マットレスの処分方法・買い替え

マットレスが引き取り回収可能な店は?ニトリ・無印・IKEAも可?

マットレスが引き取り可能メーカー一覧!ニトリ・無印・IKEAは?

「マットレスを引き取りしてもらいたい」

「安く、無料で引き取りしてもらえるところはあるの?」

今あるマットレスが不要になった場合、引き取りをして欲しいと考える人も多いでしょう。

当サイト「マットレス大学」では、マットレスを引き取りしてくれる有名メーカーやその条件、できるだけ安く処分方法などを徹底的に解説します。

教授
教授
引き取りを検討している人は必見じゃ!

マットレスの全処分方法は次の記事で確認できます。

ベッドマットレスの処分方法全6パターン【費用は?ニトリもOK?】 「マットレスの処分方法ってどうすれば良いの?」 「できるだけ安く手間をかけずにマットレスを処分したい」 「マット...

マットレスを引き取り回収してもらえるメーカー

マットレスを有料で引き取りしてもらえるメーカーをピックアップしました。

無印良品

無印良品では、購入商品の同種かつ同数であれば引き取りしてもらうことができます。

「対象商品」に限り、新しい商品をお届けする際、購入商品と「同種」かつ「同数」をお引き取りいたします。

【対象のご注文商品】
・脚付マットレス各種
・ベッド各種
・ベッド用マットレス各種
・ソファ(体にフィットするソファは除く)
・テーブル(ダイニングチェア、デスク、折りたたみ式テーブル、子供用テーブル、こたつは除く)

無印良品ホームページ

つまり、無印良品でマットレスを購入すれば、引き取ってもらえるということです。

注意点として、大型商品の場合には3,000円(税別)の別途料金がかかることです。事前に確認するようにしましょう。

ニトリ

ニトリでも無印同様に同種かつ同数であれば3,000円(税別)で引き取りができます。

購入された家具(組立家具は除く)と引取りする家具が同数量または同容量までであれば1注文につき3000円(税別)で引取りができます。(一部地域を除く)

ニトリホームページ

ただし、同容量なので、例えば「ニトリでシングルを買ってダブルを引き取ってもらう」ということはできないので注意しましょう。

IKEA

IKEAで引き取ってもらう場合にも同種、同サイズ、同数のマットレスの購入が必要ですが、無料で引き取りしてもらえます。

もしIKEAでマットレスを購入予定の場合はぜひ利用しましょう。

新しいソファ・マットレスを購入し、配送サービスをご利用される場合、ご購入商品と同種・同サイズかつ同数のソファ、マットレスをイケアが引き取ります。引き取り後は、リユース・リサイクル、または環境に配慮して適切に廃棄を行います。

IKEAホームページ

ただし、店舗のみのサービスでオンラインストアでは引き取り不可なので注意しましょう。

フランスベッド

フランスベッドでも、新しくマットレスを購入した場合に限り有料で引き取り可能です。

不用品のお引取りについては、 当店にて新規にベッドなど同等品をご購入いただいた場合に限り、有料にて承っております。
引取可能な不用品は、「ご購入品と大まかなサイズが同じもの」となります。
お引取り希望の場合は、ご注文時の備考欄に「不用商品、サイズ、数量」をご記入ください。

フランスベッドホームページ

ただし、料金が4890円〜1万円以上と高額になっているので注意しましょう。

次のページで詳細な料金が確認可能です。

フランスベッド・お取引料金の目安

ナフコ

ナフコでも同種のマットレスを購入した場合は無料で引き取りをしてもらえます。

不要になった家具を引き取ってもらえますか?
対象商品に限り、購入商品と同種同量の商品を無料でお引き取りいたします。

ナフコショップページ

ただし、「対象商品に限り」という記載があるのですが、対象商品というのが何を指しているのが具体的に書いていません。

事前に必ず電話やメールなどで確認するようにしましょう。

マットレスを無条件で引き取り回収してもらえるメーカーはある?

どんなメーカーでも、マットレスを引き取りしてもらうには必ず「新しいマットレスをそのメーカーで買わなければならない」という条件があります。

マットレスの処分にもコストがかかるため無条件で引き取りしてくれるメーカーはありません。

では、単純にマットレスを処分したいだけの場合はどうすれば良いのでしょうか?

具体的には次の方法があります。

  • 自治体で粗大ゴミとして回収
  • 廃品回収業者を使う
  • フリマアプリやジモティーを使う
  • 解体して家庭ゴミとして廃棄
  • 買取業者に依頼する

こちらについては次の記事に詳しくまとめているので、合わせてご覧ください。

ベッドマットレスの処分方法全6パターン【費用は?ニトリもOK?】 「マットレスの処分方法ってどうすれば良いの?」 「できるだけ安く手間をかけずにマットレスを処分したい」 「マット...
まとめ

マットレスを引き取りしてもらおうとしても、そのメーカーで買わないと引き取りしてもらえないことがほとんどですし、多くのメーカーでは引き取り手数料がかかります。

安く処分したいという場合には、他の方法も選択肢として入れてみることをおすすめします。

マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全31メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。