マットレスの使い方・手入れ方法

敷布団の下に敷くアンダーマットレスおすすめランキング【ニトリを含む4選紹介】

敷布団の下に敷くアンダーマットレスおすすめランキング【ニトリを含む4選紹介】

「敷布団の下に敷くアンダーマットレスのおすすめってどれ?」

「敷布団の下に敷くマットレスの選び方が知りたい・・・」

敷布団の寝心地を改善するために、下にマットレスやもう一枚敷布団を敷きたいという方は、アンダーマットレスがおすすめです。

しかし、中でもどのアンダーマットレスが良いのか?というのがイマイチ分からない方もいると思います。

ここでは、布団の下に敷くアンダーマットレスとはそもそも何か、選び方とおすすめを詳しく解説していきます。

教授
教授
このページだけでアンダーマットレスの全てが分かるぞい。
この記事で分かること
  • アンダーマットレスとは何か
  • 布団の下に敷くアンダーマットレスの選び方
  • アンダーマットレスの人気おすすめ4選

布団の下に敷くアンダーマットレスとは?

布団の下に敷くアンダーマットレスとは?アンダーマットレスとは、敷布団の下に敷くため専用に作られたマットレスのことです。

本来、敷布団の下にマットレスを敷くのは推奨されていません。しかし、次のような方もいると思います。

「敷布団で寝たいけど、今の敷布団で一枚で寝ると底付き感があって背中が痛い・・・」

こういった方のために、作られたのがアンダーマットレスなのです。

アンダーマットレスを敷布団の下に敷くことで、底つき感もなくなり、寝心地が改善されるという仕組みです。

アンダーマットレスはなぜ必要?普通のマットレスではダメなの?

「敷布団の下にアンダーマットレスはなぜ必要なの?」という方もいると思いますが、普通のマットレスを敷布団の下に敷くのは次の理由によりおすすめできないからです。

普通のマットレスではアンダーマットレスの代わりにならない理由

  • マットレスの寝心地を阻害するので勿体無い
  • 重い
  • カビが生えやすい

普通のマットレスは、一枚で寝心地が良いように設計されているので、その上に敷布団を敷くのは勿体無いという考え方です。(普通のマットレスよりもアンダーマットレスの方が比較的安価でもあります。)

また、普通のマットレスは重く、敷布団と一緒に手入れするには労力がかかり過ぎます。

さらに、普通のマットレスは通気性はイマイチなので、敷布団との間にカビが生えやすいのです。

これらの理由から、アンダーマットレス以外のマットレスを敷布団の下に敷くのは、絶対に無しとは言いませんが、あまり推奨できないのです。

 

敷布団の下に敷くアンダーマットレスの選び方

敷布団の下に敷くアンダーマットレスの選び方敷布団の下に敷くためのアンダーマットレスの選び方を具体的な基準を持って解説します。

アンダーマットレスを選ぶポイント

  • 腰痛を考慮した高反発なものを選ぶ
  • 安価なものを選ぶ
  • 軽く、三つ折り可能なものを選ぶ
  • 通気性の良いものを選ぶ

ポイントは4つありますのでそれぞれ確認していきましょう。

選ぶポイント①腰痛を考慮した高反発のものを選ぶ

選ぶポイント①高反発なものを選ぶ敷布団の下に敷くアンダーマットレスは、次の理由から高反発なものを選ぶのが良いです。

アンダーマットレスは高反発を選ぶべき理由

  • 底つき感をなくすため
  • 正しい姿勢を保ち腰に負担をかけないため

もし、アンダーマットレスを低反発にしてしまうと、せっかく下に敷いたマットレスが沈み込んで底つき感を感じてしまう可能性があります。

また、腰などの体重がかかる部分が沈み込み正しい姿勢で眠れなくなるのです。腰が沈み込むと、腰痛にも悪影響を及ぼす可能性もあります。

これらを避けるために、アンダーマットレスは高反発のものを選ぶのがおすすめです。

選ぶポイント②安価なものを選ぶ

アンダーマットレスを選ぶポイント②安価なものを選ぶ敷布団の下に敷くアンダーマットレスは、次の理由から安価なものを選ぶのがベストです。

アンダーマットレスは安価なものを選ぶべき理由

  • マットレスそのものとしては使わないため
  • あくまで敷布団の補助的な役割のため

アンダーマットレスは敷布団の下に敷く補助マットレスなので、高価なものを買ってしまうと本末転倒です。

単純に敷布団の下に敷いて寝心地を改善することが目的なので、なるべく支出を抑えるのがおすすめです。

選ぶポイント③軽く、三つ折り可能なものを選ぶ

アンダーマットレスを選ぶポイント③軽く、三つ折り可能なものを選ぶ布団の下に敷くアンダーマットレスは軽く持ち運び易い三つ折りのものを選びましょう。

重いものをアンダーマットレスに選ぶと、定期的なお手入れが非常に大変になります。

敷布団も干さなくちゃいけない、アンダーマットレスも干さなくちゃいけないと大変なので、なるべく軽く持ち運び易いものを選んで自身の負担を減らすようにしたいものです。

選ぶポイント④通気性の良いものを選ぶ

アンダーマットレスを選ぶポイント④通気性の良いものを選ぶ敷布団の下に敷くアンダーマットレスは、床と敷布団に挟まれているので、非常に蒸れやすくなります。

蒸れやすい分、カビの生えるリスクが高くなるので、なるべく通気性の良いものを選ぶようにしましょう。

また、いくら通気性の良いものを買っても敷きっぱなしにするとカビが生えてしまいます。必ず定期的に陰干しして、中の湿気を放出するようにしましょう。

敷布団の下に敷くアンダーマットレスのおすすめ人気ランキング4選

敷布団の下に敷くアンダーマットレスを選ぶポイント(価格、反発力、重さ、通気性)を元に、人気のアンダーマットレスの中から、おすすめの4選をランキングでご紹介します。

アンダーマットレスのおすすめ①エムールカラー 固わたマットレス

価格 シングル:5,990円
ダブル:9,990円
送料無料
反発力
重さ シングル:2.5kg
ダブル:3.5kg
通気性
厚み 4.5cm
素材 ポリエステル固わた100%

ポリエステル固わた素材で作られたアンダーマットレスです。「敷布団の下に敷く敷布団」というキャッチフレーズのとおり、マットレスの側面も持ちつつ、敷布団の側面も持っています。重さはシングルで2.5kgなので非常に軽く女性でも簡単に持ち運ぶことができます。
ポリエステルなので、通気性もよく、アンダーマットレスとしては優秀な一品です。

 

アンダーマットレスのおすすめ②三つ折り高反発アンダーマットレス

価格 シングル:6,590円
セミダブル:7,590円
ダブル:8,590円
送料無料
反発力
重さ シングル:2.4kg
セミダブル:3.1kg
ダブル:3.6kg
通気性
厚み 5cm
素材 ウレタン

三つ折り高反発アンダーマットレスは、ウレタン素材で出来ています。ウレタンで出来ているため、そこまで通気性が良いわけではありませんが体圧分散性は非常に高いです。
さらに、凸凹加工を施しているため、体を点で支えてくれるので大幅な寝心地改善が見込めます。また、ウレタンにも関わらず重量も軽いのも魅力のアンダーマットレスです。

 

アンダーマットレスのおすすめ③ニトリ 通気性の良い三つ折りマットレス

価格 シングル:3,990円
セミダブル:4,990円
ダブル:5,990円
反発力
重さ シングル:2.55kg
セミダブル:3.0kg
ダブル:3.5kg
通気性
厚み 5cm
素材 固わた

ニトリで販売されている三つ折りマットレスです。「アンダーマットレス」という名称は付いていませんが、布団の下に敷くアンダーマットレスに適した条件を備えています。
価格も非常にリーズナブルで支出を抑えられるのも嬉しいポイントです。

 

アンダーマットレスのおすすめ④カインズ 空気が通るマットレス

出典:cainz.com

価格 シングル:3,980円
反発力
重さ 記載なし
通気性
厚み 4cm
素材 ポリエステル100%

カインズの空気が通るマットレスは、敷布団の下に敷く用に作られたアンダーマットレスです。中綿がポリエステル100%で作られているため、比較的軽いのが特徴です。
4,000円で購入できるリーズナブルさも高評価。全国展開しているカインズでお手軽に手に入れられるものポイントです。
※カインズにはウレタンのアンダーマットレスもありますが、かなり重いという口コミが多いのでこちらをおすすめします。

 

教授
教授
敷布団の下に敷くならアンダーマットレスを検討するのじゃ。
マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全41メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。

 

ABOUT ME
マットレス大学編集部
日本最大級の寝具情報メディア「マットレス大学」編集部。10種類以上のマットレスを実際に使用した担当者が記事作成・監修。 全ての人々の睡眠の質が少しでも良くなるように、マットレスや枕などの寝具に関する情報を分かりやすく発信していきます。