マットレスの使い方・手入れ方法

ベッドマットレスの掃除・手入れ方法【血など汚れ別に紹介】

ベッドマットレスの掃除・手入れ方法【血など汚れ別に紹介】

「マットレスってどうやって掃除すれば良いの?」
「マットレスに血がついちゃった」
「マットレスのカビを掃除したい」

マットレスの掃除に関して、こんな悩みを持っている人は多いでしょう。

ここでは、マットレスの定期的な手入れ方法や、汚れ別の掃除方法を詳しくご紹介していきます。

教授
教授
ここでマットレスの正しい掃除方法を理解するんじゃ!

ベッドマットレスの手入れ方法!掃除機は必須?

マットレスの手入れは、週一回以上行うのが理想です。

具体的には週一回次の手入れをしましょう。

手入れ①マットレスを陰干しする

まず必須の手入れ方法はマットレスを陰干しにすることです。

窓の近くの風通しの良いところにマットレスを立てかけて陰干しすると良いです。

もし、マットレスが重くて移動が難しいようであれば、マットレスとベッドの間に本を挟んで扇風機などで風を送ってあげるようにしましょう。

ちなみに天日干しは、マットレスの劣化を早めてしまうのでやらないようにしましょう。

手入れ②カバー(シーツ)や敷きパッドの交換

マットレスにカバーをかけていたり、敷きパッドを敷いている場合は、週一回は交換したいところです。
ですので、それぞれ1枚では基本的に足りず、2枚は持っておくようにすると良いでしょう。

手入れ③掃除機をかける

マットレスとベッドに掃除機をかけましょう。

掃除機をかけると、ダニの駆除にも効果がありますので、とてもおすすめです。

その他の手入れ方法

その他の手入れ方法も合わせてご紹介しておきます。

除湿シートを使っている場合

除湿シートを使っている場合は、2週間から3週間に一回は天日干しするようにしましょう。

除湿シートによっては、湿気が溜まったら色が変わったりするものもありますので、それを目安にしても良いです。

ペッドパットを使っている場合

ベッドパットを使っている場合は、2ヶ月に一回程度の洗濯を推奨します。

ベッドパットは汗を防ぐ役割がありますが、1週間に一回陰干ししていれば、そこまで頻繁に洗濯をする必要はありません。

マットレスのシミは重曹で解決!

マットレスのシミが気になる場合は、次の方法を試してみてください。

①重曹大さじ1杯を水300mlに溶かす
②重曹を溶かした水をタオルに染み込ませる
③タオルをしっかりと絞る
④シミが気になる箇所に押し当てる
⑤何度か繰り返す
⑥乾燥させて完了

重曹を使うことによって、シミを落とす効果の他に臭いを消す効果も期待できます。

マットレスの汚れ別の掃除方法

マットレスの汚れ別の掃除方法をご紹介します。

嘔吐物(ゲロ)

嘔吐物(ゲロ)を掃除したい時は、まず表面の嘔吐物をしっかり拭き取ります。

臭いが気になる場合も多いと思いますので、そんな時はシミと同様に重曹が活躍します。

同じように重曹水を作り対応するようにしましょう。

近くにクリーニング業者があれば、依頼するのも良いでしょう。

カビ

カビ掃除には消毒用エタノールが効果的です。

次の手順でカビを掃除できます。

①エタノールをカビにスプレーする
②ぬるま湯に染み込ませたタオルを軽く絞る
③タオルでカビを拭き取る
④数回繰り返す

消毒用エタノールは、ドラッグストアで500mlで1000円程度で販売しています。

出典:amazon

ほこり

ほこりが溜まってしまったという場合には、掃除機を使っておけばOKです。

ベッドを使っている場合は、マットレスを移動させて掃除機をかけましょう。

マットレスが重いという場合は、少しずらしながら掃除機をかけていきます。

乾いていない血であれば、濡れたタオルでトントン叩くと綺麗に取れることがほとんどですが、数時間経ってしまって乾いた血はそうはいきません。

その場合は、「セスキ炭酸ソーダ」を使うのがおすすめです。

セスキ炭酸ソーダを使って血を掃除する手順は次の通りです。

①セスキ炭酸ソーダ大さじ1杯と水250mlをスプレーボトルに移す
②血にスプレーする
③浮いてきた血を乾いたタオルで叩いて吸い取る
④血がなくなるまで繰り返す

出典:amazon

セスキ炭酸ソーダはドラッグストアでも300円程度で販売しています。

マットレスの掃除が楽になるおすすめアイテム

マットレスの掃除が楽になるおすすめのアイテムをご紹介します。

掃除が楽になるアイテム①ダイソン掃除機

マットレスに掃除機をかける時に重要なのは吸引力です。

吸引力が高ければ高いほど、ダニの除去にも役立ちますし、マットレスを清潔に保つことができます。

吸引力がどの掃除機よりも高いダイソンはマットレスの掃除に向いているので、とてもおすすめです。

出典:amazon

掃除が楽になるアイテム②布団乾燥機

重いマットレスで陰干しをするのが難しい場合は、布団乾燥機を使うことによってマットレスを清潔に保つことができます。

布団乾燥機でマットレスを週1回程度の頻度で乾燥させてあげると、陰干しと同様の効果を得られるのでおすすめです。

掃除が楽になるアイテム③防水シーツ

防水シーツを使うことで、マットレスに寝汗が浸透するのを防ぐことができますし、防ダニ効果があるものを選べば、防ダニもできます。

また、マットレスがカビることも防ぐことができるので、お手入れがグンと楽になります。

まとめ

 

今回はマットレスの掃除方法について詳しくご紹介しました。

適切な掃除方法を知っておくことでマットレスを常に清潔に保つことができます。

マットレスの清潔度合いは寝心地にも関係してくるので、しっかりと手入れや掃除は行うようにしましょう。