モットンの口コミ・評判【1000人の体験談で分かるデメリットは3つ】

モットンの硬さはこう選ぶ!【280N・170N・140Nの適正体重】※100Nは廃盤

モットンの硬さはこう選ぶ!【280N・170N・140Nの適正体重】※100Nは廃盤

「モットンの硬さってどうやって選べば良いの?」

モットンには、硬さが次の3種類存在します。

  • 170N(かため)
  • 140N(ふつう)
  • 100N(やわらかめ)

※2019年10月から新素材開発の成功にともない、表記が以下に変更になりました。ここからは以下の数値を元に解説します。

  • 280N(かため)※旧170N
  • 170N(ふつう)※旧140N
  • 140N(やわらかめ)※旧100N

Nとはニュートンと読み、硬さ(反発力)の単位を表します。

ここでは、モットンの硬さはどのように選べば良いのかを詳しく解説していきます。

この記事で分かること
  • モットンの硬さの選び方
  • モットンの硬さが合わなかった時の対処法

モットンの硬さは3種類!適正体重と好みで選ぶ!

モットンの硬さは3種類!適正体重と好みで選ぶ!モットンは次の硬さからどうやって選べば良いかというと、適正体重で選ぶべきです。

  • 140N
  • 170N
  • 280N

硬さ「140N(旧100N)」が合う人を詳しく解説

モットンの100Nが合うのは次のような方です。

140Nが合う人

  • 体重45kg以下の方
  • やわらかめが好きな方

モットンの140Nは高反発マットレスの中でも「やわらかめ」ですので、体重がある程度ある人は沈み込み過ぎてしまいます。
一方で、45kg以下の体重の軽い女性や、小柄な男性は140Nでも適度に沈み込んでくれて、苦もなく寝返りも打てるので、ぴったりの硬さと言えます。

教授
教授
45kg以下の体重の人が170N以上を選ぶと、硬すぎて体が痛くなってしまう可能性が高いですのじゃ。

硬さ「170N(旧140N)」が合う人を詳しく解説

モットンの170Nが合うのは次のような方です。

170Nが合う人

  • 体重46kg〜80kgの方
  • 迷ったらこの硬さ

モットンの170Nは、高反発マットレスの中では「ふつう」の硬さに位置します。
この170Nは一番多くの人に合う硬さですので、迷ったら170Nを選ぶことをおすすめします。

例えば、体重52kgの人が170Nと140Nで寝ると、体圧分散は次のようになります。

170Nと140Nで寝た時の体圧分散
教授
教授
上の画像の52kgの人は170Nが最適ということが分かるのじゃ。

硬さ「280N(旧170N)」が合う人を詳しく解説

モットンの280Nが合うのは次のような方です。

280Nが合う人

  • 体重81kg以上の方
  • かためが好きな方

モットンの280Nは高反発マットレスの中では「かため」の硬さに位置します。

ある程度体重がない人でなければ、硬すぎるという感覚です。一方で、81kg以上の体重の人は適度にマットレスが沈み込んでくれて、心地よい寝心地を体感できる可能性が高いです。

教授
教授
逆に体重81kg以上の方が280N以下を選択してしまうと、沈み込み過ぎて正しい睡眠姿勢が保てないということになってしまう可能性があるのじゃ。

ニュートン数(硬さ)ごとの適正体重を表でまとめてみた

モットンのニュートン数ごとの適正体重を表でまとめてみました。

項目適正体重合う人
140N(ニュートン)45kg以下の方
  • 女性
  • 小柄な男性
  • やわらかめが好きな人
170N(ニュートン)46kg〜80kgの方一番多くの人に合う硬さ
280N(ニュートン)81kg以上の方
  • 体格の良い男性
  • かためが好きな人

この数値は公式でもアナウンスされている数値です。

公式の硬さに対する体重

これはモットン独自のテストによって導き出された適正体重で、この通りに選ぶのが一番無難です。(他のメーカーには当てはまりません)
必ずしも当てはまるわけではありませんが、ひとつの目安としては十分です。

 

モットンの硬さが合わないとどうなる?

モットンの硬さが合わないとどうなる?そもそも、モットンの硬さが合わないと次のようなことが起こります。

  • 腰に負担がかかる
  • 体の疲れが取れない

マットレスは、体重に対して柔らかすぎたり硬すぎたりすると、正しい姿勢を取れないと、どうしても腰に負担がかかってしまい、腰痛の原因になることもあります。

※硬すぎる場合硬すぎる場合

※柔らかすぎる場合柔らかすぎる場合

また、柔らかすぎると寝返りを打つのにも大きな筋力が必要になるので体の疲れが取れないということにもなりかねません。

教授
教授
次のように、ちょうど良い反発力(硬さ)のモットンを選ぶことが大事なのじゃ。
ちょうど良い反発力(硬さ)

モットンで硬さを失敗した場合は交換が可能!

モットンで硬さを失敗した場合は交換が可能「選んだモットンの硬さが合わなかったらどうしよう・・・」

こんな不安を抱えている方も安心してください。

モットンマットレスは、購入後に硬さを交換することも可能です。

例えば、目安どおり170Nを買って「柔らかすぎる」と思った場合、配送料の3,942円を払うだけで硬さをひとつ上げて「280N」交換できたりするんです。

詳しい交換方法は、次の記事をご覧ください。

モットンの返品・交換方法【圧縮の仕方や注意点まで明快に解説】モットンには90日間の返品保証が付いています。これは、90日以内であれば万が一体に合わなくても返品できるという非常に安心な制度です。 ...

もし、そもそも最初に寝た感じで「どうせ交換しても合わなそうだな・・」と思ったら、返金保証で全額返金してもらうこともできます。

 

モットンで硬さがどうしても合わない場合の対処法

モットンで硬さがどうしても合わない場合の対処法万が一、モットンの硬さを交換しても合わないという場合は、次の方法で対処するのが良いです。

モットンの上にトッパーを敷く

教授
教授
トッパーというのは、手持ちのマットレスの寝心地を改善してくれるアイテムじゃ。

普通のマットレスよりも薄型なのが特徴で、一枚では使えませんが、リーズナブルに今持っているマットレスの寝心地を改善してくれます。

気になる方は、次の記事を合わせて読んでみてください。

マットレストッパーのおすすめランキング7選【高反発を選ぶべき理由】 「マットレストッパーで手持ちのマットレスの寝心地を改善したい」 「どんなマットレストッパーがおすすめなの?」 マ...

ただ、モットンの硬さを交換した時点で多くの人が満足しているという事実もあるので、そこまで心配する必要はありません。

モットンの硬さを交換した時点で多くの人が満足しているデータ

硬さが合わなくても対処法はあるんだな、というくらいで覚えておくようにしましょう。

モットンに体重の違う2人が寝る場合は2つの硬さを検討

モットンに夫婦やカップルで寝る場合、体重差があまりない場合はダブルを選んでも大丈夫です。

しかし、大きく体重差がある場合は、硬さの違うシングルサイズを2台購入することを検討することをおすすめします。

体重が違う2人が同じ硬さで寝てしまうと、どちらかの腰に負担をかけてしまう可能性があるからです。

これは、モットンだけでなく、どのマットレスを使う場合にも言えることなので、2人で眠る時は特に硬さに注意するようにしましょう。

モットンの硬さの選び方まとめ

モットンの硬さの選び方まとめ

モットンの硬さの選び方をまとめると、次のようになります。

モットンの硬さの選び方まとめ
  • 体重45kg以下の方:140N
  • 体重46kg〜80kgの方:170N
  • 体重81kg以上の方:280N
  • 硬さも交換可能
  • 万が一交換しても合わなければトッパーを敷いて対処する

硬さの交換制度があるマットレスはモットンしかありません。念のため、最終手段まで書きましたが、この硬さ交換サービスはかなり安心できる制度と言えます。

 

モットンについてもっと知りたい場合は、モットンマットレスの口コミ・コスパ徹底評価【デメリットあり!】をご覧ください。