【腰痛に良い?】エアウィーヴの口コミ・評判から分かる3つのデメリット

モットンとエアウィーヴを徹底比較【合うのはどちらか分かる!】

モットンとエアウィーヴを徹底比較【合うのはどちらか分かる!】

「モットンとエアウィーヴ、どっちを選べば良いの?」
「しっかり比較してから決めたい」

モットンとエアウィーヴはどちらも有名な高反発マットレスで、どちらを購入しようか悩んでいる方も多いと思います。

この記事では、モットンとエアウィーヴの特徴を各項目から比較して、どちらがあなたの身体や希望に合ったマットレスなのかを解説していきます。

教授
教授
どちらを選ぼうか迷っている人は、じっくり読んでみるのじゃ。
この記事で分かること
  • モットンとエアウィーヴの違い
  • モットンとエアウィーヴそれぞれのおすすめの人

モットンとエアウィーヴを徹底比較

モットンとエアウィーヴを、様々な項目から比較して見てみましょう。

製品モットンエアウィーヴ
素材高反発ウレタンエアファイバー
サイズごとの価格シングル:39,800円
セミダブル:49,800円
ダブル:59,800円
シングル:64,800円
セミダブル:77,760円
ダブル:90,720円
反発力(硬さ)140N・170N・280Nから選択可能記載なし
本体厚み約10cm約6cm
芯材厚み10cm3.5cm
サイズごとの重さシングル:7.5kg
セミダブル:9.0kg
ダブル:10.7kg
シングル:7.0kg
セミダブル:8.0kg
ダブル:9.5kg
丸洗い可否×
折りたたみ可否
天日干し××
電気毛布
布団乾燥機×
返金保証内容購入から90日経過後の14日間であれば返品可能購入後30日以内であれば返品可能
実店舗有無全国に取扱店舗有
助手
助手
同じ高反発マットレスでも、素材から価格、取り扱い方法まで、違いがたくさんありますね。
教授
教授
その通り。以下で、さらに詳しく比較していくぞい。

 

 

サイズを比較

モットンとエアウィーヴのサイズについて詳しく比較してみましょう。それぞれの各サイズは、以下の通りとなっています。

製品モットンエアウィーヴ
シングル幅97cm×高195cm×厚10cm幅100cm×高196cm×厚6cm
ダブル幅120cm×高195cm×厚10cm幅120cm×高196cm×厚6cm
セミダブル幅140cm×高195cm×厚10cm幅140cm×高196cm×厚6cm
助手
助手
モットンの方が厚みがあるのですね。

幅と高さを見てみると、モットンとエアウィーヴで大きな差はありません。しかし、厚みを見ると、どのサイズにおいてもモットンの方が約4cmも厚く作られています

寝心地で比較

モットンとエアウィーヴの寝心地について比較してみましょう。

モットンエアウィーヴ
厚み10cm6cm
硬さ以下から選べる。
140N(やわらかめ)
170N(ふつう)
280N(かため)
※交換も可能
エアファイバーがやや硬め
寝心地厚み10cmで底つき感もなく、ウレタンの心地よい寝心地。
硬さを選べるので好みの寝心地に調整可能。
エアファイバー素材によってやや硬めの寝心地。
一枚で寝るには底つき感がある。

モットンは高反発ウレタンを使用したマットレスです。柔らかすぎることがないため、身体が沈みすぎることなく、適度に気持ちよく寝返りを打てるます。

高反発ウレタンの上に薄いメッシュ素材が敷かれ、それがベロア素材のカバーで覆われています。

エアウィーヴはエアファイバーというポリエチレン樹脂の洗える素材を使っており、やや硬めの寝心地です。厚みは3.5cmしかないので、一枚で寝るのは底つき感が出やすくおすすめできません。手持ちのマットレスに重ねて使うトッパーとして使うようにしましょう。

また、エアウィーヴはアウターカバーが両面仕様となっており、冬はキルト地の「Warm面」を、夏はメッシュの「Cool面」をと、季節に応じて使い分けができるので、快適に眠ることができます。

教授
教授
簡単に言うと、モットンは硬さを選べるウレタンの心地よい寝心地、エアウィーヴはやや硬めの寝心地じゃ。

腰痛対策で比較

モットンとエアウィーヴの腰痛対策について比較してみましょう。

製品モットンエアウィーヴ
適正体重140N:45kg以下
170N:46〜80kg以下
280N:81kg〜
50kg〜80kg
厚み10cm6cm
寝返りのしやすさ寝返りしやすい寝返りしやすい
正しい姿勢硬さを選べるので正しい姿勢が保ちやすいやや硬めなので体重が軽い人は正しい姿勢が保てない可能性
腰痛対策
教授
教授
腰痛対策には体重に合った硬さのマットレスを選ぶことが重要じゃ。

腰痛対策をマットレス選びの指針にしている場合は、反発性が大切です。自分にとって心地よい寝心地で、スムーズに寝返りを打てるものを選びましょう。

エアウィーヴは一枚で寝るには厚みが足りません。一枚で寝るのであれば、硬さを選べて、さらに購入後も交換可能なモットンがおすすめです。

重さを比較

モットンとエアウィーヴの重さを比較します。サイズごとの重量は以下の通りです。

製品モットンエアウィーヴ
シングル7.5kg7.0kg
セミダブル9.0kg8.0kg
ダブル10.7kg9.5kg
助手
助手
モットンの方が厚みがある分、重量も大きくなっているのですね。
教授
教授
そうじゃ。ただ、厚みが大きく違うにも関わらず、重さはそんなに変わらないのお。

モットンの厚みは10cm、エアウィーヴの厚さは6cmと厚さは2倍弱の差があるものの、重さに関してはあまり差がありません

用途で比較

モットンとエアウィーヴの用途を比較します。それぞれ、以下のような使い方が想定されています。

製品モットンエアウィーヴ
用途ベッドや床に敷いて使うマットレストッパーであり、既存のマットレスの寝心地改善が目的
助手
助手
エアウィーヴは、今使っているマットレスに敷いて使うのですね。

モットンは、本体の厚みが10cmもあり、極厚なためマットレスを床に直接敷いて1枚で使うこともできます。

一方、エアウィーヴのマットレスパッドは、薄いので1枚単体で使うことは推奨できません。

耐久性を比較

モットンとエアウィーヴの耐久性について比較します。それぞれ、以下のように、品質保証・耐用年数が設定されています。

製品モットンエアウィーヴ
品質保証なし3年(芯材のみ)
耐用年数10年5〜6年(明示なし)

モットンには品質保証がないものの、耐用年数は10年と明記されています。一方、エアウィーヴ は耐用年数の明示はないものの、3年間の品質保証がされます。

ちなみに、ウレタンマットレスの寿命の平均は6〜8年前後、ファイバーマットレスの寿命の平均は7年前後と言われています。

エアウィーヴは耐用年数は明記されていませんが、適切に手入れをすれば、平均〜平均以上は持つと予想できます。

返品保証で比較

モットンとエアウィーヴを返品保証で比較してみましょう。それぞれ、以下の通りの返品保証条件が設定されています。

製品モットンエアウィーヴ
返品保証90日間30日間
助手
助手
受付日数に差はありますが、どちらも製品受け取り後に返品可能なのは安心できますね。

どちらも安い買い物ではないため、万が一、身体に合わなかったことを考えると、返品保証があることは重要です。

モットンとエアウィーヴどちらがおすすめ?

モットンとエアウィーヴの特徴を詳しく見てきました。

上記の特徴をまとめながら、モットンとエアウィーヴがそれぞれどんな人におすすめかについて解説します。

モットンがおすすめの人

モットンがおすすめな人は、以下の条件に当てはまる人と言えます。

  • 硬さで失敗したくない人
  • 腰痛に悩んでいる人
  • 寝心地を重視する人
  • コスパの良いマットレスを探している人
助手
助手
自分に合った反発力を選べるのは、嬉しいポイントですね。

 

モットンについて、さらに詳しく知りたい知りたい方は、次の記事をご覧ください。

エアウィーヴがおすすめの人

エアウィーヴの特徴をまとめると、おすすめできる人は、以下の条件に当てはまる人でしょう。

  • 硬めのマットレスが好きな人
  • 丸洗いして常に清潔に使いたい人
  • 手持ちのマットレスの寝心地を改善したい人
助手
助手
女性1人でも持てて、手軽にお手入れができるのはありがたいですね。

 

エアウィーヴについて、さらに知りたい方は次の記事をご覧ください。

教授
教授
モットンとエアウィーヴで悩んでいる方は、この記事を参考に、自分に合ったマットレスを選ぶのじゃ。