枕のおすすめ人気ランキング28選【2024・2023年最高の安眠枕は?】 PR

健眠枕の口コミ・評判と使用レビュー!最安値やクーポン情報も

雲のやすらぎ・健眠枕の口コミ・評判!寝姿勢に拘ったまくらの実力は?!

「雲のやすらぎ健眠枕ってどんな枕なんだろう?」

「雲のやすらぎ健眠枕を使用している人の口コミや評判が知りたい…」

健眠枕は、雲のやすらぎから販売されている俳優の松平健さんがプロデュースした枕です。美容整体師の井上剛志さんが監修し、睡眠の質を高める、巻き肩や猫背、ストレートネックなどの対策を行える枕として注目されています。

そこで今回は、雲のやすらぎ健眠枕を実際に使用している方の口コミ・評判を分析して、メリット・デメリットを分かりやすく解説します。

教授
教授
雲のやすらぎ健眠枕をお得に購入できる店舗も紹介するぞい。
項目 雲のやすらぎ健眠枕のスペック詳細
価格(税込) 14,980円
素材 ポリウレタン
サイズ(約) 600×380×140mm
洗濯 不可
(カバーは洗濯可能)
返品保証 なし
製造国 日本
マットレス大学の評価

健眠枕は睡眠の質の向上が期待できる枕です。

肩全体を支えるワイドな形状と、ほど良い中反発素材により、固まった肩周りの筋肉が緩み、巻き肩や猫背を防止できます。また、両サイドは高さがあるので、仰向け寝だけでなく、横向き寝でも理想的な寝姿勢を維持しやすい形状です。

中央と両サイドに向けて持ち上がる傾斜が付いているので、スムーズに寝返りが打てます。仰向け寝や横向き寝、うつむき寝など、好きな寝姿勢を取りやすいことも魅力的なポイントです。

ただし、単品価格が14,980円(税込)と、枕の相場からすると高いことや、ウレタン素材を使用しているため、人によっては合わない可能性があることがデメリットになります。返品保証は付いていないので、購入するときは注意しましょう。

 

健眠枕の口コミ・評判!

雲のやすらぎ健眠枕の口コミ・評判!健眠枕の口コミ・評判について、SNS(Twitter・Instagram)やブログなどを調査し、まとめてみました。

  • 睡眠の質が向上する
  • 巻き肩や猫背、ストレートネックなどに良い影響を与える
  • 寝返りが打ちやすい
  • 横向き寝やうつ伏せ寝がしやすい
  • 価格が高い
  • ウレタンの感触が合わない
  • 返品保証はない

健眠枕の口コミ・評判は「熟睡できるようになった」「起きた時に身体が楽になったように思える」などのポジティブな内容が多いです。

一方で、雲のやすらぎ健眠枕は「枕にしては価格が高い」「ウレタンの独特な感触が合わない」などの口コミ・評判はあります。

雲のやすらぎ健眠枕は高額ですが、楽天市場やAmazonなどのECサイトで販売されているので、独自のセールやキャンペーンを活用してみましょう。また、複数購入したい方やプレミアム枕カバーをセットで購入したい方は、公式サイトのほうがお得です。

教授
教授
プレミアム枕カバーや付属カバーは公式サイトで追加購入できるのじゃ。

健眠枕の良い口コミ・評判

雲のやすらぎ健眠枕の良い口コミ・評判には次のようなものがありました。

思っていたよりも柔らかく、頭や肩にフィットするような寝心地です。朝までぐっすりと眠れるようになり、これからも愛用していきたいです。
両サイドに高さがあるので、横向き寝がしやすい枕になります。また、寝返りも打ちやすいので、夜中に起きてしまう回数が減ったように思えます。
巻き肩で悩んでいたときに評判を聞いて購入してみました。確かに、前の枕に比べて肩の筋肉が楽になったように感じられるので、購入して良かったです。

雲のやすらぎ健眠枕の良い口コミ・評判は「朝までぐっすり眠れる」「寝心地が良い」などの内容が多いです。

雲のやすらぎ健眠枕は特殊な形状により、頭や首だけでなく、肩までサポートしてくれる枕です。肩の筋肉が緩むため、睡眠の質の向上だけでなく、巻き肩や猫背、ストレートネックなどの対策も期待できます。

教授
教授
横向き寝やうつ伏せ寝などの寝姿勢も取りやすい枕じゃ。

雲のやすらぎ健眠枕の悪い口コミ評判

雲のやすらぎ健眠枕の悪い口コミ・評判には次のようなものがありました。

思っていたよりも柔らかくて、頭が落ち着かない。使い続けて慣れることを期待しています。
寝心地がよくて、今後も使っていきたいと思います。ただ、正直に言えば価格が高いなと思いました。それと、購入してから公式サイトのセット販売のほうがお得に購入できたと知って、損をした気分です。

雲のやすらぎ健眠枕の悪い口コミ・評判で多いのは、「ウレタンの寝心地が合わない」「価格が高い」などの内容です。

雲のやすらぎ健眠枕の中材はウレタンで、独特の寝心地となっているので合わないと感じる場合があります。また、雲のやすらぎ健眠枕は単品価格が14,980円(税込)と一般的な枕に比べると高いです。

教授
教授
雲のやすらぎ健眠枕は返品保証が付いていないぞい。

雲のやすらぎ健眠枕のメリット・デメリット

雲のやすらぎ健眠枕のメリット・デメリット雲のやすらぎ健眠枕を使った方の口コミ・評判などを分析して分かるメリット・デメリットは次になります。

デメリット 価格が高い
ウレタン枕が合わない場合がある
返金保証はない
メリット 睡眠の質の向上が期待できる
巻き肩や猫背、ストレートネックの対策になる
高さを選べる
好きな寝姿勢を取りやすい

上記のメリット・デメリットを順番に解説します。

雲のやすらぎ健眠枕のデメリット

雲のやすらぎ健眠枕のデメリットは以下の通りです。

  • 価格が高い
  • ウレタン枕が合わない場合がある
  • 返金保証はない

健眠枕の最大のデメリットは価格が高いことです。当サイトでアンケートを実施したところ、枕の平均価格は1,001~3,000円が最も多い価格帯になります。健眠枕の単品価格は14,980円(税込)なので、一般的な相場に比べると高いです。

また、健眠枕はウレタン素材を用いています。ウレタンは包み込むような感触が特徴的で、人によっては合わないと感じて睡眠の質に悪影響を及ぼすケースがあるので注意しましょう。

教授
教授
雲のやすらぎ健眠枕は返品保証が付いていないので、寝心地が合わなくても返金してもらえないぞい。

雲のやすらぎ健眠枕のメリット

健眠枕のメリットは以下の通りです。

  • 睡眠の質の向上が期待できる
  • 巻き肩や猫背、ストレートネックの対策になる
  • 高さを選べる
  • 好きな寝姿勢を取りやすい

健眠枕は特殊な形状をしており、肩までしっかりと支えることで理想の寝姿勢へと導きます。理想の寝姿勢を維持できれば睡眠の質が向上し、肩回りの筋肉が緩むため巻き肩や猫背の予防に繋がります。

また、首が当たる部分には突起があるので、ストレートネックの対策も同時に行えます。ほかにも、枕の前後で高さが異なるので、自分に合ったほうを選択できます。

枕の真ん中部分と左右で硬さが違うこともポイントで、仰向け寝以外に、横向き寝やうつ伏せ寝がしやすく、好きな寝姿勢を取りやすいというメリットもあります。

教授
教授
通気性と吸湿性にも優れているので、枕に熱がこもるのが苦手な方にもおすすめじゃ。

 

健眠枕の特徴

雲のやすらぎ健眠枕の特徴健眠枕の特徴は以下の通りです。

  • 理想の寝姿勢を保てる
  • 巻き肩防止
  • ストレートネック対策
  • 寝返りもスムーズ
  • バイオ素材使用で環境にも配慮

上記の特徴を順番に解説します。

理想の寝姿勢を保てる

健眠枕は特殊な形状により、頭・首・肩を隙間なく柔らかく包み込み、「理想の寝姿勢」を保ちやすくなります。

理想の寝姿勢とは、仰向け寝の場合は立った時と同じ姿勢と言われています。人間の身体は背骨から頸椎にかけて緩やかなS字のカーブを描いているため、枕に頭を乗せた時に自然なカーブが作れていることが理想です。

仰向けの状態のときに首から頭にかけて10度~15度、額より顎の先が5度ほど下がっている状態が理想の寝姿勢とされています。

雲のやすらぎ健眠枕は仰向け時に肩から首、頭と緩やかなカーブを描きやすい形状となっているので、理想的な寝姿勢を維持しやすい枕です。理想の寝姿勢を維持できれば、睡眠の質の向上が期待できます。

教授
教授
枕の高さが合っていないと睡眠の質に悪い影響を及ぼすので注意するぞい。

巻き肩防止

理想の寝姿勢を維持できることは睡眠の質だけでなく、巻き肩の防止にも役立ちます。

巻き肩とは、肩が本来の位置よりも内側に丸まって固まっている状態のことです。長時間のスマホ操作やデスクワークなどで前傾姿勢を取っていると、巻き肩になる傾向があります。

次のような特徴がある方は巻き肩の可能性があるので確認してみましょう。

  • 鏡の前に横向きで立った時に耳よりも肩が前に出ている
  • 仰向けに寝た時に肩が浮く

理想の寝姿勢を維持していれば肩周りの筋肉が緩むので、巻き肩の予防に繋がります。

教授
教授
巻き肩に悩んでいる方はストレッチを行うと良いのじゃ。

ストレートネック対策

健眠枕はストレートネック対策も行える枕です。

ストレートネックとは、緩やかなカーブを描いている頸椎が前傾姿勢により真っすぐになっている状態です。S字カーブが失われたことで、首の痛みや肩こり、頭痛などを招く可能性が高いです。

ご自身がストレートネックか気になる方は、次の手順で確かめてみましょう。

  1. 踵・お尻・肩甲骨・後頭部の4点を壁に付けて立つ
  2. 上記の状態で後頭部が壁に付かない場合はストレートネックの可能性が高い

後頭部がついても息苦しかったり、姿勢を維持したりするのが辛かったりする場合もストレートネックの可能性があります。

健眠枕には首をサポートする突起部分があるため、自然とS字のカーブを描きストレートネック対策が行えます

教授
教授
突起部分があることで胸が開きやすくなるので、呼吸がしやすくなるメリットもあるぞい。

寝返りもスムーズ

健眠枕は寝返りがスムーズに打てるように、傾斜が付いていることも特徴です。

枕の中央部分と両サイドを高くすることで、スムーズな寝返りが可能です。また、中央部分が一番柔らかく、左右に行くほど弾力性が高くなるので、寝返りがしやすくなっています。

教授
教授
人間は寝ている時に20回程度打つので、睡眠の質の向上を考えている方は寝返りがしやすい枕を選ぶのじゃ。

バイオ素材使用で環境にも配慮

健眠枕に使用している素材のバイオウレタンは、天然バイオベースを採用しているので、環境や人体に優しい作りになっています。

大豆やパーム、カシューナッツなどの天然植物からエキスを抜粋して主原料としているので、ウレタン素材ですが有害物質を含みません。また、バイオウレタンはオープンセル構造となっているので、通気性と吸湿性に優れていることもポイントです。

教授
教授
熱がこもりにくく、ひんやりと快適な湿度を保つ枕になっているぞい。

健眠枕がおすすめな人

健眠枕がおすすめな人雲のやすらぎ健眠枕の口コミ・評判を分析して、おすすめできる人とそうでない人を紹介します。

雲のやすらぎ健眠枕がおすすめできない人

次のような人は雲のやすらぎ健眠枕をおすすめできません。

  • 枕に10,000円以上かけたくない人
  • ウレタン枕が苦手な人
  • 特殊な形状の枕が苦手な人

雲のやすらぎ健眠枕は単品価格が14,980円(税込)となっており、一般的な枕の相場に比べると高いです。返品保証が付いていないので、合わなかったときのことを考えると、枕や寝具にあまりお金をかけたくない人にはおすすめできません。

また、雲のやすらぎ健眠枕はウレタン素材を使用している特殊な形状の枕です。ウレタンは綿に比べると包み込むような柔らかさと弾力性を兼ね備えているので、人によっては睡眠の質が低下する恐れがあります。

一般的な枕と違った形状をしているため、寝心地が合わない、寝姿勢が決まらないなどの可能性もあるので、購入する際は注意しましょう。

教授
教授
雲のやすらぎ健眠枕に興味がある方は、導入している老舗旅館の部屋や売店で試してみるのじゃ。

雲のやすらぎ健眠枕がおすすめの人

次のような人は雲のやすらぎ健眠枕がおすすめです。

  • 睡眠の質を向上させたい人
  • 巻き肩や猫背の予防やストレートネックの対策を考えている人
  • 寝返りが打ちやすい枕を探している人
  • 日によって寝姿勢を変えたい人
  • 自然環境に配慮した枕を探している人

雲のやすらぎ健眠枕は特殊な形状により、頭や首、肩を枕に乗せることで理想の寝姿勢へと導きます。理想の寝姿勢を維持できれば睡眠の質の向上が期待でき、筋肉が緩むため巻き肩や猫背の予防になり、ストレートネックの対策になります。

また、雲のやすらぎ健眠枕は傾斜が付いているので、スムーズに寝返りが打つことが可能です。仰向け寝だけでなく、横向き寝やうつ伏せ寝もしやすくなっているので、日によって寝姿勢を変えたい人にもおすすめの枕になります。

教授
教授
天然バイオベース素材を使用しているので、自然環境や環境問題に関心がある人にもおすすめの枕になるぞい。

雲のやすらぎ「健康枕」を実際に試してみました

株式会社イッティ様より、健眠枕をご提供頂きましたので、実際に1週間使用してみた感想をレポートします。

健眠枕の梱包状態と開封

健眠枕はおしゃれなパッケージに入っています。

開封すると、ロール状になって入っていました。

ロール梱包なので、コンパクトで梱包材も少なく、梱包材の処分も簡単です。

開封直後の様子 ロール梱包の為の2層目のズレ

いくつか難点をあげると、低反発素材を圧縮ロール状にしている為に、元に戻るのが1~2日程必要なのと、ロール状の為に上層と下層がズレてしまい、戻すのに少々手間取った事が挙げられます。

教授
教授
どちらも日数はかかるがちゃんと元には戻るんじゃ

健眠枕の寝心地(仰向け)

自分(165cm・52kg)には、高い側(High)のほうがしっくり来て、中央のくぼみとふくらみで首が伸びて安定するのがわかります。低い側(Low)は、肩まで乗せる事ができるのでより安定する感じがありました。

健眠枕の使い心地(横向き寝)

中央での仰向けから左右に横向きになった際は、寝返りしやすく高さも丁度良く、肩が痛くなることもありませんでした。

健眠枕のカバーは洗える

ファスナーはかなり大きく開ける事ができて、取り外しは楽に行えました。中材のウレタンにもう1枚薄めのカバーがありますが、これは取り外し出来ないようです。標準のカバーは肌触りが良く気持ち良いのですが、薄くてすぐ汚しそうなのでこの上にカバーをしたくなります。

 

雲のやすらぎ『健眠枕』を使ったスタッフの寝心地レビュー評価

枕が変わると寝れない体質なので、健眠枕のレビューは少々荷が重いと感じていました^^;初日はなかなか寝付けませんでしたが、2日目からは、低反発のしっとり感と頭になじむ感じと、首周りの気持ちよさから、すぐに慣れて眠れるようになりました。

仕事上PCを使うことが多く、ストレートネックなので、健眠枕の首周りは気持ちよくて気に入りました。少しだけ勾配が付いているので、寝返りもしやすく、横向きで寝る事が多い自分には有り難く、低反発素材で耳が痛くなる事もなくぐっすり眠る事ができました。

低反発枕なので、冬場に固くなるのでは?と心配しています。このまま使用を続けて冬にまたレポートしたいと思います。

できるだけ自分の頭に合った枕が欲しいけど、価格も抑えたい方にはもってこいの製品です。

 

健眠枕の最安値は?公式と値段を比較!

健眠枕の最安値は?公式と値段を比較!雲のやすらぎ健眠枕を販売している店舗は以下の通りです。

単品での販売価格(税込)
公式サイト 14,980円
楽天市場 14,980円
Amazon 14,980円
Yahoo!JAPAN 14,980円

雲のやすらぎ健眠枕は公式サイトのほかに、大手ECショップで販売しています。

雲のやすらぎ健眠枕は公式サイトで購入してもポイントや返品保証が付きません。そのため、ご自身が利用しているECサイトで購入したほうが、ポイント分でお得になります。

ただし、公式サイトでは次のセット商品がお得に購入可能です。

健眠枕のカバーおすすめ2選

健眠枕のカバーおすすめ2選雲のやすらぎ健眠枕は特殊な形状をしているので、市販の枕カバーでは合わない可能性があります。そのため、付属枕カバーと、プレミアム枕カバーがおすすめです。

教授
教授
カバーの替えは公式サイトで購入できるぞい。

健眠枕専用付属枕カバー!洗い替えに最適

製品名 雲のやすらぎ健眠枕 付属枕カバー
販売価格(税込) 1,980円+送料
サイズ 600×380mm
素材 再生繊維(テンセル) 50%、綿 50%
洗濯 可能

健眠枕は1個に付き、専用の付属枕カバーが1枚付きます。特殊な形状にフィットするので、寝返りを打った時にズレる心配はありません。洗濯機で丸洗いが可能なので、花粉やホコリで困っている方はもう1枚購入して定期的に洗濯しましょう。

教授
教授
公式サイトで購入する際に送料がかかるのじゃ。

健眠枕専用プレミアム枕カバー

製品名 雲のやすらぎ健眠枕 専用プレミアムカバー
販売価格(税込) 2,980円+送料
サイズ 600×380mm
素材 ポリエステル 59%、再生繊維(テンセル) 41%
洗濯 可能

健眠枕専用プレミアム枕カバーは、付属カバーに比べて厚みがあり、肌触りが心地よいです。心地よい睡眠空間を実現したい方は、購入の検討をしてみましょう。なお、公式サイトでは雲のやすらぎ健眠枕とセットで購入すると通常よりも1,980円お得になります。

教授
教授
寝心地にこだわる方はプレミアム枕カバーを試してみると良いぞい。

健眠枕クーポン・お得情報

2024年7月現在クーポンは発行されていません。ただし公式ではお得に購入できるセットがあるので、確認してみてください。

健眠枕2個セットでお得に購入も可能

雲のやすらぎ健眠枕2個セット
単品合計価格(税込) 割引価格(税込) 単品合計価格との差額
健眠枕2個セット 24,960円 29,600円 4,640円お得
健眠枕とプレミアム枕カバー1セット 15,980円 17,960円 1,980円お得
健眠枕とプレミアム枕カバー2セット 29,800円 35,920円 6,120円お得

パートナーや友人同士で購入すると、お得に購入できますよ。

教授
教授
雲のやすらぎ健眠枕を2個購入したい、あるいはプレミアム枕をセットで購入したい方は、公式サイトで購入するのじゃ。

健康枕で気持ちよく目覚めよう!

健康枕は松平健さんの悩みを受けて開発された枕です。ストレートネックの方や巻き肩の方に効果的で、猫背対策にもぴったりです。寝苦しさを感じるなら試してみる価値あり!朝の目覚めを快適にするために枕を変えてみてはいかがでしょうか。

マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全41メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。

 

ABOUT ME
マットレス大学編集部@
日本最大級の寝具情報メディア「マットレス大学」編集部。 家具店に勤務・ベッド通販サイトの店長を12年努めた、担当者が記事作成・監修。 経験を活かし、全ての人々の睡眠の質が少しでも良くなるように、マットレスや枕などの寝具に関する情報を分かりやすく発信していきます。