マットレスをタイプ別・価格別で選ぶ

低反発マットレスで腰痛が悪化する理由3つ【使っても良い人の条件とは?】

低反発マットレスで腰痛が悪化する理由3つ【使っても良い人の条件とは?】

「低反発マットレスは腰痛が悪化するって聞いたけど本当?」

ひと昔前までは、トゥルースリーパーをはじめとした低反発マットレスブームで、多くの方が反発力の低い、柔らかいマットレスを使用していました。

確かに、低反発マットレスの柔らかい寝心地は気持ちよく、多くの人々の心を虜にしたことは間違いありません。

しかし、「低反発マットレスは腰痛に悪い」というのが世の中の常識になりつつあります。

教授
教授
当サイトでも、積極的に低反発マットレスはおすすめしていないのじゃ。

ここでは、低反発マットレスで腰痛が悪化する理由などについて分かりやすく解説していきます。

この記事で分かること
  • 低反発マットレスで腰痛が悪化する理由
  • 低反発マットレスを使っても腰痛が悪化しない人
  • 腰痛になりにくい低反発マットレス

 

低反発マットレスで腰痛が悪化する3つの理由

低反発マットレスが腰痛に悪い3つの理由低反発マットレスで腰痛が悪化するのは、次の3つの理由からです。

低反発マットレスで腰痛悪化する理由

  • 寝返りが打ちにくい
  • 沈み込みすぎて正しい姿勢で寝れない
  • へたりやすい

上記について詳しく解説していきます。

腰痛が悪化する理由①寝返りが打ちにくい

腰痛が悪化する理由①寝返りが打ちにくい

低反発マットレスは、反発力が非常に低いので、寝返りをする際に体が沈み込んでしまい、大きな筋力と体力を必要とします。

人間は寝ている間に平均的に20回ほどの寝返りをすると言われており、その20回の寝返りの度に大きく筋力と体力を使うことになるわけです。

その寝返りの際に、当然腰にも負担がかかり、じわじわと腰にダメージを与えることになります。

これらの理由から、低反発マットレスで寝返りが打ちにくいと疲れやすいですし、腰痛にも悪影響を与えてしまうことになるのです。

腰痛が悪化する理由②沈み込みすぎて正しい姿勢で寝れない

寝ている時の正しい姿勢は、立っている時の姿勢です。この姿勢が腰痛にも良いのです。

正しい姿勢

しかし、低反発マットレスは、体がググッと沈み込み過ぎてしまいます。

体が沈み込み過ぎると、次のように体重のかかる腰部分が一番下に来る格好になり、正しい姿勢を保てずに明らかに腰痛には悪影響を与えてしまうのです。

低反発は正しい姿勢を保てない

横向きに寝る場合も、背骨が大きく歪んでしまうことになり、良いとは言えない姿勢で眠ることになります。

横向きの姿勢

腰痛持ちの方は、立っている時の姿勢で眠れるマットレスを購入することを意識しましょう。

腰痛が悪化する理由③へたりやすい

低反発マットレスが腰痛に悪い理由の3つ目は、へたりやすいことです。

マットレスは時間が経つにつれて体重が一番かかる腰部分から徐々にへたっていきますが、低反発マットレスはその速度が早いです。

最初はそれなりの体勢で眠れていても、徐々に腰部分が凹んでしまい腰に悪い姿勢になってしまうのです。

低反発マットレスは耐久性に優れないということも覚えておくようにしましょう。

腰痛対策に優れたマットレスは次のランキングを参考にしてみてください。

腰痛マットレスのおすすめ比較ランキング20選【選び方は要注意】腰痛対策におすすめのマットレス20商品を比較し、ランキング化しました。腰痛マットレスを選ぶときの失敗しない選び方も解説しているので、腰痛持ちの方はぜひ参考にしてみてください。...

低反発マットレスでも腰痛が悪化しにくい人はいる

低反発マットレスでも腰痛になりにくい・悪化しにくい人低反発マットレスは、一般的には腰に負担がかかるので腰痛が悪化する方が多いです。しかし、中には低反発マットレスが合っているという方もいます。

具体的には次のような方が当てはまります。

低反発マットレスが合っている方

  • 体重が40kg以下の方で体が骨ばっている方
  • どうしても柔らかいマットレスが好きな方

そもそも、マットレスは体重に合った硬さを選ばなくては理想の睡眠は得られません。全ての人に合ったマットレスというのはなく、体重によっては、低反発が良かったり、高反発が良かったりする可能性もあるのです。

この辺りについては、次の記事を参考にしてください。

マットレスの体重別の選び方【100kg以上から40kg未満まで解説】 「私の体重にはどのマットレスが合ってるんだろう?」 「100kgあるけど、合うマットレスってあるの?」 「体重40kgも...

体重が軽く(40kg以下)、骨ばっている方は、やわらかい低反発マットレスでないと骨ばっている部分が痛くなる可能性があります。

また、体重が軽い人は高反発マットレスを使ってしまうと、次の画像の「硬すぎる」という状態になってしまい、正しい姿勢が保つことができない可能性があります。

あとは、柔らかいマットレスの寝心地でないとどうしても寝れないというような方は(本来であれば寝返りがしやすく、正しい姿勢が保てるマットレスを選んでいただきたいですが)低反発マットレスを選ぶのがベターです。

腰痛になりにくい低反発マットレスの2つの条件

低反発マットレスは基本的に腰に悪いというのが昨今の常識ですが、その中で「まだマシ」なレベルのものもあります。

「低反発マットレスでないと眠れないけど、腰痛が怖い・・・」という方は次の条件に当てはまる低反発マットレスを選ぶと良いです。

腰痛になりにくいマットレスの条件

  • 寝返りが打ちやすい
  • 体が沈み込み過ぎない

具体的には、テンピュールのフトンデラックスというものがおすすめです。

価格シングル:48,600円
セミダブル:64,800円
ダブル:75,600円
寝姿勢
寝返りのしやすさ
通気性高(オープンセル構造)
耐久性
厚み7cm
保証5年

低反発マットレスなのに、寝返りが打ちやすく、沈み込み過ぎないので正しい姿勢を維持しやすく作られています。
低反発マットレスの中では高額な部類ですが、腰痛が気になる方で柔らかい寝心地が好きという方にはとてもおすすめできるマットレスです。

 

実際に店舗で寝てみて腰痛が悪化しない条件に合うか確かめよう

腰痛が悪化しにくい低反発マットレスの条件を紹介しましたが、その2つの条件に合うかは実際に寝てみないと実感できません。

ですので、どうしても低反発マットレスで眠りたいという人は、一度店舗に行って条件に合うか寝転がって確かめてみることをおすすめします。

次のクエスチョンを投げかけながら実際に寝てみると良いでしょう。

  • 寝返りがしやすいか?
  • 体が沈み込み過ぎていないか?
  • 立っている姿勢に近い状態を維持できているか?
  • 高反発マットレスと比べてどうか?

マットレス選びの参考にしてみてください。

低反発マットレスのおすすめは、次の記事で詳しく比較して紹介しています。

低反発マットレスのおすすめランキング【人気9選を徹底比較】低反発マットレスのおすすめ全9メーカー9商品を明確な基準を持って一覧で徹底比較し、その結果を元にランキング化しました。 当サイトがもっともおすすめする低反発マットレスが分かります。 低反発マットレスの選び方がよく分からないという方は参考にしてみてください。合わせて、低反発マットレスがおすすめの人、おすすめでない人も解説しています。...

腰痛対策ができるマットレスは、次のランキングも参考にしてみてください。