マットレスブランド一覧 PR

アスリープマットレスの口コミ・評判!カビが心配?寿命は?

「アスリープマットレスってどんな商品なの?」

「アスリープマットレスを実際に使用している人の口コミや評判を知りたい…」

アスリープマットレスは2020年に別会社へ生産設備を譲渡したことで、一部商品の仕様変更や、新しい商品の販売を行っています。

そこで今回は、アスリープマットレスの最新モデルを実際に使用している方の口コミ・評判を分析して、メリット・デメリットを分かりやすく解説します。

教授
教授
アスリープマットレスを最安値で購入する方法も紹介するぞい!
項目 アスリープ(ASLEEP)マットレスのスペック詳細
商品ランク Aランク
コスパ   4.0
寝心地   4.0
腰痛対策   4.0
耐久性 不明
マットレス価格 シングル:88,000円
セミダブル:104,500円
ダブル:121,000円
ワイドダブル:137,500円
素材 ファインレボ
厚さ 19cm
重量 シングル:13kg
セミダブル:17kg
ダブル:19kg
ワイドダブル:21kg
製造国 不明
マットレス大学の評価

アスリープマットレスはノンコイル系マットレスです。ファインレボという独自開発した特殊な素材とウレタンを組み合わせており、独特な寝心地を味わうことができます

ファインレボの特徴は寝返りがしやすいことと、振動減衰性の機能があることです。
アスリープ(ASLEEP)マットレスの口コミ・評判

引用:asleep.co.jp

ポケットコイルスプリングが上下の動きだけなのに対して、ファインレボの場合はタテ・ヨコ・ナナメの3方向に中材が動きます。寝ている身体に合わせてしっかりとサポートができるのが特徴です。また振動減衰性機能があるため寝返りを打っても響きにくく、腰痛対策やパートナーと一緒に寝たいと考えている方におすすめ。

ただし、販売価格が高いことと、返品保証が付いていないことがネックです。返品保証が無いので、寝心地を気軽に試すことはできません。

 

目次

アスリープ(ASLEEP)マットレスの口コミ・評判

アスリープ(ASLEEP)マットレスの口コミ・評判アスリープマットレスの口コミ・評判について、SNS(Twitter・Instagram)やブログなどを調査しまとめたところ、次のような内容が多くありました。

  • 寝返りが打ちやすい
  • サポート力が高い
  • 揺れが少ないのでパートナーと一緒に寝られる
  • 腰痛対策に良い
  • 値段が高い
  • 返品保証が無い

アスリープマットレスの口コミ・評判は「少ない力で寝返りが打てる」「腰や背中に負担が集中しない」などのポジティブな内容が多いです。また、揺れが少ないマットレスなので、パートナーや子どもと一緒に寝たい方の評判も高いです。

一方で、販売価格が高く、返品保証が無いので購入しづらいという内容もあります。また、ノンコイル系マットレスなので、柔らかい寝心地が合わない方もいます。

詳しくみていきましょう。

アスリープ(ASLEEP)マットレスの良い口コミ・評判

アスリープマットレスの良い口コミ・評判には次のようなものがありました。

仰向け寝でも、横向き寝でも身体がしっかりとサポートされるという評判だったので購入してみました。確かに、どの寝方でも身体が支えられているのが分かります。少ない力で寝返りが打てるので、購入して良かったです。
コイルの硬さや感触が苦手だったので、ノンコイル系マットレスのアスリープを購入しました。寝心地が柔らかくて、朝まで熟睡できます
寝返りを多く打つので、揺れないマットレスを探している時に見つけました。評判通り、揺れにくいマットレスなので、途中で起きることなく寝ることができます。

アスリープマットレスの良い口コミで多いのは「寝返りが打ちやすい」「身体がしっかりと支えられている」などの内容です。

アスリープマットレスで使用されているファインレボは、寝ている人の向きや動きにフィットします。そのため寝返りが打ちやすく、サポート力の高いマットレスになります。

アスリープ(ASLEEP)マットレスの悪い口コミ・評判

アスリープマットレスの悪い口コミ・評判には次のようなものがありました。

評判が良かったので購入してみましたが、柔らかい寝心地が自分に合いません。高い商品だけにガッカリです。
お店で試して寝心地に気に入って購入しましたが、定期的にメンテナンスをするのが面倒です。返品保証が無いため返すこともできないので、メンテナンスを忘れないように使っていきます。

悪い口コミで多いのは、寝心地が柔らかい、価格が高いなどの内容です。確かに、アスリープマットレスはノンコイル系マットレスのため、寝心地はどちらかと言えば柔らかいです。ただし、寝心地は人によって感じ方が異なるので、実際に使用しないと分かりません。

教授
教授
アスリープマットレスは返品保証が無いので、なるべくお店で試してから購入すると良いぞい。

アスリープ(ASLEEP)マットレスの特徴と口コミ

アスリープ(ASLEEP)マットレスの特徴と口コミアスリープマットレスの特徴は以下のとおりです。

  • 特殊な素材ファインレボを使用している
  • ノンコイル系マットレスで体圧分散性に優れている
  • カバー部分が取り外し可能で洗濯や日干しが可能

上記の特徴はアスリープマットレスの全シリーズに共通しています。次項より、商品ごとの特徴と口コミ・評判を解説します。

アスリープ(ASLEEP)ファインレボマットレスW-R1

販売価格(税込) シングル:96,800円
セミダブル:124,630円
ダブル:160,930円
ワイドダブル:142,780円
サイズ シングル:97cm×197cm
セミダブル:121cm×197cm
ダブル:141cm×197cm
ワイドダブル:149cm×197cm
厚み 19cm
重量 シングル:13kg
セミダブル:17kg
ダブル:19kg
ワイドダブル:21kg
特徴 心地よい寝返りが味わえるスタンダードモデル

アスリープファインレボマットレスW-R1はファインレボを高密度ウレタンに埋め込むことで、心地良い寝返りを味わえる商品です。ウレタンからファインレボが8mmほど出っ張っているため、従来商品よりサポート感がアップしています。
また、ファインレボを腰部に集中しているので、少ない力でも自然に寝返りを打つことが可能です。カバーは洗濯可能で、日干しが大丈夫な商品なので、清潔な状態を長持ちできます

アスリープ(ASLEEP)ファインレボマットレスW-R1の口コミ

お店で試したところ、一番寝返りがしやすい商品だったので購入してみました。家でも寝返りがしやすく、腰の痛みが和らいだように思えます。
ノンコイル系マットレスは初めてだったのですが、柔らかな寝心地が気に入って購入しました。コイルと違って、身体がフィットするような柔らかさに包まれるのが私に合っています。

 

アスリープ(ASLEEP)ファインレボマットレスコンフォートET

引用:asleep.co.jp

販売価格(税込) シングル:126,500円
セミダブル:143,000円
ダブル:165,000円
ワイドダブル:187,000円
サイズ シングル:97cm×197cm
セミダブル:121cm×197cm
ダブル:141cm×197cm
ワイドダブル:149cm×197cm
厚み 26cm
重量 シングル:22kg
セミダブル:26kg
ダブル:31kg
ワイドダブル:33kg
特徴 ユーロトップが着脱可能なので手入れがしやすい商品

アスリープファインレボマットレスコンフォートETは、マットレス表面に低反発ウレタン(メモリーフォーム)を配置しているので、包み込まれるようなフィット感があります
メモリーフォームは脱着が可能なので、いつでも簡単にお手入れが可能です。低反発ウレタンのフィット感とファインレボのサポート感をどちらも味わうことができます。

アスリープ(ASLEEP)ファインレボマットレスコンフォートETの口コミ

硬めのマットレスが苦手なので、低反発ウレタンを多く使用している本商品を選びました。身体の重みや動きに逆らわずに反応してくれるので、余計な負担がありません。
汗をかきやすい体質なので、マットレスの上層部が取り外せて洗えることに魅力を感じました。定期的に洗えるので、清潔な状態を長持ちできます

アスリープ(ASLEEP)ファインレボマットレスコンフォートPT

販売価格(税込) シングル:110,000円
セミダブル:137,390円
ダブル:153,890円
ワイドダブル:175,890円
サイズ シングル:97cm×197cm
セミダブル:121cm×197cm
ダブル:141cm×197cm
ワイドダブル:149cm×197cm
厚み 24cm
重量 シングル:20kg
セミダブル:24kg
ダブル:28kg
ワイドダブル:30kg
特徴 低反発ウレタンによる包み込まれるようなフィット感が味わえる

アスリープファインレボマットレスコンフォートPTは、低反発ウレタンをマットレス上層に配置した商品です。寝ている体を低反発ウレタンが優しく包み込み、ファインレボがしっかりと支えるので、理想的な寝姿勢を維持できます
ファインレボマットレスコンフォートETとの違いはメモリーフォームが着脱できないことです。着脱できないため、定期的に陰干しをして、湿気を放湿しましょう

アスリープ(ASLEEP)ファインレボマットレスコンフォートETの口コミ

似たような商品と迷いましたが、販売価格が安かったので、こちらの商品を購入しました。柔らかい寝心地が気に入っており、今度は家族分を揃えようかと考えています。
仰向け寝でも、横向き寝でもしっかりとサポートされているのが分かります。自分の好きな寝姿勢を取りやすいので、使いやすいベッドです。

 

アスリープ(ASLEEP)NファインレボマットレスJP

販売価格(税込) シングル:160,600円
セミダブル:177,100円
ダブル:199,100円
ワイドダブル:221,100円
(※デオドラントタイプは+10,000円)
サイズ シングル:97cm×197cm
セミダブル:121cm×197cm
ダブル:141cm×197cm
ワイドダブル:149cm×197cm
厚み ノーマル・デオドラント:21cm
フィット:24cm
重量 シングル:23kg
セミダブル:28kg
ダブル:35kg
ワイドダブル:38kg
特徴 2種類の硬さと3種類のカバーから好みの寝心地を選ぶことができる

アスリープNファインレボマットレスJPは2種類の硬さと3種類のカバーから、自分好みの寝心地を選ぶことが可能です。しっかりとしたサポート感が欲しい方はハード、柔らかい寝心地が好みの方はソフトを選ぶようにしましょう。
上部カバーはノーマル、フィット、デオドラントの3種類があります。ノーマルは通常の寝心地、フィットは包み込むような柔らかさ、デオドラントは抗菌や消臭に特化するなど特徴が異なるので、自分好みの組み合わせにすると良いです。

アスリープ(ASLEEP)NファインレボマットレスJPの口コミ

なるべく硬めの寝心地にしたかったので、ハードタイプでカバーはノーマルを選択しました。同じメーカーの他のマットレスよりも硬く、自分好みの寝心地となっています。
抗菌・消臭機能があるデオドラントカバーとソフトタイプの組み合わせを使用しています。夏場でもニオイが抑えられているので、購入して良かったです。
アスリープ(ASLEEP)NファインレボマットレスJPを見てみる

アスリープ(ASLEEP)ファインレボマットレスR3の良い口コミ・評判

販売価格(税込) シングル:118,800円
セミダブル:135,300円
ダブル:157,300円
ワイドダブル:179,300円
(※デオドラントタイプは+10,000円)
サイズ シングル:97cm×197cm
セミダブル:121cm×197cm
ダブル:141cm×197cm
ワイドダブル:149cm×197cm
厚み ノーマル・デオドラント:21cm
フィット:24cm
重量 シングル:16kg
セミダブル:21kg
ダブル:25kg
ワイドダブル:27kg
特徴 3種類のカバーから寝心地を選べる商品

アスリープファインレボマットレスR3はノーマル、フィット、デオドラントの3種類のカバーから寝心地を選べる商品です。上部カバーはフィット以外丸洗い可能なので、汚れたら洗濯して日干しをしましょう
ファインレボの配列は腰部よりも肩から足に集中しているのも特徴です。首や肩への負担を軽減しながら自然な寝返りを可能にします。マットレス端部にハードタイプウレタンを配置しているので、立ち上がりがしやすい商品です。

アスリープ(ASLEEP)ファインレボマットレスR3の口コミ

お店で色々と試した結果、気に入ったので購入しました。マットレスの端に硬いウレタンが配置されているので立ち座りがしやすく、重宝しています。
首や肩のあたりがしっかりとサポートされているのか、朝起きた時に感じていた上半身の怠さがありません。使い始めたばかりですが、購入して良かったです。

 

アスリープ(ASLEEP)ファインレボマットレスR1

販売価格(税込) シングル:84,700円
セミダブル:101,200円
ダブル:117,700円
ワイドダブル:134,200円
サイズ シングル:97cm×197cm
セミダブル:121cm×197cm
ダブル:141cm×197cm
ワイドダブル:149cm×197cm
厚み 22cm
重量 シングル:13kg
セミダブル:17kg
ダブル:19kg
ワイドダブル:21kg
特徴 ファインレボのサポート感を体験しやすいエントリーモデル

アスリープファインレボマットレスR1はファインレボのサポート感を体験しやすいエントリーモデルです。支持層がソフトとスタンダードの2種類があるので、好みの硬さを選ぶことができます。
アスリープファインレボマットレスR1同様にマットレス端部にハードタイプウレタンがあるので、立ち座りがしやすいモデルです。また、端部が潰れにくいので、マットレスを並べて使用したい方にもおすすめの商品になります。

アスリープ(ASLEEP)ファインレボマットレスR1の口コミ

アスリープの他のマットレスと比べて、販売価格が安かったので購入しました。ファインレボ独特の寝心地を味わいつつ、朝まで熟睡できます。
シングルサイズを2つ並べて、キング相当のマットレスとして使用しています。マットレスが繋がっている中央部分が沈み込みにくいので、子どもが落ちてしまう心配がありません。購入して良かったです。

 

アスリープ(ASLEEP)ファインレボ敷き布団

販売価格(税込) シングル:60,500円
セミダブル:70,000円
サイズ シングル:97cm×197cm
セミダブル:121cm×197cm
厚み 9cm
重量 シングル:8kg
セミダブル:9kg
特徴 マットレスのような寝心地を味わえる

アスリープファインレボ敷き布団はファインレボを使用した敷布団タイプの商品です。敷布団ながら、ファインレボのサポート感によって本格的なマットレスのような寝心地を味わえます。
上部はニット生地で包み込まれるような感触となり、底部はメッシュ生地で湿気対策を行っています。使用していない時は畳めるので、部屋を広く使うことが可能です。ただし、シングルとセミダブルのみなので、大きいサイズを探している方は別の商品を検討しましょう

アスリープ(ASLEEP)ファインレボ敷き布団の口コミ

マットレスのようにしっかりとサポートできる敷布団を探していたので、購入しました。敷布団とは思えないほどサポート力が高く、満足しています。
使用していない時は三つ折りにして収納できるので、寝室を広く使用することができます。来客用や緊急時用としても使用できそうなので、追加で購入するか検討中です。

 

 

アスリープ(ASLEEP)マットレスのメリット・デメリット

アスリープ(ASLEEP)マットレスのメリット・デメリットアスリープマットレスを使った方の口コミ・評判などを分析して分かるメリット・デメリットは次になります。

デメリット 価格が高い
返品保証がなく保証も短め
カビが発生しやすい
メリット ファインレボ採用で寝返りしやすい
体圧分散性能が良い
寝姿勢に無理が無く体の負担軽減

上記のメリット・デメリットを詳しく解説します。

アスリープ(ASLEEP)マットレスのデメリット

アスリープマットレスのデメリットは価格や保証の面での不安です。よく確認して検討しましょう。

価格が高い

アスリープマットレスの1つ目のデメリットは、価格が高いことです。シングルサイズで販売価格が10万円以下の商品は次になります。

シングルサイズの販売価格(税込)
ファインレボマットレスW-R1 88,000円
ファインレボマットレスR1 84,700円
ファインレボ敷き布団 60,500円

過去に当サイトで行ったアンケートによると、使用しているマットレスの価格帯で最も多いのは10,000円~29,999円です。アンケート結果と比べると、アスリープマットレスは高いと言えます。

教授
教授
アスリープマットレスは購入した方の口コミや評判だと満足度も高いぞい。

返品保証がなく品質保証も短め

返品保証が無いこともデメリットのうちの1つ。寝心地を気軽に試して、気に入らなかったら返すといったことはできません。アスリープマットレスを購入する時は店舗で寝心地を確認した方が良いでしょう。

また品質保証が2年と短いのも欠点です。次の表は、マットレスの品質保証をまとめたものになります。

品質保証
アスリープマットレス 2年
エアウィーブ 3年
エムリリー 3年
エマスリープ 10年

マットレスの品質保証はメーカーや商品によって異なり、10年以上の長期保証もありますが、3年が多いです。アスリープマットレスは2年なので、やや短いように感じられます。

マットレスの耐久性や保証にこだわる方は、別の商品を検討してみましょう。

教授
教授
品質保証はあくまでも目安で、定期的にメンテナンスをする必要があるぞい。

カビが発生しやすい

アスリープマットレスは通気性が悪く、ウレタンマットレスと同様に定期的な換気が必要です。湿気をそのままにしておくとカビが発生し、不衛生な状態になります

最低でも1カ月に1回はカバーを外して換気しなければいけないため、少々手間がかかります。手入れが面倒な方はスプリングマットレスの方が良いでしょう。

スプリングマットレスとは【全種類それぞれの見分け方を解説】 「スプリングマットレスとは、そもそもどのマットレスを指してるの?」 「スプリングマットレスの種類や見分け方を知りたい・・・...

アスリープ(ASLEEP)マットレスのメリット

アスリープマットレスの魅力は寝心地の良さです。3つのメリットがあるので確認していきましょう。

ファインレボ採用で寝返りしやすい

アスリープマットレスの最大のメリットは、ファインレボを採用したので、寝返りがしやすいことです。

ファインレボはノンコイル系素材で、スプリングと違ってタテ・ヨコ・ナナメの動きが可能です。3次元的にフレキシブルな動きで身体をサポートするので、寝返りがしやすくなっています。

また、ファインレボがウレタンに埋め込まれた構造なので、通常のマットレスに比べて揺れが少ないのも特徴です。横向き寝、仰向き寝のどちらでも快適な睡眠が体験できます。

教授
教授
揺れが少ないので、パートナーと一緒に眠りたい方におすすめじゃ。

体圧分散性能が良い

アスリープマットレスの2つ目のメリットは、体圧分散性能に優れていることです。寝ている身体がベッドに触れると圧力がかかり、特に腰や肩、脚などに負担が集中します。

負担が集中すると血流が滞り、コリや痛みとなって身体に悪影響を及ぼします。アスリープマットレスは身体にかかる圧力をまんべんなく分散できるので、血行を妨げません

フィット感も高いため、身体のラインに沿いつつ理想的な寝姿勢になるようにサポートします。

教授
教授
体圧分散性に優れているので、腰痛対策を考えている方にもおすすめの商品になるぞい。

寝姿勢に無理が無く体の負担軽減

最後のメリットは、横向き寝でも、仰向きで寝でも理想的な寝姿勢を維持しやすいことです。寝姿勢に無理がないため、身体の負担を軽減できます。

理想的な寝姿勢を維持できれば睡眠の質は向上します。実際に使用している方の口コミでも朝まで熟睡できたなどの内容が多いので、睡眠の質を向上させたい方は検討してみましょう

教授
教授
商品によって硬さが異なるので、寝心地にこだわりたい方はしっかりと確かめてみるのじゃ。

 

アスリープ(ASLEEP)マットレスの最安値店舗は?

アスリープ(ASLEEP)マットレスの最安値店舗は?次の表は、アスリープファインレボマットレスR1の販売価格をまとめたものです。

ファインレボマットレスR1 シングルサイズの販売価格(税込)
公式サイト 84,700円
Amazon 54,611円
PayPayモール 76,230円
楽天市場 76,230円

アスリープマットレスの最安値店舗はAmazonです。Amazonではアスリープ(ASLEEP)の公式ショップがあり、一部のマットレスが公式サイトや他のECサイトよりも格安で販売されていることがあります。

ただし、全ての商品が最安値とは限りません。特定のサイズのみが安く、他のサイズは公式サイトや他のECサイトと同程度の価格で販売されているケースもあります。Amazonで最安値が見つからない時は、PayPayモールや楽天市場などもチェックしてみましょう。

 

 

アスリープ(ASLEEP)マットレスに関するQ&A

アスリープ(ASLEEP)マットレスに関するQ&Aアスリープ(ASLEEP)マットレスに関する質問に回答します。

Q.アスリープ(ASLEEP)マットレスはリニューアルしたの?

アスリープマットレスは2020年4月より生産工場を変更したため、マットレスのラインナップや仕様が変更となっています。過去に販売していた一部商品を公式サイトで購入できなくなっているので注意しましょう。

教授
教授
販売終了した商品が欲しいなら、ECサイトやフリマアプリをチェックしてみると良いぞい。

Q.アスリープ(ASLEEP)マットレスで電気毛布や湯たんぽは使えますか?

体温以下の温度なら電気毛布や湯たんぽは使用できます。体温以上の温度だと、ウレタンやファインレボが劣化する恐れがあるので、使用しないようにしましょう。

教授
教授
表面のカバーは洗濯機や乾燥機を使用できるのじゃ。

Q.アスリープ(ASLEEP)マットレスはどこで購入できますか?

アスリープマットレスは全国の家具店やネット通販業者、公式サイトで購入できます。また、関東、東海、九州地区の家具店に展示があるので、実際に寝心地を体験できます。

教授
教授
購入や体験を考えている方は、公式サイトのフォームで問い合わせてみるのじゃ。

 

アスリープ(ASLEEP)マットレスがおすすめの人

アスリープ(ASLEEP)マットレスがおすすめの人アスリープマットレスを使用している方の口コミ・評判を分析して、おすすめできる人とそうでない人を紹介します。

アスリープ(ASLEEP)マットレスがおすすめできない人

次のような人は、アスリープマットレスをおすすめできません。

  • マットレスにお金をかけたくない人
  • ノンコイル系マットレスが苦手な人
  • クイーンやキングサイズを探している人

アスリープマットレスは一般的な商品に比べると販売価格が高め。エントリーモデルのファインレボマットレスR1でもシングルサイズが84,700円(税込)と高額なので、寝具にお金をかけたくない人にはおすすめできません

また、全てノンコイル系マットレスになります。コイルのように硬く、しっかりとした寝心地を味わうことは難しいです。コイル系マットレスに比べてメンテナンスをする頻度が多いので、手間が掛かるというデメリットもあります。

クイーンやキングサイズを販売しておらず、クイーンよりも大きいマットレスを探している方は別のマットレスを検討してみましょう

教授
教授
シングルサイズを2つ購入して並べると、キングサイズ相当のベッドになるので試してみると良いぞい。

アスリープ(ASLEEP)マットレスがおすすめできる人

次のような人は、アスリープマットレスがおすすめできます。

  • 寝返りがしやすいマットレスを探している人
  • 腰痛対策を考えている人
  • パートナーや子どもと一緒に寝たい人

アスリープマットレスはファインレボを使用しているため、ノンコイル系マットレスの中でも寝返りがしやすい商品になります。寝返りがしやすいと腰や背中に体圧が集中しにくくなるので、腰痛対策に良いマットレスです。

また、ファインレボは他の中材に比べて振動を抑える力が高いです。そのため、寝返りを打ってもパートナーや子どもを起こす心配がありません

教授
教授
最安値商品を探すなら、Amazonや楽天市場などのECサイトを中心に検索してみるのじゃ。

 

アスリープ(ASREEP)マットレスで身体の悩みを解消

アスリープは独自開発したファインレボで、快適な寝心地を提供してくれるマットレス。寝姿勢や体型に合わせて豊富なバリエーションから選べて、自分に合ったものを選びやすいでしょう。ただしお試し期間などがないため、店頭で寝心地はしっかりチェックが必要です。今回の記事の口コミやメリットデメリットも参考にしてみてください。

 

マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全41メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。

 

ABOUT ME
マットレス大学編集部@
日本最大級の寝具情報メディア「マットレス大学」編集部。 家具店に勤務・ベッド通販サイトの店長を12年努めた、担当者が記事作成・監修。 経験を活かし、全ての人々の睡眠の質が少しでも良くなるように、マットレスや枕などの寝具に関する情報を分かりやすく発信していきます。