シーツ・敷パッド PR

ニトリ Nウォームの口コミ・評判!3シリーズどれがいい?

「ニトリ Nウォームを実際に使用している方の口コミや評判は?」

「ニトリ Nウォームのメリットやデメリットを知りたい…」

2023年8月28日よりニトリ Nウォームの2023年モデルが販売されています。ニトリ Nウォームはモデルチェンジを行っており、販売年ごとにメリットやデメリットが異なります。

そこで今回は、ニトリ Nウォームを実際に使用している方の口コミや評判を分析して、メリットやデメリットなどをわかりやすく解説します。

教授
教授
ニトリ Nウォームをお得に購入できる店舗も紹介するぞい。
この記事で分かること
  • ニトリ Nウォームの2023年モデルの種類
  • ニトリ Nウォーム敷きパッドの種類
  • ニトリ Nウォームを実際に使用している人の口コミ・評判
  • ニトリ Nウォームのメリット
  • ニトリ Nウォームのデメリット
  • ニトリ Nウォームの最安値店舗
  • ニトリ Nウォームがおすすめの人・おすすめできる人

 

ニトリ Nウォームの3種類を比較

ニトリ Nウォーム(敷きパッド・毛布)は3種類ニトリ Nウォーム(敷きパッド・毛布)は、体から発散される水分を熱に変える「吸湿発熱素材」を使用したアイテム。シリーズは3つあり、次のように性能が違います。

Nウォーム Nウォームスーパー Nウォームダブルスーパー
吸湿発熱 ★★ ★★
保温 ★★ ★★★
ボリューム ★★ ★★★
蒸れにくさ なし あり あり
ヒヤッと感軽減 なし あり あり
静電気軽減 なし あり あり
シングルサイズの価格(税込) 2,490円 3,490円 4,490円

ニトリ Nウォーム(敷きパッド・毛布)のシリーズごとの違いを順番に解説します。

Nウォーム

Nウォームは、吸湿発熱機能や蓄熱機能を搭載した商品です。

人間の身体が発する湿気や汗などを繊維が吸収して発熱する「凝縮熱」を利用しており、布団内部を暖かくします

ニトリのNウォームシリーズは、より吸湿発熱しやすいように開発した特殊な繊維を採用しており、一般的な商品に比べて布団内部の温度が上昇しやすいです。

Nウォームの場合は、同シリーズのほかの商品に比べると吸湿発熱や保温、ボリュームなどは低いですが、販売価格が抑えられているというメリットがあります。

また、実験によるとNウォームダブルスーパーは布団内部の温度が約29.7℃まで上昇するのに対して、Nウォームは約27.0℃まで上昇するので、暑がりな方に向いている商品です。

教授
教授
吸湿発熱の寝具をはじめて購入する方にもおすすめじゃ。

Nウォームスーパー

Nウォームスーパーは生地と中綿の両方で吸湿発熱や蓄熱を行っている商品です。

Nウォームと違って中綿が入っているのでボリューム感があります。また、中綿にも吸湿発熱しやすい特殊繊維が使用されているので、Nウォームよりも暖かさを感じられます

ほかにも、Nウォームには無かった次のような機能を備えていることもポイントです。

概要
ヒヤッと感低減 静熱が伝わりにくい生地を使用している
生地に触れたときの冷たさが感じにくい
静電気軽減 帯電を防止する静電気防止糸が一定間隔で織り込まれている
静電気の発生を減少させる

冷たい寝具に触れたり、毛布の静電気が苦手だったりする方は、Nウォームスーパーを試してみましょう。

教授
教授
ニトリの公式サイトでは、限定のカラーが販売されているぞい。

Nウォームダブルスーパー

Nウォームダブルスーパーは、同シリーズのなかで最も暖かさを感じられる商品です。

Nウォームスーパーと同様に中綿にも特殊な繊維を使用しているので、Nウォームよりも吸湿発熱性が高く、同シリーズのなかで最もボリューム感があります

ニトリが行った実験では布団内の温度が約29.7℃まで上昇しており、一晩中暖かさが持続します。Nウォームスーパーに備えられているヒヤッと感低減や静電気軽減といった機能も付いています

シリーズ最大のボリュームで、便利な機能も搭載しているので、ぬくぬくと朝まで熟睡できる商品です。

教授
教授
部屋が寒かったり、寒くて目が覚めたりする方はNウォームダブルスーパーを購入してみるのじゃ。

 

ニトリ Nウォーム敷きパッドの種類は3つ

ニトリ Nウォーム敷きパッドは3種類ニトリ Nウォーム敷きパッドは次の3種類があります。

それぞれ取り付け方が異なるのでチェックしておきましょう。

教授
教授
敷きパッドも暖かさが3段階に分かれているので、全部で9種類から選べるぞい。

両面使える敷パッド

ニトリ NウォームWSP A23MMOSD

Nウォームの両面使える敷パッドはゴムが付いており、両面仕様となっている商品です。

表面は吸湿発熱があり、裏面はサラサラとしたワッフル生地となっています。そのため、寒さの厳しい冬は吸湿発熱生地を使用し、春や秋は裏面のワッフル生地を使用するといった使い方ができます。

また、ゴムが付いているので、マットレスに引っ掛けて使用すればズレにくいです。

教授
教授
両面使える敷パッドはカラーバリエーションが2色のみじゃ。

 

置くだけ簡単!敷パッド

Nウォームの置くだけ簡単!敷パッドは、裏面にすべり止めが付いているので、マットレスや布団の上に敷くだけで利用できる商品です。

ゴムで留める作業が無く、見た目がスッキリするなどのメリットがあります。ズレにくさを強化したことで、従来の商品に比べてズレにくくなっていることもポイントです。

また、カラーバリエーションが豊富なので部屋の雰囲気に合った商品を選べます。

教授
教授
取り外しが簡単なので、小まめに洗濯したい方におすすめの敷きパッドになるぞい。

 

BOX敷パッド

ニトリ BOXパッド

NウォームのBOX敷パッドはシーツと敷きパッドが一体となっている商品です。

シーツと敷きパッドが一体化しているため見た目がスッキリとしており、寝返りが激しくてもズレにくいというメリットがあります。

また、シーツと敷きパッドが一枚となっているので、洗濯する時の手間が減ることも魅力です。

教授
教授
厚さ38cmのマットレスでも使用できるのじゃ。

 

ニトリ Nウォームの口コミ・評判

ニトリ Nウォームの口コミ・評判ニトリ Nウォームの口コミ・評判について、SNS(X(旧Twitter)・Instagram)やブログなどを調査し、まとめてみました。

ニトリ Nウォームの良い口コミ・評判

ニトリ Nウォームの良い口コミ・評判には次のようなものがありました。

以前使用していた敷きパッドが擦り切れたので買い換えましたが、比べ物にならないぐらい暖かくて驚いています価格も安く、購入して良かったです。
友達からおすすめされたので購入しました。確かに、毛布と敷きパッドをセットで使用すると布団が暖かくなり、夜中に途中で起きることがありません。レベルの低いNウォームでも十分暖かいです。
お店で手触りを確認して、Nウォームダブルスーパーを選びました。ボリューム感があり、全身が包まれているかのような感触でグッスリと眠れています

ニトリ Nウォームの良い口コミ・評判には「暖かくてグッスリと眠れる」「肌触りが良い」などの内容が多いです。

確かに、ニトリ Nウォームは毛布と敷きパッドをセットで使用すれば布団内部の温度が高い状態で保てるので、部屋が寒くても暖かく過ごせます

教授
教授
敷きパッドのタイプを自分で選べるので良かったという口コミもあるぞい。

ニトリ Nウォームの悪い口コミ・評判

ニトリ Nウォームの悪い口コミ・評判には次のようなものがありました。

Nウォームダブルスーパーを使用していましたが、思っていた以上に暑く感じます。眠れなくなったので妻にあげました。
ズレにくいという評判の敷きパッドですが、毎日使用していると徐々にズレていきます。また、寝返りが激しいと大きくズレてしまう場合があるので、ゴム付きを購入すれば良かったです。

ニトリ Nウォームの悪い口コミ・評判には「思っていたよりも暑い」「すべり止めがあってもズレる」などの内容が多いです。

確かに、ニトリ Nウォームは毛布と敷きパッドをセットで使用していると、布団内部の温度が上昇していき、人によっては暑いと感じられます

しかし、ニトリ Nウォームは3つのシリーズが販売されており、商品によって温度の上昇が異なります。また、毛布と敷きパッドは別々に販売されているので、温度上昇が緩やかなNウォームの毛布か敷きパッドの片方だけを試してみるといった方法があります。

教授
教授
ズレが気になる方は、ゴム付きか、シーツと一体化しているBOXパッドを購入すると良いのじゃ。

ニトリ Nウォームの口コミ・評判まとめ

ニトリ Nウォームの口コミ・評判をまとめると、次のような意見が多くありました。

  • 布団内部が暖かくなる
  • 暖かさを自分で選べる
  • 敷きパッドの種類が豊富
  • 価格が安い
  • 思っていたよりも暑くなる
  • 敷きパッドによってはズレる場合がある

ニトリ Nウォームの口コミは、「毛布と敷きパッドによって布団が暖かくなる」「商品のバリエーションが豊富」などのポジティブな内容が多いです。

一方で、「暑くて眠れない」「敷くタイプの敷きパッドはすべり止めがあってもズレる」などの口コミや評判はあります。

確かに、 Nウォームダブルスーパーの毛布と敷きパッドをセットで使用すると、布団内部の温度が30℃近くまで上昇します。人によっては暑いと感じる場合があるので、合わない可能性は否定できません。

しかし、ニトリ Nウォームの口コミや評判の大半はポジティブな内容が多いです。本格的な寒さ対策を考えている人は、ニトリ Nウォームを試してみましょう。

教授
教授
ニトリ公式サイトで購入して条件を満たしているなら返品できるので、合わないときは返品を検討してみるのじゃ。

 

ニトリ Nウォームのメリット・デメリット

ニトリ Nウォーム(敷パッド・毛布)のメリット・デメリットニトリ Nウォーム(敷パッド・毛布)のメリット・デメリットは以下のとおりです。

デメリット 天然素材の物が無い
かわいいデザインが無い
敷きパッドの裏の滑り止めが取れる
メリット 暖かさが選べる
マットレスの上に置くだけ簡単でズレにくい
抗菌・防臭加工で安心して使える
保湿力アップで肌触りと静電気防止
洗濯機で丸洗い可

上記のメリットやデメリットを順番に解説します。

ニトリ Nウォームのデメリット

ニトリ Nウォームのデメリットは3つあります。それぞれ、順番に解説します。

天然素材の物が無い

ニトリ Nウォームの1つ目のデメリットは、天然素材の物がないことです。

ニトリ Nウォームの素材はポリエステルが主体で、地糸にレーヨン、充填物に合成繊維を使用しています。

コットンやリネン、シルクといった天然由来の成分を使った天然素材を使用していないので、ポリエステルやレーヨンなどが苦手な方は別の商品を選びましょう

教授
教授
ポリエステルのような化学繊維を使用していて肌がかぶれる方は、使用しないほうが良いぞい。

かわいいデザインが無い

ニトリ Nウォームはシンプルなデザインが多いので、部屋の雰囲気を華やかにするような商品ではありません。そのため、可愛らしいデザインの毛布や敷きパッドが欲しい方は、別の商品を探してみましょう

教授
教授
商品によってはカラーバリエーションが少ないので、部屋の雰囲気に合った商品を選びにくい場合があるのじゃ。

敷きパッドの裏の滑り止めが取れる

ニトリ Nウォームには敷きパッドが3種類ありますが、敷パッドだけすべり止めが裏側に付いています。置くだけで簡単に設置できて非常に便利ですが、使っている間に劣化が起こる可能性があります。

従来の商品よりも強力になっているすべり止めですが、繰り返し使っていると洗濯や寝返りなど取れてしまい、ズレてしまう可能性は否定できません

寝返りが激しい方は、ゴムで留めるタイプの両面使える敷パッドか、シーツと敷パッドが一体になったBOXパッドをおすすめします。

教授
教授
洗濯を繰り返すと、擦り切れてすべり止めの力が無くなる可能性があるので、ズレやすくなったら買い替えを検討してみると良いぞい。

ニトリ Nウォームのメリット

ニトリ Nウォームのメリットは5つあります。それぞれ、順番に解説します。

暖かさが選べる

ニトリ Nウォームの最大のメリットは、3つのシリーズがあり、暖かさを選べることです。

ニトリ Nウォームシリーズの暖かさは、Nウォーム、Nウォームスーパー、Nウォームダブルスーパーの順番で暖かくなります

人によって温度への感じ方は異なり、暑がりの方がNウォームダブルスーパーを使用すると、暑くて眠れなくなる可能性があります。

ニトリ Nウォームは暖かさが異なる3つのシリーズから選べるので、ご自身好みの商品を選びやすいです。

教授
教授
毛布や敷きパッド以外にも商品のバリエーションが豊富なので、持っている寝具と合わせやすいというメリットもあるのじゃ。

マットレスの上に置くだけ簡単でズレにくい

ニトリ Nウォームのメリットとして、マットレスの上に置くだけで簡単に設置でき、ズレにくいことも挙げられます。

置くだけ簡単!敷パッドは裏面にすべり止めがあるため、マットレスや敷布団の上に置くだけで設置が完了します。ゴムで留めたり、マットレスの角に引っ掛けたりする手間がかかりません。

教授
教授
敷きパッドを着脱する際の手間が面倒だと感じている方は、ニトリ Nウォームの置くだけ簡単!敷パッドを購入してみるのじゃ。

抗菌・防臭加工で安心して使える

ニトリ Nウォームは、3シリーズとも抗菌加工と防臭加工を施されているので、安心して使用できます。

吸湿発熱機能がある寝具は汗や湿気などの水分を吸収することで発熱するため、使い続けているとニオイが発生しやすくなります。

しかし、ニトリ Nウォームはすべての商品で抗菌加工と防臭加工が施されているので、使い続けてもニオイが発生しづらいため安心です。

教授
教授
定期的に洗濯すれば、清潔な状態が長持ちするぞい。

保湿力アップで肌触りと静電気防止

ニトリ Nウォームの2023年モデルは、通常のポリエステル生地に比べて水分率が約5倍となっている生地を使用しています。保湿力が高く、しっとりとした肌触りを味わえます。

また、NウォームスーパーとNウォームダブルスーパーは東洋紡の吸放湿わたを採用したことで蒸れにくく、静電気防止機能やヒヤッと感軽減機能などを備えているので快適に寝れます。

教授
教授
Nウォームには静電気防止機能やヒヤッと感軽減機能が付いていないのじゃ。

洗濯機で丸洗い可能

ニトリ Nウォームは、すべてのシリーズが洗濯機で丸洗い可能。洗濯機で丸洗いして干せば、清潔な状態が長持ちできます。

ニトリ Nウォームはサイズが大きい寝具なので、洗うときはネットに入れて、1つずつ洗うと良いでしょう。

教授
教授
実際に選択する際は、ニトリ Nウォームの洗濯表示や洗濯機の容量などに注意するぞい。

 

ニトリ Nウォームの最安値店舗は?

ニトリ Nウォームの最安値店舗は?次の表は、Nウォームのシングルサイズの販売価格をまとめた物です。

2枚合わせ毛布 敷きパッド(2種類) BOXパッド
公式サイト 3,490円(税込) 2,490円(税込) 3,490円(税込)
Amazon 販売なし 販売なし 販売なし
楽天市場 3,490円(税込) 2,490円(税込) 3,490円(税込)
Yahoo!ショッピング 3,490円(税込) 2,490円(税込) 3,490円(税込)

記事執筆時点でニトリ Nウォームが購入できるのは、公式サイト、楽天市場、Yahoo!ショッピングになります。

販売価格はどれも同じなので、ニトリ Nウォームをお得に購入したいなら、ポイント還元率が高いECサイトで購入すると良いです。

ECサイトごとに独自のポイントサービスがあり、支払った料金に応じてポイントが付与されます

貯めたポイントは商品の支払いに利用できたり、別のポイントサービスと交換したりできるので、ポイント還元率の高い店舗で購入できれば、ポイントの分だけお得になります。

そのため、ニトリ Nウォームをお得に購入したい方は、ポイント還元率が高いECサイトで購入すると良いです。

なお、ニトリの公式サイトで購入した場合、到着してから14日間は返品可能です。ニトリ Nウォームを返品する可能性がある方は、ニトリの公式サイトでの購入がおすすめです。

教授
教授
記事執筆時点では、AmazonでNウォームシリーズの2023年モデルは販売されておらず、2022年モデルが販売されているので間違えないようにするのじゃ。

 

ニトリ Nウォームがおすすめの人

ニトリ Nウォームがおすすめの人ニトリ Nウォームの口コミ・評判を分析して、おすすめできる人とそうでない人を紹介します。

ニトリ Nウォームがおすすめできない人

次のような人にはニトリ Nウォームをおすすめできません。

  • ポリエステルが苦手な人
  • 暑いと寝苦しい人

ニトリ Nウォームは素材の大半がポリエステルを使用しています。ポリエステルは化学繊維に分類され、使用する人によってはかゆみや赤みが発生してしまい、肌に合わない可能性があります

そのため、ニトリ Nウォームはポリエステルが苦手な人にはおすすめできません

また、ニトリ Nウォームを使用すると、部屋の室温や寝具によって異なりますが、布団内部の温度が27℃を超える可能性があります。人によっては布団内部が暑いと感じられて、睡眠の質が低下する恐れもあります。

暑いと寝苦しさを感じる人はニトリ Nウォームを使用する際に注意が必要です。

教授
教授
暑さに弱い人は、Nウォームの毛布や敷きパッドから試してみると良いぞい。

ニトリ Nウォームがおすすめできる人

次のような人にはニトリ Nウォームがおすすめです。

  • 寒さに弱い人
  • 布団内部の温度を自分で選びたい人
  • 寝具にあまりお金をかけたくない人
  • 便利な寝具が欲しい人

ニトリ Nウォームは毛布と敷きパッドをセットで使用すると、約20分で快適な体感温度まで上昇します。体感温度が快適な状態になると睡眠の質の向上が期待でき、寒い日でも朝までぐっすりと眠れるので、寒さに弱い人におすすめです。

また、ニトリ Nウォームはシリーズが3つあり、商品によって布団内部の温度が異なります。人によって適切な布団内部の温度は違うため、ご自身で暖かさを選びたい方に向いています

ほかにも、ニトリの商品はコストパフォーマンスに優れている傾向があります。ニトリ Nウォームはクイーンサイズでも5,000円台で購入でき、毛布と敷きパッドのセットが10,000円前後で揃います。

そのため、ニトリ Nウォームは寝具にあまりお金をかけたくない人におすすめです。

教授
教授
NウォームスーパーやNウォームダブルスーパーはヒヤッと感軽減や静電気防止機能など、便利な機能が付いてるのじゃ。

 

ABOUT ME
マットレス大学編集部@
日本最大級の寝具情報メディア「マットレス大学」編集部。 家具店に勤務・ベッド通販サイトの店長を12年努めた、担当者が記事作成・監修。 経験を活かし、全ての人々の睡眠の質が少しでも良くなるように、マットレスや枕などの寝具に関する情報を分かりやすく発信していきます。