雲のやすらぎの2000人の口コミを実際に使ってガチ評価【へたる?】

雲のやすらぎのカバーの選び方【専用カバーから市販のものまで完全解説】

「雲のやすらぎの専用カバーってどこで買えるの?」
「必ず専用カバーを買わなきゃいけないの?」

雲のやすらぎを買う上で、カバーはどんなものを買うべきか?という疑問が湧いてきます。

ここでは、雲のやすらぎの専用カバーの買い方や特徴、専用カバー以外のものを買う場合のポイントなどを詳しく解説していきます。

雲のやすらぎの専用カバー(シーツ)はどこで買える?特徴は?

雲のやすらぎの専用カバーは「3重ガーゼBOXシーツ」と言って、公式サイトから購入することができます。

雲のやすらぎのカバー価格とサイズは次のとおりです。

カバー サイズ 価格(割引中)
シングルカバー 100cm × 200cm × 25cm 7,800円
→5,980円
セミダブルカバー 120cm × 200cm × 25cm 8,800円
→6,980円
ダブルカバー 140cm × 200cm × 25cm 9,800円
→7,980円

雲のやすらぎ本体の厚みは17cmですが、専用カバーサイズは25cmとちょっと余裕を持って作られています。

価格は特別価格で割引されていますが、高めの印象です。

雲のやすらぎ専用カバーの特徴

雲のやすらぎの専用カバーの特徴は次の3つです。

専用カバーの特徴①肌に優しく安全

雲のやすらぎの専用カバーは「無添加」「無塩素」「無漂白」で肌に優しいので、赤ちゃんや敏感肌の人でも安心して使えます。

専用カバーの特徴②洗うたびに風合いがアップする

雲のやすらぎの専用カバーは、届いた時にはパリッとしていますが、洗うたびにふんわりと優しい肌触りになっていきます。

専用カバーの特徴③通気性と吸湿性に優れる

通気性と吸水性に優れた素材を使っているので、オールシーズン快適に使うことができます。

専用カバーの特徴④ズレない

雲のやすらぎの専用カバーの形状は次のようなボックスシーツです。
すっぽりと包み込むのでずれることはありません。

専用カバーにはデメリットもある

雲のやすらぎの専用カバーは、安心安全で多機能というメリットもあるのですが、次のデメリットもあります。

  • 価格が高め
  • デザイン性が低い

割引価格にしても少々お高めなのと、あまりデザイン性が高くないので、市販や通販で売っているカバー(シーツ)を選びたいという人も多いと思います。

雲のやすらぎのカバーは専用のものを必ず選ぶべき?

雲のやすらぎには専用のカバー(シーツ)を必ずしも選ぶ必要はありません。

市販のカバーもちゃんと利用できますので安心してください。

では、雲のやすらぎにはどんなカバーを選ぶべきかを次に解説していきます。

雲のやすらぎのカバーの選び方

雲のやすらぎのカバーは専用のもの以外を買う時はどうやって選べば良いかを解説します。

カバーを選ぶポイントは次の2点です。

  • ボックスシーツを選ぶ
  • サイズを合わせる

カバー選びのポイント①ボックスシーツを選ぶ

雲のやすらぎのカバーに限らないのですが、マットレスには必ずボックスシーツを選ぶようにします。
理由は、ボックスシーツじゃないとズレてストレスになるからです。

寝ている時に無駄なストレスをかけないために、カバーはボックスシーツタイプを選ぶようにしましょう。

カバー選びのポイント②サイズを合わせる

雲のやすらぎのカバー選びはサイズが肝です。

幅と長さは一般的な以下のサイズを選べば大丈夫です。

  • シングル(100cm × 200cm)
  • セミダブル(120cm × 200cm)
  • ダブルサイズ(140cm × 200cm)

問題は厚みですが、雲のやすらぎは厚みが17cmあります。

この17cmにぴったりのカバーを買うと入らない可能性があるので、必ず少し余裕のあるものにします。

専用カバーのサイズを見てもらうと分かるのですが、厚み(高さ)は25cmです。

つまり、カバーの厚み(高さ)は25cmを目安に選ぶと良いです。

例えば、次のカバーですと厚み部分が25cmなので、雲のやすらぎにもぴったり合うということになります。

専用カバーは一色だけですが、それ以外に選択肢を広げるとおしゃれなカバーなども視野に入ってくるので、サイズだけ注意して自由に選んでみてください。

雲のやすらぎのカバーを選ぶ時の注意点

雲のやすらぎの専用カバーを選ぶのであれば特になにも気にせずに買えば良いのですが、それ以外のカバーを買う場合、注意すべき点があります。

  • カバーの厚み(高さ)に注意
  • カバーの素材の季節感に注意

カバーの厚み(高さ)に注意

まず、繰り返しになりますが厚みには注意です。
雲のやすらぎは17cmありますが、マチが17cmの高さのカバーでは入りません。

※マチというのはシーツの高さ部分のことです

せっかく買ったのにゴミになってしまうことになりますので、必ず余裕をもった高さ(25cmが目安)を購入するようにしましょう。

カバー素材の季節感に注意

また、カバーの素材にも注意しましょう。

例えば、おしゃれだからとベロア素材のカバーを購入しても良いのですが、夏は確実に暑いです。逆にさらっとした素材は冬には寒い可能性もあります。

その季節感にあったものを買うように意識すると、失敗することがないので留意してみてください。

カバーの代わりにおすすめのアイテム

雲のやすらぎにカバーを検討している人も多いと思いますが、もっとおすすめのアイテムがあります。

それが次のアイテムです。

  • 敷きパッド
  • 防水マットレスプロテクター

少し詳しく見ていきます。

敷きパッド

 

敷きパッドは、次の目的で使われるアイテムです。

敷きパッドの目的

  • マットレスを保護
  • 温度調節
  • 肌触りの向上

寝汗や皮脂などからマットレスを保護してくれるだけでなく、温度調節もしてくれる優れものです。冬なら温感、夏なら冷感といった具合に使い分けると良いです。

また、敷きパッドは厚みを気にする必要がなく、シングル・セミダブル・ダブルというサイズ感だけ合わせれば問題ありません。
サイズで失敗する可能性はほとんどないと言えますね。

おすすめは、ズレないようにゴムで四隅を止められるタイプのものです。

敷きパッドについては次の記事に詳しくまとめているので参考にしてみてください。

マットレスの敷きパッドとベッドパッド【違いやおすすめは?】 「マットレスパッドって必要なの?」 「敷きパッドとベッドパッドの違いが分からない・・」 マットレスパッドにつ...

防水マットレスプロテクター

防水マットレスプロテクターは、次の機能があるアイテムです。

マットレスプロテクターの目的

  • マットレスを寝汗や皮脂から保護
  • ダニの侵入を防ぐ
  • カビの発生を防ぐ

寝汗やダニ、カビからマットレスをがっちり守ってくれる優れたアイテムです。
特に、雲のやすらぎを長持ちさせたいのであれば、マットレスプロテクターはおすすめです。
次のおすすめランキング一位のマットレスプロテクターであれば、雲のやすらぎにもサイズ感が合っていますので参考にしてみてください。

防水マットレスプロテクターは必要?【おすすめランキングも紹介】 最近、世間にも浸透し始めたマットレスプロテクター。 でも 「マットレスプロテクターって必要なの?」 「どん...

雲のやすらぎにカバーはそもそも必要?

「そもそも、雲のやすらぎにカバーって必要なの?」

と思われる人もいるかもしれませんが、結論、必要です。
(もちろん、カバーじゃなくマットレスプロテクターや敷きパッドでもOKです)

なぜ必要かというと、雲のやすらぎは洗うことができないからです。

もし、汚してしまったり匂いがついてしまっても洗えず、軽く水拭きするくらいしかできませんので、どんどん清潔感がなくなっていきます。

しかし、カバーやその他の保護アイテムを使っていれば、取り外してそれを洗えば良いので、清潔感を長きに渡って保つことができます。

こういった意味で、雲のやすらぎのカバーの存在はとても重要と言えるのです。

雲のやすらぎの口コミや実際に使った感想については、雲のやすらぎプレミアムの口コミを実際に使って徹底評価【へたる?】にまとめているので合わせてご覧ください。