生えてしまう可能性があります。

脚付きマットレスのカビ対策方法は5つ

脚付きマットレスのカビ対策方法は5つ脚付きマットレスのカビ対策方法は次の5つです。

カビ対策方法
  • 敷きパッドやベッドパッドを敷く
  • マットレスプロテクターを利用する
  • 定期的に壁から離す
  • 窓を開けたり扇風機などで風を送る
  • 布団乾燥機で湿気を取る

カビ対策方法を一つずつ詳しく解説していきます。

【カビ対策その1】敷きパッドやベッドパッドを敷く

脚付きマットレスのカビ対策としては、敷きパッドやベッドパッドを敷くのが有効です。

敷きパッドやベッドパッドは寝汗や皮脂から脚付きベッドを守ってくれて、カビが生えにくい環境にしてくれます。

敷きパッドやベッドパッドについては、次の記事で詳しく解説しています。

ベッドパッドと敷きパッドの違い・使い方【マットレスに両方必要?シーツとの順番は?】 「敷きパッドやベッドパッドってマットレスに必要なの?」 「そもそも、敷きパッドとベッドパッドの違いが分からない・・」 「...

【カビ対策その2】マットレスプロテクターを利用する

カビ対策②マットレスプロテクターを利用するマットレスプロテクターを利用すると、敷きパッドやベッドパッド以上に脚付きベッドに寝汗や皮脂が染み込むのを防いでくれます。

さらに、カビ防止だけでなく、ダニが入り込むことも防いでくれるので、非常におすすめなマットレス保護アイテムです。

マットレスプロテクターについては、次の記事で詳しく解説しています。

マットレスプロテクターのおすすめ厳選4つ【防水は必須?ニトリにも売ってる?】マットレスプロテクターは、最近世間にも浸透し始めたベッド保護アイテムですが、次のような疑問がある方も多いと思います。 「マット...

【カビ対策その3】定期的に壁から離す

脚付きマットレスを壁にくっ付けていると、そこに湿気が溜まってしまってカビが生えてしまうことが稀にあります。

特に、湿気が多い部屋の場合カビが生える可能性が高まります。

普段壁に脚付きマットレスをくっ付けているのであれば、一週間に一回程度は壁から離すことを意識して行うことをおすすめします。

【カビ対策その4】窓を開けたり扇風機などで風を送る

カビ対策④窓を開けたり扇風機などで風を送る部屋の湿度が高く湿っていると、寝汗が脚付きマットレスに滞留してしまいます。

定期的に窓を開けて換気したり、扇風機を脚付きマットレスに当てて風を送るなどして溜まった湿気を追い出すのも効果的。

脚付きベッドマットレスに湿気がたまりにくくなり、格段にカビが生える可能性が低くなります。

また、脚付きマットレスが動かせるのであれば、窓を開けた近くに持って行き、外の風を当ててやるとさらに良いでしょう。

【カビ対策その5】布団乾燥機で湿気を取る

 

脚付きマットレスに溜まった湿気は、布団乾燥機で除去するのもカビ対策に有効です。

布団乾燥機は数十分で脚付きマットレスを乾燥させてくれ、熱でダニを追い出す力も持っています。

ただし、熱に弱いウレタンなどに使うと変形してしまうので、その点だけは注意するようにしましょう。

脚付きマットレスにカビが生えてしまった時の対処法

脚付きマットレスにカビが生えてしまった時の対処法「脚付きマットレスにカビがすでに生えてしまった」という場合の対処方法は次の2パターンです。

脚付きマットレスにカビが生えた時の対処法2パターン

  1. カビを除去する
  2. 買い換える

詳しく解説します。

エタノールなどでカビを除去する

脚付きマットレスにカビが生えたら、まずはエタノールやカビ取りスプレーを使ってカビを除去してみましょう。

まだ軽いカビであれば十分に取ることが可能です。
カビの胞子は、アルコールに触れると死滅しますので、エタノールは有効な手段となります。

ベッドマットレスに生えてしまったカビの詳しい取り方は、次の記事をご覧ください。

マットレスのカビをきれいに取る方法!臭いや予防対策もマットレスのカビ取り方法と、カビ予防ができる防止対策について有効なものだけを徹底的に解説していきます。 マットレスのカビに悩んでいる方は、具体的な解決方法を提示していきますので、参考にしてみてください。...

買い換える

脚付きマットレスにカビが生えてしまい、自分では除去もできないくらい広がってしまった場合は、残念ですが買い替えをおすすめします。

クリーニング業者に頼むという方法もありますが、10,000円以上かかる場合がほとんど。脚付きマットレスの購入金額よりも高くなることも多いので、あまりおすすめできません。

脚付きベッドをクリーニングするなら新しいマットレスに買い替えた方が経済的にも良いという場合が多いです。

クリーニング

カビが生えた時の対処法②クリーニング

クリーニングは高額になるためおすすめしませんが、どうしても買い替えたくない場合は頼むのもいいでしょう。

マットレスのクリーニングについて詳しく知りたい場合は、次の記事を参考にしてみてください。

マットレスクリーニングは業者に頼む?料金相場や自分で掃除する方法も紹介 「マットレスのクリーニングを業者に頼むとどれぐらいかかるんだろう?」 「自分でマットレスをキレイにする方法はあるのかな...
教授
教授
脚付きマットレスは、カビの除去を試してみて、ダメだったら買い替えをするのがおすすめじゃ。

無印やニトリの脚付きマットレスはカビが生えやすい?

無印やニトリの脚付きマットレスが特別カビが生えやすいということはありません。

脚付きマットレスは、前述した通り、床やベッドに敷くタイプと比べるとかなりカビは生えにくいです。

もし、カビが生えにくいマットレスが欲しい場合は無印やニトリの脚付きベッドを検討するのも良いかと思います。

 

脚付きマットレスのおすすめを知りたい方は次のランキングをご覧ください。

カビの生えにくい脚付マットレスでも対策は必須

脚付マットレスは、通気性がいいものが多く比較的カビが生えにくいマットレスです。ただし使い方を間違えるとカビが発生してしまう可能性もあります。今回紹介した間違った使い方はせず、カビ対策もしっかり行い、お気に入りの脚付マットレスを長く使いましょう!

ABOUT ME
マットレス大学編集部
日本最大級の寝具情報メディア「マットレス大学」編集部。数十種類以上のマットレスを実際に使用した担当者が記事作成・監修。 全ての人々の睡眠の質が少しでも良くなるように、マットレスや枕などの寝具に関する情報を分かりやすく発信していきます。