マットレスの選び方・基礎知識

スプリングマットレス3種類それぞれの特徴【おすすめ3選】

「スプリングマットレスってどんな特徴があるの?」
「具体的には、どんな種類があるんだろう?詳しく知りたい」

スプリングマットレスと一口で言っても種類が豊富だったり、そもそも何を指しているのか分かりにくかったりします。

そこで、ここではスプリングマットレスについて、種類や特徴、おすすめなどを詳しく、分かりやすく解説していきます。

スプリングマットレスとは?種類と特徴

スプリングマットレスとは、マットレスの中にスプリングが入っているマットレス全般を指しています。

スプリングマットレスには種類があり、大きく3つに分けられます。

  • ボンネルコイルスプリングマットレス
  • ポケットコイルスプリングマットレス
  • ボンネルコイルの進化版マットレス

この3種類のの中で、「ポケットコイル」と「ボンネルコイルの進化版」をおすすめしています。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

種類①ボンネルコイルスプリングマットレスの特徴

ボンネルコイルスプリングは、次のようにスプリングを押すと全体が動く(沈む)ようになっているのが特徴です。

マットレス一面に繋がったスプリングを張り巡らせていることから、面で支えるマットレスと言われてます。

デメリット

軋む音が大きい

コイルがマットレス全体に繋がっているため、動くとキシキシとうるさい音がするのがデメリットのひとつです。

硬いので痛い場合がある

面で支える構造のため、体圧分散性には優れません。
そのため、寝心地は硬いです。
硬いので、体の出っ張っている部分に負荷が集中し、痛いと感じる人もいるのがデメリットです。

メリット

価格が安い

ボンネルコイルマットレスは、比較的安価なものが多いです。

価格重視で、硬いマットレスが好きという人には合っているといえます。

へたりにくい(耐久性が高い)

その構造上、耐久性がとても高くへたりにくいのがメリットです。
マットレスの中であればトップクラスの耐久性を持つのがこのボンネルコイルマットレスです。

種類②ポケットコイルスプリングマットレスの特徴

一方で、ポケットコイルマットレスは、次の動画のように一つ一つ独立したスプリングがマットレス全体に埋め込まれているのが特徴です。

ボンネルコイルとは違い、それぞれのスプリングが体を支えてくれるので、点で支えるマットレスと言われています。
ポケットコイルマットレスは高級マットレスの代名詞とも言えるシモンズが開発したものになりますが、現在でのスプリングマットレスの主流になっています。

デメリット

価格が高め

ポケットコイルマットレスのデメリットは一点で、価格が高いものが多いという点です。
高級マットレスで使用されていることが多く、当然ですがクオリティが高いほど価格は高くなります。

メリット

軋む音が小さい

それぞれのスプリングが独立して動くようになっているので、振動を伝えにくいです。
そのため、ボンネルコイルマットレスと違ってマットレスが揺れても軋む音がしにくいです。

寝心地が良い

ポケットコイルマットレスは、点で支えるため、体重がかかったところだけ体が沈み込むという特徴があります。
そのため、体圧分散性が高く、一般的には寝心地が良いと言われています。

腰痛に良い

ポケットコイルマットレスは柔らかな寝心地の中でも、スプリングがしっかりと反発してくれるので寝返りが打ちやすいです。
さらに先ほども説明したような体圧分散性が高いという特徴もあるため、一点に負荷がかかることもなく、正しい姿勢で眠ることが出るので腰に負担がかかりにくく、腰痛にも良いとうのがメリットです。

種類③ボンネルコイルの進化版マットレス

ボンネルコイルの悪い部分を克服した進化版のマットレスも出てきており、具体的には次のような種類があります。

  • 高密度連続スプリングマットレス
  • ポスチャーテックコイルマットレス

それぞれの特徴を確認してみましょう。

高密度連続スプリングマットレス

高密度連続スプリングは、フランスベッド社が開発したスプリングで、ボンネルコイルから派生したものです。
次のように、コイルスプリングそのものは独立しているわけではないのですが、振動が伝わりにくいのが特徴です。

ポスチャーテックコイルマットレス

ポスチャーテックコイルマットレスはシーリー社が独自に開発したものです。
次の動画を見ると分かるのですが、体重によって硬さが勝手に変わるという特徴があり、体圧分散性が高いのが特徴です。

ウレタン等のスプリングなしマットレスとどっちがいいの?

スプリングマットレスと、ウレタンなどのスプリングなしマットレス(ノンコイルマットレス)はどちらが良いの?
と疑問に思う人が多いと思いますが、次のように選べば良いです。

コスパが良く、扱いやすいマットレスが欲しい人
  • ウレタン等のスプリングなしマットレス
価格が高くても高級ホテルのような寝心地を重視する人
  • ポケットコイルマットレス
  • ボンネルコイルの進化版マットレス

ボンネルコイルマットレスについては、寝心地はウレタンやポケットコイルに劣りますし、ウレタンの方がコスパも良いのであまりおすすめできません。

人気スプリングマットレスのおすすめ3選(オススメ度順)

スプリングマットレスに限定して、おすすめの3選をご紹介します。
ここでは、10万円以下の比較的リーズナブルなものを厳選していますが、10万円以上の高級なもののランキングは次をご覧ください。

高級ベッドマットレスおすすめ比較ランキング14選【最高の寝心地は?】 「高級マットレスに憧れる・・・」 「でも高級マットレスってどんな違いがあるの?」 「ブランドのランクも知りたい」 ...

東京ベッド Rev.7 Nラベル(ポケットコイル)

シングル70,200円〜
東京ベッドのこちらのモデルはコイル数や詰め物の品質もハイレベルでとてもおすすめできるマットレスです。
10万円以上の価格帯のものにも引けをとらないほどのスペックを持ち合わせています。

 

サータ アニバーサリー36th

シングル80,000円〜
高級マットレスブランドと言えば、サータと思い起こす人が多いほど、ブランド力が高い会社です。
ポスチャーテックを採用しており、コイル品質も「SWRH82B-C」という最高品質を使っています。耐久性、寝心地ともに申し分ないマットレスです。

 

フランスベッド マルチラスハード(高密度連続スプリング)

シングル55,000円〜
高密度連続スプリングを採用した有名なマットレスです。
フランスベッドは、名前で勘違いしがちですが日本のベッドメーカーなので、日本人体型や気候に合った作り方をしているのが特徴です。
少し硬めが好きな人は、価格もリーズナブルなのでおすすめのマットレスになります。

 

スプリング入りマットレスの捨て方と処分料金

スプリングマットレスは、次の方法で処分可能です。

  • 自治体で粗大ゴミとして回収(処分料金:1000円〜3000円)
  • 廃品回収業者で回収(処分料金:10,000円程度)
  • 買取業者に依頼(売れれば収入になる)
  • 新品購入時に引き取りしてもらう(基本無料)
  • フリマアプリやジモティーを使う(売れれば収入になる)

詳しくは次の記事にまとめてあるので、合わせてご覧ください。

ベッドマットレスの処分方法全6パターン【費用は?ニトリもOK?】 「マットレスの処分方法ってどうすれば良いの?」 「できるだけ安く手間をかけずにマットレスを処分したい」 「マット...

スプリングマットレスは基本解体できない

スプリングマットレスは、ウレタンマットレスなどとは違って、解体の難易度はかなり高いです。
不可能ではないですが、数時間かかりますし、危険なので自分では解体しない方が無難です。

圧縮袋で圧縮は不可能

ポケットコイルだと、最初に圧縮されているものもあるので、その状態に戻したいという人もいると思います。

しかし、一度復元したものは再度圧縮することはできないので、回収業者や買取業者に依頼するようにしましょう。

スプリングマットレスの寿命は?

スプリングマットレスの寿命は、平均的に10年程度と言われています。

ただし、当然安いものであればもっと短くなります。
また、逆に良いものであれば、上手に使うことができれば10年以上長持ちさせることも可能です。

スプリングマットレスの手入れや洗い方(洗濯方法)

スプリングマットレスは、ボンネルコイルもポケットコイルも手入れや洗い方は基本的に一緒です。

手入れはダニ・カビを防止、劣化防止ために重要

スプリングマットレスの手入れは、ダニやカビを防止し、マットレスを長く持たせてくれます。
具体的には、次の2つの手入れ方法があります。

  • マットレスを定期的に立てかけて陰干しする(週一ペース)
  • 裏表使えるマットレスなら、定期的に裏返して使う(月一ペース)

手入れを怠ると、マットレスの劣化が早まりますし、ダニカビも発生してしまうので、なるべく定期的に上記を行うことをおすすめします。

洗い方はクリーニングが理想

マットレスが汚れてきたら、丸洗いしたくなってくる人も多いと思いますが、自宅では洗わない方が良いです。
なぜなら、正しくできずにマットレスの劣化に繋がってしまうからです。

スプリングマットレスを洗うのであれば、クリーニング業者を利用するのが無難でおすすめです。

マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全31メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。