マットレスの処分方法・買い替え

マットレスはニトリで引き取り無料?【無印・IKEAは下取り必須?】

マットレスはニトリで引き取り無料?【無印・IKEAは下取り必須?】

「マットレスを引き取りしてもらいたい・・・」
「ニトリなどで無料で引き取りしてもらえるの?」

今あるマットレスが不要になった場合、「引き取り」という選択肢もあります。

当サイト「マットレス大学」では、マットレスを引き取りしてくれる有名メーカー(ニトリなど)の引き取り条件、できるだけ安く処分する方法などを徹底的に解説します。

教授
教授
マットレスの引き取りを検討している人は必見じゃ!

マットレスの全処分方法は次の記事で確認できます。

ベッドマットレスの処分方法全6パターンと費用【ニトリでもOK?】 「マットレスの処分方法ってどうすれば良いの?」 「できるだけ安く手間をかけずにマットレスを処分したい」 「マット...
この記事で分かること
  • マットレスの引き取りサービスがあるメーカー一覧

マットレスの引き取りサービスがあるメーカー

マットレスの引き取りサービスがあるメーカーをピックアップしました。

  • ニトリ
  • 無印良品
  • IKEA
  • フランスベッド
  • ナフコ

上記メーカーの引き取り条件や料金について詳しく解説します。

ニトリ

ニトリは購入商品の同種かつ同数のマットレスであれば3,300円(税込)で引き取りができます。

購入された家具(組立家具は除く)と引取りする家具が同数量または同容量までであれば1注文につき3000円(税別)で引取りができます。(一部地域を除く)

ニトリホームページ

ただし、同容量なので、例えば「ニトリでシングルを買ってダブルを引き取ってもらう」ということはできないので注意しましょう。

ニトリのマットレスの口コミ・評判【徹底評価したおすすめ6選!2021年最新】ニトリ マットレスの口コミ・評判を徹底的に評価しました。「寝心地重視」「価格重視」それぞれのおすすめマットレスや、気になるQAなどもまとめて解説しています。ニトリマットレスを検討している人は参考になるはずです。...

無印良品

無印良品でもニトリ同様に、購入商品の同種かつ同数のマットレスであれば引き取り可能です。

「対象商品」に限り、新しい商品をお届けする際、購入商品と「同種」かつ「同数」をお引き取りいたします。

【対象のご注文商品】
・脚付マットレス各種
・ベッド各種
・ベッド用マットレス各種
・ソファ(体にフィットするソファは除く)
・テーブル(ダイニングチェア、デスク、折りたたみ式テーブル、子供用テーブル、こたつは除く)

無印良品ホームページ

つまり、無印良品で一台マットレスを購入すれば、一台引き取ってもらえるということです。

注意点として、大型商品の場合には3,300円(税込)の別途料金がかかることです。事前に確認するようにしましょう。

IKEA

IKEAで引き取ってもらう場合にも同種、同サイズ、同数のマットレスの購入が必要ですが、無料で引き取りしてもらえます。

もしIKEAでマットレスを購入予定の場合はぜひ利用しましょう。

新しいソファ・マットレスを購入し、配送サービスをご利用される場合、ご購入商品と同種・同サイズかつ同数のソファ、マットレスをイケアが引き取ります。引き取り後は、リユース・リサイクル、または環境に配慮して適切に廃棄を行います。

IKEAホームページ

ただし、店舗のみのサービスでオンラインストアでは引き取り不可なので注意しましょう。

フランスベッド

フランスベッドでも、新しくマットレスを購入した場合に限り有料で引き取り可能です。

不用品のお引取りについては、 当店にて新規にベッドなど同等品をご購入いただいた場合に限り、有料にて承っております。
引取可能な不用品は、「ご購入品と大まかなサイズが同じもの」となります。
お引取り希望の場合は、ご注文時の備考欄に「不用商品、サイズ、数量」をご記入ください。

フランスベッドホームページ

ただし、料金が4890円〜1万円以上と高額になっているので注意しましょう。

次のページで詳細な料金が確認可能です。

フランスベッド・お取引料金の目安

フランスベッドマットレスの評判・口コミ&実際にレビュー【おすすめはどれ?】フランスベッドマットレスの口コミ・評判の調査と、実際に使った感想レビューをもとに、メリット・デメリットをまとめました。 有名な老舗メーカーのフランスベッドは実際にどんな寝心地なのか徹底解説しています。 フランスベッドはどんな人におすすめなのかが分かるので参考にしてみてください。...

ナフコ

ナフコでも同種のマットレスを購入した場合は無料で引き取りをしてもらえます。

不要になった家具を引き取ってもらえますか?
対象商品に限り、購入商品と同種同量の商品を無料でお引き取りいたします。

ナフコショップページ

ただ、「対象商品に限り」という記載があるのですが、対象商品というのが何を指しているのが具体的に書いていません。

事前に必ず電話やメールなどで確認するようにしましょう。

ディノス

ディノスでは、新しく家具を購入した場合は同数量を無料で引き取りをしてもらえます。

ソファー、ベッド、たんすなど大きな家具の買い替えに便利♪
新しく購入した数だけ同じ商品を無料でお引き取りします。

送料マーク「大物発送」「特大物発送」のいずれかで
さらに価格が38,000円(税抜)以上の商品でご利用いただけます。
ディノス家具

ただし、41,800円(税込)以上の商品を購入した場合に限ります。また、対象外の場合もあるので注意してください。

VENUS BED(ビーナスベッド)

VENUS BED(ビーナスベッド)では、新しくベッドを購入した人限定で6,600円で引き取りオプションをつけることができます。

※ご注意※ こちらのオプションは有料となります。

・当店にてベッドをご購入いただいたお客様に限ります。
・ベッドと同時にお申し込みをお願いいたします。
・ご不要家具の処分料金につきましては、 地方自治体の一般廃棄物、処理業者などにご依頼いただいた方が安価の場合がございます。事前にお住まいの自治体にお問い合わせいただくことをおすすめします。なお、当店ではお調べいたしかねますので、ご了承ください。
・一部商品につきましては、引取りオプションを承ることができません。
・お住まいの地域、お引取りするベッドの種類、大きさ等によっては引取りをお断りする場合もございます。
・ベッド1台のご購入につき、お申し込みは1回に限らせていただきます。
VENUS BED(ビーナスベッド)

ベッド1台の購入で、一台分のマットレスの引き取りのみ受け付けてもらえます。

マットレスの引き取りができるメーカーを表にまとめると

マットレスの引き取りが可能なメーカーと条件と料金を次の表にまとめました。

種類 引き取り条件 料金
無印良品 同種かつ同数のマットレスを購入 小型商品:無料
大型商品:3,300円(税込)
ニトリ 同数かつ同サイズのマットレスを購入 大型商品:3,300円(税込)
IKEA 同数かつ同サイズのマットレスを購入
※店舗のみのサービス
無料
フランスベッド 新しくマットレスを購入 4,890円〜1万円
ナフコ 同数かつ同サイズのマットレスを購入
※対象商品のみ
無料
ディノス 新しく商品購入で同数量を引き取り可能
※41,800円(税込)以上の対象商品に限る
無料
VENUS BED 新しく商品購入
※ベッド1台の購入で1台分の引き取りのみ受付
6,600円(税込)

上記のとおり、基本的に新しくそこで購入しないとメーカーは引き取りしてくれません。

購入予定がなかったり、もっとお得にマットレスを処分したい場合は次の記事をご覧ください。

ベッドマットレスの処分方法全6パターンと費用【ニトリでもOK?】 「マットレスの処分方法ってどうすれば良いの?」 「できるだけ安く手間をかけずにマットレスを処分したい」 「マット...

※マットレス買い替えを検討中の場合の参考記事
→【人気41メーカー比較】マットレスおすすめランキング!最強コスパは?

ニトリで引き取り無料キャンペーンをやってる?2021年最新情報

ニトリで引き取り無料キャンペーンをやってる?2021年最新情報

2021年8月現在、ニトリでは引き取り無料キャンペーンは実施していません。

過去に無料の引き取りキャンペーンを行なっていたという情報もありますが、確定情報は残っていません。

マットレスの引き取りサービスがあるメーカーで解説している通り、ニトリにて購入した商品の同種かつ同数のマットレスのみ3,300円(税込)で引き取ってもらうことができます。

マットレスを無料かつ無条件で引き取り回収してもらえるメーカーはない

どんなメーカーでも、マットレスを引き取りしてもらうには必ず「新しいマットレスをそのメーカーで買わなければならない」という条件があります。

マットレスの処分にもコストがかかるため無料かつ無条件で引き取りしてくれるメーカーはありません。

では、単純にマットレスを処分したいだけの場合はどうすれば良いのでしょうか?

具体的には次の方法があります。

  • 自治体で粗大ゴミとして回収
  • 廃品回収業者を使う
  • フリマアプリやジモティーを使う
  • 解体して家庭ゴミとして廃棄
  • 買取業者に依頼する

自治体での粗大ゴミ回収なら、数百円でマットレスを引き取りしてもらえますし、解体することができれば無料でゴミとして出すことも可能です。

こちらについては次の記事に詳しくまとめているので、合わせてご覧ください。

ベッドマットレスの処分方法全6パターンと費用【ニトリでもOK?】 「マットレスの処分方法ってどうすれば良いの?」 「できるだけ安く手間をかけずにマットレスを処分したい」 「マット...
まとめ

マットレスを引き取りしてもらおうとしても、そのメーカーで買わないと引き取りしてもらえないことがほとんどですし、多くのメーカーでは引き取り手数料がかかります。

安く処分したいという場合には、他の方法も選択肢として入れてみることをおすすめします。

マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全41メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。

 

ABOUT ME
マットレス大学編集部
日本最大級の寝具情報メディア「マットレス大学」編集部。10種類以上のマットレスを実際に使用した担当者が記事作成・監修。 全ての人々の睡眠の質が少しでも良くなるように、マットレスや枕などの寝具に関する情報を分かりやすく発信していきます。