マットレスの使い方・手入れ方法

マットレスのローテーションのやり方【裏表はひっくり返すべき?上下のみでOK?】

マットレスのローテーションのやり方【重くて裏返しできない時の対処法も解説】

「マットレスのローテーションってどうやるの?」

マットレスのローテーションとは、定期的に裏表をひっくり返したり、上下(頭と足の位置)を入れ替えすることを言います。

マットレスはローテーションした方が良いことは間違いありませんが、正しいやり方を知らない人も多いと思います。

教授
教授
ここでは、マットレスのローテーションをやる意味や、正しいやり方を解説していくのじゃ。
この記事で分かること
  • ローテーションの正しいやり方
  • 重くてローテーションできない時の対処法
  • マットレスを長持ちさせるためにやった方が良いこと

マットレスのローテーションの目的とは?

マットレスのローテーションの目的とは?ローテーションとは、マットレスを定期的に上下、裏表を入れ替えて一箇所に負荷が集中するのを避ける手入れ方法のことです。

マットレスをローテーションするのは次の目的があります。

  • マットレスをへたりにくくし、長持ちさせる

マットレスの一部分に負荷が集中してしまうと、へたりやすくなり、大きく寝心地を損ねてしまいます。

そこで、定期的にローテーションすることでマットレスがへたるのを遅らせるわけです。

マットレスのローテーションの正しいやり方と期間

マットレスのローテーションの正しいやり方と期間マットレスのローテーションは、次のやり方と期間で行いましょう。

3ヶ月ごとに次を繰り返す
  1. マットレスの上下(頭と足の位置)を入れ替える
  2. マットレスの裏表をひっくり返す

図にすると次の通りです。

ローテーションの図解

上記のローテーションを3ヶ月スパンで行うことにより、マットレスの負荷が集中する位置が変わり、長持ちさせることが可能です。

ローテーションを行うと、シモンズやシーリーなどの高級ベッドマットレスの場合、10年以上簡単に長持ちさせることも可能です。

片面しか使えないマットレスの場合は上下(頭と足)だけローテーション

裏面も表面も両方使えるマットレスが多いですが、もし片面しか使えないものをお持ちの場合は、上下(頭と足の位置)のローテーションだけ3ヶ月ごとに行うようにしましょう。

上下の入れ替えだけでも十分効果を発揮してくれます。

ローテーションをする前に、お手持ちのベッドマットレスが裏返しても使用可能かは確認しておくようにしましょう。

裏表両方使えるマットレスか確認する方法

マットレスは裏表両方使えないものも存在します。両面仕様であれば裏表使うことができますが、片面仕様であれば片面しか使えないのです。

片面仕様か、両面仕様かを判断するには、次の方法があります。

裏表使えるか確認する方法

  • マットレスの販売サイトを確認する
  • 購入先の店舗や店員に確認する

ウレタンマットレスであれば基本的に両面使えますが、ポケットコイルやボンネルコイルマットレスは片面仕様の場合もあるので確認してローテーションするようにしましょう。

マットレスの裏表はラベルの有無で判断する

マットレスの裏と表をローテーションさせるといっても、そもそもどちらが裏か表か判断が付いていないという方もいるかと思います。

しかし、ベッドマットレスの裏表(上下)の判断方法は簡単で、以下の通りです。

裏表(上下)の判断基準
裏表を判断する方法 ・ラベルのついている方が表
上下を判断する方法 ・ラベルのついている方が下(足元)

ベッドマットレスの裏表(上下)は以下のようなラベルで判断が可能です。

裏表(上下)をラベルで判断

また、ウレタンマットレスなどのラベルのないものは基本的に裏表(上下)の概念がないものが多いですが、商品の説明ページなどで個別に判断するようにしましょう。

ベッドマットレスの裏表と上下が分かれば、ローテーションしていく中で次はどの方向に動かせば良いのか分からなくなることもありません。

マットレスのローテーションをする意味は長持ちさせること

マットレスのローテーションをする意味は長持ちさせることマットレスのローテーションをおこなうと「マットレスを長持ちさせる」ことができます。

寝ている時、マットレスには同じ位置に負荷が掛かり続けています。具体的には次のような腰やお尻の部分に負荷がかかっています。

腰やお尻の部分に負荷がかかっている

何ヶ月、何年も同じ位置で寝てしまうと、負荷が集中している部分だけへたってしまい、ベッドマットレスが早い段階で使い物にならなくなってしまうのです。

そこで、マットレスを定期的にローテーションし、負荷を分散することにより、マットレスを長持ちさせることができます。

マットレスが重くてローテーションできない時の対処法

マットレスが重くてローテーションできない時の対処法マットレスが重くて紹介した正しいやり方通りにローテーションできない場合は、無理はせず、以下で対応しましょう。

上下(頭と足の位置)だけローテーションするなど、できる範囲で行う

分厚いベッドマットレスなどは重いので、特に女性の方は一人で裏返しできないという人も多いと思います。

無理して裏返ししてしまうと危ないですし、ベッドマットレスが良からぬところにぶつかって破損してしまう可能性もあります。

購入時にできる対策もある

クイーンサイズ以上のベッドマットレスは非常に重く、男性でも裏返すのに一苦労です。

購入時にセミシングルマットレスを2台で購入し、連結させてクイーンサイズにするとローテーションしやすくなるのでこれから購入する方は覚えておきましょう。

セミシングルマットレスを2台でクイーンサイズ

連結したマットレスもここで紹介した通りにローテーションすれば問題ありません。

マットレスのローテーションと同時にやった方がよいこと

マットレスのローテーションと同時にやった方がよいことマットレスをローテーションさせる際に、同時に次の2点も行うと効率的です。

  • 陰干しをして湿気を飛ばす
  • カバーやパッドを変える

この2点をおこなうとベッドマットレスの長持ちにもつながります。

陰干しをして湿気を飛ばす

陰干しをして湿気を飛ばすマットレスをローテーションする際に余裕があれば陰干しを行い、湿気を飛ばしましょう。

ただし、ローテーションの時だけ陰干しすれば良いというわけではなくマットレスの種類ごとに適切な干す頻度があります。

また、たまに天日干しを推奨する方がいますが、ベッドマットレスの多くは熱や日光に弱いのでやってはいけません。

マットレスの干し方や干す頻度については次の記事に種類別にまとめていますので合わせて参考にしてください。

マットレスの干し方【干す時間は?天日干しでOK?干せない時の対処法も】 「マットレスの干し方ってどうやるの?」 「布団と同じように天日干しで干すの・・?」 ベッドマットレスを干すのが面...

カバーやパッドを変える

カバーやパッドを変えるマットレスをローテーションする際に、カバーやベッドパッドも変えるようにすると効率的です。

ローテーション時に、カバーやベッドパッドの替えを用意してから作業するようにしましょう。

教授
教授
正しくローテーションを行うことで、マットレスの持ちが格段に上がるぞい!
マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全41メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。

  

ABOUT ME
マットレス大学編集部
日本最大級の寝具情報メディア「マットレス大学」編集部。10種類以上のマットレスを実際に使用した担当者が記事作成・監修。 全ての人々の睡眠の質が少しでも良くなるように、マットレスや枕などの寝具に関する情報を分かりやすく発信していきます。