マットレスの選び方・基礎知識

マットレスの厚さはこう選ぶ!【厚さ別の特徴・用途まとめ】

マットレスの厚さ別の特徴(目的や用途)まとめ【厚さはこう選ぶ!】

「マットレスの厚さってどうやって選ぶの・・?」

「自分はどのくらいの厚さを選べば良いかイマイチ分からない・・」

マットレスの厚さは薄いものから分厚いものまで幅が広いので、どうやって選べば良いか分からない人も多いと思います。

ここでは、マットレスの厚さの選び方が分かるように、詳しく解説していきます。

マットレスの厚さに平均はない!「特徴や用途」で選ぶ

マットレスの厚さに平均はない!違いは「目的や用途」マットレスの厚さは、薄いものでは3cm程度、厚いものでは35cm以上のものがあります。

この厚みを選ぶ時に、平均という考えはなく、「用途」によって厚さは変わってきます。

ですので、厚さを選ぶ時はその特徴や用途を知り、自分の目的に合ったものを選ぶようにしましょう。

マットレスの厚さ別の特徴と用途を表に簡単にまとめましたので、まずは以下をご覧ください。

厚さ 特徴 用途
25cm〜30cm ・高級マットレスに多い
・スプリングマットレスが主流
・ベッドマットレスとして使用
20〜24cm ・10万円近辺のマットレスに多い
・スプリングマットレスが主流
・ベッドマットレスとして使用
15cm〜19cm ・高反発ウレタンマットレスに多い
・寝心地が良い
・ベッドマットレスとして使用
・床に直置きも可能
10cm〜14cm ・売れ筋の高反発ウレタンマットレスに多い
・底つき感なし
・床に直置き
8cm〜9cm ・一枚でギリギリ使える厚さ
・底つき感を感じる場合あり
・床に直置き
・トッパーの下に敷いた方が良い場合あり
・ロフトベッドや二段ベッドに敷く時に重宝
7cm以下 ・一枚では使えない ・トッパーとして使用
・子供用としてなら一枚でもOK

厚さ別のマットレスの特徴、用途がざっくり分かったところで、ここからはさらに詳しく解説していきます。

厚さ別におすすめの人もピックアップしているので、参考にしてみてください。

厚さ25cm〜30cm以上のマットレス

厚さ【25cm〜30cm以上】マットレスの特徴厚さ25cm〜30cm以上のマットレスの特徴・用途やおすすめの人を解説していきます。

特徴・用途

厚さ25cm〜30cm以上のマットレスは「(シングルサイズで)10万円〜20万円の高級マットレスに多い厚さ」になります。

「シモンズ」「サータ」「シーリー」などのような高級ブランドに代表されるコイルスプリングでできた高価格帯マットレスですね。

25cm〜30cm以上の厚さのマットレスはベッドに敷くことを想定して作られています。

このレベルの厚さは、重厚感があるため、寝室が豪華に見える目的で作られていることも多いです。

また、このくらいの厚みになるとスプリングだけでなく、詰め物部分の厚さも大きいので、スプリングと詰め物部分の柔らかさが共存し、とても良い寝心地を実感できるものが多いです。

厚さ25cm〜30cm以上がおすすめの人

特徴・用途を踏まえると厚さ25cm〜30cm以上のマットレスは次のような人におすすめです。

  • 10万円以上の高級ベッドマットレスを検討している人
  • 寝室を豪華に見せたい人
  • ベッドの上での使用を考えている人
  • トップクラスの寝心地を実感したい人

次の高級ベッドマットレスランキングも参考にしてみてください。

高級ベッドマットレスおすすめ比較ランキング14選【最高の寝心地は?】 「高級マットレスに憧れる・・・」 「でも高級マットレスってどんな違いがあるの?」 「ブランドのランクも知りたい」 ...

厚さ20cm〜24cmマットレス

厚さ【20cm〜24cm】マットレスの特徴

厚さ20cm〜24cmのマットレスの特徴・用途、そしておすすめの人を解説します。

特徴・用途

厚さ20cm〜24cmのマットレスは、「10万円近辺のスプリングマットレスに多い厚さ」になります。

「シモンズ」「サータ」「シーリー」といった高級マットレスブランドだけでなく、知名度は高くなくとも品質の良いマットレスメーカーもこの価格帯のものを出しています。

このくらいの厚みでも、10万円をはるかに超えるマットレスはもちろんありますが、一般的には10万円近辺のものが多いです。

この厚さだと、スプリングマットレス(ポケットコイルやボンネルコイル)がほとんどで、ベッドでの使用を想定して作られています。

厚さ20cm〜24cmくらいですと、詰め物はそこまで充実しておらず、ハイスペックなマットレスというよりは、価格と品質のバランスを考えて作られたものが多いです。

厚さ20cm〜24cmがおすすめの人

厚さ20cm〜24cmのマットレスは次のような人がおすすめです。

  • 10万円近辺のベッドマットレスを検討している方
  • ベッドの上での使用を考えている方

厚さ15cm〜19cmマットレス

厚さ【15cm〜19cm】マットレスの特徴

厚さ15cm〜19cmのマットレスの特徴・用途、おすすめの人を詳しく見ていきましょう。

特徴・用途

厚さ15cm〜19cmのマットレスは、「豪華なウレタンマットレスに多い厚さ」になります。

このくらいの厚みだと、コイルスプリングはあまり存在せず、「高反発ウレタンマットレス」が中心のラインナップになってきます。

15cm〜19cmというと、ウレタンマットレスの中でも最上位の厚みで底つき感は一切なく寝心地の良いものが多いです。

このくらいの厚みがあれば床に直置きでも、ベッドでも十分使えます。

ただし、注意点としてはいくら厚みのあるウレタンマットレスだとしても、1万円、2万円の安すぎるものは体圧分散性が低く、寝心地が悪いものが多いというところです。

厚さ15cm〜19cmがおすすめの人

特徴・用途を踏まえると厚さ15cm〜19cmのマットレスは次のような人がおすすめです。

  • 寝心地の良いウレタンマットレスを検討している人
  • 直置きしたい方、ベッドで使いたい方どちらもOK

厚さ10cm〜14cmのマットレス

厚さ【10cm〜14cm】マットレスの特徴厚さ10cm〜14cmのマットレスの特徴・用途、おすすめの人を詳しく見ていきます。

特徴・用途

厚さ10cm〜14cmは「ウレタンマットレスの平均的な厚さ」です。

このくらいの厚みがあれば、底つき感はないので一枚で使ったとしても全く問題ないレベルになります。すのこベッドに使っても最適です。

有名どころだと「マニフレックス」「モットン」「エムリリー」などのメーカーが該当します。

厚さ10cm〜14cmがおすすめの人

厚さ15cm〜19cmのマットレスは次のような人がおすすめです。

  • 一枚で直置きできるウレタンマットレスを検討している人
  • すのこベッドでの利用を考えている人

厚さ8cm〜9cmのマットレス

厚さ【8cm〜9cm】マットレスの特徴

厚さ8cm〜9cmの特徴・用途、おすすめの人を詳しく解説していきます。

特徴・用途

厚さ8cm〜9cmは「ギリギリ一枚で使えるウレタンマットレスの厚さ」です。

もしかすると、人によっては若干底つき感を感じるかもしれませんので、場合によってはトッパーとの併用も考える必要があります。

ただ、ロフトベッドや二段ベッドの使用を検討している人は、このくらいの厚みが持ち運びを考えるとおすすめです。

厚さ8cm〜9cmがおすすめの人

厚さ8cm〜9cmのマットレスは次のような人がおすすめです。

  • ロフトベッドや二段ベッドで使うことを想定している人

厚さ7cm以下のマットレス

厚さ【7cm以下】マットレスの特徴

厚さ7cm以下の特徴・用途、おすすめの人を詳しく見ていきましょう。

特徴・用途

7cm以下は一枚で使うには、薄すぎるため、基本的に「トッパーとして使う厚さ」になります。

トッパーの用途は「既存のマットレスの上に敷いて寝心地をアップさせる」です。

ただ、例外的に、子供用で使う場合は体重もそこまで重くないことが想定されるので一枚で使っても問題ないでしょう。

厚さ7cm以下がおすすめの人

厚さ7cm以下のマットレスは次のような人がおすすめです。

  • 現在持っているマットレスの寝心地を改善したい人
  • 子供用にマットレスを検討している人

トッパーは次の記事も参考にしてみてください。

 

マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全31メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。