マットレスの選び方・基礎知識

マットレスの正しい選び方【絶対失敗しないための全知識】

「マットレスってどうやって選べばいいの?」

種類が豊富過ぎて、マットレスの選び方が全然分からないという人も多くいます。

ここでは、そんな人達のために、マットレスの選び方を予算や目的別に解説していきます。

選び方を見る前に、ざっくり全6種類のマットレスの特徴を知っておこう

大きく分けるとマットレスは6種類あり、ざっくりマットレスの特徴を書いておきます。

マットレスの種類 特徴
高反発ウレタンマットレス 腰痛に良く、価格もリーズナブルでコスパ良いものが多い
高反発ファイバーマットレス 丸洗いできて、常に清潔感を保てる
ポケットコイルマットレス 寝心地がとてもよく、耐久性も高いが高価格
ボンネルコイルマットレス 寝心地が硬め。耐久性が高いが横揺れしやすい
低反発ウレタンマットレス 寝心地が良いが、腰に負担がかかりやすい
ラテックスマットレス 高反発と低反発の中間の柔らかさ、価格が高い

それぞれのメリット・デメリットは次の記事も参考にしてみてください。

マットレスの種類とそれぞれの特徴とは?【全6種類を完全解説】 マットレスの種類ってどんなものがあるの? 特徴を知りたい! マットレスの種類は豊富ですが、大きく分けると6種類の...

これを踏まえて、具体的なマットレスの選び方を解説していきます。

予算が10万円以上ある人向けのマットレスの選び方

予算が10万円以上ある人は、『ポケットコイルマットレス』がおすすめです。

ポケットコイルは、高級マットレスに多く採用されており、点で体を支える構造のため体圧分散に優れています。
寝心地も良いので、睡眠の質を追求する人にとっては10万円以上の価格帯のポケットコイルマットレスは非常にマッチしていると言えます。

ポケットコイルマットレスについては、次の記事を参考にしてみてください。

ポケットコイルマットレスとは?【おすすめ人気11選を徹底比較】 「ポケットコイルマットレスが良いって聞くけど、実際どうなの?」 「どうやって選べばいいの?」 ポケットコイルマッ...

10万円以上予算がある人向けの高級マットレスランキングも合わせてご覧ください。

高級ベッドマットレスおすすめ比較ランキング14選【最高の寝心地は?】 「高級マットレスに憧れる・・・」 「でも高級マットレスってどんな違いがあるの?」 「ブランドのランクも知りたい」 ...

予算が10万円以下の人向けのマットレスの選び方

予算が10万円以下の人には、『高反発マットレス』がおすすめです。

理由は、ハイスペックの割に価格がリーズナブルでコスパが抜群に良いからです。

クオリティの高いものだと、寝心地もポケットコイルに匹敵するほど良く、体圧分散も優れています。
反発力が高く寝返りもしっかりサポートしてくれるため、腰に負担がかからないというのも高反発マットレスの優れた点です。

具体的な高反発マットレスの選び方やランキングについては、次の記事を参考にしてみてください。

 

体重を意識したマットレスの選び方

マットレスを選ぶ上で、自分の体重を意識するのも重要です。これは、体重によって硬めが良かったり、柔らかめが良かったりするためです。

例えば、体重が軽く、骨ばっている人が硬いマットレスに寝てしまうと、マットレスとの接触面が痛くなる可能性が高いです。

こういったことを踏まえ、次の体重別のおすすめの選び方を参考にしてみてください。
前提知識として、ニュートンという言葉が出てきますが、これは、高反発マットレスの硬さ(反発力)を意味しています。

ニュートン数が高ければ高いほど反発力が高く硬いということになります。

高反発マットレスのニュートン数(硬さ)の全知識【選ぶのは簡単】 「ニュートンってそもそも何なの?」 「私はどのニュートン(硬さ)を選べばいいんだろう・・?」 高反発マットレスを...

40kg以下の人の選び方

体重が40kg以下で、骨ばっている体型の人であれば、低反発マットレス、もしくはラテックスマットレスが良いでしょう。
このくらいの体型の人は、高反発マットレスに寝てしまうと骨盤などのマットレスとの接触面が痛くなってしまう可能性があります。

低反発マットレスおすすめ比較ランキング9選【腰痛に悪いってホント?】 「低反発マットレスってどのメーカーがいいの?」 「どうやって選べば良いの?」 トゥルースリーパーやテンピュールに...

41kg〜50kgの人の選び方

41kg〜50kgの体重の人は、体重が軽い部類に入るので、硬過ぎないマットレスが良いです。
ポケットコイルマットレスか、もしくは高反発マットレスの中でも硬過ぎない100ニュートン〜140ニュートンくらいのものであれば圧迫感を感じずに眠ることができるはずです。

51kg〜80kgの人の選び方

51kg〜80kgの平均的な体重の人については、ポケットコイルマットレスか、高反発マットレスであれば150ニュートン前後のマットレスがおすすめです。

80kg〜100kgの人の選び方

80kg〜100kgの体重の人は、一般的には重いという部類に入ると思います。

こういった人は少し硬めの寝心地のものを選ぶと良いです。

ポケットコイルの中でも硬めを選んだり、高反発マットレスであれば180ニュートン前後のもの、もしくはボンネルコイルマットレスを選ぶのが良いでしょう。

100kg以上の人の選び方

100kg以上の人は、やはり硬めのマットレスが良いです。

硬めのポケットコイル、高反発マットレスでは200ニュートンくらいのものが理想です。
もともと寝心地が硬めのボンネルコイルでも良いでしょう。

高反発マットレスのおすすめランキングを見る

ポケットコイルマットレスとは?【おすすめ人気11選を徹底比較】 「ポケットコイルマットレスが良いって聞くけど、実際どうなの?」 「どうやって選べばいいの?」 ポケットコイルマッ...
ボンネルコイルマットレスの特徴や弱点とは?【おすすめはコレ】 「ボンネルコイルマットレスってどんな特徴があるの?」 「おすすめのボンネルコイルマットレスを知りたい」 スプリン...

腰痛の人のマットレスの選び方

腰痛の人は、基本的に低反発マットレスを選ぶのはNGです。

なぜかというと、低反発マットレスは体が沈み込み過ぎてしまい、寝るときの姿勢が正しく保つことができず、腰に負担がかかってしまうからです。
また、寝返りもしにくいため寝返りのたびに腰に負担がかかってしまいます。

では、どのマットレスを選べば良いかというと、次の2種類です。

  • 高反発マットレス(ウレタン、ファイバー含む)
  • ポケットコイルマットレス

この2種類であれば体圧分散性も高く、寝返りも打ちやすいので寝る時に腰に負担がかかりにくくなります。

腰痛対策マットレスのランキングについては次の記事を参考にしてみてください。

腰痛マットレスのおすすめ比較ランキング20選【絶対外せない選び方】 「腰痛がひどい・・マットレスを変えるといいって聞いたけど、どんなマットレスがいいの?」 「ブログとかいろいろ見たけど分...

マットレスを常に清潔に使いたい人の選び方

マットレスを常に清潔に使いたいという人は、高反発ファイバーマットレスがおすすめです。

というのも、高反発ファイバーマットレスは自宅で丸洗いできるからです。

毎日寝汗を吸い込み続けているマットレスですので、丸洗いしたい!と思う人は多いと思いますが、自宅で丸洗いできるマットレスというのは、ほぼありません。

しかし、それを実現してくれるのが高反発ファイバーマットレスです。

エアウィーヴに代表されるこの高反発ファイバーマットレスは、水に強い素材を使っているため、もし、コーヒーをマットレスにかけてしまった場合でもシャワーで洗い流すことができます。

常に清潔で使いたいという人は、高反発ファイバーマットレスがおすすめです。

【洗える】高反発ファイバーマットレス(エア系)のおすすめ5選! 高反発ファイバーマットレス(エア系)はエアウィーヴやエアリーマットレス等に代表される、マットレスの中でも珍しい洗えるタイプです。...

マットレスは、カバーで保護することも可能

高反発ファイバーマットレスは、汚れたらリカバリーすることも可能ですが、マットレスをそもそも汚れないように保護することもアイテムを使えば可能です。

例えば、防水のマットレスプロテクターを使ったり、敷きパッドを使うと、寝汗がマットレスに浸透しにくくなりますし、汚れもつきにくくなります。

マットレスを清潔に使いたいという人は、ファイバー素材のマットレスを選ぶのもアリですが、アイテムでカバーするのもひとつの手です。

防水マットレスプロテクターは必要?【おすすめランキングも紹介】 最近、世間にも浸透し始めたマットレスプロテクター。 でも 「マットレスプロテクターって必要なの?」 「どん...
マットレスの敷きパッドとベッドパッド【違いやおすすめは?】 「マットレスパッドって必要なの?」 「敷きパッドとベッドパッドの違いが分からない・・」 マットレスパッドにつ...
マットレス選びで迷ったらどうすればいい?

当サイトマットレス大学が総力を挙げて全31メーカーを徹底比較し、スペックを数値化してランキングにしました。
コスパ抜群のマットレスはどれなのかが分かりますので、マットレス選びの参考にしてみてください。