マットレスの選び方・基礎知識

マットレスの全6種類のそれぞれの特徴・良い点・違いを総まとめ【選ぶ際の注意点】

マットレスの全6種類のそれぞれの特徴・良い点・違いを総まとめ【選ぶ際の注意点】

「マットレスの種類が色々ありすぎて、それぞれの違いが分からない・・・」

世間にはたくさんのマットレスが出回っているので、どの種類を選べば良いか検討が付かないという方も多いと思います。

しかし、実はマットレスの種類は大きく分けると6種類しかなく、それぞれの違いさえ分かれば自分が選ぶべきマットレスには意外と簡単にたどり着くことができます。

ここでは、マットレス6種類の特徴・メリット・デメリットについての詳細を徹底的にわかりやすく解説していきます。

教授
教授
マットレスの違いをマスターして、自分に合ったマットレスに出会うのじゃ!
この記事で分かること
  • マットレス全6種類の特徴・良い点・欠点
  • おすすめのマットレスの種類
  • 選ぶ際の注意点

マットレスの種類とそれぞれの特徴・良い点・欠点

マットレスの種類は大きく分けると次の6種類に分類できます。マットレスの種類によってそれぞれ良い面と悪い面が存在します。
※以下の表から、各種類のマットレスの詳しい解説に飛べます

素材特徴メリット・デメリット
(※青字がメリット・赤字がデメリット)
高反発ウレタン反発力高
体圧分散に優れる
比較的軽い
・腰痛に良い(寝返りしやすい/正しい姿勢を維持できる)
・軽いので手入れしやすい
・価格がリーズナブル
・カビが生えやすい
低反発ウレタン反発力低い
体にフィットする
通気性が低い
・寝心地が良い
・冬は暖かい
・腰痛に悪い(寝返りしにくい/姿勢が崩れる)
・夏が暑い
ポケットコイル点で支える構造
体圧分散が優秀
価格が高め
・体圧分散に優れる
・横揺れしない
・腰痛に良い(寝返りしやすい/正しい姿勢を維持できる)
・価格が高め
ボンネルコイル面で支える構造
寝心地が硬め
価格が安め
振動が伝わりやすい
・耐久性高い
・価格がリーズナブル
・通気性が良くカビにくい
・横揺れしやすい
・硬めの寝心地が嫌いな人は合わない
・ギシギシ音がしやすい
高反発ファイバー洗える
通気性が抜群
寝心地は硬め
・汚れても丸洗いできる
・カビやダニに強い
・腰痛に良い(寝返りしやすい/正しい姿勢を維持できる)
・硬めの寝心地が嫌いな人は合わない
ラテックス柔らかさと反発力が共存
通気性低い
価格が高め
・寝心地が良い
・腰痛に良い(寝返りしやすい/正しい姿勢を維持できる)
・耐久性高い

・価格が高い
・安物はゴム臭が強い
・ゴムアレルギーに注意

マットレスの種類それぞれの特徴・メリット・デメリットを詳しく解説しますので、これを参考に、自分にはどのマットレスが合っているのかを検討してみると良いでしょう。

教授
教授
詳しい解説に入っていくぞい!

種類①高反発ウレタンマットレス

種類①高反発ウレタンマットレス

高反発ウレタンマットレスは、有名どころですと「モットン」「マニフレックス」「西川エアー」などがあります。

ウレタンは断熱材や接着剤に良く使われる素材です。

高反発ウレタンマットレスの特徴

高反発マットレスは、次のような特徴があります。

  • 反発力が高い
  • 体圧分散に優れている
  • 比較的軽い

高い反発力が最大の特徴です。使われているウレタンは、高い体圧分散性を実現することができるので、体の一部分だけに負荷がかかりにくくなります。

また、マットレスの種類の中でも比較的軽いので、分厚いベッドマットレスとは違い移動するのが楽なのも特徴のひとつです。

高反発ウレタンマットレスのメリット

高反発ウレタンマットレスのメリットは4点です。

  • 寝返りがしやすく、腰に負担がかからない
  • 正しい寝姿勢を維持しやすい
  • 手入れがしやすい
  • 比較的リーズナブルに手に入る

寝返りがしやすいことで腰に負担がかかりにくく、腰痛対策マットレスと呼ばれることが多いです。

教授
教授
それに、反発力がある分、沈み込まずに正しい姿勢も保ちやすいのじゃ。
教授
教授
また、比較的軽いので手入れもしやすく、値段も安い傾向にあるのが良い点じゃな。

機能性を考えても、非常にコスパが良い種類のマットレスと言えます。

高反発ウレタンマットレスのデメリット

高反発ウレタンのデメリットとしては次の点です。

  • 通気性が悪いので、カビが生えやすい

マットレスの種類の中でも、こまめに手入れをしたり、マットレス保護アイテムを使わないとカビが生えやすいというのがデメリットになります。

教授
教授
マットレスの種類の中では高反発マットレスが一番カビが生えやすい。しかし、それ以外はかなり優秀じゃ。

 

種類②低反発ウレタンマットレスの特徴・良い点・欠点

種類②低反発ウレタンマットレス

低反発ウレタンマットレスは、トゥルースリーパーやテンピュールに代表される種類のマットレスです。
高反発ウレタンとは違い、反発力の低い加工を施されています。

低反発ウレタンマットレスの特徴

低反発ウレタンマットレスの特徴は次の4点です。

  • 反発力が低い
  • 体にフィットする寝心地
  • 体を支える力が弱い
  • 通気性が低い

低い反発力で、深く沈み込んで体にフィットするような寝心地が特徴のマットレスです。

低反発ウレタンマットレスの良い点

低反発ウレタンマットレスのメリットは2点です。

  • 寝心地が良い
  • 冬が暖かい

包み込まれるような寝心地にファンになる人が多いです。
体にフィットする部分が多く、肌触りも良いので冬も暖かく眠ることができます。

教授
教授
寝心地自体はかなり良いのじゃ。

低反発ウレタンマットレスの欠点

一方で、他のマットレスの種類とは違い、次のようにデメリットも多いです。

  • 寝姿勢が崩れやすい
  • 寝返りが打ちにくい
  • 腰痛に悪い
  • 夏が暑い

世間では、低反発ウレタンマットレスに対する風あたりが強くなっています。
というのも、沈み込み過ぎてしまうので、寝姿勢が崩れやすく寝返りも打ちにくいので、
腰に負担をかけやすい素材というのが分かってきたからです。

教授
教授
腰に悪いというのが致命的なデメリットじゃな。

当サイトでも、低反発ウレタンマットレスは基本的にはおすすめしていません。

低反発マットレスのおすすめランキング【人気9選を徹底比較】 「低反発マットレスってどのメーカーがいいの?」 「どうやって選べば良いの?」 「おすすめを知りたい・・・」 ト...

種類③ポケットコイルマットレスの特徴・良い点・欠点

種類③ポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレスは、シモンズという世界的有名マットレスブランドが開発したコイルマットレスの種類のひとつです。

世界のベッドマットレスの主流は、ボンネルコイルではなく、ポケットコイルになっています。

ボンネルコイルとは違い、スプリングが独立して敷き詰められています。

ポケットコイルマットレスの特徴

ポケットコイルマットレスの特徴は次の3つです。

  • 独立したスプリングで、点で支える構造
  • 体圧分散に優れる
  • 価格が高め

もっとも大きな特徴は、スプリングが独立しているので、体を点で支えられるというところです。
点で支えるので、体圧分散に優れています。

ポケットコイルマットレスの良い点

メリットは次の4つです。

  • 体圧分散に優れ、寝心地が良い
  • 横揺れしない
  • 寝返りも打ちやすい
  • 腰痛に良い

ポケットコイルマットレスは、スプリングが独立しており、体を点で支えることができ、体圧分散に優れています。

スプリングが繋がっていないので、横揺れもしません。スプリングの反発力により、寝返りも打ちやすく、腰痛対策にも最適です。

教授
教授
寝心地もよく、腰痛対策も可能で耐久性も高い。メリットが多いのじゃ。

ポケットコイルマットレスの欠点

ポケットコイルマットレスのデメリットは次の1点です。

  • 価格が高め

ポケットコイルマットレスは高級マットレスに多く、価格が高いものが多い種類になります。
特に品質の良いものになると、10万円、20万円するものはザラで、5,60万円するものもあります。

教授
教授
予算がある方はおすすめじゃ。
ポケットコイルマットレスのおすすめランキング【口コミの良い11選を比較】 「ポケットコイルマットレスが良いって聞くけど、実際どうなの?」 「ポケットコイルマットレスとは?そもそもどんなマットレス?...

種類④ボンネルコイルマットレスの特徴・良い点・欠点

種類④ボンネルコイルマットレスボンネルコイルマットレスは、螺旋状のコイルをひとつなぎにした構造になっています。

ボンネルコイルマットレスの特徴

ボンネルコイルマットレスは次のような特徴があります。

  • 面で支えるスプリング構造
  • 寝心地が硬め
  • 価格が安め

スプリングが独立していないので、一箇所を押すとマットレス全体が沈むというのが大きな特徴です。

ボンネルコイルマットレスの良い点

メリットは次の2点です。

  • 耐久性が高い
  • 価格がリーズナブル
  • 通気性が良くカビにくい

スプリングはへたりにくいので、マットレスの種類の中でも、耐久性はかなり高いです。
また、製造コストが低いので価格は比較的リーズナブルなものも多いです。

教授
教授
とにかく耐久性が高く、安いというのがメリットじゃな。

ボンネルコイルマットレスの欠点

デメリットは次の3点です。

  • 横揺れしやすい
  • 体圧分散が弱い
  • 音が気になる

スプリングが全体で繋がった構造になっているので、マットレスの種類の中でも横揺れしやすく、体圧分散も苦手ですので、寝心地はそこまで良くはありません。

また、キシキシと軋む音が気になるのも、デメリットのひとつです。

教授
教授
硬めの寝心地が好きという人以外はおすすめできないぞい。
ボンネルコイルマットレスのおすすめ厳選3選【特徴や弱点も紹介】 「ボンネルコイルマットレスってどんな特徴があるの?」 「おすすめのボンネルコイルマットレスを知りたい」 スプリン...

種類⑤高反発ファイバーマットレスの特徴・良い点・欠点

種類⑤高反発ファイバーマットレス
出典:https://www.toyobo.co.jp/

高反発ファイバーマットレスは、エアウィーヴや、ブレスエアーに代表されます。ポリエチレンを細長く加工し、絡ませることで弾力を持たせています。

高反発ファイバーマットレスの特徴

特徴としては、次の点があります。

  • 通気性抜群
  • 水洗いできる
  • 硬めの寝心地

特徴を踏まえて、メリット・デメリットを見ていきましょう。

高反発ファイバーマットレスの良い点

高反発ファイバーマットレスのメリットは、次の3点です。

  • 通気性が抜群なのでカビ・ダニの心配がない
  • 水で洗えるので常に清潔を保てる
  • 腰痛に良い

最大のメリットは、「清潔感を保てる」というところですね。

マットレスの種類の多くは、丸洗いできないものがほとんどなので、清潔感を保ちたいという人にはおすすめです。

教授
教授
マットレスの種類の中で唯一の洗えるマットレスじゃ。

高反発ファイバーマットレスの欠点

デメリットは次の点です。

  • 体圧分散性が低めで寝心地が硬め

マットレスの種類の中では寝心地が硬めで体圧分散性が低めなのがデメリットです。

痩せ型の人や、骨ばった体型の人は寝心地に満足感を得られない場合もあります。

教授
教授
寝心地の満足度はそこまで高くないが、清潔感を保ちたい人にはおすすめの種類じゃ。
【洗える】高反発ファイバーマットレス(エア系)のおすすめ6選! 「洗えるマットレスって興味あるけど、寝心地とかは実際どうなの?」 「どのファイバーマットレスがおすすめなの?」 ...

種類⑥ラテックスマットレスの特徴・良い点・欠点

種類⑥ラテックスマットレスラテックスマットレスは、まだあまり知られていない種類のマットレスで、天然ゴムの木から採った樹液を元に形成されています。

ラテックスマットレスの特徴

ラテックスマットレスの特徴は次の3点です。

  • 柔らかいが反発力もある
  • 通気性が低い
  • 製造コストが高い

ラテックスマットレスの良い点

ラテックスマットレスのメリットは次の3点です。

  • 寝心地が柔らかいが寝返りしやすい
  • 腰痛に良い
  • 耐久性が高い

低反発と高反発の中間くらいの寝心地のイメージで、包み込まれるような良い寝心地ですが、しっかり反発力もあり寝返りがしやすく、腰に負担がかかりにくいです。

天然ゴムが使われており、へたりにくいというのもメリットです。

教授
教授
まだマイナーな種類のマットレスじゃな。寝心地自体は良いぞい。

ラテックスマットレスの欠点

デメリットは次の3点です。

  • 価格が高い
  • 安物はゴム臭い
  • ゴムアレルギーの人は使えない
  • 重い

ラテックスマットレスは、他の種類のマットレスと比べても製造コストが高いので、価格も高くなってしまいます。

また、安物の場合ですとゴムの臭いが取れないということも多く、睡眠が辛くなってしまうこともあります。

天然ゴムを使っているため、ゴムアレルギーの人は使えないというのもデメリットのひとつです。

教授
教授
あとは見た目以上に重く、意外と手入れがしにくいのが割と大きなデメリットかもしれんな。
ラテックスマットレスの良い点と欠点とは?【おすすめ5選も紹介】 「ラテックスマットレスが良いって聞いたけど他と何が違うの?」 「ラテックスマットレスの良い点と欠点を知りたい・・・」 ...

マットレスで選ぶならこの種類

おすすめのマットレスの種類はどれ?当サイトとして、おすすめのマットレスの種類は次の4つです。

おすすめのマットレスの種類
  • ポケットコイルマットレス
  • 高反発ウレタンマットレス
  • ファイバーマットレス
  • ラテックスマットレス

おすすめの理由と選ぶ際の注意点を詳しく解説していきます。

ポケットコイルマットレスがおすすめの理由と選ぶ時の注意点

ポケットコイルマットレスがおすすめの理由は、デメリットになり得る点がほぼないためです。

特に、10万円以上のポケットマットレスは、非常に寝心地が良く、耐久性も高いので多くの方が満足できる可能性が高いです。

唯一、価格が高いというデメリットがありますが、予算に余裕があるのであればポケットコイルマットレスはとてもおすすめの選択肢になります。

選ぶ時の注意点

ポケットコイルマットレスは、各社でサイズが異なる場合が多いです。

ベッドフレームとサイズが合わないということがないように、必ず横幅を確認して購入するようにしましょう。

おすすめの方おすすめできない方
・10万円以上の予算がある方
・寝心地にこだわりたい方
・ベッドフレームの使用を考えている方
・予算が10万円未満の方
・床に直置きを考えている方
ポケットコイルマットレスのおすすめランキング【口コミの良い11選を比較】 「ポケットコイルマットレスが良いって聞くけど、実際どうなの?」 「ポケットコイルマットレスとは?そもそもどんなマットレス?...

高反発ウレタンマットレスがおすすめの理由

高反発ウレタンマットレスがおすすめの理由としては、価格とスペックのバランスが良いためです。

寝心地も良く、腰痛にも良い上に、価格もリーズナブルなものが多いため、総合的に判断すると一番おすすめの種類になります。

選ぶ時の注意点

高反発ウレタンマットレスの中にも柔らかめのもの〜硬めのものが存在しますが、自分に合わない硬さで寝てしまうと、腰痛に悪影響を与える可能性もあります。

高反発ウレタンマットレスは、ニュートンという指標で硬さが表示されているので、以下の記事でニュートンについて理解しておきましょう。

高反発マットレスのニュートン数(硬さ)の全知識【選ぶ目安になる】 「高反発マットレスの硬さってどれを選べばいいんだろう・・?」 「硬さを調べると出てくるニュートンってそもそも何なの?」 ...
おすすめの方おすすめできない方
・予算10万円未満の方
・マットレスを床に直置きしたい方
・頻繁に陰干しなどの手入れをするのが面倒な方

https://xn--zcktap0g6c0563a9jd.com/high-rebound/

ファイバーマットレスがおすすめの理由

ファイバーマットレスは、寝心地という点ではポケットコイルや高反発ウレタンマットレスよりも劣りますが、洗えるという唯一無二のメリットがあります。

自宅のシャワーで洗えて、常に清潔に使えるので、手入れが楽という点では非常におすすめのマットレスになります。

選ぶ時の注意点

ファイバーマットレスは、体圧分散性が低く、寝心地が硬めなので体重が軽い人には合わない可能性が高いです。
店舗で実際に寝てみたり、エアウィーヴのオンラインショップの返金保証を使うなどで一度、実際に寝てみることをおすすめします。

おすすめの方おすすめできない方
・常にマットレスを清潔に使いたい方・硬めの寝心地が嫌いな方
【洗える】高反発ファイバーマットレス(エア系)のおすすめ6選! 「洗えるマットレスって興味あるけど、寝心地とかは実際どうなの?」 「どのファイバーマットレスがおすすめなの?」 ...

ラテックスマットレスがおすすめの理由

ラテックスマットレスは、体圧分散性が高いので寝心地も良く、反発力もあるので腰に負担がかかりにくいです。

選ぶ際の注意点

ラテックスマットレスは、「100%天然」と「80%以上天然」「合成」の3種類があります。天然100%以外を選ぶと耐久性が低く、ダニやカビが発生しやすいです。

極力天然100%ラテックスのものを選ぶことをおすすめします。

おすすめの方おすすめできない方
・柔らかめの寝心地が好きな方・腕力がない方(重いので手入れがしにくい)
ラテックスマットレスの良い点と欠点とは?【おすすめ5選も紹介】 「ラテックスマットレスが良いって聞いたけど他と何が違うの?」 「ラテックスマットレスの良い点と欠点を知りたい・・・」 ...

低反発マットレスとボンネルコイルマットレスはおすすめできる人が少ない

低反発マットレスは柔らかすぎて腰に負担がかかりやすいですし、ボンネルコイルマットレスは、寝心地が硬いなど、欠点も大きく、合う人が少ないです。

合う人
低反発ウレタン・体重が45kg以下の人
・柔らかい寝心地が好きな人
ボンネルコイル・体重が100kg以上の人
・硬い寝心地が好きな人

上記の方はおすすめできますが、それ以外の方は基本的には低反発とボンネルコイル以外から選んだ方が良いでしょう。

マットレスの正しい選び方【絶対後悔しないための全知識】 「マットレスの選び方ってどうすれば良いの?」 マットレスは商品が豊富過ぎて、選び方が全然分からないという人も多くい...
マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全41メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。