マットレスの選び方・基礎知識

ポケットコイルマットレスの寿命は?【一生モノにするコツ】

ポケットコイルマットレスの寿命は?【一生モノにするコツ】

「ポケットコイルマットレスの寿命ってどのくらいなんだろう?」

ポケットコイルマットレスをお探しの人や検討している人の中には、実際のリアルな寿命が気になっている人も多いと思います。

結論を言うと、だいたい7〜9年程度が寿命の相場ですが、品質によっても変わってきます。

ここでは、ポケットコイルマットレスの実際の寿命や長持ちさせるコツ、寿命を早めるNG行為などを詳しく解説していきます。

ポケットコイルマットレスのおすすめランキング【口コミの良い11選を比較】 「ポケットコイルマットレスが良いって聞くけど、実際どうなの?」 「ポケットコイルマットレスとは?そもそもどんなマットレス?...
この記事で分かること
  • ポケットコイルマットレスの寿命
  • ポケットコイルマットレスの寿命を伸ばす方法
  • ポケットコイルマットレスの寿命を減らすNG行為

ポケットコイルマットレスの寿命は長い?

ポケットコイルマットレスの寿命は長い?ポケットコイルマットレスの寿命は約7〜9年ほどです。

その他のマットレスが次のような寿命ですので、マットレスの中ではボンネルコイルマットレスに次いで寿命が長いと言えます。

種別一般的な寿命
ノンコイル系低反発ウレタン3〜5年
高反発ウレタン6〜8年
ファイバー6〜8年
ラテックス6〜8年
コイル系ボンネルコイル8〜10年
ポケットコイル7〜9年

ただし、当然シモンズのような高級マットレスに比べると5万円以下の安価なポケットコイルマットレスは寿命は劣りますので、あくまで平均的な寿命と捉えるようにしてください。

価格帯別の寿命相場
10万円以上の高級マットレス10年程度
5万円〜10万円6〜8年
5万円以下5年以下

※あくまで目安です

その他の種類のマットレスの寿命は次の記事で詳しく解説しています。

マットレスの寿命は何年?タイプ別に解説【買い替え時期のサインは?】 「マットレスの寿命って何年くらいなの?」 「寿命の長いマットレスを知りたい」 「そろそろうちのマットレスは買い替え時期な...

ポケットコイルマットレスの寿命を伸ばすコツ

ポケットコイルマットレスの寿命を伸ばすコツポケットコイルマットレスは、使い方に気を使えば寿命を10年以上、場合によっては一生モノに伸ばすこともできます。

コツその①定期的に乾かす

定期的に乾かす寝ている間に寝汗や皮脂がポケットコイルマットレスに浸透していってしまい、劣化に繋がります。
また、ベッドとマットレスの間に湿気が溜まってしまい、カビが生える可能性もあります。

これらのトラブルを避けるために、一週間に1回程度はベッドの上に立て、乾かすようにすると良いです。

扇風機を当てたりすると、より効果的になります。

コツその②定期的にひっくり返す(ローテーション)

ポケットコイルマットレスには、両面が使えるものが多いです。

しかし、片方だけで使い続けてしまうと、一方向だけに力が集中してしまい、へたりの原因になってしまいます。

そこで、定期的に裏と表、上下を入れ替えることによって、負荷を分散すると良いです。
これを、ローテーションと言います。

ローテーションの方法

できれば、3ヶ月に一回は裏表上下を変えてみると、より寿命が伸びることにも繋がります。

ローテーションの方法については、次の記事を参考にしてみてください。

マットレスのローテーションのやり方【重くて裏返しできない時の対処法も解説】 「マットレスのローテーションってどうやるの?」 マットレスのローテーションとは、定期的に裏表をひっくり返したり、上...

コツその③マットレスを保護する

低コストで何年も長持ちさせられるのでおすすめなのですが、マットレスを保護するアイテムを使うのも有効です。

特に、防水マットレスプロテクターを利用するとマットレスの内部に寝汗や皮脂が入り込まないため、大きく劣化を遅らせることができます。

マットレスプロテクターを使わないと、以下のように寝汗や皮脂がマットレスを通り、どんどん劣化してしまうのです。

寝汗や皮脂がマットレスを通る

10,000円以下の出費で大きく長持ちさせられるので、コスパが良い方法です。

マットレスプロテクターは次の記事をご覧ください。

防水マットレスプロテクターは必要?【おすすめランキング3選も紹介】最近、世間にも浸透し始めたマットレスプロテクターですが次のような疑問がある方も多いと思います。 「マットレスプロテクターって必...

ポケットコイルマットレスの寿命を早めるNG行為3選

ポケットコイルマットレスの寿命を早めるNG行為3選

逆にポケットコイルマットレスの寿命を早めることに繋がるNG行為もあります。
特に注意すべき3つの行為を挙げてみました。

  • 天日干ししてしまう
  • 水に濡らしてしまう
  • マットレスでトランポリンしてしまう

一つずつ詳しくみてみましょう。

寿命を早める行為①天日干ししてしまう

寿命を早める行為①天日干ししてしまうポケットコイルマットレスを天日干ししてしまうと、表面の生地部分を傷めてしまう可能性があります。

特に、生地部分にウレタンフォームを使っている場合、ウレタンは直射日光に弱いため大きく劣化してしまうので注意です。

ポケットコイルマットレスはスプリングなので天日干しOKと思っている人が多いのですが、上記の理由からなるべく避けた方が良いでしょう。

教授
教授
風通しの良いところで陰干しがベストじゃ!

寿命を早める行為②水に濡らしてしまう

寿命を早める行為②水に濡らしてしまうなるべく水に濡らすのはNGです。

これも、表面の生地が水によって劣化したり、水が原因でカビてしまう可能性があるからです。

汚れてしまって、どうしても水拭きしなければいけないというときは、終わった後に必ず立てかけてよく乾かすようにしましょう。

寿命を早める行為③マットレスでトランポリンしてしまう

寿命を早める行為③マットレスでトランポリンしてしまうお子さんがいると、マットレスでトランポリンをしてしまうことが多いかと思います。
特に、ポケットコイルは反発力も高く柔らかいので絶好のトランポリン対象です。

しかし、ご想像のとおりマットレスでのトランポリンはへたりや劣化をかなり早めます。

本来10年持つものが数年しかもたなくなるということも良くあります。ですので、特にお子さんがいる家庭は気をつけるようにしたいです。

ただ、子どもというのは、どうしてもそういった遊びに興味が向いてしまうので、そもそも小さい子どもがいてポケットコイルマットレスを買うのであれば寿命が短くなるのを覚悟をしておく、というのも必要なのかもしれません。

次の記事で、ポケットコイルマットレスのおすすめ11選を徹底比較しています。
ポケットコイルで悩まれているなら、参考にしてみてください。

ポケットコイルマットレスのおすすめランキング【口コミの良い11選を比較】 「ポケットコイルマットレスが良いって聞くけど、実際どうなの?」 「ポケットコイルマットレスとは?そもそもどんなマットレス?...